共働きの世帯が増えてきている近年、仕事と育児を両立して生計を立てるのは珍しいことではありません。しかし一方で、さまざまな点から仕事と育児の両立が難しいという現状は今なお変わっていないのです。
 
仕事と育児の両立には家族と会社の理解が重要でありながらも、その両方が十分備わっている環境は極めて少ないからです。
 
そこで、今回はそもそもなぜ仕事と育児の両立が難しいのかという問題点から、両立させるためのコツ、ワーキングマザーにおすすめの職業について解説します。
 
  • 仕事と育児の両立がなぜできないと言われるのか知りたい
  • 仕事と育児を両立させるコツを学びたい
  • ワーキングマザーにおすすめの職業を学び、転職に役立てたい
という方は、今回の記事を読むと、仕事と育児を両立させる方法がわかり、無理なく両立できるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

仕事と育児の両立ができない理由

以下では、なぜ仕事と育児の両立ができないのか、その理由について解説します。両立を目指すワーキングマザーにはどのような課題があるのか、ひとつずつ見ていきましょう。

業務時間の減少

育児と両立を行う場合、フルタイムでではなく時短勤務で仕事をするのが一般的です。したがって、どうしても一日に作業ができる時間が減ってしまいます。
 
また、これまでであれば残業や休日出勤などといった就業時間とは別の時間を利用して、業務を進めるのに足りない時間を補えますが、育児との両立を考えるとこうした時間外勤務は避けざるを得ないでしょう。
 
作業時間の減少を補うためにも、余計な作業に使う時間を削減して、効率的に仕事を進めていく必要があります。
 
自身での業務効率を向上させる努力はもちろん「情報の保管場所を決めて適宜整理し、情報を探す時間をなくす」「情報共有ツールを導入し、業務効率を向上させる」などの努力を会社側に行ってもらう必要があります。

ほかの社員とのコミュニケーションが取りにくい

時短勤務によってオフィスにいる時間が少なくなると、自然とほかの社員とのコミュニケーションが減ってしまいがちです。
 
コミュニケーション不足は仕事にも影響が出るため「週に1回は顔を合わせてミーティングをする」「仕事に関係ない話題や社内の様子を共有する」などを心がけコミュニケーションを活性化させていきましょう。
 
自身が積極的にコミュニケーションをとるのはもちろんのこと、会社側もコミュニケーションが十分にとれる環境の構築を行わなくてはなりません。

仕事に穴を開けてしまうことがある

仕事と育児の両立が難しいのは、子供の体調不良などが原因で、急に仕事に穴を開けてしまう恐れがあるからです。
 
折角仕事を進めようと思っていても、子供の看病のために数日間会社を休む必要があったり、パソコンを確認できなかったりする事態が容易に起こりえるのです。
 
こうした課題の解決は、個人では行えません。したがって、会社側が穴が開いた場合のフォロー体制についてあらかじめ考えておく必要があります。
 
また、出勤できない間にも仕事は動いているので、出勤後に不在時に起こった内容や情報を簡単にキャッチアップできる仕組みがあれば、仕事に復帰しやすくなります。

子育てがワンオペになりやすい

育児と仕事を両立しようと考えても、夫の帰宅時間が遅い場合や休日出勤が多くなると、必然的に妻ばかりが家事や育児を行わなくてはならない「ワンオペ育児」になってしまいます。
 
ワンオペでの育児は、体力的な負担のほかに「一人で育児をしているかのような孤独感・不安感」といった精神的な負担が大きくなります。こうした状況では、仕事との両立は難しいです。
 
したがって、家族がお互いに協力しあって家事分担を行う、頼りあえる関係性を構築してひとりで抱え込まないといった対策が必要です。
 
関連記事: 【脱エクセル】業務効率化に役立つビジネスクラウドツール10選


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

仕事と育児を両立するための10のコツ

以下では、仕事と育児を両立するための10のコツについて解説します。準備などの負担がなく出来るものばかりなので、仕事と育児の両立にお悩みの方は、ぜひ取り入れてみましょう。

時短を意識する

まずは、普段から時間を意識して行動しましょう。とくに、日々繰り返し行う必要のある料理や買い物といった家事は、なるべく簡略化するのをおすすめします。
 
たとえば、ネットスーパーや食材配達サービスを利用すれば、買い物の時間が減らせるので、これまでのように帰宅途中や子供の送迎ついでに食材を買う手間が省けます。
 
また、すでに素材が下ごしらえされているキットなどを利用すれば、食事を作る時間についても短縮でき、空いた時間を効果的に使えるようになります。
 
仕事においても育児においても、両立するうえでは少ない時間でやりくりしなくてはなりません。細かいことでも時短を意識して行い、時間に余裕を持たせましょう。

家事にかかる労力を減らす

炊事や掃除などの家事に関わる負担を減らすには、家電の有効活用もおすすめです。
 
たとえば食器洗い乾燥機を導入すれば洗い物をする手間が、衣類乾燥機では洗濯物を干す手間が、ロボット掃除機では掃除の手間が省けます。空いた時間をほかの家事や、育児に充てれば足りない時間が補えます。
 
