日々の営業活動から得た情報を適切に管理し、ナレッジとして活用できるように整理すれば組織力の向上に貢献します。そして、企業の情報管理には情報共有ツールが使われますが、そのひとつに「esa(エサ)」があります。
 
esaは2014年にリリースされた情報共有ツールです。多くの企業で利用され始めている一方で「esaの導入を検討しているが、自社に合っているのか懸念がある」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、esaの概要や使い方、口コミから料金まで網羅的にご紹介します。
 
  • esaの利用を検討しているが自社にマッチするか懸念がある
  • 自社の情報共有に課題があり、早急に解決したいと考えている
  • リモートワーク、出社のどちらにも対応できる汎用的なツールを知りたい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、esaが自社にマッチしているかが分かるうえに、最適なツールを選定できるヒントが得られます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

esa(エサ)とは

esaの具体的な使い方を解説する前に、esaの概要と機能を詳しくご紹介します。まずは、esaのコンセプトなどが自社の導入目的にマッチするかを確認しましょう。

概要

esaのトップページ

 
esaとは2014年に設立された合同会社esaが展開する「情報共有ツール」です。
 
「Share」「Develop」「Organize」の3つのコンセプトから設計されたツールであり「不完全な情報でも一旦は公開し、更新を続けて完成したら、仕分けして整理する」という一連の流れが一か所で完結します。
 
現在は3,000社を超える企業に導入されており、主に情報の蓄積やWIP機能(完全ではない状態で情報共有する機能)を用いて、業務の効率化を実現している企業が多いです。

基本機能

esaにはIT企業向けの機能が豊富に搭載されていますが、まずは「どのような基本機能が搭載されているか」を把握しましょう。以下は、esaの基本機能一覧です。
 
機能 特徴
Save as WIP
書き途中の記事を保存して、一旦共有する機能です。
Ship It!
記事が完成したことを通知する機能です。
リアルタイムプレビュー
記事の編集画面で「実際にどのように表示されるか」がリアルタイムで確認できる機能です。
Markdown(マークダウン)
特殊な記法で簡単に整った文章を書ける機能です。
カテゴリ
タイトルに /(スラッシュ)を書き込むことで、記事を分類する機能です。
スライドショー
記事をプレゼンテーション形式で表示させる機能です。
外部公開
共有リンクを知っていれば、誰でも記事にアクセス可能にする機能です。
Webhook
SlackやMicrosoft Teamsなどのツールと連携(API)できる機能です。
 
上記のように、esaには多種多様で高度な機能が備わっているので、利用用途も幅広いのが特徴です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

esaでできること

esaの導入を検討するにあたって、機能を確認しただけでは運用のイメージは掴めません。そこで以下では、情報共有ツールesaでできることを3つご紹介します。

記事管理

esaは、記事の作成から管理までを網羅的にサポートします。
 
esaではマークダウンや独自記法が使えるため、情報を綺麗なレイアウトでまとめられます。また、同時編集機能で「誰がどの箇所を編集しているのか」がリアルタイムで分かるので、リモートワークにも有効です。
 
さらに、esaの特徴的な機能のひとつにWIPがあり、記事を保存する際に”Save as WIP”を選択すると、完成していない記事を共有することができます。ほかにも、記事のバージョン管理ができるので、誤削除をしてしまった場合でも復元が可能です。

社内wiki

esaの役割のひとつは、社内情報をまとめて整理しておく「社内wiki」です。
 
従来のフォルダ管理とは異なり、esaでは記事タイトルに”/(スラッシュ)”を入力することでカテゴリ分けをします。また、検索機能やタグ機能を駆使すれば、目的の記事へアクセスすることが可能です。
 
