心理的安全性が低い職場では、社員同士で円滑にコミュニケーションがとれなかったりミスの報告が遅れたりして、重大なトラブルが発生する恐れがあります。したがって、社員が協力して業務に取り組めるように、職場の心理的安全性を高めることが重要なのです。
 
しかし、職場の心理的安全性を高める具体的な取り組みがわからず、働きやすい職場環境づくりに悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、心理的安全性を高めるメリット・取り組みを中心にご紹介します。
 
という方はこの記事を参考にすると、心理的安全性を高める手法を理解して、職場環境の改善に取り組めます。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

心理的安全性とは

以下では、心理的安全性の定義・重要性について解説します。社員同士で適切に連携を取れるチームをつくるには、心理的安全性を確保して職場環境を整える点が重要です。

定義

心理的安全性(psychological safety)とは、組織行動学を研究するエイミー・C・エドモンドソンが提唱した心理学用語で「メンバーが安心して発言・行動できる状態」を指します。
 
複数人で進める業務において、メンバー間の密なコミュニケーションは不可欠です。そこで、心理的安全性が高い職場になれば、チーム内での発言によって人間関係が悪化したり罰せられたりすることがなく、自由に質問や提案を行いやすくなるのです。
 
このような背景から、昨今は職場での心理的安全性の確保が重視され始めています。

仕事における重要性

業務を円滑に進めるうえで、心理的安全性の高さは重要です。
 
心理的安全性は、2016年にGoogleが発表した【「効果的なチームとは何か」を知る】によって大きな注目を集めました。具体的には、心理的安全性の高いチームのメンバーには以下の特徴があることが判明しています。
 
 
  • 離職率が低い
  • ほかのメンバーが発表したアイデアをうまく利用できる
  • 収益性が高い
  • 「効果的に働く」をマネージャーから評価される機会が2倍多い
 
したがって、社員個々が能力を発揮してチームの生産性を高めるには、仕事で心理的安全性を確保する必要があるのです。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

心理的安全性を高めるメリットとは

ここでは、心理的安全性を高めるメリットについて解説します。以下の内容を社内で共有すれば、心理的安全性を高める効果が明確に伝えられます。

社員のパフォーマンスが向上する

心理的安全性を高めると、社員のパフォーマンスが向上します。
 
なぜなら、意見やアイデアを発言しやすくなり、個々の能力を最大限に発揮できるためです。互いの意見が尊重される環境になれば、社員が「仕事へやりがいや責任感」を感じられるようになり、モチベーションの向上につながります。
 
また、自身の考えを発言しても不当に否定されなければ、人間関係のストレスも解消されるので、安心して業務に取り組めるのです。

情報共有が活発化する

心理的安全性を確保すれば、社内の情報共有が活発化します。
 
心理的安全性の高い職場では誰でも安心して発言できるので、業務に関するコミュニケーションが円滑化します。そのため、万が一ミスが発生した場合にも報告しやすく、迅速に課題の解決に取り組めるのです。
 
また、情報共有が容易になれば「活発な意見交換につながり新たなアイデアが生まれる」「個々の知識・経験を共有し、チーム内にノウハウが蓄積される」効果も期待できます

社員のエンゲージメントが向上する

心理的安全性を高めると、社員のエンゲージメント(会社への思い入れ)も向上します。
 
社員のエンゲージメントが低いと、仕事にやりがいを感じられずモチベーションが下がります。その結果、社員間でのコミュニケーションが不十分になり「業務の連携が適切に取れない」「離職率が上がる」などの問題に発展してしまうのです。
 
一方で、心理的安全性の高い職場では、社員が個々の能力を活かせるので組織に対する愛着心が深まり、優秀な人材の定着率を高められます。
 
また、リンクアンドモチベーションの【「エンゲージメントと企業業績」に関する研究結果を公開】によると、エンゲージメントの向上は「営業利益率」「労働生産性」にプラスの影響をもたらすことが分かっています。
 