このように家電の力を最大限に利用し、家事への労力を減らしましょう。

地域のサポートを利用する

仕事と育児を両立するには、地域のサポートを利用するのも手です。
 
最近では、働くお母さんであるワーキングマザー向けに、子供の送り迎えなどを行ってくれる「ファミリーサポート」制度を整備している自治体もあります。
 
「勤務時間の調整が付かず、送り迎えが間に合わない」といったときにも利用できるため、あらかじめ自分の住んでいる自治体に該当のサポートがあるかどうかを確認しておきましょう。

時間の「長さ」よりも「質」を重視して子供と向き合う

仕事を始めると、どうしても子供と過ごす時間が短くなってしまいます。そのため、ワーキングマザーのなかには子供に十分に接してあげられないことに対して罪悪感を覚える人もいます。
 
しかし、子供にとっては「時間の量」ではなく「質」が一番大切です。したがって質の高い時間を過ごせるように工夫をこらしましょう。
 
ネットスーパーの利用や便利な家電の導入によって生まれた時間を有意義に利用すれば、子供との質の高い時間を過ごせます。

「〇〇すべき」の思考をやめる

仕事と育児を両立していこうと考えるのであれば、「〇〇すべき」という凝り固まった思考を辞め、柔軟な考え方を持つことも大切です。
 
たとえば「料理は手作りであるべき」「掃除は毎日行うべき」など「〇〇すべき」が多くなってしまうと、自身のキャパシティを超えかねません。
 
こうした呪縛は自身を縛るうえ視野が狭くなる原因にもなります。したがって、自身の負担の軽減を一番に考え、無理ない範囲で進めていくようにしましょう。

家族の協力を得る

家の中でのすべてのことを自分一人で行っていくのは不可能です。そのため、夫や子供には自分で出来るものは自分で行うような意識付けをしていくのが大切です。
 
たとえば「子供には翌日の天気予報を見て、次の日に着る洋服を選んで用意してもらう」「夫には家事の担当範囲の見直しを行ってもらう」など、家族一丸の協力体制を敷いていきましょう。
 
協力を得て進めることで、罪悪感を抱くきっかけが減らせます。

罪悪感を持たない

時間を有効利用するためだとは言っても、夕食にスーパーで惣菜を購入したり、時短を目的に家電を導入したりするのを「手抜きだ」と罪悪感を感じるかもしれません。
 
しかし、こうしたことはすべて手抜きではなくただの工夫です。今の自分のためであり、そして家族との時間の確保には必要なのだと割り切るようにしましょう。
 
罪悪感は両立を失敗に導く要因であるので、できるだけ排除しなくてはなりません。

アプリの活用

時間を有効に利用するには、アプリの導入もおすすめです。
 
たとえば、家事分担をチェックリストやタスクなどを利用して整理すれば、作業漏れも防ぎ確実に対応できるようになります。
 
昨今では、家族間でのスケジュールを共有できるものや、夕食の献立を考えてくれるアプリなどさまざまなアプリがあるため、積極的に導入してみましょう。

「ながら」作業を取り入れる

仕事と育児の両立は、時間を無駄にせず有効活用することが一番大切です。
 
そのためにも、手待ち時間を使ってほかの作業を進められないか考えておきましょう。こうした「ながら作業」を意識すれば、時間不足の解消にも繋がります。
 
たとえば「入浴のついでに風呂掃除をする」「歯磨きをしながら洗面台を拭く」など「ながら」でできる簡単な作業を同時に行うようにしましょう。

朝型にシフトする

フルタイムで働くワーキングマザーの場合、帰宅後すぐに夕食を作り、入浴、寝かしつけまで行うとあっという間に一日が終わってしまいます。
 
夜型から朝方にシフトし、朝少し早めに起きて家事をこなしておくことで、帰宅したあとも気持ちにゆとりを持って家事に取り組めるようになるでしょう。
 
たとえば朝食やお弁当作りのついでに、夕食の下ごしらえを行っておけば夜の家事を事前に短縮できます。
 
しかし、働くうえでも睡眠時間は大切です。体調を考慮し、無理をしない程度の早起きを心がけましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

