日々の営業活動を通して得た情報は適切に管理されることはもちろん、ナレッジとして活用できるように整理されていれば組織力の向上に貢献します。その情報管理には情報共有ツールが使われますが、ツールのひとつに「esa(エサ)」というものがあります。
 
esaは2014年のリリースより利用社数が増加している情報共有ツールです。なかには、「情報共有ツールとしてesaの導入を検討しているが、使い方や料金などで懸念がある」担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、esaの内容や使い方、口コミ・評判から料金まで幅広くご紹介します。
 
  • esaの利用を検討しているが自社にマッチするかどうか懸念がある
  • 自社の情報共有に課題があり、早急に解決したいと考えている
  • リモートワーク、出社のどちらにも対応できる汎用的なツールを知りたい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、esaが自社にマッチしているかどうかがわかるうえ、最適なツールを選定できるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

esa(エサ)とは

esaとは2014年に設立された合同会社esaが展開する「情報共有ツール」です。
 
「Share」「Develop」「Organize」の3つのコンセプトから設計されたツールであり、「不完全な情報でも一旦は公開し、更新を続けて完成したら仕分けして活用できる情報にする」という一連の流れがひとつのツールのなかでできます。
 
現在は3,000社を超える企業に導入されており、主に情報の蓄積やWIP機能(完全ではない状態で情報共有する機能)を用いて効率化を実現している企業が多いです
 
esaがより使いやすくなるよう、サポートチームが日々改善を行っており、リリースした機能の詳細などは公式サイトの「ドキュメント」からチェックできます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

esa(エサ)の使い方

esaのトップ画像

esaは不完全な情報でも公開し、ドキュメントに蓄積した情報を育てるツールなので、できることも情報の編集や共有に特化した内容となっています。以下では、esaの使い方・できることをご紹介します。

ドキュメント管理

esaでは作成したドキュメントの作成から管理までできます。
 
作成時にはMarkdown記法が使えるので綺麗なドキュメントのレイアウトにできるほか、同時編集機能もあり「誰がどの箇所を編集しているのか」がリアルタイムで分かります。
 
また、特徴的な機能が「WIP機能」であり、「Save as WIP」を押してドキュメントを保存すると「不完全ではない情報」のまま共有ができるという機能です。ほかにも編集途中で確認できる「プレビュー機能」や「バージョン管理」もできるので、やり直しや誤削除をしてしまった場合でも復元できます。

社内wiki

編集や更新を重ねて完成した情報は「/」で区切ったカテゴリに保存しておけば、社内wikiとしての活用ができるようになります。
 
また、作成したドキュメントの検索も可能ですが、タグ付けもできます。そのため、ドキュメントのジャンルごとに任意のタグを設定して管理すると、さらに情報へのアクセス性を向上させます。
 
社内wikiとして保管した情報に関してリアクションができるほか、コメントを残すことで他のメンバーと紐づいた形でやりとりできるのも特徴です。

更なる情報共有の効率化

社内にエンジニアがいる場合には、APIやWebhookの活用で情報をさらに効率化できます。また、SlackやChatworkをはじめとしたツールと連携することで「メインのチャットはチャットツール、情報の蓄積はesa」というような使い分けも可能です。
 
また、esaの公式ドキュメントにはesaのAPIを活用して外部の開発者がリリースした、サードパーティ製のツールも紹介されています。アプリやブラウザ拡張、プラグインも用意されているので自社の環境に合わせて高度にカスタマイズしたい企業におすすめです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