したがって、心理的安全性の高さは「優秀な社員の確保」「生産性の向上」につながると言えます。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

職場の心理的安全性を高める取り組み方法3選

ここでは、職場の心理的安全性を高める取り組み方法3選を解説します。以下の内容を実施し、社員が安心してコミュニケーションが取れる体制を整えましょう。

1on1ミーティングの実施

1on1ミーティングを実施して対話の機会を設けると、心理的安全性を高められます。
 
1on1ミーティングとは、上司と部下が定期的に行う1対1の面談を指します。「業務の課題」「健康状態」「プライベート」などに関する対話を行って相互理解を深めることで、信頼関係を築きながら社員のモチベーションを高め、心理的安全性を確保できるのです。
 
たとえば、リクルートの【【調査発表】1on1ミーティング導入の実態調査】によると、調査に参加した企業の4割以上が1on1導入によって「上司と部下の関係性が良くなった」と回答しています。したがって、1on1ミーティングは職場の関係性にポジティブな影響を与える取り組みであり、心理的安全性の向上に効果的なのです。

OKRの設定

職場の心理的安全性を高める取り組みとして、OKRの設定が挙げられます。
 
OKR(Objectives and Key Results)とは、「目標(Objectives)」と「目標達成に必要な結果(Key Result)」を設定する目標管理方法を指します。OKRを設定すると、社員個々の役割を明確化しながら、組織全体で目標に向かって取り組めるのです。
 
したがって、目標を達成するために社員間での声がけやフォローを積極的に行うと、コミュニケーションの活性化につながります。
 
また、昨今はOKRをはじめとした業務目標を達成するために、「Stock」のようなITツールを使ってチーム内の情報共有を効率化するのがトレンドです。

良い行動を称賛する制度づくり

良い行動を称賛する制度をつくれば、効果的に心理的安全性を向上できます。
 
良い行動を称賛する仕組みをつくると、社員の積極的な発言を促しやすいです。また、良い行動に対する感謝の気持ちを可視化して正当に評価することで、結果として社員のモチベーションやエンゲージメントの向上につながり、心理的安全性を高められます。
 
具体的な制度として、たとえば「称賛をポイント化して社内で送り合い、ポイントに準じて報酬や社内評価に反映する」方法もひとつの手段です。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

心理的安全性の向上に効果的なツール

以下では、心理的安全性の向上に効果的なツールをご紹介します。
 
心理的安全性を高めるには、「発言しやすい環境づくり」が必須です。誰でも安心して発言できる環境を整えれば、コミュニケーションの機会が増えるので職場の心理的安全性の向上につながります。
 
そこで「情報共有ツール」を使うと、メンバー間で連携が取りやすくなり、業務に関する情報をチームで共有する習慣を定着できます。情報共有が円滑になると、メンバーの相互理解が深まりチームの協力体制を整えられるので心理的安全性を高められるのです。
 
ただし、操作方法が複雑なツールを導入すると、情報共有に手間がかかって浸透しません。したがって、非IT企業における65歳以上のメンバーでも、簡単に使える情報共有ツールの「Stock」で、コミュニケーションを活性化しましょう。
 
Stockの「ノート」で残したあらゆる業務情報は「フォルダ」で部署や業務ごとに整理できます。また、ノートに紐づいた「メッセージ」「タスク」を使うと情報が錯綜しないので、メンバーの意思疎通が図りやすくなり心理的安全性が確保されるのです。

情報共有を効率化するツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|最もシンプルな情報ストックツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、社内のあらゆる情報を、最も簡単に「ストック」できるツールです。「社内の情報を、簡単にストックする方法がない」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート」の機能を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくない数人~数千人の企業向け
    ITの専門知識がなくても問題なく、あらゆる企業が簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』がある弊社にも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

