Microsoft Teamsでは、無料版と有料版のプランが提供されています。しかし、無料版・有料版ともに複数回の内容変更がおこなわれているうえ、各プランでできること/できないことは時間をかけて調べなければなりません。
 
そのため、なかには「Teamsの利用にあたって、無料版と有料版の違いが分からない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、最新のTeams無料版と有料版の違いを中心にご紹介します。
 
という方はこの記事を参考にすると、Teamsの全プランの違いが分かり、自社に合ったプランが見つかります。


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

Teams(チームズ)とは

Teamsのトップページ画像
 
Teamsとは、WordやExcelを提供するMicrosoft社製のコミュニケーションツールです。
 
Teamsの主な機能は「ビジネスチャット」と「オンライン会議」で、部署やプロジェクトの情報共有に使われます。また、チャット内に直接”表”や”チェックボックス”を挿入して、共同作業をしたりタスクを整理したりする機能が使えるのも特徴です。
 
さらに、タスク管理アプリの「Microsoft Planner」や、クラウドストレージの「One Drive」と連携することで、プロジェクトの詳細なタスク管理や、書類管理の機能も満たせます。
 


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

Teams無料版(クラシック)終了の概要

Teams無料版(クラシック)は、2023年4月12日をもって廃止されました。
 
Microsoft社はクラシックの廃止を決定し、2023年4月12日以降のアクセス不可・データ削除を発表しました。そして、新無料プランがリリースされ、クラシックを利用していたユーザーは、「新無料プランまたは有料プランへの切り替え」が必要となったのです。
 
新無料プランは、従来のクラシックとはまったく別ツールなので、データは手動でひとつひとつ転送する必要があります。一方、有料プランに切り替えれば、機能は制限されず、データも自動で移行されるのです。
 
また、自身の加入プランを確認するには、Teamsアカウントの「プロフィール」をクリックして、メニュー上部に表示されるプラン名を見ましょう。
 


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

【どこまで制限される?】新しいTeams無料版でできること

クラシックの廃止以降の新しいTeams無料版でできることは、以下になります。
 
  1. チャット
  2. 個人やグループ間でのチャットができます。
     
    チャットの画像
     
  3. オンライン会議
  4. 100人・60分までのオンライン会議ができます。
     
    の画像
     
  5. マルチデバイス対応
  6. PCのWeb版/ダウンロード版、スマートフォン版のすべてを使えます。
     
    の画像
     
  7. ファイル共有
  8. 部署やプロジェクト内で、ファイル共有・共同編集ができます。
     
  9. クラウドストレージ
  10. チーム全体で10GB、さらにメンバー1人ごとに2GBのストレージを使えます。
 
このように、新しい無料版Teamsには一部人数や時間の制限があるものの、Teamsの基本的な機能は使えると言えます。


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

【最新】Teams無料版と有料版の違いとは

ここでは、最新のTeams無料版と有料版の主な違いを3つ紹介します。以下を参考に、どちらのプランが適しているか判断しましょう。

(1)ファイルストレージ(容量)の大きさ

無料版に比べて、有料版では利用可能なファイルストレージ(容量)が増加します。
 
無料版の1ユーザーあたりのクラウドストレージは2GBですが、有料版では最安値のプランでも「1ユーザーあたり10GBのクラウドストレージ」が使えます。そのため、有料プランに切り替えると、チーム内でやりとりできるファイル量も増やせるのです。
 
Microsoft Teams【無料】 Microsoft Teams Essentials【有料】 Microsoft 365 Business Basic【有料】 Microsoft 365 Business Standard【有料】
ファイルストレージ
  • 1ユーザーあたり:2GB
  • チーム全体で使えるストレージ:10GB
  • 1ユーザーあたり:10GB
  • 1ユーザーあたり:10GB
  • チーム全体で使えるストレージ:1TB
  • 1ユーザーあたり:10GB
  • チーム全体で使えるストレージ:1TB
 
また、上位プランになるほど大容量のファイルストレージを使えるようになるので、自社でやりとりするファイルの量を考慮してプランを検討しましょう。

(2)オンライン会議で使える機能

有料版では、オンライン会議で使える機能も豊富です。
 
無料版では、グループでのオンライン会議の上限時間が60分ですが、有料版は30時間まで利用できます。また、会議のレコーディングや文字おこしといった、無料版にはない機能も使えるのです。
 
