近年、急激に注目されるようになった働き方に「リモートワーク」があります。実際、大手企業を中心にリモートワークを始める企業が多く、あらゆる業界でリモートワークを推奨する動きになっています。
 
リモートワークには感染症の拡大防止だけでなく、生産性の向上などのメリットがあるのも普及した理由の一つです。一方で、「テレワークのメリットは理解しているが、自社で実施するイメージが持てない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、リモートワークの概要や注意すべきデメリット、具体的な対策を中心にご紹介します。
 
  • そもそもリモートワークについて曖昧なイメージしかないので情報が欲しい
  • 実際にリモートワークを導入するにあたってデメリットも把握しておきたい
  • 自社の少ない経営資源でも、簡単にデメリットを解決する方法があれば知りたい
という担当者の方はこの記事を参考にすれば、リモートワークについて具体的なイメージが持てるうえに、自社で実施した際に注意すべきことが明確になります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

リモートワークとは

リモートワークの実施を検討している場合、リモートワークの概要や類似の働き方について正確に認識しておきましょう。「自社でどのような勤務形態を、どのように実施するのか」によって、必要な社内調整や備品などが変わってくる可能性があるためです。

リモートワークの概要

リモートワークとは「Remoto=遠隔地で」と「Work=働く」を組み合わせた造語で、オフィスから離れた場所で働く勤務形態の全般を指します。
 
辞書には以下のように記載されています。
 
リモートワークとは、オフィス以外の(自宅などの)遠隔環境で仕事に携わる働き方のことである。
 
リモートワークの「リモート」(remote)は英語で「遠い」「遠く離れた」「遠隔地にある」といった意味の語である。
 
リモートワークはIT企業やベンチャー企業で使われ始めた、比較的新しい用語です。そのため、正確な語源などは明らかになっていません。

リモートワークとテレワークの違い

テレワークは厚生労働省の関連組織である一般社団法人日本テレワーク協会が、以下のように定義しています。

テレワークとは「情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)を活用した時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」のこと。
 
Tel(離れて)とWork(仕事)を組み合わせた造語です。要するに本拠地のオフィスから離れた場所で、ICTをつかって仕事をすることです。
 
以上のように、テレワークは「定義が明確である」「ICT技術の利用を前提としている」という特徴があり、その2点でしかリモートワークと違いはありません。

リモートワークとテレワークに似た働き方

リモートワークやテレワークのほかにも、以下のようにオフィス以外で仕事をする働き方があります。
 
  • 在宅勤務
  • 在宅勤務は働く場所が自宅のリモートワーク(テレワーク)のことで、パソコンや通信機器を用意して仕事を進めます。
     
  • モバイルワーク
  • モバイルワークは移動中などのスキマ時間を有効活用して、仕事をする働き方です。
     
  • サテライトオフィス勤務
  • サテライトオフィスは本拠地から離れた場所にある支店などを指します。
     
  • ノマドワーク
  • 遊牧民のように決まった場所で滞在せずに、仕事場を転々とする働き方です。
昨今の感染症拡大によって認知されるようになった働き方ですが、業務効率の向上やコスト削減などのメリットあります。そのため、自社で検討する価値は十分にあります。

リモートワーク向きの職種

リモートワークに向いている職種

リモートワーク向きの職種はさまざまですが、上図の6つが代表的です。以下は、それぞれの職種の特徴です。
 
  • カスタマーサポート
  • メールや電話などで顧客対応をするカスタマーサポートは、快適な通信環境などの設備があればオフィスで仕事をする必要がありません。
     
  • 事務系
  • 社内文書をデジタル化してオンライン上で業務が完結するように整備すれば、人事や経理、総務などでもリモートワークを実施できます。
     
  • エンジニア
  • セキュリティ課題や顧客先への常駐などがなければ、プログラミングやテスト工程などは基本的にリモートワークでも問題ありません。
     
  • ライター
  • Webメディアの記事を執筆するライター業務は、基本的にパソコンがあれば業務ができるので出社の必要性はありません。
     
  • マーケター
  • Webマーケターはパソコン上でデータ分析や施策の立案、検証などを進めるのでリモートワークが可能です。
     
  • コンサルタント
  • コンサルタントの情報収集、提案資料の作成、顧客との打ち合わせなどの業務は、すべてリモートワークで完結できます。
上記のほかにもリモートワークに向いている職業はいくつかありますが、どの職種にも「誰かに会わなくても仕事ができる」「パソコン上で仕事が完結する」という共通点があります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

