タスク管理アプリを自社に導入すれば、タスク・マネジメントが円滑になり、社員の作業効率も大幅に改善されます。
 
タスク管理アプリの種類は多種多様ですが、なかには多くの日系企業の社内PCでメジャーなWindowsに対応していないアプリもあり、「どのタスク管理アプリを導入すべきか」と頭を悩ましている担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、「Windowsでも利用可能なおすすめタスク管理アプリ トップ5」「タスク管理アプリ選びのポイント」をご紹介します
 
  • 自社のWindowsパソコンでも使えるタスク管理アプリで、かつ厳選されたものから選びたい
  • さまざまなタスク管理アプリのなかから、自社に合うものを選ぶためのポイントを知りたい
  • タスクの導入には多くのコストと時間がかかるので、アプリ選びには失敗したくない
という担当者の方は、この記事を参考にしていただくことで、タスク管理アプリの選定ポイントを押さえながら、自社にマッチするアプリを検討できるようになります。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

失敗しない!タスク管理アプリを選ぶための6つのポイント

業務効率化をサポートするアプリは数多く存在し、そのなかのひとつであるタスク管理アプリも例外ではありません。
 
アプリ選びに迷っている担当者の方がスムーズにより良いタスク管理アプリを選べるように、以下でタスク管理アプリを選ぶための5つのポイントをご紹介します。

利用可能なOSか

まずは、導入を検討しているタスク管理ツールが WindowsOSに対応しているかを、タスク管理アプリのサービスページなどで確認します。OSとはパソコンのシステム全体を管理している最も基本的なソフトフェアのことで、OSがないパソコンは動きません。
 
広く使われているOSには、「WindowsOS」と「macOS」の2種類があります。タスク管理アプリが利用できるOSがmacOSのみの場合には、Windowsのパソコンは利用できません。
 
そのため、まずは自社のWindowsパソコンでもアプリを利用できるか否かを調べることが必要になります。

直感的に使えるか

シンプルで使いやすいアプリは直感的な操作ができるので、ITに詳しくない社員でも利用できます。アプリの使いやすさは、教育コストや作業効率に大きな影響を及ぼすので、最低限の説明で利用ができるタスク管理アプリがおすすめです。
 
例えば、社内のリテラシーが低い企業が多機能アプリを導入すると、アプリの運用コストのほかにリテラシー教育のコストがかかり、さらに使いこなすのが難しいので作業効率が低下するなどの問題が発生します。
 
「直感的に使えるかどうか」は社内へのタスク管理アプリ浸透のために必要不可欠なので、多機能アプリを検討している担当者の方に再検討していただきたいポイントです。

詳細な情報が記載できるか

タスク管理アプリは、タスクに関する詳細な情報を記載できるノート機能があるものを選択しましょう。
 
タスク管理に求められるのはタスクの作成、確認だけでなく、タスク効率化のサポートも含まれます。タスクに紐づいた情報を一元的に管理できるアプリを選ぶことで、アプリの切り替えや情報を探す手間を減らします。
 
つまり、「いかにタスク管理のストレスを軽減しながら効率化できるか」を意識することが重要です。

チームでタスク共有できるか

タスク共有の機能が搭載されているか確認します。社員全員のタスクを把握することで、プロジェクトの進捗や課題の早期発見が可能になり、円滑なタスク・マネジメントが実現できます。
 
タスク共有できない、もしくは共有に手間のかかるアプリでも、個人用としては十分な機能を兼ね備えています。しかし、チーム全体の効率性生産性を高めるためには、タスクの共有が不可欠になります。

必要な機能が揃っているか

自社のタスク管理課題を解決できる機能を見極めて、最適なタスク管理アプリを選びましょう。「他社が導入しているから」「話題になっているから」などの理由でアプリを導入すると一時的な効果はありますが、中長期的に見るとコストがかさみ、必要のないアプリを使い続ける事態になります。
 
まずは、自社がタスク管理アプリを導入する目的を明確に定めることで、自ずと必要な機能や特徴、運用方法が決まります。ただし、多機能アプリには「使用方法が複雑で、ITに詳しくないと使いこなせない」というデメリットがあるので注意が必要です。
 
必要最低限の機能を兼ね備えた、誰でも簡単に使えるシンプルなアプリを選びましょう。

無料トライアルができるか

導入を検討しているタスク管理アプリに、無料でお試しができるプランがあるか確かめます。実際に、タスク管理アプリを導入したが自社の社員や環境にマッチせず、多くのコストと時間を浪費してしまうケースがあります。
 
そのため、導入を検討しているタスク管理アプリと自社とのミスマッチを防ぐために、社員にツールの使用感をリサーチしながら、運用してみることが重要です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: タスク管理アプリはメンバー間の共有ができるものを選ぼう!

