メモをとる方法は大きく分けて紙とアプリがあります。非IT企業では付箋やメモ帳を上手く活用して仕事を進める方も多いのではないでしょうか。
 
一方で、メモの作成・管理・共有ができるメモアプリを使って仕事をしているビジネスマンもいます。紙のメモにも良い点はありますが、仕事という観点で考えるとメモアプリの方が効率的で使い勝手が良いなど多くのメリットがあるのです。
 
しかし、これまでメモ帳を使って仕事のメモをとっていた企業のなかには「メモアプリを導入した方が良いのは分かるが、使いこなせるのか心配でなかなか導入に踏み込めない。」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、メモ帳の代替として使えるおすすめのスマホメモアプリ5選を中心にご紹介します。
 
  • デジタルに抵抗がある社員でも簡単に使えるメモアプリを知りたい
  • メモなどの社内情報を有効活用できていないと感じている
  • 必要な機能を理解して、自社にもっとも合うメモアプリを導入したい
と考えている担当者の方はぜひこの記事を参考にして、デジタルに苦手意識がある社員でも簡単に使いこなせるメモアプリを検討しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

iPhone/Androidで使えるおすすめのスマホメモアプリ5選

以下では、iPhone/Androidで使えるおすすめのスマホメモアプリ5選をご紹介します。
 
メモ帳を使ったメモはプライベートなどの個人用としては十分ですが、仕事で使うのは非効率でリスクがあります。たとえば、手書きのメモ帳に書き残したメモは意識的に見返さなければ忘れてしまいます。
 
また、ほかの社員と共有するためには再度テキストに書き起こす必要がありますが効率が悪く、次第に面倒になって有益な情報が属人化していくなどの問題もあります。
 
一方で、メモ帳が浸透している職場では「社内にメモアプリを一括導入したいが、デジタルに詳しくない社員ばかりで使いこなせるのか不安だ。」と感じる担当者の方も多いのではないでしょうか。そのような悩みを解消するためには誰でも簡単にメモを残したり、共有したりできるシンプルなメモアプリが必要です。
 
たとえば、社内のメモ管理が適切にされていない課題を抱えているが、使い方が難しいアプリは使いこなせないチームには今回ご紹介する「Stock」が最適です。Stockはチームのメモ管理に必要な機能を過不足なく備えているので使い勝手が良く、デジタルの知識がまったくない非IT企業の社員でも簡単に使いこなせるほどシンプルなアプリです。

【Stock】チームの情報を最も簡単に残せるツール

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Evernote】仕事もプライベートもすっきり整理するアプリ

Evernoteのトップページです

Evernoteはビジネスシーンでも広く使われるノート・メモアプリです。
テキストや手書き入力、ファイルや画像の挿入などさまざまな機能があります。

<Evernoteのポイント>

  1. タグ付けで整理しやすい
    Evernoteの大きな特徴としてタグ付け機能があります。1つのノートに対して複数のタグが付けられ、タグごとの検索も可能です。
    そのため、上手に活用できればメモが探しやすいアプリです。
  2.  
  3. ノートにリマインダー機能を設定可能
    メモを記入したノートにリマインダーを設定できます。そのため、提出期限管理やタスク管理アプリとしても活躍します。

<Evernoteの注意点>

  1. 手動でノートの並べ替えができない
    一方で、デメリットとして手動でノートの並べ替えができない点が挙げられます。任意の順番にノートを整理して管理したい人には向いてないと言えます。
  2.  
  3. 無料プランでの制限が多い
    無料でも手軽に利用できるのはメモアプリのメリットの1つですが、Evernoteは無料プランで利用できる機能にかなり制限があります。
    たとえば、1アカウントで利用できる端末の上限が2台までに限られており、ノートの容量も月間60MB、1ノートあたり25MBという制限があります。

<Evernoteの料金>

Evernoteには下記の3つの料金プランがあります。
 
  • 無料プラン
  • 1アカウントにつき2台までのデバイス制限付きで、利用可能なノートの容量も月間での制限付きです。
  • プレミアムプラン
  • 600円/月で基本的な機能は全て利用可能です。
  • ビジネスプラン
  • 1,100円/月で会社や組織での利用に対応している機能が利用可能です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 

【Google Keep】手書きメモや音声メモもできるアプリ

Google Keepのトップページです

Google KeepはGoogle社が提供している無料のメモアプリです。
手が離せない時にも利用できる便利な機能が搭載されているので、複数の業務を並行して進めるビジネスパーソンにおすすめのアプリです。

<Google Keepのポイント>

  1. 音声メモ機能が使える
    Google Keepの特徴的な機能の1つに音声メモ機能があります。手が離せないシーンや、長い文章を打ち込むのが面倒な場合に活用すると便利です。
    同時に、音声で録音したメモはテキスト化して保存しておくことも可能です。
  2.  
  3. あらゆるデバイスからメモにアクセス可能
    デバイスを選ばずに利用できるのもGoogle Keepの大きな魅力です。
    iPhoneやAndroidでしか使えないということがないので、機種変更後やデバイスを使い分けている人にとっても嬉しい機能です。

