日常的に多くの人が利用しているツールに「LINE」があります。LINEは企業の公式アカウントとしても活用されており、ビジネスにも役立つツールです。
 
LINEはメッセージを送り合えるツールですが、2020年7月から「Keepメモ」という新機能が追加されました。Keepメモはその名の通り、LINEでメモを作成できる機能です。
 
しかし、Keepメモが追加されてから2年以上経過した現在でも「どこにあるのか分からない」「機能が分かりづらいうえに、仕事で利用できるのか不安」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、Keepメモの出し方や使い方、注意すべき3つのデメリットを解説します。
 
  • LINEのメモ機能「Keepメモ」の使い方がよく分からない
  • 仕事で利用できるメモツールを探していたので、機能や使い勝手を知りたい
  • 社内でメッセージも送信できて、かつメモもとれるアプリがあれば検討したい
という担当者の方は、この記事を参考にするとLINEのKeepメモの使い方が分かるだけでなく、利用するうえで気を付けるべき点も把握できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Keepメモとは何か?

以下では、LINEで利用できる「Keepメモ」の概要と「Keep」との違いについて解説します。Keepメモについて正しく理解できれば、実務にも役立てられるので必見です。

LINEがメモ帳の代わりになる機能

Keepメモとは、メッセージツールのLINEをメモとして利用できる機能です。
 
本来、LINEは個人間やグループでコミュニケーションをとるツールですが、Keepメモを活用すればLINEにメモを残せます。
 
下図のように、Keepメモのトークルームにメッセージを送信してメモを作成します。また、「Keepメモ」のトークルームに送られたメモは、「Keep」という場所にも表示される仕様です。(自動的に保存はされません)
Keepメモとkeepの画面
 
関連記事: 【ビジネス向け】メモを共有できるおすすめのアプリ5選!iPhone/iPad/Androidに対応!

KeepメモとKeepの違い

Keepメモの特徴

Keepメモの画面
Keepメモは、LINEのトークルームに一時的にメモを保存する機能です。そのため、分類などのメモ管理はできません。
 
Keepメモに送信されたメッセージは「Keep」に表示されます。そして、Keepメモ上のメッセージを削除すると、Keepからも該当のメッセージも削除される仕様です。

Keepの特徴

Keepの画面
Keepは、LINEでやりとりされた情報をまとめて保存できる機能です。具体的には、トークルームでやりとりされた任意のメッセージや画像、ファイルなどを一か所に保存しておけます。
 
一方で、Keepメモに送信したメッセージは自動的にKeepに表示されます。ただし、Keep上でメッセージなどを削除しても、Keepメモには残るので注意しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

すぐ解決!LINE Keepメモのトラブルガイド

以下では、LINE Keepメモに関して、多くの人が直面する3大トラブルを解消する方法を解説します。

Q1. Keepメモがない!どこにあるのか?

Keepメモはトークルームからメモを作成する機能なのでトークルーム一覧にあります。
 
「Keepメモ」という名称の緑アイコンのトークルームです。ほかのトークルーム同様に、メッセージを送信することでメモが残せます。
Keepメモの場所
関連記事: 【最新】おすすめのメモアプリ8選!iPhone/Android/Windowsに対応

Q2. Keepメモが消えたときの出し方は?

万が一、Keepメモが消えてしまって見つからなかった場合には、以下の3つの手順を試しましょう。

(1)バージョンを確認する

利用しているLINEのバージョンが古いと、Keepメモの機能は利用できないのでアップデートしましょう。Keepメモ機能が利用できるLINEのバージョンは以下の通りです。
 
  • iOS 10.11.0以降
  • Android 10.11.0以降
  • デスクトップ 6.1.0以降
アップデートが完了すれば、トーク一覧にKeepメモが表示されます。

(2)トークルームを検索する

トークルーム一覧を探しても見つからない場合には、見落しの可能性があるので検索をします。トーク一覧画面の上部にある検索窓に「Keepメモ」と入力しましょう。
 
検索がヒットすると、下図のようにKeepメモのトークルームが表示されます。
Keepメモの検索方法
手順(2)でもKeepメモが見つからない場合には、手順(3)に進みます。

(3)非表示リストを確認する

Keepメモのトークルームが非表示に設定されている場合があります。非表示の設定を解除するためには、[ホーム]>[歯車マーク]の順に選択しましょう。
Keepメモの非表示リスト解除の方法
次に、[友だち]>[非表示リスト] を選択して、Keepメモを再表示します。再表示できたら手順(2)に戻ってKeepメモを探しましょう。
 
関連記事: 【最新版】Androidのメモ帳はどこにある?スマホで使えるメモ帳3選も紹介

Q3. ほかの人からは見られない?

Keepメモで作成したメモは、自分のアカウント以外からはアクセスできません。つまり、ほかの人がメモを閲覧するのは不可能です。
 
そのため、Keepメモは個人専用のメモとして利用できます。ほかの人と共有したい場合には、以下のようにメモを長押しして表示される[転送]から送信しましょう。
Keepメモの転送方法
 
関連記事: 【すぐ使える】備忘録や電子メモに最適なアプリ・サービス11選!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

LINE Keepメモの5つの使い方

LINEのKeepメモを使いこなすためには、以下の5つの使い方を理解する必要があります。仕事のやりとりをLINEでしている企業では、アルバイトやパートタイム勤務の従業員を含めて、情報の見逃しがないように指導しましょう。

(1)メモを作成する

Keepメモのトークルームを開いてメモを作成します。
 
メッセージ送信欄からテキストメッセージを送信すれば、簡単にメモを作成できます。また、画像や動画、音声、ファイル、連絡先、位置情報もメモとして残せるので便利です。
Keepメモの画面