育児との両立がしやすい職業とは

以下では、育児との両立がしやすい職業について解説します。仕事に復帰しようと考えても、その仕事がそもそも育児との両立に向かない仕事では両立は難しくなります。一般的にワーキングマザーには以下のような職業がおすすめだと言われています。

コールセンター

コールセンターはオフィスワークのひとつで、名前の通り電話を介してお客様とやりとりを行う仕事です。商品や提供するサービスに対する問い合わせ対応や、電話での営業など行う業務内容は職場によって変わります。
 
コールセンターは比較的高給なオフィスワークでありながらも、特別なスキルが求められない珍しい仕事です。職場にワーキングマザーが多いことから、子育てに対する理解が得られやすい特徴があります。
 
また、シフト制や短時間勤務を導入している企業が多いため、子育てとの両立を図りやすいです。

一般事務

企業のオフィス内でデータ入力や書類の作成、整理・整頓、電話応対などを行う仕事です。備品の発注管理などを行うこともあり、サポートを行う部署や業種によって業務に幅があるのが特徴です。
 
シフトは固定制なので急な出勤などがなく、育児との両立がしやすい職業になります。
 
しかし、比較的高給のため主婦人気が高く、勤務先を探すのが難しい可能性があり、注意が必要です。

医療事務

医療機関で、受付・会計や電話応対、検査や診察の準備などを行う仕事です。
 
無資格でも勤務できますが、資格を持っている方が採用に有利なので、興味がある方は受験しておくことをおすすめします。
 
医療機関は全国各地にあるため、自宅近くの職場を見つけやすいのが特徴です。

スーパーや百貨店の販売員

スーパーや百貨店で会計や品出し、接客を行う仕事です。基本的に固定時間内で勤務をするため、育児や家事のスケジュールが立てやすい職業です。
 
また、従業員が多くいる大型店舗であれば、万が一短時間勤務や早退・欠勤をしなければならないときでも周囲からのカバーで補ってもらえることもあるでしょう。

Webライター

文章を書くのが好きという人にはライターもおすすめです。パソコンさえあれば仕事ができるため、未経験であっても採用してくれる企業が多いです。
 
また、昨今では在宅勤務ができる企業も増えているので、通勤にかかる時間を削減して自宅勤務も可能です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ワーキングマザーの生産性向上に役立つツール

以下では、ワーキングマザーの生産性向上に役立つツールをご紹介します。
 
育児と仕事の両立には、自身の工夫や家族の協力に加えて、企業による環境の構築が必要不可欠です。とくに、子供の体調不良などに伴い仕事を欠勤するのは、稀なことではありません。
 
こうした欠勤の際に、その期間内の出来事や情報などをキャッチアップできる環境が構築されていないと、仕事に復帰しづらいうえに、情報を知らなかったせいで思わぬトラブルを起こしかねません。
 
したがって、想定外の欠勤などが発生した際にも、あとから確実に情報を確認できる仕組みを構築する必要があります。
 
たとえば、情報共有ツール「Stock」を利用すれば、直感的な操作で誰でも簡単に情報共有が行えます。ノートに情報を記載するだけで社内の情報がすべてStockに蓄積されるので、情報の確認のために人に聞いたり、複数のツールを確認したりする手間が省けます。
 
出勤時にStockを確認する習慣をつけておけば、情報共有漏れの恐れもありません。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

仕事と育児の両立が難しい理由や両立のコツまとめ

ここまで、仕事と育児の両立が難しい理由や両立のコツ・ワーキングマザーのおすすめの職業を解説しました。
 
仕事と育児の両立させるコツは多数あるため、それぞれ自身が取り組みやすいものから始めていくのがおすすめです。しかし、家族の協力や生活スタイルの変更をすぐに変えるのは難しいので、アプリを有効活用して時短を実現しましょう。
 
今回ご紹介したStockは、タスク機能・メッセージ機能・ノート機能が搭載された情報共有ツールです。その日にやるべき家事内容を、タスクやチェック項目にしておけばやり残しが防げるうえ、割り振りによって家族の自発的な家事への取り組みが促進できます。
 
また、家事の手順などをノートにまとめておけば、手順がよく分からない家族でも普段同様に進められます。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入して、仕事と育児の両立を成功させましょう。
 
関連記事: 業務効率化の進め方とアイデア25選!有効ツールもご紹介!
 
関連記事: 【必見】社内の仕事を今すぐ効率化して捌く10の方法!
 
関連記事: 無料で使える業務効率化ツールおすすめ13選【シーン別】