現在では、多くの業界でクラウドツールが活用されています。医療業界も例外ではなく、自社で保有するシステムであるオンプレミスから脱却し、オンライン上で利用できるクラウドを活用する病院も増えているのです。
 
しかし、システムを従来のオンプレミス型からクラウドに移行するには、多くの時間と費用がかかります。そのため、「わざわざクラウドツールを利用するメリットがあるのか分からない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、医療にクラウドを活用するメリットとおすすめのクラウドツールを解説します。
 
  • 医療にクラウドを活用すると、スタッフの業務負担を軽減できるかを知りたい
  • 失敗することなくすぐに現場で運用できるクラウドツールを探している
  • 手間がかかる診療データの管理を簡単にしたい
という方はこの記事を参考にすれば、医療にクラウドツールを活用するメリットが分かり、スタッフの業務負担を軽減するヒントも得られます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

クラウドとは

クラウドはユーザーがインターネット上でさまざまなサービスを利用する形態を指します。自社に大掛かりなシステムを構築したり、ソフトウェアをダウンロードする手間をかけたりせず、手軽に利用を開始できます。
 
クラウドは、大きく3種類に分けられます。以下では、各クラウドの特徴を紹介します。

IaaS(イアース/アイアース)

IaaS(イアース/アイアース)は「Infrastructure as a Service」の略であり、ネットワークなどの基幹システムをインターネット上で利用できるサービスを指します。
 
IaaSを使えばサーバーなどのハードウェアを病院内で保有する必要がなくなり、管理コストを削減できます。また、使用量は利用者側で設定できるので、必要な分だけ確保するなど柔軟に活用できるのです。
 
ただし、IaaSの活用には専門知識が不可欠です。必要なストレージ容量やシステム設計は、現場の担当者が判断して構築しなければなりません。そのため、IaaSを医療の現場へ導入するハードルは高くなっています。

PaaS(パース)

PaaS(パース)は「Platform as a Service」の略であり、インターネット上にあるプラットフォームを利用できるサービスを指します。
 
PaaSはIaaSと比較して自由度が低くなっており、基本的な部分はサービス提供者によって定められているのが特徴です。そのため、利用者は機能開発に時間を割くだけで良く、クラウドの開発工程を短縮できるのです。
 
ただし、PaaSの活用にも専門知識が必要となるので、専門のエンジニアスタッフがいない病院への導入には向いていない点に注意しましょう。

SaaS(サース)

SaaS(サース)は「Software as a Service」の略であり、ソフトウェアをインターネット上で得られるサービスを指します。
 
たとえば、GmailやLINEなどの一般的に広く利用されているクラウドツールの多くがSaaSです。開発の手順を踏まずにすぐに機能を利用できる点が特徴であり、医療業界が最も導入しやすいツールとなっています。
 
SaaSはPaaSやIaaSとは異なりシステムの専門家を常駐させておく必要がないので、あらゆる医療現場で利用ができるサービス形態です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

医療にクラウドを導入するメリット

ここでは、医療現場で最も導入しやすいSaaS(サース)のメリットを解説します。
 
医療現場にクラウドツールを導入する際には、コストと時間がかかるので周囲からの反発も予想されます。以下のメリットをスタッフに伝え、理解を得たうえでツールの導入をスムーズに進めていきましょう。

最新のサービスを利用できる

クラウドツールを導入すれば、常に最新版のサービスを利用できます。
 
オンプレミス型システムの場合、機能を更新する際にはシステムを再構築する手順を踏まなければなりません。そのため、必要な機能が利用できるようになるまでには時間を要するのが現状です。
 
一方で、クラウド(SaaS)の機能更新はサービス提供者が実施します。そのため、サービスがバージョンアップされれば利用者はすぐに新機能を使えるので、利用者に手間はかかりません。
 
このように、クラウドでは面倒な管理をせずに、最新の便利なサービスを利用できます。

診療データの管理が簡単になる

クラウドを使えば、診療データを簡単に管理できるようになります。
 
情報を蓄積するクラウドツールには「フォルダ機能」があるため、診療データを患者ごとに管理できます。また、患者の情報をクラウドツールへ保存すれば全スタッフで患者の症状や変化を簡単に共有できるので、適切な対応が可能となるのです。
 
このように、情報を蓄積するクラウドツールを導入すれば診療データの整理ができるうえに、リアルタイムで共有されるので情報が行き違う心配がありません。
 
さらに、「Stock」などの情報共有に特化したクラウドツールであれば、最後に情報を診療データを編集したスタッフが誰か簡単に分かるなどの機能も備わっています。

最新情報をすぐに共有できる

クラウドツールを使うと、最新情報を素早く共有できます。
 
クラウドツールには、更新された情報がリアルタイムで反映されるという特徴があります。そのため、投与している薬の量などの正確な情報が常に求められる医療現場に「情報をすぐに共有できるツール」を導入すれば、情報の行き違いによるミスを未然に防止できるのです。
 
このように、クラウドツールを使えば常に最新情報が現場全体で共有されるようになり、人為的なミスの防止に役立ちます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

医療現場で役立つおすすめのクラウドツール

以下では、医療現場で役立つおすすめのクラウドツールを紹介します。
 
医療現場で導入すべきクラウドツールは「診療データの管理」や「スタッフ間の連絡」などのさまざまな業務に活用できる「情報共有ツール」です。とくに、検索機能のあるツールを使えば情報を瞬時に見つけられるので、スタッフの負担を軽減できます。
 
また、医療の現場で求められているのは「誰でも簡単に使えるツール」です。現場で働くスタッフの年齢層は幅広いので、ITリテラシーの低いスタッフであっても活用できるツールの導入が求められます。
 
結論、医療現場でのスタッフの業務負担を減らせるツールは、教育コストが不要なほどの使いやすさで導入即日から活用できる情報共有ツール「Stock」一択です。
 
患者ごとの「ノート」に日々の記録を蓄積すれば、全スタッフが患者の記録を確認できるので適切な対応を取れます。また、検索機能を使えば必要な情報をすぐに取り出せるので、時間をかけてカルテを探すことがなくなります。

医療のクラウド化をスムーズに実現するツール【Stock】

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

医療にクラウドを活用するメリットまとめ

ここまで、医療にクラウドを活用するメリットと役立つツールを紹介しました。医療現場でクラウドツールを利用するメリットは以下の3点です。
 
  1. 最新のサービスを利用できる
  2. 診療データの管理が簡単になる
  3. 最新情報をすぐに共有できる
とくに、診療データの管理や情報共有が簡単にできれば、スタッフの業務負担が軽減されて長時間の残業や離職の防止にもつながります。すなわち、医療の現場が優秀なスタッフが活躍し続けるためには、クラウドツールの導入が必須なのです。
 
そこで、ITに慣れていないスタッフでも簡単に使いこなせる情報共有ツール「Stock」を使えば、現場にクラウドツールがすぐに浸透し、メリットをスムーズに得られます。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」で診療データの管理などの面倒な業務にかける時間を短縮し、スタッフが働きやすい環境を整えましょう。