近年、企業への導入が推進されているデジタル端末のひとつが「iPad(アイパッド)」です。とくに、非IT企業におけるiPadの導入は、紙で管理していた情報のデジタル化を進める第一歩になります。
 
たとえば、iPadに標準搭載されている純正のメモは大画面で見やすく、手書き入力も簡単にできるので便利です。しかし、仕事のメモ管理にiPadの純正メモを検討する場合、具体的な機能や使い方を理解しておかなければ選定ミスにつながります。
 
そこで今回は、iPadの純正メモの使い方と手書きメモのメリット・デメリットを中心に解説します。
 
  • iPadの純正メモを仕事で活用するための使い方を知りたい
  • 自社でiPadを導入しているが上手く活用できていない
  • iPad導入にあたって、手書きメモのメリットとデメリットを確認しておきたい
という担当者の方はこの記事を参考すると、iPadの純正メモの基本と応用の使い方が分かり、どのように自社に展開するかまでイメージできるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

iPadの純正メモの基本的な使い方

はじめに、iPadに標準搭載されている純正メモの基本的な使い方を解説します。基本的な使い方が分からないと、仕事では使えないので確実にマスターしましょう。

(1)新規メモを作成する

メモを新規作成する方法
新規メモを作成したいときには、作成済みのメモを開きます。
 
そして、画面右上に表示されている[新規作成マーク]をタップすれば、新しいメモのページに切り替わるので、自由にメモをしましょう。

(2) 表を作成する

表機能のイメージ図
iPadの純正メモでは、上図のように表を作成して情報を管理できます。メモの表機能を活用すれば、1つのメモで情報を見やすくまとめられるのです。
 
キーボードの右上にある[表マーク]をタップすれば、2×2の表が作成できます。
表の作成方法
行や列を追加したり削除したりする場合には、下図のように[⋯]をタップしましょう。
列の追加・削除方法
行の追加・削除方法

(3)ToDoリストを作成する

ToDoリストのイメージ図
iPadの純正メモでは、上図のようなToDoリストを作成できます。ToDoリストにチェックを入れると自動的に並び替えがされ、仕事のタスク管理に活用できます。
 
ToDoリストを作成するためには画面右上の[チェックマーク]をタップします。
チェックリストの作成方法
純正メモのToDoリストは便利ですがリマインダー(期限が近づくと通知する機能)は付いていないので、重要な仕事をやり忘れないように注意する必要があります。

(4)手書きでメモをする

手書きメモを使う方法
iPadの純正メモには、手書きでメモを残すことができます。
 
上図のように画面右上にある[ペンマーク]をタップすれば、画面下に各種ペンや消しゴム、定規などが表示されるので、自由にメモをしましょう。

(5)ファイルを添付する

ファイル添付のイメージ図
iPadの純正メモでは、仕事のファイルが添付できます。
 
メモにファイルを添付する場合、ファイルが保存されているアプリを起動して、以下の3ステップで操作しましょう。
 
  1. ファイルの右上にある[共有マーク]をタップする
  2. 共有方法の一覧が表示されるので[メモ]を選択する
  3. 保存先を選択して[保存]をタップする
ファイル添付の方法
以上の操作で、iPadの純正メモに仕事のファイルを添付できました。
 
関連記事: 【最新版】Androidのメモ帳はどこにある?スマホで使えるメモ帳3選も紹介


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

iPadの純正メモの応用的な使い方

次に、純正メモの応用的な使い方を解説します。基本に加えて応用もマスターすれば、従来の方法よりも効率的にメモ管理ができるようになります。

(1)メモを検索する

メモを検索する方法
作成したメモは、一つひとつを目視で確認しなくても検索して探し出せます。
 
メモに含まれるキーワードを検索スペースに入力すれば、該当のメモだけが抽出されるため便利です。メモはあとから振り返る目的で残すものなので、検索機能はメモアアプリに必須と言えます。

(2)フォルダを作成する

フォルダの作成方法
メモを整理するためのフォルダを作成しましょう。
 
とくに、仕事のメモを管理する場合には、カテゴリごとにメモを分類しておかなければ、必要なときにすぐに目的のメモが見つからないので不便です。そのため、上図のように画面左下の[フォルダマーク]>[新規フォルダ]をタップして、フォルダを作成します。
 
ただし、フォルダのなかにフォルダは作成できず、メモの整理が難しいと感じる可能性もあるので注意しましょう。

(3)ピンで固定する

ピンで固定のイメージ図
iPadの純正メモでは、重要なメモをすぐに確認できるようにピンで固定しましょう。メモをピンで固定すると、上図のようにほかのメモと差別化できるのです。
 
メモをピンで固定するためには、メモ一覧の画面で任意のメモを右にスワイプします。スワイプとは、画面をタップしたままスライドさせる操作です。
メモをピンで固定する方法
上図のように、[ピンマーク]が表示されるのでタップすればメモが固定されます。

(4)クイックメモを作成する

クイックメモを表示する方法
iPadの純正メモでは、クイックメモという機能が利用できます。クイックメモは、純正メモ以外の画面を開いていてもメモを残せる機能です。
 
クイックメモを表示させるためには、以下のいずれかの操作をしましょう。
 
  • 指やApple Pencil(アップルペンシル)で画面右下から上に向かってスワイプする
  • コントロールセンターを開いてクイックメモを選択する
  • Apple外部キーボードに接続している場合は、地球儀(fn)+Qキーを押す
上記の操作をしてもクイックメモが開けない場合がありますが、主に以下の2つの原因が考えられます。
 
 
  • コントロールセンターでクイックメモが選択されていない
  • 設定 > コントロールセンターからクイックメモを選択しましょう。
     
  • iPad Air 2 もしくは iPad mini 4 を利用している
  • iPad Air 2とiPad mini 4ではクイックメモは使用できません。