リモートワークの普及状況

以下では、日本のリモートワーク普及とリモートワークが広がった背景を紹介します。とくに、リモートワークが導入される背景には、企業の視点もあるので確認しましょう。

日本のリモートワーク普及率

国土交通省の調査によると、日本のリモートワーク普及率は19.7%(2020年度)です。

雇用型テレワーカーの割合

 
リモートワーク普及率19.7%は前年比の2倍の数値であり、国が定めた目標値を大きく上回っています。リモートワークには感染症対策のほかに、生産性向上やコスト削減などのメリットもあるので今後もさまざまな企業で採用され続けると言えます。

リモートワークが広がった背景

今日、リモートワークを導入する企業が増え、実際にオフィス以外で仕事をする人が多くいます。リモートワークが急激に広がったのには、以下の3つの背景があります。
 
  • 感染症拡大を防止するため
  • 2020年から猛威を奮っている感染症の拡大を防ぐために、企業に対して政府がリモートワークを推奨する動きがあります。また、リモートワークを実施する企業に適用される補助金制度も整備されるなど、感染症拡大防止が大きく影響しています。
     
  • 人材不足を補うため
  • リモートワークを実施すれば育児や介護、地方・海外在住のために、これまでオフィスに出社するのが難しかった人材を採用できるようになります。また、リモートワークは多様化する働き方に対応できるので、社員の企業への定着率も向上します。
     
  • 事業継続計画(BCP)のため
  • 事業継続計画(BCP)は災害やテロなどの不測の事態が発生したときでも、事業を止めずに継続することを指します。リモートワークであれば場所を問わずに仕事ができるので、企業の損害を最小限に抑えられるのです。
以上の3つの背景から、リモートワークを導入する企業が増えています。また、リモートワークはIT企業を中心に広がっている新たな働き方ですが、今後は非IT企業や中小企業でも導入する動きが大きくなっていくと予想されます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

リモートワークのメリット・デメリット

リモートワークにはメリットはもちろんのこと、デメリットも存在します。本格的に導入するまえに理解しておけば稟議の際の説得材料にしたり、トラブルを未然に防いだりできるようになります。

リモートワークのメリット

自社でリモートワークを実施した場合には、以下の3つのメリットが得られます。
 
  • 業務効率の改善
  • リモートワークではあらゆる業務がデジタル化されるので、ムダな作業が一気に減ります。そのため、空いた時間をより専門的な業務に充てられるようになるのです。
     
  • コスト削減
  • オフィス賃料や光熱費、諸経費などが大幅に削減されます。リモートワーク実施によって削減されたコストは、新たな事業に投資するなどの選択ができるようになります。
     
  • 離職防止、人材確保
  • リモートワークはワーク・ライフ・バランスに最適な制度なので、社員の離職を防ぎ自社に定着させられます。また、柔軟な働き方を求める優秀な人材を確保するための条件の一つにもなります
以上のように、リモートワークを導入すれば業務効率の向上とコストの削減が同時に実現し、さらに自社の将来を担う人材の確保にもプラスに働きます。
 
関連記事: 【良いことの方が多い!?】リモートワーク導入のメリットとデメリットを大公開!

リモートワークのデメリット

リモートワークにはメリットだけでなく、早急に対処すべきデメリットもあります。以下は、リモートワークの4つのデメリットです。
 
  • セキュリティ
  • オフィス以外で仕事をするため、社内情報の漏えいなどのセキュリティリスクが高まります。公共施設の無料Wi-Fiなどにアクセスすると、第三者から不正アクセスされる可能性があり危険です。
     
  • タスク管理
  • リモートワークでは「部下のタスク進捗が把握しづらい」という課題があります。とくに、プロジェクトリーダーなどがメンバーを統括する場合には、「誰が、何のタスクを、どこまで進めているのか」が分からないのは致命的です。
     
  • コミュニーション
  • リモートワークでは社員同士のコミュニケーションが減り、チーム内の連携にも悪影響を及ぼします。Web会議などで会話するだけでなく、テキストで円滑なやりとりができる環境の整備が早急に必要です。
     
  • 情報共有
  • リモートワークの最大の課題は情報共有です。ビジネスにおいて情報共有は前提となる重要な要素ですが、リモートワークでは「相手の顔が見えないこと」や「ツールを使いこなせないこと」が原因で情報共有が鈍化します。
以上のように、リモートワークを実施する場合には上記の4つのデメリットを解消する必要があり、放置すれば確実に自社の損失につながります。
 
関連記事: リモートワークに重要なセキュリティ問題。情報漏洩のリスクととるべき対策とは?