Microsoft Teams【無料】 Microsoft Teams Essentials【有料】 Microsoft 365 Business Basic【有料】 Microsoft 365 Business Standard【有料】
音声・ビデオ会議
  • 参加可能人数:100名まで
  • 1対1の会議:上限30時間
  • グループの会議:上限60分
  • 参加可能人数:300名まで
  • 1対1の会議:上限30時間
  • グループの会議:上限30時間
  • 参加可能人数:300名まで
  • 1対1の会議:上限30時間
  • グループの会議:上限30時間
  • 参加可能人数:300名まで
  • 1対1の会議:上限30時間
  • グループの会議:上限30時間
 
したがって、オンライン会議を頻繁に実施する場合や、記録として残しておきたい場合は有料プランを選択しましょう

(3)サポート体制

有料プランでは、機能だけでなくサポート体制も充実しています。
 
無料版は、Microsoft Teamsのコミュニティーでのサポートが前提になります。一方、有料版では、電話またはWebでのサポートが24時間年中無休で受けられ、トラブルが発生した場合でも迅速に相談できるのです
 
そのため、有料化すれば操作に詳しくない方でも安心して使い続けられます。


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

【全プラン一覧表】Teams無料版と有料版を徹底比較

ここでは、Teamsの無料版と有料版の全プランを徹底比較します。Microsoft社が提供するプランは以下の通りです。
 
 
  • Microsoft Teams (新・無料プラン)
  • Microsoft Teams Essentials(有料プラン)
  • Microsoft 365 Business Basic(有料プラン)
  • Microsoft 365 Business Standard(有料プラン)
 
各プランの主な機能の違いは以下の通りです。(表は右にスクロールできます。)
 
Microsoft Teams【無料】 Microsoft Teams Essentials【有料】 Microsoft 365 Business Basic【有料】 Microsoft 365 Business Standard【有料】
Officeアプリの有無
×
×
金額(年間契約)
0円
599円/ユーザー/月
899円/ユーザー/月
1,874円/ユーザー/月
音声・ビデオ会議
  • 参加可能人数:100名まで
  • 1対1の会議:上限30時間
  • グループの会議:上限60分
  • 画面共有や会議予約が可能
  • 参加可能人数:300名まで
  • 1対1の会議:上限30時間
  • グループの会議:上限30時間
  • ホワイトボード機能や共有中への描画(共同注釈)が可能
  • 参加可能人数:300名まで
  • 1対1の会議:上限30時間
  • グループの会議:上限30時間
  • ホワイトボード機能や共有中への描画(共同注釈)が可能
  • 会話内容をリアルタイムで字幕表示可能(日本語対応)
  • 参加可能人数:300名まで
  • 1対1の会議:上限30時間
  • グループの会議:上限30時間
  • ホワイトボード機能や共有中への描画(共同注釈)が可能
  • 会話内容をリアルタイムで字幕表示可能(日本語対応)
  • ウェブセミナーの主催が可能
ファイルストレージ
  • 1ユーザーあたり:2GB
  • チーム全体で使えるストレージ:10GB
  • 1ユーザーあたり:10GB
  • 1ユーザーあたり:10GB
  • チーム全体で使えるストレージ:1TB
  • 1ユーザーあたり:10GB
  • チーム全体で使えるストレージ:1TB
サポート
コミュニティーでの質問・回答またはサポートに問い合わせ
電話・Webサポート(24時間年中無休)
電話・Webサポート(24時間年中無休)
電話・Webサポート(24時間年中無休)
チャットの最大ユーザー数
250人
250人
250人
250人
Copilot for Microsoft 365の利用資格
×
×
×
そのほかの特徴
ノイズ抑制機能あり
OutlookやSkypeの連絡先をTeamsにインポート可能
セキュリティ機能が充実
「OutlookやSkypeの連絡先をTeamsにインポートする機能」「プロジェクトの共同作業に役立つMicrosoft Loopの機能」を除き、全機能が利用可能
 
以上のように、無料版は有料版に比べてさまざまな機能が制限されます。また、有料版のなかでも、「Microsoft Teams Essentials」とほかのプランでは、Officeアプリへのアクセス権の有無やストレージ容量などが異なるのです。
 