<Google Keepの注意点>

  1. オフラインでは利用できない
    デメリットとしてオフライン(インターネットがない環境)では利用できないという点があります。したがって外出先などでPCで作業する際にWi-Fi環境がなければメモにアクセスできません。
  2.  
  3. 画像ファイルや音声ファイル以外のファイルが保存できない
    画像ファイルや音声ファイル以外のファイルは保存できません。そのため、チームのメンバーにメモ上でファイルの共有をしたいシーンには向きません。
    保存できるファイルに制限があるのはビジネス利用には向かないと言えます。

<Google Keepの料金>

Google Keepは無料ですべての機能を利用できます。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 

【メモ】iPhone/iPad/Macに標準搭載されている純正アプリ

iPhone、iPad、Macに標準搭載されているメモアプリの公式サイトのトップページです

iPhone、iPad、Macのメモは初期状態からインストールされている標準アプリです。

<メモのポイント>

  1. チェックリストが簡単に作れる
    チェックリストボタンを押せばメモ上にチェックボックスが作成されます。チェックリストを上手く活用すればタスクや予定を簡単に管理ができます。
  2.  
  3. 共有や共同編集も可能
    iPhone、iPad、Macを利用するユーザー同士であればメモの共有や共同編集ができます。1つのメモ上で複数人とアイデアを共有できるのは非常に便利です。

<メモの注意点>

  1. メモの整理が面倒
    メモを整理するフォルダの階層が1つしかありません。そのため、あとからメモを見返したときに、目的のメモを探すのに手間と時間がかかってしまいます。
  2.  
  3. 共有できるメモと共有できないメモがある
    メモを作成したフォルダによって共有できないメモがあります。メモを作成するたびに意識しなければならないので面倒と感じる可能性があります。

<メモの料金>

AppleのメモはiPhone/iPad/Macに初期から搭載されているアプリなので、すべての機能を無料で使えます。
 

【ColorNote】付箋メモをホーム画面に貼り付けられるアプリ

ColorNoteの公式サイトのトップページです

ColorNoteはメモを付箋のようにホーム画面に貼り付けて利用するメモアプリです。
市販の付箋にメモして貼っていくイメージで使えるのが最大の特徴です。

<ColorNoteのポイント>

  1. スマホのホーム画面にメモを貼れる
    ColorNoteで作成したメモをスマホのホーム画面に貼り付けられます。メモを確認したいときにColorNoteを開く必要がありません。
  2.  
  3. 付箋の色を変更できる
    メモを記載する付箋は9つの色から自由に変更できます。そのため、プロジェクトやメモの重要度ごとに色分けをしてメモを分類して整理するのに役立ちます。

<ColorNoteの注意点>

  1. 共有に手間がかかる
    ColorNoteで作成したメモをほかの社員に共有したいときには、メッセージアプリを経由しなければなりません。また、メモの一括送信はできないので複数のメモを共有したいときには、メモをひとつひとつ送る必要があります。
  2.  
  3. Androidしか対応していない
    ColorNoteはスマホではAndroidにしか対応していません。そのため、社用スマホがiPhoneなどの場合には利用ができないので注意しましょう。

<ColorNoteの料金>

ColorNoteはすべての機能を無料で利用できます。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

メモアプリを選ぶ際に見るべきポイント

以下ではメモアプリの選定時のポイントを解説します。上記でご紹介したアプリの効果を最大限得るためにも、正しく把握しておきましょう。

あらゆる端末で利用できるか

iPhoneやAndroid、Windows、Macなどあらゆる端末から利用できるかを確認しましょう。対応している端末の種類によってメモアプリの使い方が変わってくるのです。
 
たとえば、パソコンとスマホで同じメモにアクセスできれば、会社のパソコンでメモを編集して外出先ではスマホで確認するなどの使い分けが可能です。テレワークなどの新しい働き方が一般的になるなど、社員の多種多様な状況に対応するためには複数の端末から利用できるメモアプリが必要と言えます。
 
そのため、メモアプリをビジネス利用する場合には特定の端末でしか利用できないものではなく、あらゆる端末から同じメモを編集・管理できるメモアプリを選びましょう。

仕事のファイルが保存できるか

ビジネス利用する場合、仕事でよく利用するファイルが保存できるかを確認しましょう。テキストしか保存できないメモアプリは仕事の効率化にはなかなかつながりません。
 
具体的には、ほかの社員に確認してほしいファイルがあるときにコメントと一緒に共有すれば、わざわざチャットアプリから送信する手間がなくなります。また、チャットアプリでは次々とメッセージが送信されて情報が流れてしまいますが、階層管理ができるメモアプリなら簡単にメモの整理が可能です。
 
そのため、ワードやエクセル、パワーポイントなどの頻繁に利用するファイルを保存できるメモアプリを導入すれば、チームの情報共有やノウハウ・ナレッジの蓄積が上手くいかない課題が解決されるのです。

