製品を生産する上で鍵となる生産管理ですが、皆さんはどのように管理していますでしょうか?
 
現状を維持することに精一杯の方や、改善しようにも日々の業務に追われなかなか改善できないという方も多いかと思います。
 
そこで今回の記事では、生産管理で行うこと、生産管理の必要性とポイント、効率化するためのツールについてご紹介させていただきます。
 
今回の記事が、皆さまの生産管理の改善のための参考になればと思います。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

生産管理とは

生産活動をスムーズに行うための管理活動

生産管理とはその言葉の通り、「生産」を「管理」することを指します。
 
日本規格協会のJIS(日本工業規格)Z8141:2001によると、生産管理は「財・サービスの生産に関する管理活動」を指し、具体的には以下のように定められています。
 

「所定の品質Q (quality)・原価C (cost)・数量及び納期D (delivery, due date) で生産するため,又はQ・C・Dに関する最適化を図るため,人,物,金,情報を駆使して,需要予測,生産計画,生産実施,生産統制を行う手続き及びその活動。狭義には、生産工程における生産統制を意味し、工程管理ともいう。」

引用:JIS『Z8141:2001 生産管理用語』
 
いわば、生産管理は生産活動をスムーズに行うために必要となる管理活動であると言えます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

生産管理で行うこと

一言で生産管理と言っても、実は管理する内容はさまざまあります。
生産管理で行うことについて、1つずつ見ていきましょう。

需要予測

需要予測とは、言葉の通り、生産する商品のニーズについて予測することを言います。
 
自社の製品を市場でどれくらい販売できるのか?と需要を予測しないと、生産量を決めることもできません。
 
そのため、過去の傾向や販売データ、競合他社の状況などといった観点から分析し、商品の需要を予測する必要があります。
 
この予測次第で必要な生産量も変わってくるので、生産管理の仕事の中でも重要な一つと言えるでしょう。

生産計画

生産計画は生産のすべての起点となる計画です。
生産計画を立てることは、自社の生産ラインにおける生産能力を把握するためにも、必要不可欠な作業です。
 
生産計画では、製品を生産するために必要な原材料、原材料の仕入れ先、製品生産の時期、生産準備期間や生産期間などといった生産に関わる情報の整理を行います。
 
生産計画には、原材料を購入する資金を管理する財務部門や、製品を販売する営業部門も関わってきます。
 
それゆえ生産部門だけではなく、関わりのある部門全体を検討しながら計画を立てていく必要があります。

購買・調達計画

生産のための資材を計画通りに仕入れ、製造ラインへと供給するのが購買・調達計画です。
 
供給過多を恐れて資材を少なく仕入れるのも、供給不足を懸念して資材を過剰に仕入れすぎるのもどちらも生産にとって悪い影響を与えてしまいます。
 
こうした事態を避けるために、生産計画をもとに適切な量の資材を購買・調達するための計画を立てます。

購買・調達実施

購買・調達計画が出来たら、それをもとに購買・調達を実施します。
 
計画通りに購買・調達するのが基本ですが、資材価格は製品価格へと直接反映される価格のため、購買・調達の際は常に原価を低くすることを考えて仕入れ先を選択する必要があります。
 
これは、仕入れ前だけに留まらず、製品の製造途中であっても同様です。
常に最適な仕入れ先を選択することで、生産コストを抑えた製品の生産が可能になります。

工程計画・管理

工程計画・管理では、生産計画を基に、納期に間に合うように製造現場での作業手順を計画し、実際に指示・調整を行います。
 
工程計画・管理が正しく管理できてれば、納期をきちんと守った生産が可能になるほか、生産性を向上させることができるようになります。

生産実施

生産実施では、生産計画や調達・購買計画を基に実際に生産を実施していきます。
 
生産を実施している間にもトラブルや例外的な案件が発生する可能性もあるので、生産時期は余裕を持って設定するのが良いでしょう。
 
また取引先によっては納品時期を早めてほしいという要望もあるので、そのようなケースへの対応策も生産計画に入れるとベストです。

品質管理

品質管理では、製造工程が正しいか、製品が一定の品質を備えているかの検証が行われます。そうした検証により、製品の品質を保証するのが品質管理の役割です。
 
品質の検証のため、工程管理の作業で、適切な手順において製品が製造されているか、仕入れ品に不備がないかどうかの受け入れ検査、出荷前には製品が一定の品質を備えているか確認するための検品作業などを行います。
 
品質管理においては全ての商品の品質を漏れなくチェックすることが必要になります。
そうすることで、自社の品質基準を維持し、改善することができるのです。

在庫管理

在庫とは言い換えると「現金化を待っているモノ」です。
 
この在庫を販売することで利益を出すことができるため、いかに効率よく消費するかで、企業の利益率が変化します。
 
ここでの在庫とは完成された製品のみではなく、まだ製造前の原材料や部品なども含まれます。
 
適正在庫を所持することは、生産において重要なことなので、在庫管理の作業量は他と比べると多くなる傾向があります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

