「OneDriveは無料で使用できるの?どんな特徴がある?」
「OneDriveのダウンロード方法から、基本的な使い方まで知りたい!」
 
このようなお悩みを持っている方々に向けて、以下の2つをご紹介します。
 
OneDriveの料金と特徴まとめ
OneDriveのダウンロード方法から、ファイルアップロードなどの使い方の紹介
 
OneDriveを使用するか考えている人や、これから使い始める人のお役に立てれば幸いです。
 

<この記事で最もおすすめのツール「Stock」とは?>
「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい」というお悩みはありませんか?
Stockは、「チームの情報を最も簡単に残せるツール」です。

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。

https://www.stock-app.info/

OneDriveとは?

OneDriveとは、Microsoftが提供している「オンラインストレージサービス」です。Microsoftアカウントを所有していると、それだけで無料版を使用可能です。
 
OneDriveでは、写真や音楽から、PDFなどの様々なファイルまで保存することができます。有料プランの種類によっては、「Excel」や「Word」などのoffice365を併せて使用することも可能です。


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

OneDriveの特徴

OneDriveはファイルを保存したり、Office365を使用できたりするだけでなく、以下の3つの特徴もあります。
 
・複数人とのファイル共有が可能
・ファイルのバックアップ
・スマートフォンにも対応

複数人とのファイル共有が可能

OneDriveにファイルを保存することで、チームのメンバーや家族とファイルの共有をすることができます。また、リアルタイムでのファイルの共同編集も行うことが可能です。
 
他にも、共有ファイルを自分のPCにダウンロードし、OneDriveを開くことなく「ローカル環境」で編集等を行えるのも特徴の1つになります。

ファイルのバックアップ

OneDriveに重要なファイルを保存しておくことで、PCが壊れたり、紛失したりしたとしても、ファイルを復元することができます。
 
OneDriveにアップロードしたファイルは、クラウド上に保存されます。それゆえPC内のデータが無くなったとしても、クラウド上から再度ダウンロードすることが可能です。PCを買い換えた時にも役に立つでしょう。

スマートフォンにも対応

OneDriveは、AndroidやiPhone専用のスマートフォンアプリを提供しています。移動時間などの隙間時間にも、ファイルの閲覧や編集が可能です。
 
PCに関しては、Windows10やmacOSでは使用可能ですが、Linux環境では使用することができません。


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

OneDriveのプラン比較表

ここでは、「OneDrive」の料金・特徴の比較を、表にして解説します。
 
料金プラン 料金(1ユーザー/月) 容量 特徴
家庭向け OneDrive Basic 無料 5GB ・複数ページのスキャン
・最も重要なファイル、写真、ビデオを保護するために、本人確認を行う(3ファイルまで)
OneDrive Standalone ¥224 100GB 無料プランの全機能
Microsoft 365 Personal ¥1,284 1TB ・Officeアプリ
・ファイルの復元
・共有リンクの有効期限の設定
・オフラインフォルダ
一般法人向け OneDrive for Business(Plan1) ¥540(年間契約) 1TB(1ユーザーあたり) ・ファイル共有の制限
・24時間年中無休の電話/オンラインサポート
OneDrive for Business(Plan2) ¥1,090(年間契約) 無制限の個人用クラウドストレージ OneDrivefor Business(Plan1)の全機能
・高度なセキュリティ
Microsoft365 Business Basic ¥540(年間契約) 1TB(1ユーザあたり) MicrosoftTeams,SharePoint
・Web版とモバイル版のWord、Excel、PowerPoint
・高度なセキュリティ
・メールのホスティングと50GBのメールボックス
Microsoft365 Business Standard ¥1,360(年間契約) 1TB(1ユーザーあたり) Business Standardの全機能
・Officeアプリを最大5台のモバイルデバイスと5台のタブレットで使用可能
・Microsoft PlannerとYammerを使用可能