(5) iCloudで同期する

iPadの純正メモをiCloudに同期すれば、iPhoneやMacからも同じメモが利用できます。iCloudに同期する手順は以下の通りです。
 
  1. [設定]を開く
  2. プロフィール画像が表示されている[アカウント情報]をタップする
  3. [iCloud]をタップする
  4. メモを[オン(緑)]にする
以上の操作で、iPadやMacからも同じメモにアクセスできる準備が整いました。ただし、iPadの純正メモで作成したメモのうち、iPhoneやMacから利用できるのは、純正メモ内のiCloudフォルダへ保存されているメモだけなので注意しましょう。
 
関連記事: 【最新】おすすめのメモアプリ8選!iPhone/Android/Windowsに対応


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【検証】iPadの手書き入力は仕事で使いこなせるか

iPadの手書き入力は紙のメモ帳のように簡単に記録できますが、業務に活かせるかは慎重に検討する必要があります。
 
そこで以下では、iPadの手書き入力が仕事で活用できるかを、手書き入力のメリットとデメリットの両方から検討します。

手書き入力のメリット

iPadではApple Pencil(アップルペンシル)という専用のペンで手書きメモがとれます。以下は、iPadに手書きメモを残すメリットをご紹介します。
 
  • 記憶に定着しやすい
  • パソコンでタイピングするよりも、手書き入力の方が記憶に定着しやすいと言われています。手書きは脳神経の働きを活発にするという研究結果もあり、書いた内容が長期記憶に残りやすいとされているのです。
     
  • 簡単にメモできる
  • iPadがあれば紙のメモ帳と同じ要領で書き残せます。キーボード(フリック)入力に苦手意識がある人でもメモできます。
     
  • 自由度が高い
  • 手書きのメモは紙のノートと同じように、図やイラストなどでアイデアを自由に書き残せます。ほかには、箇条書きでメモを作成する”バレットジャーナル”などのメモ術も際限なく試せます。
このようにアナログのメモと同じく手軽にイラストなどを手書きできるので、クリエイティブ職のあるIT企業や設計に関わる建築現場などで手書きメモが活躍します。

手書き入力のデメリット

以下では、iPadに手書きでメモを記録するデメリットをご紹介します。
 
  • iPad以外のデバイスで手書きは難しい
  • 普段から携帯しているiPhoneでも簡単にメモを残せる環境が必要ですが、iPhoneはフリック入力を前提としたサイズなので手書き入力は難しいです。また、パソコンでマウスやタッチパッドを使って描画するのはより困難になります。
     
  • iPadを効果的に使うには専用のペンが必要
  • iPadの手書き入力は指先でもできますが、綺麗に文字を書いたり、便利な機能を使ったりするにはApple Pencilが必要です。しかし、Apple Pencilは高価であり、さらにiPadと一緒に持ち歩く必要があるなどハードルが高いのがデメリットです。
     
  • 書かれている内容が分からないことがある
  • あとから見返したときに「文字が乱れていて、何が書かれているのか分からない」というケースが多々あります。また、手書き部分は検索範囲ではないので、あとからメモを探し出すのが面倒です。
以上のように、仕事のメモを手書きで残してしまうと、あらゆるビジネスシーンで非効率な部分が出てきます。そのため、手書きメモはあくまでもプライベートに留めて、仕事のメモはキーボードやフリック入力で残すようにしましょう。
 
関連記事: 【ビジネス向け】メモを共有できるおすすめのアプリ5選!iPhone/iPad/Androidに対応!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【ビジネス向け】iPadの純正メモの代替におすすめのアプリ

以下で紹介するのは、iPadの純正メモのデメリットをカバーするおすすめのアプリです。
 
仕事のメモを手書きで残してしまうと「何が書いてあるのか読めない」「検索機能で探せないのでメモを一つひとつ確認する必要がある」などのデメリットを被ります。そのため、仕事のメモは「キーボード(フリック)入力」で残すようにしましょう。
 
iPadの純正メモでもキーボード(フリック)入力でメモを残せますが、そもそもiPadやiPhone、Macに標準搭載されている純正メモにはビジネス向きの機能が不足しているので、あくまでもプライベートで利用すべきです。
 
そのため、仕事のメモ管理をする場合には、高度な検索機能で目的のメモへすぐにアクセスでき、必要な機能に過不足がない「Stock」一択と言えます。
 
Stockにメモを残せば、タイトルだけでなく全文を対象にキーワード検索が可能なので、瞬時にメモが見つかります。また、メモごとにメッセージ機能が紐づいており、メモを起点にチームで連絡をとり合うことができて便利です。

チームの情報を最も簡単に残せるアプリ「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

iPadの純正メモの使い方まとめ

これまで、iPadに標準搭載されている純正メモの使い方やデメリットを中心にご紹介しました。
 
iPadには手書きのメモが残せますが、仕事のメモはキーボード(フリック)入力に統一しましょう。手書きメモはあとから見返したときに読めなかったり、検索機能で探し出せなかったりするためビジネスには向きません。
 
また、チームでメモを共有したいという場合、iPadの純正メモは保存先によって共有方法が異なるので、運用のなかでストレスを感じる可能性があります。とくに、デジタルが苦手な社員が使いこなすのは困難です。
 
そのため、自社のメモ管理で導入すべきなのは、メモを作成した瞬間から社内へ共有されるので手間がかからず、非IT企業の65歳でも説明なしで操作できるほどシンプルな「Stock」一択です。
 
無料登録は1分で完了するため、ぜひ「Stock」で社員のメモ管理を効率化して、社内の生産性を高めましょう。
 
関連記事: 【すぐ使える】備忘録や電子メモに最適なアプリ・サービス11選!
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。