テレワークなどの新しい働き方が広がったことをきっかけに、社員同士のコミュニケーションを図るために「コミュニケーションツール」を導入する企業が増えています。
 
そして、世界中の企業で導入されているコミュニケーションツールのひとつが「Workplace from Meta(以下、Workplace)」です。WorkplaceはMeta社(元Facebook社)が提供しており、多種多様な機能が搭載されています。
 
ツール導入を検討する企業のなかには「Workplaceも候補だが、情報が少ないので判断できない」と悩む担当者の方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、Workpleceの使い方や実際の口コミ・評判、料金プランを中心にご紹介します。
 
  • Workplaceの利用を検討しているが、SNSとの違いが分からない
  • Workplaceが自社の課題を解決できるのか判断できない
  • 複数のツールを比較しているので、Workplace利用者の生の声を知りたい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、Workplaceの概要や使い方が分かるうえに、自社に本当にマッチしているかの判断ができるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Workplace from Metaとは

以下では、Workplaceの概要や類似ツールとの違いをご紹介します。Workplaceが自社で想定していた運用イメージにマッチするかを確認しましょう。

概要

Workplaceのトップページ
 
Workplaceはmeta社(元Facebook社)が提供する、社内すべての人をつなぐコミュニケーションツールです。チャットはもちろん、掲示板やナレッジベース、ライブ配信など、Workplaceには多種多様な機能が搭載されています。
 
さらに、WorkplaceはOffice 365やG Suiteなどの外部ツールとの連携が可能なので、自社の事業環境に合わせたカスタマイズができます。ただし、「多機能ゆえに使いこなせない」という状況にならないように慎重な検討が必要です。
 
また、Workplaceは、同社が提供するプライベートSNSの「Facebook」とデザインが似ているため、Facebookの利用ユーザーにとってはハードルが低いと言えます。

Facebookとの違い

Facebookのトップページ
引用(以下を含む):https://ja-jp.facebook.com
 
FacebookはMeta社が提供するプライベートSNSです。WorkplaceはFacebookと比較して、以下のような特徴があります。
 
  • 友達を登録する必要がない
  • 社内メンバーの投稿はすべて確認でき、個別のやりとりも可能です。
  • グループのプライバシー設定が細かい
  • グループは[公開][非公開][秘密]の3種類ですが、閲覧や参加、検索などに関する細かい設定があります。
  • 高度なセキュリティがある
  • 保守的な企業や政府機関でも利用できるように、さまざまなセキュリティ資格を取得しています。
上記のようにビジネス向けのWorkplaceと、プライベート向けのFacebookには違いがありますが、デザインや使い方は非常に似ています。

Slackとの違い

Slackのトップページ
引用(以下を含む):https://slack.com/intl/ja-jp/
 
SlackはSlack社が提供するビジネス向けのチャットツールです。WorkplaceはSlackと比較して、以下のような特徴があります。
 
  • 情報共有する手段が複数ある
  • チャットやポスト、ナレッジライブラリーなど情報共有の方法が多いのが特徴です。
  • グループの種類が3種類ある
  • 逆に、Slackは公開グループ(パブリック)と非公開グループ(プライベート)の2種類で、非公開は検索できないなどの制約があります。
とくに、Slackで情報共有するためにはチャットしかないため、重要なお知らせや資料が流れてしまう問題がありました。しかし、Workplaceはチャットだけでなく、ナレッジライブラリーがあるので情報を蓄積できるのです。
 
ただし、Workplaceは共有の方法が多い分情報が分散するため「どこに、何の情報があるのか分からない」という事態になりかねないので注意しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Workplace from Metaの使い方

Workplaceの多種多様な機能を使いこなすためには、まずは、以下の基本的な使い方を把握する必要があります。

ポスト

Workplaceのポスト投稿画像
Workplaceのポスト(Post)機能を使えば、グループのタイムラインに投稿が可能です。
 
投稿には、太字やハイパーリンクなどでテキストを装飾する機能があり、情報を分かりやすくまとめるのをサポートします。ポストへの投稿はテキストだけでなく、ファイルや画像、投票、GIFなども可能です。
 
また、ポストへの投稿に対してはコメントや”いいね”で反応も可能なので、社内掲示板としても運用できます。

チャット

Workplaceのチャット画像
Workplaceのチャット(Chat)機能を使えば、メンバー同士で円滑なコミュニケーションがとれます。
 
チャットはテキストだけでなく、画像や動画、ファイル、音声などにも対応しているため、あらゆる情報共有が可能です。また、絵文字(スタンプ)も豊富に用意されているので、テキストだけでは表現できない細かなニュアンスを伝えられます。
 