以上のように、記事をカテゴリに分類したり、ジャンルごとにタグを設定したりすれば、esaは社内wikiとして活躍します。

情報共有

esaを上手く活用すれば、チームの情報共有を活性化させることも可能です。
 
たとえば、外部ツールと連携するWebhookを活用すれば、ストレスなく情報共有ができます。具体的には、SlackやChatworkなどと連携すれば、通知を一元化したり「連絡はチャットツール、情報共有はesa」と使い分けたりできるのです。
 
また、esaの公式ドキュメントには外部開発者がリリースしたツールも紹介されています。自社の環境に合わせてカスタマイズしたい企業におすすめです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

esaの料金プラン

esaの料金ページ

 
esaの利用料金は、2ヶ月間のフリートライアル後に¥500/ユーザー/月かかります。
 
ユーザーがチームに所属すると、ログイン状況や投稿数に関係なく利用料金が発生します。また、支払い方法はクレジットカードのみで、銀行振り込みには対応していないので注意が必要です。
 
さらに、アカデミックプラン(教育機関)やOSS・Web技術関連コミュニティ向け無償提供(ツールスポンサー)では、特別割引申請をすれば無償で1年間利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

esaの使い方|7ステップ

esaには多種多様な機能が搭載されていますが、まずは基本的な使い方をマスターしなければ、業務で活用することはできません。そこで以下では、esaの使い方を7つのステップに分けて解説します。

(1)アカウントを作成する

はじめに、esaを利用するためにアカウントを作成しましょう。
 
まずは、esaの公式サイトにアクセスして、画面下側に表示されている[チームを作って試してみる!]をクリックします。
 

esaのトップページ

Googleアカウントを選択する

Googleアカウントが表示されるので、任意のアカウントを選択します。Googleアカウントを所有していない場合には、[別のアカウントを使用]から作成しましょう。
 

esaの利用規約に同意する

最後に、利用規約が表示されるのでよく読んだうえで、[利用規約に同意する]をクリックしましょう。以上で、esaのアカウント作成は完了です。

(2)新規チームを作成する

次に、esaを利用するにあたって新規チームを作成します。
 
利用規約に同意すると下図のような画面へ移行するので、以下の手順に従ってチーム詳細を設定しましょう。
 
  1. 半角小文字英数字と-(ハイフン)を組み合わせて、[チーム名]を入力する
  2. チームの概要を[説明文]に入力する
  3. 会社のロゴなどを[アイコン]にアップロードする
  4. 最後に、[チームを作成する]をクリックする

新規チームの設定をする
esaのメイン画面

以上の操作で上図のような画面が表示され、新規チームの作成が完了します。

(3)メンバーを追加する

esaをチーム利用する場合には、ほかのメンバーをチームへ招待しましょう。具体的な設定方法は、以下の手順に従います。
 
  1. 画面左側の[SETTINGS]をクリックする
  2. 表示される[メンバーの招待]をクリックする
  3. 「Eメールで招待」もしくは「招待用URLを発行する」から招待する

esaにメンバーを招待する

招待された社員はリンクをクリックして、esaのアカウントを新規作成しましょう。

(4)記事を作成する

次に、チーム内に記事を作成しましょう。
 
esaは記事管理や社内wiki、情報共有など、さまざまな用途で活用できますが、まずは記事を作成しなければ始まりません。記事の作成は簡単で、画面左上の[NEW POST]をクリックするだけです。
 

新規記事を作成する

上図のような画面が開くので、画面左側の編集スペースに情報を書き込みましょう。

(5)記事を整理する

あらゆる社内情報を整理しなければ、必要なときに求めている情報が見つかりません。そのため、以下のステップで記事の整理をしましょう。
 
esaの情報管理は独特で、下図の[記事タイトル入力欄]に半角の / (スラッシュ)を入力して、カテゴリ分けをします。今回の例では、「大カテゴリ>中カテゴリ>小カテゴリ」となるようにしました。
 