Windowsでも使えるおすすめのタスク管理アプリ トップ5

以下では、日系企業での使用率が高いWindowsにも対応している、タスク管理アプリのトップ5をご紹介します。
 
タスク管理アプリに限らず、アプリケーションを自社に導入する際には「社員が使いやすいかどうか」を最終的な基準にしましょう。たとえ、どんなに高性能で多機能なアプリを導入したとしても、実際に活用する社員が活用できない場合には宝の持ち腐れになります。
 
また、ITリテラシーの低い企業では、アプリの導入に伴うリテラシー教育のコストがかかり、使いこなせるまでの期間に効率や生産性の低下が起こる恐れもあります。
 
結果、リテラシーが異なる社内でもコストをかけずに、導入したその日からタスク管理ができるアプリは、直感的な操作で誰でも簡単に使えるStock一択と言えるでしょう。
 
また、Stockは、タスクに紐付いたノート機能で重要な情報やファイルをストックでき、他の社員のタスクを一覧で管理できる機能が備わっています。
 
Stockは非IT企業を含む導入実績が80,000社を超える、今注目の情報共有アプリであり、業界・業種問わず定評があります。

第1位 Stock

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から14日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。

第2位 Todoist

Todoistのトップページ

Todoistは、すべてのタスクを一箇所で管理できるアプリです。

<Todoistのポイント>

  1. 進捗を見える化する
    タスクの完了をグラフ化して、プロジェクトの進捗を一目瞭然にします。
    進捗が見えるようになることで、課題の早期発見が可能になります。
  2. タスクの整理
    タスクごとに優先度とラベル付けをして、タスクが乱雑するのを防ぎます。
    優先度が明確になれば、何に集中するべきかをすぐに判断できます。
  3. 3つの料金プラン
    「無料」「プロ」「ビジネス」の3つの料金プランが用意されています。
    それぞれのプランには、作成できるプロジェクト数や共有できる人数、アップロードファイルの容量などに違いがあります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

第3位 Jooto

Jootoのトップページ

Jootoは、ホワイトボードに付箋を貼るかのようにタスク管理ができるアプリです。

<Jootoのポイント>

  1. 多機能なタスク管理
    カンバン方式によるタスク管理だけでなく、他にも豊富な機能を兼ね備えています。
    例えば、タスクを細分化するテェックリスト機能やタスクの分類をするラベル設定機能があります。
  2. 外部アプリとの連携
    外部のビジネスチャットアプリやカレンダーアプリと連携が可能です。
    単独で利用するよりも、他アプリと連携することでさらに利便性を高められます。
  3. 3つの料金プラン
    「無料プラン」「スタンダードプラン」「エンタープライズプラン」の3つのプランが用意されています。
    それぞれのプランには、利用できるユーザー数やデータ容量、データエクスポートの期限などに違いがあります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

第4位 Microsoft Lists

Microsoft Listsのトップページ

Microsoft Listsは、社内の情報追跡や作業整理ができるアプリです。

<Microsoft Listsのポイント>

  1. 豊富なテンプレート
    最初から複数のテンプレートが用意されており、作成や入力がスムーズになります。
    例えば、イベントの日程や作業の進捗状況トラッカーなどがあり、作業効率の向上に貢献します。
  2. リストの表示方法を変更できる
    作成したリストの表示方法を用途に合わせて変更できます。
    例えば、カレンダーやグリッド、ギャラリーなどの形式で表示可能です。
  3. Microsoft 365への登録が必要
    Microsoft Listsを利用するためにはMicrosoft 365のアカウントが必要です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

第5位 Chatwork

Chatworkのトップページ

Chatworkは、社内のコミュニケーションを活発にしながらタスクの管理もできるアプリです。

<Chatworkのポイント>

  1. 依頼されたタスクをそのままToDoで管理
    自分用のタスクや依頼されたタスクを完了するとチャットに通知されます。
    タスクのToDoリストを別で作成する必要がなくなります。
  2. ビデオ通話・音声通話が可能
    遠隔でも他の社員と顔を合わせながら会議ができます。
    通話機能を利用すれば、タスクに関する情報のやりとりの円滑化が可能です。
  3. 3つの料金プラン
    「フリー」「ビジネス」「エンタープライズ」の3つのプランが用意されています。
    フリープランでは、作成できるチャットグループ数や1ユーザーあたりのストレージ、通話に参加できる人数などに制限があります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: 【2020年度版】おすすめタスク管理・ToDoリストアプリ15選!

Windowsでタスク管理できるアプリ まとめ

これまで、失敗しないためのタスク管理アプリの選び方や厳選したおすすめのアプリをご紹介してきました。自社の環境にマッチするタスク管理アプリを選ぶポイントは以下の6つです。
 
  1. 利用可能なOSか
  2. 直感的に使えるか
  3. 詳細な情報が記載できるか
  4. チームでタスク共有できるか
  5. 必要な機能が揃っているか
  6. 無料トライアルができるか
6つのポイントを押さえたタスク管理アプリを見つけるために、無料でさまざまなツールを試そうとしてもリソースや時間がない企業が多いはずです。もし選定の時間がなく、すぐにでも業務効率化を実現したい場合はランキング1位のStockを利用してみましょう。
 
Stockは全ての選定ポイントを網羅し、非IT企業でも導入したその日からタスク管理で業務効率化を実現できる、導入実績80,000社を誇るアプリです。
 
無料で利用でき、登録は1分で完了するので、ぜひチームや部署のタスク管理にStockを試してみてください。
 
関連記事: 【2020年最新版】タスク管理とは?チームで使える19個のオススメ管理ツールも徹底比較