iPhoneに標準搭載されているメモアプリ「メモApp」を使えば、ビジネスシーンでPCが目の前にない状態でも気軽にメモを作成できるので重宝します。
 
一方、「削除したメモを確認したいが、どこにも復元機能がない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、iPhoneのメモを復元する5つの方法を中心に解説します。
 
  • 大切なメモを消してしまったので早急に復元したい
  • テキストだけでは分かりづらいので画像付きで解説してほしい
  • iPhoneのメモAppに不満があるので、ほかのアプリも知りたい
という方はこの記事を参考にすると、メモを復元できる方法が分かるほか、メモAppの代替アプリも見つかります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

メモが消えた!iPhoneのメモを復元する5つの方法

iPhoneの純正メモアプリ「メモApp」で作成したメモを復元する方法は5つあります。自身の状況と照らし合わせて、最善の方法でメモを復元しましょう。

最近削除した項目から復元する

削除したメモは「最近削除した項目」に移動するので、そこから復元しましょう。
 
まずは、メモAppのフォルダ一覧の画面を開き、表示される[最近削除した項目]をタップします。
最近削除した項目を選択する
編集をクリックする
次に、画面右上に表示される[編集]を選択します。
メモにチェックを入れて移動する
復元したいメモをタップして、画面左下の[移動]をタップします。
メモの移動先のフォルダを選択する
最後に、画面が切り替わるので移動したいフォルダをタップします。
復元されたメモのイメージ
以上の操作で、削除したメモが復元されました。
 
ただし、「最近削除した項目」の保存期間は30日間であり、その日数を過ぎると完全に削除されるので注意しましょう。
 
また、GmailやYahooなどのアカウントで作成したメモを削除した場合、通常はiPhoneのメールAppにあるそれぞれの「ゴミ箱」フォルダへ移動します。

iCloudのバックアップから復元する

iCloudでバックアップ(不足の事態に備えてデータを保存すること)されているメモデータを復元する方法があります。ただし、以下の3点に注意しましょう。
 
  • バックアップされていないデータは復元できない
  • メモだけでなく、連絡先などの情報もバックアップから復元される
  • 前回のバックアップ時点で、メモAppのiCloudフォルダに保存されていたメモしか復元されない
iCloudで復元するためは、はじめにすべてのデータを削除する必要があります。まずは、[設定App]を開いて[一般]を選択しましょう。
設定Appの一般をタップする
転送またはiPhoneをリセットをタップする
次に、画面をスクロールして表示される[転送またはiPhoneをリセット]をタップします。
すべてのコンテンツと設定を消去をタップ
画面が切り替わるので、表示される[すべてのコンテンツと設定を消去]をタップします。
iPhoneの消去を続ける
最後に、[続ける]を選択してコンテンツと設定を消去します。
 
そして、iPhoneは初期化された状態になるので、Apple IDを設定画面に入力し、バックアップからデータの復元をしましょう。

iTunes(Finder)のバックアップから復元する

iTunesでバックアップしたデータを復元する方法があります。ただし、MacはmacOS CatalinaからiTunesがなくなったので、Finderを利用します。
 
iTunes(Finder)のバックアップから復元する際には、以下の3点に注意しましょう。
 
  • WindowsもしくはMacが必要
  • バックアップされていないデータは復元できない
  • メモだけでなく、連絡先などの情報もバックアップから復元される
実際にデータを復元する際には、WindowsとMacで手順が異なります。
 
  • Windows(iTunes)の場合
    1. iPhoneをWindowsに接続する(USBケーブル、USB-Cケーブル、Wi-Fi接続)
    2. iTunes for Windowsを開き、スマホのマークをクリックする
    3. 表示される[概要]を選択する
    4. [バックアップを復元]をクリックする
  • Mac(Finder)の場合
    1. iPhoneをMacに接続する(USBケーブル、USB-Cケーブル、Wi-Fi接続)
    2. Finderを開き、デバイス名(スマホに設定している名称)をクリックする
    3. 表示される[信頼]を選択する
    4. [バックアップを復元]をクリックする
    5. 復元したいデータを選択して[復元]を選択する