記事のカテゴリを分ける
カテゴリで分けた際のイメージ

結果、上図のように記事をカテゴリごとに整理できます。ただし、ホーム画面から新規で空のカテゴリは作成できないので、記事のタイトルから作成しましょう。

(6)スライドショーを利用する

スライドショーを利用すれば、esaの記事でプレゼンテーションができます。
 
スライドショーを利用するには、任意の記事から[・・・]を選択し、表示される[プレゼンテーション]をクリックします。
 

記事をスライドショーで表示する
esaのスライドショーのイメージ

以上の操作で、作成済みの記事をスライドショー表示させられます。次のスライドを表示する場合は、画面右下の矢印マークをクリックしましょう。

(7)外部へ共有する

最後に、社内だけでなく社外へ記事を共有します。
 
まずは、記事の[・・・]を選択し、表示される[記事の外部公開]をクリックします。
 

記事を外部へ共有する
外部公開URLをコピーする

次に、外部公開の詳細設定が表示されるので、[外部公開URLを作成]をクリックしてURLを共有しましょう。
 
以上の操作で、記事の社外共有は完了です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

esaで覚えるべき記法

esaで情報を適切にまとめるためにはマークダウン記法やesa独自の記法を覚える必要があります。そこで以下では、代表的な記法と書き方を簡単にご紹介します。
 
記法 書き方
見出し
#見出し(h1)/##見出し(h2)/###見出し(h3)
箇条書き
* リスト/- リスト
リンク
[テキスト](URL)
画像
![代替テキスト](画像URL)
強調
**テキスト**/–テキスト–
訂正線
~~テキスト~~
テーブル
| 項目タイトル | 値タイトル |
| — | — |
| 項目1 | 値1|
| 項目2 | 値2 |
タスクリスト
-[ ]ToDo
-[×]ToDo
絵文字
:emoji:
 
以上の記法はごく一部であり、esaでは作図記法や数式(MathJax・TeX)、折りたたみ、文字色の変更などにも対応しています。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

esaの口コミ・評判

以下では、esaの口コミ・評判をご紹介します。導入前には利用ユーザーの声を参考にしましょう。
 
※こちらでご紹介する口コミ・評判はITreview>esaより引用しております。

esaの良い口コミ・評判

はじめに、esaの良い口コミと評判をご紹介します。利用ユーザーからは「マークダウンで記事作成できる」「デザインが良い」という声が寄せられています。
 
非公開ユーザー(投稿日:2021/3/9)
 
マークダウン形式で記事を作成できるので、記載する方も読む方も簡易で便利な点が良い。
保存も階層にしたりタグを付けたりできるので、検索する際も見つけやすいのが良い。
非公開ユーザー(投稿日:2021/3/8)
 
Markdownエディタの完成度が高い。基本的にGFMに沿って違和感なく書ける。画像もドラッグ&ドロップまたはペーストでさっと貼り付けられる。画面上の見栄えもほぼ壊れない。
WIP機能をつけることで作業中の情報も共有できるようになっており、gitでソースコードを共有するような疑似感覚を受ける。gitやGitHubに慣れた開発文化の人と情報共有するときに、いちいち説明しなくてもわかってもらえるのがよかった。
非公開ユーザー(投稿日:2021/3/1)
 
デザインがホッとする感じのため、気軽にコンテンツを作成できる。また、カテゴライズが簡単にできることで整理も簡単。
非公開ユーザー(投稿日:2020/8/21)
 
ナレッジを育てていけるというコンセプトが秀逸。マークダウン形式の記述になれているエンジニアであれば難なく使いこなせるだろう。
いろんなナレッジの蓄積の仕方があると思うが、議事録についてまとめていくのはとてもよい。あとからメンバーがコメントできるし、そこから情報抽出して外部に公開するプロセスフローもスムーズ。
非公開ユーザー(投稿日:2020/8/21)
 
