製造業において、納期を厳守するために重要なのは生産管理です。生産管理には、生産計画や受注計画など多くの工程が含まれるため、情報共有を徹底することが大切です。
 
一方で、社内でコミュニケーションが適切にとれておらず、業務フローを共有できていない担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、生産管理の業務フローや課題、効率化の解決策をご紹介します。
 
  • 各工程の管理を個人に任せており、チーム全体で生産状況を把握できていない
  • 生産管理が属人化してしまい、後任者への引継ぎがうまくいかない
  • 生産管理ができておらず、トラブルが発生した際の対応が後手に回ってしまう
という方は、本記事を参考にして生産管理の課題と解決策を把握でき、社内全体の情報共有が活発化します。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

生産管理とは

生産管理は、生産活動をスムーズに行うために必要となる管理活動を指します。
 
製造業では、生産計画に基づいて製品が作られています。生産計画は、「Quality(品質)」「Cost(原価)」「Delivery(納期)」に基づいて策定され、3つの要素を最適化するために行うのが生産管理です。
 
生産管理の目的は、「高品質なものをコストを抑えて短期間で製造する」ことであり、QCDを常に意識するのが大切です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

生産管理の業務フロー

生産管理には多くの工程があり、一つひとつを丁寧に把握しておく必要があります。加えて、全体像を可視化し、業務全体の流れを理解しておきましょう。以下では、生産管理の業務内容についてご紹介します。

需要予測

需要予測では、過去のデータを参照して受注量を予測していきます。
 
予測を立てる際には、自社の生産能力などの内的要因だけでなく、景気や競合他社の動向など外的要因を考慮しましょう。
 
たとえば、需要予測が受注量を上回ると在庫が不足するため、機会損失を招きます。一方で、需要予測が受注量を下回ると大量の在庫を抱えてしまい、大きな損失を被ります。
 
このように、需要予測は売り上げに直結するといっても過言ではないので、過去の傾向を踏まえながら正確に行う必要があるのです。

生産計画

次に、需要予測に基づいて生産計画を練ります。生産する製品や数量、時期などを具体的に決めていきます。
 
自社の生産能力や作業員の数を踏まえたうえで、実現可能な計画を立てるのが重要です。
 
また、製品を生産するために必要な原材料と仕入先についても整理しておきましょう。生産部門だけでなく、財務部門や営業部門とも連携し、社内全体で生産計画を策定する必要があります。

調達計画

生産のための資材を計画通りに仕入れ、製造ラインへと供給するために策定します。
 
供給過多を恐れて資材を少なく仕入れてしまうと、生産量を増やす際に資材が不足し、製造ラインを止めなければなりません。一方で、資材が不足するのを防ぐために過剰に調達すれば、在庫を多く抱えなければいけないと同時にキャッシュフローの悪化を招きます。
 
こうした事態を避けるためには、生産計画を参考にしながら適切な量の資材を購買・調達するためのプランを策定します。

生産実施

資材の調達と並行して、生産計画通りに製造ラインを動かします。
 
生産を実施している間にもトラブルや例外的な案件が発生する可能性もあるため、生産時期は余裕を持って設定する必要があります。また、取引先によっては納品時期を早めてほしいというケースもあるので、こうした対応策を生産計画に反映しておくのが重要です。

品質管理

品質管理では、製品の品質が十分か検査します。
 
たとえば、「適切な順番で製品が製造されているか」「仕入れ品に不備がないか」など工程管理や検品作業を行い、自社の品質基準を満たしているか確認します。また、品質管理用のチェックリストを作成し、確認漏れを防ぎます。
 
品質管理においては、全ての商品の品質を漏れなくチェックすることが重要です。

在庫管理

在庫管理では、各製品・部品の在庫数を把握し、生産計画を柔軟に調整します。
 
在庫を効率よく消費できると、企業の利益率を上げられます。在庫数を減らすには、リアルタイムで在庫を把握し、素早く生産計画に落とし込めるシステムの構築が重要です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

生産管理の課題とは

生産管理では、原材料の調達や生産計画の策定、在庫管理など幅広い業務を組織横断的に行う必要がある一方で、部署の垣根を越えて適切に情報共有できていないケースも多いです。以下では、生産管理の主な課題について3つご紹介します。

リアルタイムで在庫の確認が行えていない

生産管理の課題として、リアルタイムで在庫の確認が行えていないことが挙げられます。
 
入荷・出荷のタイミングですぐにチェックしていないと、在庫数を正確に把握できず、余剰生産や在庫不足による製造ラインの停止を招いてしまいます。また、倉庫と製造ラインで密に連携をとれていないと、適切な在庫数を保てません。
 
こうした事態に対処するためには、入力した在庫票を素早く共有するITツールの導入が不可欠です。離れた場所にいてもスマホやPCでファイルを閲覧・共有できるため、部署を超えた連絡スピードが向上します。

引継ぎがうまくいかない

業務が属人化していると、後任者への引継ぎがうまくいきません。
 
たとえば、生産計画を立てる際には、製造ラインへの深い理解や各社員のスキルを把握し、適切に配置する能力が求められます。そのため、年数を重ねた社員の経験に依存してしまい、ナレッジを共有できていないので、引継ぎが適切に行われません。
 