個人向けかビジネス向けか

最後に、検討しているメモアプリが個人向けなのかビジネス向けなのかを確認しましょう。たとえば、個人向けの場合にはメモの共有機能がなかったり、社員間で連絡をする機能がなかったりします。
 
ビジネス向けのメモアプリにはメモを作成・編集・管理する機能のほかに、メッセージ機能とタスク管理機能が必要です。メッセージ機能があればメモの内容についてスピーディーなやりとりができ、タスク管理機能があればメモを忘れないように通知させられます。
 
以上のように、ビジネスシーンでメモアプリを有効活用するためには、メッセージ機能やタスク管理機能のようなメモを最大限活かして仕事が進められる機能を搭載しているメモアプリを選ばなければなりません。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

スマホでメモするの3つのメリット

「なぜメモを取るのか?」という問いの答えは「忘れないため」ですが、スマホでメモをとることには以下のような3つのメリットもあります。

目的のメモがすぐに探せる機能がある

メモアプリは手書きのメモと異なり、メモの検索ができるので余計なストレスを感じません。個人利用はもちろんですが、ビジネスで利用するアプリはいかに簡単ですぐに使えるかが重要です。
 
そのため、膨大な数のメモがあったとしてもすぐに探し出せるメモアプリは、チームで仕事を進める上で必要不可欠と言えます。たとえば、メモのタイトルだけでなく全文やタグでも検索ができれば、ストレスを一切感じることなくメモの管理が可能です。
 
つまり、メモアプリの選定ではメモの作成する機能が注目されがちですが、メモをいかに簡単に探し出して活用できるかが重要なのです。そのため、誰でもすぐに目的のメモにアクセスできるメモアプリを導入すれば、大幅な業務効率が見込めます。

写真やファイルも保存できる機能がある

ビジネス利用ができるメモアプリを導入すれば写真やファイルが保存できます。従来は写真・各種ファイルはストレージアプリで管理され、メモのようなテキスト情報は別のアプリに保存されていました。
 
しかし、社内情報を複数のアプリで分散管理してしまうと、業務の非効率化とコストの肥大化を招きます。たとえば、業務に必要な情報を探すために何個ものアプリを探したり、複数のアプリを運用するためにそれぞれにコストをかけたりしなければなりません。
 
一方で、テキスト情報だけでなく画像やファイルも一箇所で管理できるメモアプリを導入すれば、従来のチームが抱えていた課題を解決できます。

社員同士で簡単に共有できる機能がある

最後に、社員同士で簡単にメモを共有できる機能があります。とくに、社員間の連絡が紙の企業にとっては、メモの共有機能は大きなメリットになります。
 
たとえば、従来であれば、ファイルを印刷して社員に渡す必要があったので伝達までにタイムラグがありました。しかし、メモアプリを使えば社員間やチーム間などの情報共有はもちろんですが、全社に共有したい情報でも社員ひとりひとりに簡単に届けられます。
 
さらに、メモアプリで情報共有をすれば簡単なだけでなくリアルタイムで最新の情報を伝えられる点も大きなメリットです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

スマホでメモするおすすめアプリ5選まとめ

これまでメモ帳などのアナログな情報管理をしていた企業でも簡単に利用できるおすすめのメモアプリをご紹介しました。社内のITリテラシーが低い企業が多機能なメモアプリを導入してしまうと社員は使いこなせないので、かえって業務効率が低下するなどのトラブルにつながります。
 
そのため、デジタルに苦手意識を持つ社員でも簡単に使いこなせるようなシンプルなメモアプリを導入しましょう。シンプルであるかの判断基準はビジネス利用できるメモアプリに必要な機能を過不足なく搭載しているかです。
 
たとえば、今回ご紹介したアプリのStockはメモの作成・管理・共有に加えてタスク管理、メッセージなどメモを含めた社内情報を上手く有効活用できる機能を備えているので使い勝手が良いのが特徴です。
 
実際にStockはチームの情報共有・管理に大きく貢献しており、非IT企業を含む100,000社以上の導入実績がある信頼できるアプリです。
 
無料から利用でき登録も1分で完了するので、ぜひ「Stock」を自社に導入して社員がスマホからも簡単にメモを管理できる環境を整えましょう。
 
関連記事: 【フリー・トライアルあり】メモに最適なアプリ・Webサービス20選!
 
関連記事: 【ブラウザー上で使える!】無料メモサイト・アプリ14選
 
関連記事: 仕事で使えるビジネス向けメモアプリ10選!複数デバイスで使いやすいものを厳選
 
関連記事: 【iPhone・Android対応】メモ共有アプリ21選!
 
関連記事: 仕事で使えるAndroidのメモ帳3選!無料で使えるシンプルなアプリとは?
 
関連記事: Windowsパソコンのメモ帳より、PCで使えるクラウドメモアプリを活用すべき理由3選