また、AI機能のCopilotを使えるのは、有料プランのなかでも「Microsoft 365 Business Standard」に限られます。「Business Standard」の料金に、1ユーザーあたり年間53,964円を追加で支払うことで、Copilotを利用できるのです。
 
TeamsでAI機能のCopilotを使えば、過去のやり取りを遡らずに「チャットの要約」から主要なポイントや決定事項を確認できます。さらに、Copilotは、Teamsに限らずExcelやOneNoteなどを利用するときにも役立ちます。
 


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

Teamsのメリット・デメリット

ここでは、Teamsのメリットとデメリットを紹介します。Teamsの導入や継続利用を検討している方は、メリットとデメリットを比較したうえで判断しましょう。

Teamsのメリット

Teamsのメリットは、社内のコミュニケーションが活性化する点です。
 
Teamsは、「チャット」「コミュニティ」「オンライン会議」などのコミュニケーション機能が充実しています。また、モバイルにも対応しているので、場所を問わずスムーズにやりとりできるのです。
 
さらに、「Plannner」をタブに追加すると、メンバーのタスクを一覧で確認でき、進捗共有にも役立ちます。そのため、「誰が何をしているか」が明らかになり、社内全体でスムーズに作業を進められるのです
 
関連記事: Teamsの無料版(クラシック)からデータを移行する方法とは

Teamsのデメリット

Teamsのデメリットは、情報が流れやすい点です。
 
Teamsで情報共有すると、話題が入り乱れて情報が流れやすいです。例えば、チャットでは情報が蓄積されず、重要な情報が他の話題で埋もれるほか、オンライン会議では、発言をテキストとして残さなければ、共有漏れにつながります
 
このように、Teamsはコミュニケーションツールとしては便利ですが、情報管理には不向きです。したがって、情報が正しく蓄積される「ナレカン」のようなツールを使って、社内情報を管理・共有しましょう。


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

【必見】Teamsのデメリットを解消するツールとは

以下では、Teamsのデメリットを解消して、最も効果的に情報を管理・共有できるツールをご紹介します。
 
Microsoft Teamsは豊富な機能を備えた、情報共有に役立つツールです。しかし、チャットやオンライン会議でのやりとりなので、「情報が流れやすい」という大きなデメリットがある点に注意が必要です。
 
また、 Teamsは多機能なため、使いこなせなければ不要な機能に無駄な料金コストを払うことになります。したがって、「必要な機能に過不足がないツール」を使って、費用を抑えつつ効果的に情報を管理・共有しましょう。
 
結論、自社が導入すべきなのは、ITスキルにばらつきのある大企業でも、全社員が簡単に情報を管理・共有できる「ナレカン」一択です。
 
ナレカンでは、ノート形式で「テキスト・画像・ファイル」のあらゆる情報を残せるので、社内の情報を流さずストックできます。また、「既存の社内情報をナレカンへ移行する」などの手厚いサポートがあるため、導入がスムーズに進むのです。

100名以上の企業で社内の情報を簡単に共有できるツール「ナレカン」

ナレカンのトップページ
 
「ナレカン」|社内のナレッジに即アクセスできるツール

https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

「ナレカン」は、社内のナレッジに、即アクセスできるツールです。
「社内のあらゆる場所からナレッジが一元化」され、しかも、そのナレッジを「超高精度検索」できます。
 
自身の頭の中にあるナレッジを残すときは「記事」を作成でき、誰かにナレッジを尋ねたいときは、知恵袋のような感覚で「質問」することが可能です。また、ファイルを添付するだけで、AIが貴社のファイルの中身を全自動で、続々とナレッジ化していきます。
 
また、ナレカンを使えば、欲しい情報が即見つかります。
Google検索のように使える「キーワード検索」や生成AIを活用した「自然言語検索」によって、メンバーの検索スキルに依存することなく、誰でも簡単に情報を探し出せます。
 
更に、「初期導入支援サポート」と「ご利用中サポート」もあり、支援も充実しています。「すぐに使える状態にセットアップ」「月に1度のオンラインミーティング」など、実際に、社内のナレッジが動き出す仕組みを整えます。