汎用的に使え、マークアップ記法なので見た目も整っていてキレイに使えるところが良いと思います。
検索方法も簡単で、ディレクトリ毎に検索もできます。ナレッジのお気に入り機能もあるので便利です。

esaの改善点に関する口コミ・評判

次に、esaの改善点に関する口コミと評判をご紹介します。利用ユーザーからは「ITに詳しくないとハードルが高い」「アクセス権限を細かく設定できない」などの不満が寄せられています。
 
非公開ユーザー(投稿日:2021/3/11)
 
新しいツールを使うのに抵抗感がある人やノンエンジニアの人にとって、利用のハードルが少し高いと感じることがあるよう。
自分自身はエンジニアではないが、使いづらいと感じることは少ない。ただ、そう感じない人も社内を見ていると多そう。
非公開ユーザー(投稿日:2021/2/26)
 
スターとウォッチ機能を使いこなせていない気がします。
結局検索してしまって、うまくヒットせず「確かesaにあったあの情報どこだっけ・・」と探すことが多いです。
非公開ユーザー(投稿日:2020/8/21)
 
アクセス権を細かく設定できないため、本当に全社に共有しても問題ない情報しか載せられない。
進行中の案件や顧客情報などは載せられない。
非公開ユーザー(投稿日:2019/12/28)
 
記入の仕方が独特であり、なじみのない人にはなれるまでに時間がかかってしまい、なかなか日報を書こうというモチベーションに繋がらない。
非公開ユーザー(投稿日:2019/3/8)
 
ipadのアプリ対応ができていない。
iphone用もブラウザ向けほどUXがよくないため、アプリでも検索、閲覧、文章入力をスムーズになるとよい。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【非エンジニア向け】65歳でもすぐに使いこなせるツール

以下では、esaのデメリットをカバーする「65歳でもすぐに使いこなせるツール」をご紹介します。
 
esaでは、マークダウン記法などの高度な機能で情報を管理し、さらにさまざまなカスタマイズも可能なので多様なニーズに対応できます。そのため、esaは開発部門を中心としたIT企業からの評判が良いツールです。
 
一方で、利用ユーザーの口コミでは「多機能・高機能で使いづらい」「情報を探すのに苦労している」などの声があります。それゆえに、非IT企業で情報共有ツールを検討している場合には、esaの代替として「誰でも簡単に使いこなせるツール」を探しましょう。
 
たとえば、ITに詳しくない65歳でもすぐに使いこなせるツールの「Stock」であれば、情報共有に必要な機能に過不足がなく、低コストで運用できるので、経営資源が限られる非IT企業や中小企業に最適です。
 
Stockでは「ノート」に情報を書き込み、ノートに紐づいた「メッセージ」で連絡をしたり、仕事を「タスク」として設定したりできます。また、ノートの整理が簡単な「フォルダ」や高度な「検索機能」もあるので、目的の情報へすぐにアクセスできるのです。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

esa(エサ)の使い方・料金・口コミまとめ

ここまで、esaの概要や使い方、口コミ、料金などを網羅的にご紹介しました。
 
esaには開発者を中心としたIT企業向けの機能が豊富に備わっており、より専門的な運用ができる情報共有ツールです。一方、多機能・高機能ゆえに使いこなせないというユーザーからの口コミもあるので、非IT企業におけるesaの導入は慎重に検討しましょう。
 
また、esaには記事やカテゴリごとにアクセス権限を設定する機能がありません。そのため、顧客情報などの重要な情報を管理できないなど、運用面に関しても大きなデメリットがあります。
 
結論、非IT企業やセキュリティに不安がある企業は「誰でも簡単に操作できるうえに、セキュリティが厳格なツール」を導入しましょう。
 
たとえば、今回ご紹介した情報共有ツール「Stock」は、非IT企業の65歳でもすぐに使いこなせるうえに、アクセス権限を詳細に設定する機能があるので、ITリテラシーや企業規模に関わらずあらゆる企業に最適なツールと言えます。
 
無料登録は1分で完了するため、ぜひ「Stock」で社内外の情報を適切にストックし、誰でも情報共有ができる仕組みをつくりましょう。