データ復元ソフトで復元する

データ復元ソフトを利用して、削除してしまったデータを復元する方法もあります。
 
データ復元ソフトを使えば、iCloudやiTunesでバックアップをとっていなかった場合でも、データを復元できる可能性があるのです。
 
ただし、データ復元のために数千円から数万円かかるソフトも多く、サポート体制やサービス品質に不満を感じているユーザーもいるので、慎重に選定をしましょう。

シェイクで元に戻す

iPhoneを軽く振ることで、直前の操作を取り消せます。
 
iPhoneのメモAppには「作業を元に戻したり、やり直したりする機能」がないので、iPhoneを振って以下のように直前の操作を取り消しましょう。
操作を取り消した際のイメージ
「シェイクで取り消し」は設定> 一般> アクセシビリティ> タッチ> シェイクで取り消しから設定できます。
シェイクで取り消しを設定する
シェイクで取り消しは非常に便利ですが、直前の操作しか取り消しができないので注意しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【そのままで大丈夫?!】iPhoneのメモAppを使う3つのデメリット

iPhoneのメモを復元する方法をご紹介してきましたが、復元する方法が面倒だったり、そもそもメモAppが使いづらかったりします。そこで以下では、iPhoneのメモAppを使い続ける3つのデメリットを詳細に解説します。

(1)旧バージョンのメモを復元できない

iPhoneのメモAppは、メモのバージョン管理ができないのがデメリットです。
 
たとえば、メモを数時間前の内容に戻したい場合、メモAppには古いバージョンを保存する機能がないので対応できません。そのため、一度テキストを上書きしてしまったら、元には戻せないのです。
 
以上のように、メモAppには編集履歴を残しておく機能がないので、とくにビジネス分野では使い勝手が悪いと言えます。

(2)テキストの装飾機能が少ない

2つ目のデメリットは、テキストの装飾機能が少ないことです。メモAppに不足している機能は以下の通りです。
 
  • 文字サイズの変更
  • 見出しや本文の変更はできますが、文字サイズの変更はできません。
  • 文字色の変更
  • 文字色は黒しかないので、重要な箇所を色分けする使い方はできません。
  • 背景色の変更
  • 文字の背景色がないので、情報にコントラストを付けられません。
  • ハイパーリンクの追加
  • 文字にリンクを埋め込めないので、情報を見やすくまとめられません。
以上のように、そもそもメモAppにはテキストを見やすく整理するための機能が足りないので、メモアプリとして満足できない可能性が高いのです。

(3)目的の情報がすぐに見つからない

最後に、あとからメモを見返したいときに、すぐに見つからないのがデメリットです。
 
メモAppではフォルダごとにメモをまとめられますが、フォルダは1階層しか作れないのでメモが乱立します。また、メモを作成日順やタイトル順に並び替えできないので、すぐに目的のメモを探し出せないのです。
 
本来、メモは「ずっと覚えておくのが難しいことを、あとから見返せるように記録する」のが目的ですが、メモAppではそれが果たされていません。そのため、メモAppに替わる新たなメモアプリを検討すべきなのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【メモAppの代替アプリ】編集履歴から何度も復元できるメモアプリ

以下では、iPhone「メモApp」からの乗り換えにおすすめのメモアプリをご紹介します。
 
メモAppで削除したメモは、基本的に「最近削除した項目」から復元ができます。一方、メモAppには編集履歴を残す機能がないので、”数日前のメモに戻したい”等のケースではバックアップを用意しておく必要があるなど、スムーズな対応ができません。
 
また、メモはあとから見返すための記録であるにも関わらず「フォルダの階層が少ない」「並び替えができない」など、メモを整理できる環境ではないのです。
 
以上のことからも、iPhoneのメモAppからの乗り換え先は「メモの復元が簡単にできて、すぐに目的のメモを探し出せるアプリ」が適しています。
 
結論、メモAppと同様に無料から使える「Stock」のような、編集履歴から旧バージョンのメモをすぐに復元でき、わずかな操作でメモへアクセスできるアプリ一択です。
 
StockはメモAppよりもテキストの装飾機能が充実しており、”あとから振り返って分かりやすいメモ”を簡単につくれます。また、StockにはWordなどのあらゆるファイルも添付でき、チームで共有する機能もあるビジネス向きのアプリです。

ストレスなくメモを残せるシンプルなアプリ「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

iPhoneの消えたメモを復元する方法まとめ

これまで、間違って消したメモを復元する方法とメモAppの3つのデメリットをご紹介しました。
 
メモAppから消してしまったメモは、基本的に「最近削除した項目」で30日間保存されるので復元可能です。しかし、完全に削除してしまった場合には、バックアップから復元したり、データ復元ソフトを使ったりするしかありません。
 
また、メモAppはiPhoneに標準搭載されているアプリなので「装飾機能が少ないのでメモが見づらい」「フォルダが少ないので整理できない」「編集履歴がないので作業を戻せない」などのデメリットがあるのです。
 
そのため、代替アプリには、メモAppのデメリットをすべてカバーし、非IT企業の65歳でも説明なしで使いこなせるほどシンプルな「Stock」が最適です
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入して、大切なメモを適切に管理しましょう。
 
関連記事: 備忘録や電子メモに最適なアプリ・サービス11選!メモを取るコツも紹介
 
関連記事: 【最新】シンプルで簡単なメモアプリ5選!
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。