また、メッセージにも”いいね”などのリアクションができるなど、Workplaceはチームのコミュニケーションをさまざまな機能で活性化させます。

ナレッジライブラリ

Workplaceのナレッジライブラリの画像
Workplaceのナレッジライブラリ(Knowledge Library)機能を使えば、日報や議事録、マニュアルなどの情報を蓄積できます。
 
逆に、ポストやチャットでやりとりされた情報は次々と流れてしまいますが、ナレッジライブラリは情報をストックできるので、あとからいつでも見返せるのです。
 
また、保存される情報はカテゴリごとに分けられるため、取り扱う情報が多い企業にナレッジライブラリは適しています。
 

ビデオ通話

Workplaceのビデオ通話画面
Workplaceのビデオチャット機能を使えば、デバイスを問わずにメンバーとビデオ通話ができます。
 
ビデオチャット機能を仕事で利用すれば、リモートワークでも相手の顔を見ながら打ち合わせが可能です。また、類似の機能に「ライブ配信」があり、緊急の連絡や全社への周知などが必要な際に、迅速に情報を共有できます。

外部ツール連携

Workplaceをすでに利用している外部のツールと連携させ、さらに効率的に業務を進められます。たとえば、以下のようなツールと連携できます。
 
  • 顧客管理ツールの「Salesforce」や「Hubspot」
  • ビデオ通話ツールの「Zoom」や「Cisco Webex」
  • クラウドストレージツールの「Box」や「Dropbox」
  • ファイル共有ができる「Google Drive」や「OneDrive」
多くのツールと連携できるので、複数のツールを横断して使う必要がなく、Workplaceのみで情報を一元管理できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Workplace from Metaの料金プラン比較

Workplaceは「Coreプラン(1ユーザーあたり$4/月)」の基本プランに申し込み、必要であればオプションを追加していくプランスタイルとなります。追加可能なオプションは以下の2つです。
 
  • Enhanced Admin and Support(1ユーザーあたり$2/月)
    優先サポートやシングルサインオンなど、高度な管理をするためのオプション
  • Enterprise Live(1ユーザーあたり$2/月)
    ネットワークの影響を最小限に抑えながらストリーミング配信ができるオプション
また、非営利団体の利用は無料なうえ、大企業をはじめとした人数の多い企業は問い合わせをすると、カスタマイズプランとして柔軟に対応してもらえます。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Workplace from Metaのメリット・デメリット

Workplaceを導入する場合、検討要素としてメリットやデメリットを事前に把握しておきましょう。以下が、メリットとデメリットの一覧表です。
 
メリット デメリット
Facebookユーザーはすぐに使いこなせる
ITに詳しくなければ、多機能ツールなので使いこなせない可能性がある
多種多様な機能と連携できる
ポスト、チャット、ナレッジライブラリと、情報共有の方法が多いので分散する
セキュリティ体制が整備されている
サポートが遅く、分かりづらい日本語の対応
Workplaceにはさまざまな機能が搭載されているため、ITに詳しくないと使いこなせない可能性があります。また、情報共有の手段が多いので「どこで共有されていたのか思い出せない」という状態になる恐れもあるので注意しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Workplace from Metaの口コミ・評判

以下ではWorkplaceを使うユーザーの口コミ・評判をご紹介します。導入前には第三者の声も参考にしましょう。
 
※こちらでご紹介する口コミ・評判はITreview>Workplace from Facebook(Workplace from Meta)より引用しております。

Workplace from Metaの良い口コミ・評判

はじめに、Workplace from Metaの良い口コミと評判をご紹介します。利用ユーザーからは「Facebookと同じ操作感で使用できる」「社員のエンゲージメントを向上させられる」という声が寄せられています。
 
非公開ユーザー(投稿日:2022年04月17日)
 
Facebookの投稿と同じ操作感で使用できるビジネスチャットツール。会社ごとのルームのようなものが作れ、Facebookアカウントと連動させて招待することができる。
また、投稿に対して、誰がその投稿を見たのかの既読機能がある点が大きく他と違うところだと感じる。
非公開ユーザー(投稿日:2022年02月03日)
 