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

OneDriveの使い方

ここでは、OneDriveを初めて導入する方に向けて、基本的な使い方として以下の5点を写真付きでご紹介します。
 
・登録、インストール
・ファイル、フォルダのアップロード
・ファイル、フォルダ共有の方法
・Webブラウザからofficeアプリの操作
・自動起動の設定

登録・インストール

公式ホームページから、OneDriveの登録を行います。
 
(1)Microsoftのアカウントをお持ちの方は「サインイン」、お持ちでない方は「無料でサインアップ」をクリック。
 
写真
 
(2)登録情報を入力すると、OneDriveへのログイン・登録は完了です。
 
写真
 
(3)デスクトップアプリをインストールする場合は、画面左下にある「OneDriveアプリの入手」をクリックします。
 
写真
 
(4)下記画像のように「ダウンロード」をクリックすることで、デスクトップアプリのインストールは終了です。
 
写真

ファイル・フォルダのアップロード

(1)ファイル・フォルダをアップロードするためには、下記画像のように「アップロード」ボタンをクリックします。
(2)「ファイル」「フォルダ」という項目が表示されるので、アップロードをする方を選択します。その後、PCのフォルダ管理一覧が出てくるので、任意のファイルやフォルダを選びます。
 
写真
 
ファイルとフォルダは「PCのフォルダ管理」から、任意のファイル等をドラッグ&ドロップをしてアップロードすることも可能です。
 
写真

ファイル・フォルダ共有の方法

(1)共有をしたいファイル・フォルダを右クリックします。
(2)下記画像のように、ファイルやフォルダに対しての操作項目が表示されるので、「共有」ボタンを押します。
 
写真
 
(3)メールでファイル・フォルダを共有をする場合は、共有相手のメールアドレスを入力します。リンクをコピーし、チャット等でリンクを共有する方法もあります。
 
写真
 
共有している、共有されているファイル・フォルダは、下記画像のように「共有」フォルダに振り分けられています。
 
写真

Webブラウザからofficeアプリの操作

(1)下記画像のように、OneDriveのページ左上にあるボタンを押します。
(2)Officeアプリが表示されるので、使用するアプリを選択します。
 
写真
 
(3)下記画像のように、Webブラウザー上でOfficeアプリを使用することが可能です。
 
写真

自動起動の設定

OneDriveのアプリをインストールすると、PCの立ち上げ時にOneDriveが自動起動されます。もし他のクラウドストレージサービスを併用する場合は、OneDriveの自動起動を無効にする必要があります。
 
(1)下記画像のように、OneDriveのアプリをクリックし、「ヘルプと設定」をクリックします。
(2)選択項目が表示されるので、「基本設定」をクリックします。
 
写真
 
写真
 
(3)「ログイン時に開く」のチェックを外します。
 
写真


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

OneDriveのデメリット

OneDriveに限らず、多くのオンラインストレージツールには以下の課題があります。
 
・ファイルを1つずつ作成することが煩わしい
・ファイルを逐一開き、更新時には保存ボタンをクリックするなど「閲覧者」に負担が大きい
・上記の2つの理由から、情報へのアクセス性が良くない


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

OneDriveのデメリットを解消するツールのご紹介

今回ご紹介するツール「Stock」は、情報へのアクセスに優れているため、必要ファイルに素早くたどり着けます。また、必要な情報が流れていかず簡単に情報を残すことができる「チャット機能」や、「タスク管理やファイル共有機能」なども備わっています。
 
現在「Stock」は、70,000社への導入実績があるだけでなく、導入先の学習塾様では「ITに詳しくない60代」の方が何の説明なしで使いこなせるほどシンプルなツールとなっています。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

20ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。
 




「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

まとめ

今回の記事では、「OneDrive」の特徴から基本的な使い方までご紹介しました。
 
■まとめ
・OneDriveはオンラインストレージサービスであり、無料プランがある
・オンラインストレージツールは、アクセス性などに課題がある
・ITに慣れていない方でもファイル管理を簡単にできるのは「Stock」
 
ぜひ「Stock」を使ってみてください!