(2)メモを閲覧する

Keepメモで作成したメモは、メッセージを保存する「Keep」から閲覧できます。
 
Keepは、ホーム画面の右上にある[Keepマーク]から表示が可能です。
Keepの表示方法
Keepの上段は、カテゴリーごとに分類ができるコレクション機能です。また、下段はメモ一覧になっており、メモの形式によって情報の絞り込みができます。
Keepの画面

(3)メモを保存する

Keepメモから送信したメッセージは、Keepから一時的に確認できます。しかし、一定期間が経過するとKeepに表示されなくなり、Keepメモからメッセージが消えてしまった場には復元できないので注意が必要です。
 
そのため、重要なメモは[ピン留め]もしくは[コレクションに追加]のどちらかで保存しなければなりません。
Keepの保存方法

(4)メモを削除する

Keepに保存したメモを削除します。
 
メモ一覧から任意のメモの[︙]をタップし、表示される[削除]を選択してメモを削除します。Keepに表示されているメモを削除しても、Keepメモのデータは削除されないので注意しましょう。
Keepの削除方法

(5)メモを転送する

メモをほかの人に転送しましょう。KeepメモやKeepは個人専用のメモ機能ですが、メモを一つひとつ共有することもできます。
 
はじめに、メモ一覧から任意のメモの[︙]をタップし、表示される[共有]を選択します。
Keepの転送方法
次に、LINEの連絡先や別アプリから送信する方法が一覧で表示されるので、任意の方法を選んで共有しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【仕事で使うのは危険?】 LINE Keepメモを利用するデメリット

LINEのKeepメモは便利な機能ですが、仕事で利用するのには向かないと言える3つのデメリットがあります。
 
  • メモに表示期限がある
  • Keepメモに送信したメッセージは、Keepから一時的に確認できますが、手動で保存しなければ表示されなくなるので注意しましょう。
     
    また、Keepメモに残したファイルや写真、動画の保存期間は1〜2週間程度です。つまり、Keepメモでは自動的にメモが保存されるわけではないので、メモを保存し忘れて消えてしまったり、保存のために面倒な操作が増えたりするので注意しましょう。
     
  • 仕事とプライベートの情報が混在する
  • Keepメモのデメリットのひとつに、仕事とプライベートが混在してしまうことがあります。Keepメモを仕事で利用する場合に、プライベートのメッセージも目に入るようになるのが原因です。
     
    仕事とプライベートが混在すれば、仕事への集中力が妨げられて業務効率が低下してしまうこともあります。また、業務時間中にLINEを開いているのは、周囲からの印象もよくありません。
     
  • ほかの人とリアルタイムで共有できない
  • Keepメモは個人用のメモ機能なので、リアルタイムで更新が反映されるような共有はできません。
     
    そのため、メモを共有する場合にはメモごとに転送するか、コピーして別途送信する必要があります。プライベートの場合はリアルタイムの共有機能がなくても問題ありませんが、仕事で利用する場合にはメモを一つひとつ共有するのは非効率です。
以上のことからも、仕事の大切なメモをKeepメモに残すのは非効率であると同時に、プライベートで使っているLINEはセキュリティ上の懸念も残るため避けるのが最善です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【ビジネス向け】Keepメモのデメリットをカバーするメモツール

以下では、LINEのKeepメモのデメリットをカバーできるおすすめのメモツールをご紹介します。
 
結論、Keepメモのデメリットをカバーできるのは「メモが自動保存されるビジネス向きのクラウド型メモツール」です。
 
Keepメモでは一つひとつのメモを保存する作業が必要でした。しかし、メモを作成した瞬間から自動保存がされれば、面倒な操作をせずに大切な情報を保護できるうえに、大切なメモが消えてしまうこともありません。
 
また、クラウドと呼ばれるインターネット上の場所にメモが保存できれば、スマホだけでなくパソコンからも同じメモにアクセス可能なので、仕事もスムーズに進められます。
 
結論、Keepメモのデメリットをカバーするツールは、メモを作成した瞬間から保存され、スマホだけでなくパソコンからもメモができるクラウド型メモツールの「Stock」一択です。
 
Stockで作成したメモは瞬時に任意のメンバーへ共有されるので、チームの情報共有にも最適です。また、StockにはLINEで業務を進めていた非IT企業でも、すぐに使いこなせるほどシンプルで使い勝手が良いという特徴があります。

LINEのKeepメモよりもシンプルに使えるメモツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

LINE Keepメモの出し方や使い方まとめ

ここまで、メッセージツールLINEのKeepメモの概要や使い方、仕事で利用するデメリットをご紹介しました。以下は、情報の抜け漏れなどの原因になるKeepメモのデメリットです。
 
  • メモに表示期限がある
  • 仕事とプライベートの情報が混在する
  • ほかの人とリアルタイムで共有できない
一方で、従業員の多くがLINEを使っているという理由で、仕事のメモや連絡にLINEを利用せざるを得ない企業もあります。しかし、メッセージの保存期間が限られているので不便であり、プライベートと混在するために情報漏えいのリスクも抱えているのです。
 
それゆえに、自社でLINEの代わりに導入すべきなのは、ITに詳しくない65歳以上のメンバーがすぐに使いこなせるほどシンプルで、仕事のメモをはじめとしたあらゆる情報を一元管理できるメモツール「Stock」一択です。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入してLINEから脱却し、メモ以外の社内情報も管理できる環境を整えましょう。
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。