Facebook社(現在はMeta社に名前変更されています)が提供している企業向けSNSということもあり、
Facebookライクなインターフェイスで、多くの社員は使い慣れており比較的容易に利用できる点が良いと思います。
非公開ユーザー(投稿日:2022年01月20日)
 
いいね機能やありがとうを送る機能、社員同士のエンゲージメントを向上させることができる。
掲示板を利用して社内の情報伝達を行える。独自ドメインで運用し管理機能がありセキュアに運用が可能である。
非公開ユーザー(投稿日:2019年12月24日)
 
社内専用のSNSとして使うことで、情報共有やトピック発信、コミュニケーションがしやすくなって社内交流が活性化。
また、Workchatでチャットや通話もできるのでオフィスが離れた社員とも連絡が取りやすい。
非公開ユーザー(投稿日:2019年03月26日)
 
Facebookという多くの人がエンドユーザーとして慣れ親しんでいるので、ビジネスユースに移行する場合の移行負荷・ハードルが低い。

Workplace from Metaの悪い口コミ・評判

次に、Workplace from Metaの改善点に関する口コミと評判をご紹介します。利用ユーザーからは「サポートからすぐに返信が来ない」「目的の情報が見つからない」などの不満が寄せられています。
 
非公開ユーザー(投稿日:2022年03月20日)
 
新入社員の入社タイミングなどCSVで一括登録ができるみたいなのですが外国製アプリだけあって説明が少なく使いにくいので結局使えていない。
サポートの対応もかみ合わないことがある。
非公開ユーザー(投稿日:2022年01月20日)
 
アメリカ製なのでサポートが片言な日本語で返信がある。
また返答までの時間が長い。日本でのサポートをして欲しい。
非公開ユーザー(投稿日:2021年11月08日)
 
通知の回数が多すぎると感じることがあります。細かく通知の種類ごとに、通知のオンオフを切り替えられるようにしてもらえるとよいかと思います。
非公開ユーザー(投稿日:2019年03月24日)
 
・フロー型で情報がどんどん流れていくので、Slackで全体周知するのとあまり差分がない
非公開ユーザー(投稿日:2019年01月23日)
 
FBと似ているからこそ、使える機能が多すぎる。
ビジネス利用の場合はどういうシーンでどの機能を使うのか、など意思統一が必要かもしれない。
人数が多い場合は本当に読みたい投稿が流れて(埋もれて)しまう可能性あり。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【安心】Workplace from Metaよりもサポートが手厚いツール

ここでは、Workplaceよりもサポートが手厚いツールをご紹介します。
 
Workplaceはコミュニケーションを活性化するツールなので、迅速なやりとりができる一方で、共有された情報が次々と流れてしまいます。ナレッジライブラリ機能で情報を蓄積する方法もありますが、複数の方法でやりとりすると情報が分散するのです。
 
さらに、Workplaceは海外のツールということもあり「サポートが片言の日本語で困った」「サポートから全く返信がない」などの不満が上がっています。そのため、Workplaceの代替には「あらゆる情報を分散しないように紐づけ、手厚いサポートを受けられるツール」が最適です。
 
たとえば、業務情報に紐づいたメッセージでやりとりでき、1営業日以内に返信が来るなど充実したサポートがある「Stock」であれば、Workplaceのデメリットを確実にカバーできます。
 
Stockの「ノート」に業務情報をストックすれば、チャットのように流れてしまう心配はありません。また、Stockはオンラインで導入相談(無料)をしており、他社の活用事例だけでなく、自社に合わせた運用方法を提案するなどのサポートもしています。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Workplace from Metaの使い方・評判・料金まとめ

ここまでWorkplaceの使い方や評判、費用まで幅広くご紹介しました。
 
Workplaceはリモートワークでも不自由なく業務ができるような機能を豊富に搭載しています。しかし、全社で使いこなせなければ十分な導入効果が得られず、費用対効果が悪くなるリスクが高くなってしまうのです。
 
また、Workplaceには情報共有の方法として「チャット」「ポスト」「ナレッジライブラリ」がありますが、それぞれでやりとりされた情報は分散するうえに紐づけられないので、あとからアクセスするのが面倒になります。
 
以上のことからも、”ITに詳しくない社員が多い企業”や”情報を一元管理したい企業”は「Stock」のような、非IT企業の65歳がすぐに使いこなせるほどシンプルで、あらゆる情報がすぐに見つかるツールを導入すべきと言えます。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」で自社に関わるあらゆる情報をまとめて整理できる環境をつくりましょう。
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。