スマホのメモは様々な用途で使うことができますが
・様々な情報が混同して管理されている
・メモはしてはみるものの、その情報を十分に活用できていない
・メモをとる習慣が続かない

という方も多いのではないでしょうか。

 
そこで今回の記事では、スマホでメモをうまく活用するコツと、おすすめのツールをご紹介させていただきます。
 
これからスマホのメモを活用しようとされている方や、うまく使えていないとお感じの方は是非検討していただければと思います。
 
関連記事: メモアプリ10選!複数デバイスでメモを使いこなそう!【ビジネス利用向け】


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

スマホでメモを取ることのメリットとは?

「なぜメモを取るのか?」と聞かれれば、「忘れないため」です。
しかし、スマホでメモを取ることには、下記のようなメリットもあります。

必要な情報の取り出しが瞬時にできる

手書きのメモと異なり、スマホのメモを活用すれば、情報の検索が可能となります。
そのため、膨大なメモがあったとしても、スマホのメモであれば、すぐに必要な情報を取り出すことができます。

テキストだけでなく、画像やファイルと一緒に保存できる

スマホのメモであれば、画像やファイルの添付も可能になるため、関連する情報を分散させる必要がありません。
※使用するメモアプリによっては、添付できないものもあるので注意が必要です。

他人との共有が簡単にできる

写真をSNSで共有するように、メモを他の人に共有することも簡単になります。
特にビジネスの現場では、このようにメモを共有することで、業務スピードが早くなったり、コミュニケーションも円滑になります。
 
関連記事: メモ共有アプリ21選【iPhone・Androidに対応してるから安心!】


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

スマホでのメモ活用のコツ

タスクリストを作ってみる

チェクボックス機能を使えば、タスクリストを簡単に作成することができます。
スマホでタスクリストを管理すれば、思いついた時にタスクを残せる他、カテゴリーごとにタスクを分けて管理することもできます。

一時的に書く場所を決めておく

メモアプリを開いても、実際に書くまでに時間がかかってしまっていては、せっかくのスマホでのメモの効果が薄れてしまいます。
情報の整理は後からできるため、まずは一時的に記載する場所を決めておけば、思ったことをそのまま書いておくことができます。

パソコンと同期しておく

仕事のメモを取る際には、パソコンと同期しておくことで、どこからでも必要な情報にアクセスできるようになります。
社内ではパソコンでメモを取ることも多いため、そのような際に同期しておくことのメリットがあります。

定期的に整理をする

メモが膨大になってきた場合には、カテゴリー別に整理をしたり、タグで分類したりと整理をすることが大事です。
また、不要なメモは思い切って削除することで、本当に必要な情報だけがなくなり、より管理がしやすいものになります。

メモを共有してアウトプットする

多くのメモを取っても、それを活用しなければ意味がありません。
そのためには、他の人に共有したり、情報発信するなどアウトプットをすることで、より質の高い情報にすることができます。
 
関連記事: Androidで使えるメモ帳とは?仕事でもシンプルなアプリを使ってみよう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

メモアプリを選ぶ際に見るべきポイント

個人向けアプリかビジネス向けアプリか

どのような目的で使うのかによって、選ぶものが変わってきます。
個人向けの場合、他の人への共有機能がなかったり、最低限の機能しか備わっていない場合がある為、注意が必要です。
 

複数のデバイスで利用可能か

複数デバイスで使えるか、特定のデバイスでしか使えないかによって、使い方が異なってきます。
PCやスマホなど、様々なデバイスで使えることにより、会社ではPCで編集、外出先ではスマホで編集というように、気づいた時にメモをすることが可能になります。
 

手書き入力に対応しているか

特にタブレット端末を頻繁に利用する場合や、クリエイティブな仕事をされている方は、あると便利な機能でしょう。
手書きができるアプリは限られていますので、事前に確認の上、実際の操作性も試しておきましょう。
 

画像・ファイル添付に対応しているか

アプリによっては、テキストの保存しかできないものもあります。
しかし、メモの内容によっては画像やファイルを一緒に管理しておきたい場合もあると思います。
その場合は、添付機能が搭載されているかの確認が必要です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

スマホでのメモが簡単に取れるアプリ

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から14日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。

 
関連記事: Windowsパソコンのメモ帳を使うより、クラウドメモアプリを活用してみよう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Evernote

Evernoteのトップページ

Evernoteは、ビジネスシーンでも広く使われるノートアプリです。
様々な機能に対応しており、テキストや手描き入力、ファイルや画像の挿入ができます。

<Evernoteのポイント>

  1. タグ付けで整理しやすい
    Evernoteの大きな特徴としてタグ付け機能があります。1つのノートに対して、複数のタグをつけることもでき、タグごとの検索も可能なので、上手に活用することができればメモの探しやすさが大幅に上昇します。
  2. ノートにリマインダー機能を設定可能
    メモを記入したノート自体にリマインダーを設定することが可能です。この機能により、提出期限管理やタスク管理ツールとしても活用することが可能です。