生産管理の必要性

生産管理ですべきことについて、理解できたでしょうか?
次に、なぜ生産管理を行う必要性があるのかという点を考えていきたいと思います。

企業の利益の最大化を図るため

生産管理の一番の目的は、企業の利益の最大化を図ることです。
 
利益の最大化を図るためには、所定の品質・価格・納期をいかに最適にできるかということが重要になってきます。
 
多くの企業では、売りたいと思った時に製品がなく、売れない時に製品が余っているという問題が発生しています。これは、製品だけでなく、原材料や部品に関しても同様です。
 
こうした問題が発生すると、在庫の保管コストが発生するなどの「本来支払わなくてもいいこと」に対して資金が必要になってしまいます。
 
製品がずっと売れないままでは、会社の損失となり利益の減少に結びつきます。
 
こうした状況を少しでも減らすために、生産管理を行い、適正に管理していく必要があるのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

生産管理はなぜ難しいのか?

生産活動を行う上で、生産管理が大切だということが分かりました。
 
しかし、一方で「生産管理は難しい」という意見も存在します。それほど大切な業務が難しいとされる理由は何でしょうか。

範囲によって必要なスキルが異なる

既に説明した通り、生産管理には様々な業務があります。
そのため、一言に生産管理といっても、それぞれの範囲によって必要とされるスキルが異なります。
 
これが、生産管理が難しいとされる理由です。各範囲における必要スキルをまとめると以下のようになります。

生産計画

需要予測や製造現場の人員リソースなどを考慮した上で、顧客のニーズを想定して生産計画を立てなければなりません。
 
市場や製造現場の変動によって計画を立て直す必要があるため、常にリアルタイムで現状を把握するスキルが求められます。

購買・調達計画

予想していた発注数と実際の発注数が異なる場合、納期の遅れや在庫過多によるコスト発生などのデメリットが生じてしまいます。
 
そのため、購買・調達計画はより正確に、リアルタイムで行うことが求められます。
 
安定的な仕入れ先からの供給を受けるためにも、これまでの取引内容などから判断していくことも重要です。そういった意味で、データを管理・分析するスキルが必要とされます。

工程管理

工程管理では、事前に計画していたスケジュールと実際の進捗状況を比較し、現状把握することが重要です。
 
製造は同時進行で進むことが多いため、部材が工場に到着しているか、機械の稼働は正常かなどを確認しながら、常に最適な手順を考案・調整する必要があります。
 
そのため、現場の業務をすべて把握し、どの工程が一番効率がいいかを判断するスキルが必要になります。

品質管理

多くの製造業では品質管理の検査は人によって行われており、担当できるのはスキルをもった作業員のみとなるケースがほとんどです。
 
こうした検査を行うためには専門的な知識が必要になるうえ、人が行う故に検査ミスや検査漏れが発生する恐れもあります。
 
また、クレームがあった際には原因分析が必要になるため、データを使った分析スキルが必要になります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

生産管理のポイント

大切な作業である一方で難しいとされる生産管理を行う際、一体どこに気を付けていけばいいのでしょうか。

情報の管理が鍵

生産管理とは?利益を最大化するポイントを知って業務を効率化しよう!

生産管理を行ううえの一番の鍵は「情報」です。
 
生産管理をする時には様々な「情報」を扱います。
例えば、原材料のデータ、在庫数量や金額、売り上げデータなどと必要な情報を挙げるとキリがありません。
 
また、前項で述べたように、生産管理では生産部門のみではなく、財務部門や営業部門など、様々な部門との連携が必要となります。
 
しかし、これらの部門間の連携が上手くいっていなければ、計画に遅延が発生してしまい、場合によっては生産のスケジュールにも影響が出る可能性があります。
 
また、生産管理では、扱う「情報」が多いため、情報を適切に扱えていないと様々な問題が発生してしまいます。
 
こうした状況を回避するためにも、生産管理に必要な情報を一元管理することが大切です。
 
一元管理された情報に基づいて計画を立てたり情報共有を行うことで、より効果的・効率的に生産管理が可能になります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

生産管理を効率化するツール

扱う情報が多い生産管理は、Webツールを使って情報を一元管理することが大切です。
簡単に情報をストックし、共有したいとお考えならこのようなツールはいかがでしょうか?

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から14日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

まとめ

たくさんのステップがある生産管理では多くの情報を扱うため、その情報をいかに上手に共有して活用できるかというのが、利益の最大化の鍵となります。
 
生産管理を効果的に行うためにも、是非今回ご紹介したツールを役立てていただければ幸いです。
 
 
関連記事: 【2021年版】プロジェクト管理について網羅!流れやポイントも徹底解説!
 
関連記事: PM・PDM必見!プロジェクト管理手法のフレームワークやコツを紹介
 
関連記事: プロジェクト管理に必要な項目を整理して、効率よく業務をマネジメントしよう!