対策としては、各社員が抱えるナレッジを共有するプラットフォームの構築が重要です。FAQのようによくある質問をまとめておくと、引継ぎの際に後任者が素早く業務を理解できるようになります。

トラブルへの対応が遅い

製造ラインで発生したトラブルへの対応が遅くなると、納期の遅延につながります。
 
製造現場では、設備の故障や原材料の不足など予期せぬトラブルが起こる場合があります。そうした際に、臨機応変に対応できないと納期が遅れ、顧客の信用を失います。
 
解決策としては、トラブルの発生時に素早く共有できる体制を整えておきます。全社に情報を共有し、対策チームを発足させて解決を目指します。また、生産計画にもトラブルの対応方法をパターン別にまとめておくと、発生時に素早く動けます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

生産管理のポイント

生産管理は、複数の部署を横断して行うため、部署内だけでなく部署間のコミュニケーションが大切です。以下では、生産管理のポイントについて解説します。

業務負荷を可視化する

生産管理では、業務負荷を可視化するのが重要です。
 
特定の製造ラインの業務負荷が偏らないように、各製造ラインの生産能力を見える化し、共有しておくのが重要です。たとえば、各工場の作業員や設備を把握しておくと、生産計画の策定時に適切に生産量を定められます。
 
また、各工場の稼働率も考慮しながら生産計画を作れば、特定の部署や作業員に業務が偏ることを防げます。

部署間のコミュニケーションを促進

業務フローを円滑に回すには、部署間のコミュニケーションを促進するのが重要です。
 
生産管理を担当する部門は、いわば営業部門と製造部門のつなぎ役といえます。たとえば、営業部門から顧客に素早く製品を届けるために、生産から納品までのリードタイムを短くしてほしいと要求する場合があります。一方で、製造部門は生産ラインを回すのに精いっぱいで、これ以上納期を早めるのが難しいです。
 
こうした際に、管理部門の担当者は両者と積極的にやりとりし、製造から販売までの流れをスムーズにします。加えて、ITツールを導入すると、本社と工場など離れた場所にいる別部署の社員ともスムーズに連絡でき、情報共有が活発化します。

業務の標準化を行う

生産管理のポイントとして、業務の標準化を行うのが大切です。
 
たとえば、作業員によって品質管理のチェックポイントが変わってしまうと、品質にばらつきが生じてしまい、安定して同じ製品を生産するのが難しいです。そのため、各作業をマニュアル化し、誰がやっても同じ結果になるようにするべきです。
 
また、作業を標準化しておくと、急な異動が生じた際にもすぐにほかの人が作業を引き継げるので、生産ラインを止めずに済みます。このように、標準化によって製品の品質を一定に保てると同時に、不良品が発生する確率も減らせます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

生産管理を効率化するITツール

以下では、生産管理を効率化するITツールをご紹介します。
 
生産管理において最も重要なのは、組織横断的な情報共有です。各業務フローを円滑に行うためには、製造部門内だけでなく、営業や管理部門との連携が必須です。
 
従来のような、Excelでの情報管理とメールでの情報共有では、情報の更新時には毎回ファイルを開く手間がかかり、トラブルが発生した際にも迅速に連絡が取れません。
 
一方で、ITツールを導入すれば、作業日報やマニュアルを一元管理し、チャット機能で部署を横断して手軽に連絡を取れます。加えて、ツールを選ぶ際に重要なのが「誰でも簡単に使いこなせる」ことです。ITリテラシーに差が生じやすいメーカー企業において、工場で勤務する人でも簡単に情報を発信・閲覧できるシンプルさが必須です。
 
そのため、選ぶべきツールは導入初日から説明不要で操作でき、生産管理に必要な情報を一元化できる「Stock」一択です。
 
Stockは、「ノート」に直感的に書き込め、作業日報やマニュアルなど関連資料をまとめて管理可能です。さらに、ノートに紐づくメッセージ機能で他部署の社員とも、時間や場所を問わず簡単に連絡が取れます。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

生産管理の基本情報まとめ

これまで、生産管理の業務フローや課題、ポイントをご紹介してきました。生産管理のポイントは以下の3点です。
 
  • 特定の部署や作業員に作業が偏らないように、業務負荷を可視化する
  • ITツールを活用して部署間のコミュニケーションを促進
  • マニュアルを作成して業務の標準化を行う
生産管理では膨大な情報を扱うため、ITツールを導入して一元管理する必要があります。ITツールなら時間や場所を問わず情報を発信・閲覧可能であり、オンライン上であれば時間や場所を問わずに利用できるクラウド型なら、パソコンだけでなくスマホやタブレットでも使えます。
 
ご紹介したStockは、ITに不慣れな社員でも簡単に操作できるほどシンプルなツールであり、中小企業を中心に100,000社以上が導入して、情報管理の効率化を実現しています。
 
利用は無料からでき登録も1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入して生産管理を効率化し、情報共有のストレスを解消しましょう。
 
関連記事: 【2021年版】プロジェクト管理について網羅!流れやポイントも徹底解説!
 
関連記事: プロジェクトの進捗管理が楽になる!管理手法7選やコツも紹介
 
関連記事: プロジェクト管理に必要な項目を整理して、効率よく業務をマネジメントしよう!