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【必見】リモートワークのデメリットを解消する唯一の方法

テレワークのデメリットを解消するたった一つの方法は「ITツールの活用」です。
 
たとえば、国際セキュリティ基準を満たす安全なITツールを導入すれば、すべての通信が暗号化されるのでハッキングされることはありません。また、2段階認証やシングルサインオンのようなアカウント管理機能があれば、リモートワークでも安心です。
 
また、リモートワークのデメリットである「タスク管理」「コミュニケーション」「情報共有」の3つに対応するITツールは、同じ空間にいないメンバーと仕事をする際に必要な情報をすべて一か所で管理できるので、複数のツールを併用する必要がなくなります。
 
テレワークのデメリットを制度やルールで解消する方法もありますが、手間がかかるうえに成果が出るのに時間かかります。一方で、ITツールを導入すれば的確にデメリットを軽減し、すぐに効果を実感できるのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

あらゆる企業のリモートワークに必須のおすすめツール

以下では、あらゆる企業のリモートワークに必須のおすすめツールをご紹介します。
 
リモートワークのセキュリティ課題は、国際セキュリティ資格ISO27001(ISMS)などを取得しているITツールが最適です。社内情報を安心・安全に保護できる環境があってこそ、何の心配もなく自社の事業を進められるのです。
 
また、リモートワークの「タスク管理」「メッセージ」「情報共有」の3つがスムーズにできるのも選定条件です。リモートワークでは部下の進捗が把握しづらいうえにコミュニケーションが難しく、情報共有の質とスピードが著しく低下します。
 
結論、高度なセキュリティ基準を満たすうえに、「タスク管理」「メッセージ」「情報共有」の機能を備えるツールは、非IT企業の65歳でも簡単に使いこなせるほどシンプルな「Stock」一択です。
 
Stockは導入実績が100,000社を超える今注目のツールであり、業界・業種問わずにリモートワークを実施するあらゆる企業が直面する課題を解決します。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

リモートワークでさらに成果を上げるための対策

ITツールを導入するだけではオフィス業務と遜色がないほど、リモートワークで成果を上げるのは難しいです。そのため、以下のリモートワークで成果を上げるための3つの対策を実践しましょう。

定期的にコミュニケーションをとる機会を設ける

まずは、定期的にコミュニケーションをとる機会をつくるのが大切です。
 
上司から「社員同士で積極的にコミュニケーションをとるように。」と通達されても、具体的に何をすれば良いのか分からないので誰も動きません。そのため、オンライン飲み会を開催したり、雑談ができるメッセージグループをつくったりして機会を設けましょう
 
ただし、強制参加にすると逆に自然なコミュニケーションがとれなくなるので、あくまでも任意参加にするのが良いです。

リモートワーク向けの社内制度・ルールを整備する

次に、リモートワーク向けの社内制度・ルールを整備しましょう。
 
オフィス勤務に適用されている労務管理や評価制度、福利厚生などをそのままリモートワークに当てはめると、さまざまな問題が発生します。
 
たとえば、「これまでは仕事のプロセスまで評価されていたが、リモートワークでは成果しか見られなくなった」などの不満が発生するのです。
 
そのため、リモートワークを実施する場合には、リモートワークで働く社員のためにも社内制度・ルールの整備を早急にする必要があります。

リモートワークに適した労働環境を用意する

最後に、リモートワークに適した労働環境を用意しましょう。
 
たとえば、「誰でも簡単に使いこなせるITツールの導入」は、さまざまなデジタル機器を扱うリモートワークに必須の配慮です。リモートワークはITツールの利用が前提になるので、使いこなせないものを仕事で利用するのはストレスです。
 
また、複雑な操作が必要な多機能ツールは業務の質・スピードも低下するので、企業としても大きな損失です。そのため、社員が気持ち良く働ける労働環境を整備しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

リモートワークとテレワークの違いまとめ

これまで、リモートワークの概要や注意すべきデメリット、具体的な対策をご紹介しました。以下は、本記事のまとめです。
 
  • リモートワークとは、オフィスから離れた場所で働く勤務形態の全般を指す
  • リモートワークを実施するとセキュリティや情報共有などの問題が発生する
  • リモートワークの課題を解消する唯一の方法は「ITツール」
ITツールのなかには多種多様な機能を搭載するものもありますが、デジタルが苦手な社員には使いこなすのが難しい可能性があります。誰も活用せずに放置されるのを避けるためにも、簡単に使いこなせるITツールを選びましょう。
 
たとえば、リモートワークの課題を解決する機能を過不足なく搭載するStockは、ITに詳しくない65歳でも導入初日からすぐに使いこなせるほどシンプルな情報共有ツールです。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入してリモートワークのデメリットを解消し、オフィス業務と変わらない質の高い仕事をしましょう。
 
関連記事: リモートワークに必須のおすすめツール15選!