加井 夕子さん、海野 紘子さん画像
加井 夕子 さん、海野 紘子 さん
SBIビジネス・イノベーター株式会社
「SBIグループの厳格なセキュリティ基準をも満たす、誰にでもお勧めの情報ストックツールです」
★★★★★ 5.0

当社が導入するシステムには非常に厳格なセキュリティ基準を満たすことが要求されていますが、Stockのシステムは極めて高度なセキュリティ基準で開発・運営されているため、SBIグループのセキュリティ基準でも全く問題なく導入することができました。

江藤 美帆さん画像
江藤 美帆さん
栃木サッカークラブ(栃木SC)
「ナレッジが属人化しやすいプロスポーツクラブには、Stockを非常に強くお勧めします!」
★★★★★ 5.0

元々悩んでいた『ナレッジがブラックボックス化してしまう』という問題が、驚くほどうまく解消されました。 『Stockさえ見れば、すぐに必要な情報を把握できる』という状況を作り出すことに成功し、明らかに生産性が向上しました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

Stockの詳細はこちら


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

心理的安全性を高めるメリット・取り組みまとめ

これまで、心理的安全性を高めるメリット・取り組みを中心にご紹介しました。
 
心理的安全性を高めると社員が安心して発言・行動しやすくなり、業務が円滑に進められます。また、職場の心理的安全性を高めるには、1on1ミーティングを実施して対話の機会を設けたり、OKRを設定して目標を明確化したりと具体的な取り組みを進めましょう。
 
一方で、心理的安全性を向上させるには、すべてのメンバーが発言しやすい環境づくりが欠かせません。そこで、「誰でもストレスなく使える情報共有ツール」を導入すれば、社内で情報共有が習慣化するので、チームのコミュニケーションを促進できます。
 
結論、誰でも導入即日で活用できるほどシンプルな情報共有ツール「Stock」が最適です。実際に、非IT企業を中心とした200,000社以上が情報共有の効率化を実現しています。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入し、情報共有を浸透させつつ職場の心理的安全性を向上させましょう。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: 業務効率化とは?進め方やアイデア10選・おすすめツールをご紹介!
 
関連記事: 【無料あり】写真の共有・保存におすすめのクラウドサービス7選を比較!
 
関連記事: 【無料あり】写真を効率的に管理するおすすめのサービス5選!
 
関連記事: 内製化とは?メリットや失敗を防ぐポイントも解説!
 
関連記事: BIツールとは?導入メリットや企業データの分析・収集に役立つツール5選を紹介!
 
関連記事: 業務の棚卸しとは?業務を棚卸しする3つのメリットや手順も解説!
 
関連記事: ヒューマンエラーとは?発生する5つの原因や対策方法も解説!
 
関連記事: OODAループとは?メリットや具体的な実行手順も解説!
 
関連記事: 【必見】業務可視化に役立つおすすめのツール5選を徹底比較!
 
関連記事: 【必見】中小企業のイノベーション戦略事例4選!
 
関連記事: ヒューマンエラーによる入力ミスの対策とは?原因やリスクも解説
 
関連記事: 企業に必須のBI(ビジネスインテリジェンス)とは?わかりやすく解説
 
関連記事: 【テンプレートあり】正しい仕事の振り返り方法とは?フレームワークも紹介
 
関連記事: 【必見】効果的な人件費削減の方法とは?注意点も解説!
 
関連記事: 【中小企業必見】人手不足でも業務改善を進める方法を解説
 
関連記事: 離職が発生する原因とは?離職率を下げる3つの対策も解説!
 
関連記事: USBメモリを使用禁止すべき理由とは?代替ツールも紹介!
 
関連記事: アナログ業務をデジタル化するメリットとは?おすすめのITツールも紹介
 
関連記事: 【業務効率化を実現】ルーチンワークのメリットと改善策4選
 
関連記事: 仕事の効率・要領が悪い原因は?職場環境を整える改善策も紹介
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。