<Evernoteを使う上で気を付けておきたい点>

  1. 手動でノートの並べ替えができない
    一方、デメリットとして、手動でのノートの並べ替えができない点が挙げられます。普段から任意の順番にノートを整理して管理する人には向いてないと言えるでしょう。その為、主な使い方としては、思いついたことを片っ端からメモしていき、そこにタグをつけてざっくり管理していくような方法となります。
  2. 無料プランでの制限が多い
    手軽に無料で活用できるのはメモアプリの便利な点の1つですが、このEvernoteは無料で利用できる機能にかなり制限があるのが難点です。1アカウントで利用できる端末の上限が2台までに限られており、ノートの容量も月間60MB、1ノートあたり25MBという制限があります。

<Evernoteの料金>

Evernoteには下記の3つの料金プランがあります。
無料プランの場合、1アカウントにつき2台までのデバイス制限付きで、利用可能なノートの容量も月間での制限付きです。
プレミアムプランの場合、600円/月で基本的な機能は全て利用可能です。
ビジネスプランの場合、1,100円/月で会社や組織での利用に対応している機能が利用可能です
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 

Google Keep

Google Keepのトップページ

Google Keepは、Google社が提供している無料のメモアプリです。
手が離せない時にも利用できる便利な機能が搭載されているので、複数の業務を並行して進めるビジネスパーソンにおすすめのアプリです。

<Google Keepのポイント>

  1. 音声メモ機能が使える
    Google Keepの特徴的な機能の1つに音声メモ機能があります。手が離せないシーンや、長い文章を打ち込むのが面倒な場合に活用すると便利です。同時に、音声で録音したメモはテキスト化して保存しておくことも可能です。
  2. あらゆるデバイスからメモにアクセス可能
    デバイスを選ばずに利用できるのもGoogle Keepの大きな魅力です。iPhoneやAndroidでしか使えないということがないので、機種変更後やデバイスを使い分けている人にとっても嬉しい機能です。

<Google Keepを使う上で気を付けておきたい点>

  1. オフラインでは利用できない
    一方、デメリットとして、オフラインでの利用ができないという点があります。したがって外出先などでPCで作業する際にWiFi環境がなければ同期はできません。外出先で急遽メモを取ることになった場合は、スマホのアプリからメモを残しておくのが良いでしょう。
  2. PDFや画像ファイル以外の種類のファイルが保存できない
    利用シーンとして具体的に挙げるならば、チームのメンバーにメモ上でファイルの共有をしたいときなどなどに、PDFや画像ファイル以外のファイルを共有することができないということになります。Googleアカウントさえあれば、いつでも誰とでもメモを共有することができますが、扱えるファイルに制限があるのは少し残念なポイントと言えるでしょう。

<Google Keepの料金>

Google Keepは完全無料で全機能を使うことができるので料金やプランを気にせず利用することが可能です。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 

iPhone メモアプリ(純正)

iphone メモアプリ(純正)

iPhoneのメモアプリはiPhoneに初期段階から搭載されている純正のアプリケーションです。
iPhoneユーザーならば誰もが1度は利用したことがあるのではないでしょうか。

<iPhoneメモのポイント>

  1. チェックリストが簡単に作れる
    iPhoneのメモでは画面上にあるボタンを押すだけで、簡単にその機能をメモ上に反映させることができます。中でも、チェックリスト機能は非常に便利です。今までリマインダーやエクセルなどで管理していたタスクや予定をメモに入力し、チェックリスト機能を反映させるだけで管理ができるようになります。
  2. 共有や共同編集も可能
    iPhoneユーザー同士ならば、作成したメモの共有や共同編集も可能です。1つのメモ上で複数人とアイデアを共有することができるのは非常に便利な点と言えるでしょう。

<iphone メモを使う上で気を付けておきたい点>

  1. メモの整理が面倒
    iPhoneのメモはその利便性と手軽さ故に、ついつい新しいメモを追加して行ってしまい、気づいたらメモの数が膨大な量になっているということも珍しくありません。細かくカテゴリ分けして整理する習慣がある人は良いですが、ほとんどの方は書いたらほったらかしにしてしまうと思います。そうすると、後からメモを見返したい時に探すのが面倒で時間がかかってしまうことも考えられます。
  2. 共有の操作が少し難しい
    iPhoneユーザーであれば誰とでもメモを共有することが可能ですが、共有する際の操作方法が難しい点や共有時のバグが頻繁に起こるのは少し残念なポイントです。

<iPhoneメモの料金>

iPhone メモアプリはiPhoneに初期から搭載されているアプリケーションなので、完全無料で制限なく利用することができます。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 

まとめ

スマホでも仕事をすることが多い中で、メモを取ることや、その情報を活用できるということは必要なスキルになってくると思います。
 
是非、今回ご紹介させていただいた内容を参考に、スマホでのメモの取り方を工夫していただければと思います。

 

 
関連記事: 【最新版】メモに最適なアプリ・Webサービスの厳選20選をご紹介!|活用術も提案
 
関連記事: 【ブラウザー上で使える!】無料メモサイト・アプリ14選