<ナレカンをおすすめするポイント>

  1. 【ナレッジの一元化】 ナレッジ管理に特化した、これ以上なくシンプルなツール。
    記事形式で書ける「社内版wiki機能」、質問形式で聞き出せる「社内版知恵袋」、メールやチャット内のやりとりは「転送機能」を使って、ナレッジを残していくだけなので、誰でも迷わず使えます。
  2. 【超高精度な検索機能】 誰もが簡単に欲しい情報を見つけられる検索性。
    「複数キーワード検索」「添付ファイル内検索」「ゆらぎ検索」など、思い通りの検索が可能です。
  3. 【サポート】 圧倒的なクオリティの「初期導入支援」と「ご利用中」サポート。
    初期導入支援だけでなく、ナレカンが定着するように、ご利用中も最大限サポートするので、貴社担当者様のお手を煩わせません。

<ナレカンの料金>

ナレカンの料金プラン

  • ビジネスプラン:標準的な機能でナレカンを導入したい企業様
  • エンタープライズプラン:管理・セキュリティを強化して導入したい企業様
  • プレミアムプラン:「AI自然言語検索」も含めて導入したい企業様

各プランの詳細や金額は、下記「ナレカン資料の無料ダウンロード」ボタンより、資料をダウンロードしてご確認ください。

ナレカン資料の無料ダウンロード


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

無料版と有料版それぞれに向いている企業

ここまで、Teamsの無料版と有料版を比較してきました。結論、それぞれのプランに向いている企業は以下になります。
 
<無料版の利用が向いている企業>
 
  • 個人利用が中心
  • 個人利用の場合、扱うデータ容量が大きすぎなければ無料版でも十分使えるケースが多いです。
     
  • ビデオ会議を頻繁に利用しない
  • 無料版はビデオ会議の時間制限(1回60分まで)が厳しいので、ビデオ会議を頻繁に利用しなければ、無料版でも不便に感じない可能性があります。
     
  • ITツールを使い慣れている
  • ヘルプページを見て自身で不明点を解消できる程度に、ITツールを使い慣れている必要があります。
 
 
<有料版の利用が向いている企業>
 
  • 格納する資料が多い
  • 「画像や動画」など取り扱うデータのサイズが大きい場合や、格納する「資料」の数が多い場合は、有料版のデータ容量が必要です。
     
  • 高度なセキュリティが必要
  • 機密情報を扱うため、高度なセキュリティを求める場合は、有料化が必要です。
     
  • 手厚いサポートを受けたい
  • 社員のITリテラシーにばらつきがあり、サポートを受けたい場合は、有料版に加入しておくと安心です。
 
以上のように、導入の目的や利用する業務、企業の特徴によって向いているプランに違いがあります。なかでも、困ったときに「手厚いサポートが必要か」は最も重要な判断基準です。
 
ただし、Teamsは機能が多く複雑なツールなので、サポートの有無以前に導入が頓挫する可能性があります。そのため、シンプルな設計で社内に浸透しやすいうえ、数時間~1営業日以内に問い合わせに対する返答を得られる、「ナレカン」のようなツールを導入する企業が増えています。


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

Teams無料版と有料版の違いまとめ

これまで、Teams無料版と有料版の違いを中心にご紹介しました。
 
Teams無料版と有料版は、主に「オンライン会議の機能」「ファイルストレージ」「サポート」に違いがあります。また、有料プランにおいても、それぞれ機能制限が異なるため、全プランを慎重に比較検討しましょう。
 
また、情報共有では多機能なツールでなくとも、必要な機能が過不足なく備わっていれば十分に運用できます。とくに「シンプルな情報共有ツール」を使えば、ITリテラシーを問わず誰でも簡単に使いこなせるため、社内への浸透も速いのです。
 
したがって、自社の情報共有には、「情報を流さずストックする”ノート”」と「気軽なやり取りをする”メッセージ”」の機能を備えた、情報共有ツールの『ナレカン』一択です。
 
ナレカンは導入時のサポートも手厚いので、ぜひ「ナレカン」を使って、料金・操作性ともにストレスのない情報共有の体制を整えましょう。


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html
 
関連記事: 【簡単解説】Microsoft Teamsの機能や料金・評判とは
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。