esa(エサ)の口コミ・評判

以下ではesaの口コミ・評判をご紹介します。導入前には第三者の声も参考にすることが大切です。
 
※こちらでご紹介する口コミ・評判は全てITreviewより引用しております。
 
非公開ユーザー、投稿日:2021年03月11日
WIP機能があるので、まずは一旦気軽に投稿しようという気持ちになるので、投稿のハードルが下がる。
また、デザインが全体的にかわいいので使っていて楽しい。チャットツールだと流れがちなディスカッションやナレッジもesa上でコメントしていくことで情報を育てていくことが出来る。
非公開ユーザー、投稿日:2021年03月11日
新しいツールを使うのに抵抗感がある人やノンエンジニアの人にとって、利用のハードルが少し高いと感じることがあるよう。
非公開ユーザー、投稿日:2021年03月11日
・マークダウン方式になれてない人が、とっつきにくいかなと思いました(表の作成)。ブログぐらいのUIにしてほしいかなと思うのと、表はエクセルのように簡単につくれるようにしてほしいかなと思いました
非公開ユーザー、投稿日:2021年03月10日
wysiwygになっているので、markdownが苦手でもある程度体裁を整えることは出来るし、内容だけではなく、どの様に記載したら伝わりやすいのかも考えてナレッジの共有が出来る。
diffも残るので改変内容も追え、編集者も分かるので後々質問等があった際のコミュニケーションも取りやすい。
非公開ユーザー、投稿日:2021年03月09日
マークダウン形式でドキュメントを作成できるので、記載する方も読む方も簡易で便利な点が良い。
保存も階層にしたりタグを付けたりできるので、検索する際も見つけやすいのが良い。
非公開ユーザー、投稿日:2021年03月08日
WIP機能をつけることで作業中の情報も共有できるようになっており、gitでソースコードを共有するような疑似感覚を受ける。gitやGitHubに慣れた開発文化の人と情報共有するときに、いちいち説明しなくてもわかってもらえるのがよかった。
実際のユーザーの声では、「見た目や機能が非エンジニアにとって分かりづらいのでは」という内容がある一方、Markdownや同じ開発文化のひとでもスムーズに認識してもらえたという内容もありました。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

esa(エサ)の料金プランとは

esaの料金画像

esaの料金プランは非常にシンプルとなっており、2ヶ月間は無料で利用できます。無料期間の終了後にはユーザーひとりあたり¥500/月が必要です。
 
料金体系がシンプルで分かりやすいものの、チームでの利用料金はメンバーの利用頻度を問わず料金がかかる点に注意です。
 
また、アカデミックプラン(教育機関)やOSS・Web技術関連コミュニティ向け無償提供(ツールスポンサー)については問い合わせをすることで無償で利用できるプラン(基本は1年間)もあります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

esa(エサ)よりもシンプルに使える情報共有ツール

以下ではesaよりもシンプルかつ非IT企業でもストレスなく使える情報共有ツールをご紹介します。
 
esaはチームの情報を育てながら蓄積していけるナレッジベースとしての使い方がメジャーであり、メインとしてドキュメント管理ではあるものの、細かい機能が多く、さまざまなニーズに対応できます。そのため、開発者からの評判も高いツールとなっています。
 
一方、今までツールを導入したことがない非IT企業などは、導入後に自社で適切に運用できるかどうかは慎重に検討する必要があります。仮に、自社のITリテラシーとマッチしないツールを導入した場合は、社内の強い抵抗感によりツールが使われなくなる可能性が非常に高いです。
 
そのため、導入前には自社のどんな課題を解決すべきかを明確にし、その課題を解決するためのツールには機能に「過不足がない」ことが必須条件です。とくにシンプルかつストレスなく情報共有を実現したいのであれば、非IT企業でも簡単に使いこなせる「Stock」一択です。
 
Stockは非IT企業を含む80,000社以上が利用するツールであり、「ノート」に記載した情報に紐づいた「メッセージ」で簡単に情報共有が可能、かつ「フォルダ」でシンプルに情報を整理できます。

チームの情報を最も簡単に残せるツール:Stock

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

esa(エサ)の使い方・評判・料金まとめ

ここまで、esaに関する使い方や独自の機能、口コミ・評判、料金体系ごを紹介してきました。
 
esaは情報を更新しながら継続的にナレッジを生かしていくための情報共有ツールであり、「WIP機能」を用いて完成途中の情報であっても気軽に投稿できる点が特徴です。さらに開発者にとっても効率化できる機能が数多く備わったツールと言えます。
 
口コミ・評判に関しても特に開発者の人を中心に高評価一な方で、非IT企業であったり、ツールの導入が初めてで検討に悩んだりする場合、まずは自社のITリテラシーを正しく把握しなければなりません。
 
多機能でなくとも、過不足のない機能を有していれば業務効率化は十分に達成できます。また、ご紹介したStockは導入後の教育コストがかからないほどシンプルなので、すぐにでも情報共有を通して業務効率化を実現したい企業にとって必須のツールです。
 
利用は無料からでき登録も1分で完了するので、ぜひ「Stock」で社内外の情報を適切にストックし、情報共有を活発化させましょう。