ToDoリストを作成すると、やるべきことを見える化して優先順位を付けながら整理できます。そのため、仕事の抜け漏れを防げるほか、業務の進め方が明確になり、ビジネスの場面で多く利用されているのです。
 
一方、「ToDoリストを作っても継続できない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、ToDoリストが続かない理由や、使い続けられるToDoリストを作成するコツを中心にご紹介します。
 
という担当者の方はこの記事を参考にすると、ToDoリストを継続するコツが分かり、作成して終わりのToDoリストから脱却できます。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ToDoリストが続かない・うまくいかない理由

以下では、ToDoリストが続かない・うまくいかない理由を解説します。ToDoリストがなかなか使い続けられない方は、以下に当てはまっていないかを確認しましょう。

ToDoリストの作成に時間がかかる

1つ目の理由は、ToDoリストの作成に時間がかかることです。
 
ToDoリストの作成に時間がかかると、作成を後回しにしたり面倒に感じたりして、継続が難しくなります。たとえば、「タスク内容を詳細に記入する」「内容を修正する度に一から書き直す」といった方法ではToDoリストの運用に大きな負担がかかるのです。
 
結果、ToDoリストの作成・更新作業が放置され、タスク管理の方法としてToDoリストが定着しないのです。

ToDoリストを作っても見ない

2つ目の理由は、ToDoリストを作っても見ないことです。
 
ToDoリストを作ってもその後の確認を怠れば、タスクの管理方法として定着しづらいです。とくに、ExcelやWordでToDoリストを作成すると、閲覧する度にファイルを一覧から探して開かねばならず、確認作業に手間がかかります
 
以上のように、ToDoリストを確認するのに負担がかかるとToDoリストを見る習慣がつかず、継続が困難となります。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【画像あり】継続できる人が実践するToDoリストのコツ

ここでは、ToDoリストを継続できる人が実践するコツを「書き方」と「管理方法」の2つの観点から解説します。ToDoリストが続かない人は、以下を参考に作成方法だけでなく管理方法にも工夫しましょう。

(1)ToDoを細分化する

ToDoの細分化
 
1つ目のコツは、ToDoを細分化することです。
 
ToDoリストには、やるべきことを細分化して具体的に示しましょう。たとえば、「プロジェクトの企画書を準備する」のように抽象的に記載しても、取るべき行動が分かりづらいため実務には活かせず、使わなくなってしまいます。
 
したがって、「見積の作成」「Aさんへのヒアリング」「Bさんへ資料提出」のようにToDoを可能な限り細分化して、イメージしする必要があるのです。

(2)タスク間の関係性を明確にする

タスク間の関係性を明確化
 
2つ目のコツは、細分化したタスク間の関係性を明確にすることです。
 
タスク間の依存関係や関連性が分かると、優先順位や作業の流れを把握しやすくなります。たとえば、「タスクAをこなさなければ手を付けられないタスクB」といった関係が明確になれば、タスクAにより高い優先順位をつけられるのです。
 
このように、ToDoを細分化したら、それぞれの関係性を明らかにしたうえで優先順位をつけましょう。

(3)タスク管理アプリを利用する

3つ目のコツは、タスク管理アプリを利用することです。
 
ToDoリストを作っても、確認や更新が面倒で、利用を継続できないという方も多いです。そこで、タスク管理アプリを使うと、スマホやPCから手軽にToDoリストを作成・確認しつつ、ワンクリックでステータスを更新できるので、負担を軽減します。
 
さらに、「リマインダー機能」によって一定の時間に通知を受け取れる「Stock」のようなアプリを使えば、リストの確認作業を習慣づけられるのです。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【脱Excel】アプリを使った継続できるToDoリストの作成手順

ここでは、アプリを使った継続できるToDoリストの作成手順を、3ステップに分けてご紹介します。「Excelによるタスク管理から脱却したいが、アプリを使うイメージが湧かない」という方は必見です。

(1)簡単に使えるアプリを導入する

まずは、簡単に使えるタスク管理アプリを導入しましょう。
 
ToDoリストの作成方法には「紙のメモ帳」「ExcelやWord」などがあります。しかし、紙だと修正するために書き直したり、ExcelだとToDoを確認するたびにファイルを探して開いたりしなければならず面倒です。
 
したがって、継続できるTo Doリストを目指すには、見やすいToDoリストを簡単に作成し、かつ手間をかけずにやるべきことを確認できるアプリがかかせません。
 
ただし、多機能なアプリでは、ITに不慣れな方が使いこなせないので「誰でも簡単に使いこなせるか」を重視しましょう。

(2)タスクを作成する

タスクの作成
 
タスク管理アプリを導入したら、次にタスクを作成しましょう。
 
小さな単位のToDoにすることで、やるべきことが明確になり行動しやすくなるので、継続できるToDoリストが実現します。とくに、タスク管理アプリであれば、上図のようにノート感覚でToDoリストを作成できるので、Excelよりも作成する負担がありません
 
したがって、ToDoはできるだけ細かい単位に分解して、具体的な行動として記載しましょう。

(3)タスクに期限を設定する

タスクの期限設定
 
最後に、作成したタスクに期限を設定します。
 
ToDoを後回しにして忘れてしまうと、そのままToDoリスト自体を開かなくなる可能性があります。したがって、ToDoを忘れないために期限を設定する必要があるのです。
 
また、期限を決めるだけでなく、期限前に通知される機能があれば抜け漏れが発生しません。ただし、期限や通知の機能は一部のアプリにしか搭載されていないため、タスクを忘れないように期限が通知されるアプリを選びましょう。
 
以上のように、タスク管理アプリであれば、Excelのような複雑な設定をしなくても、確実に期日管理ができるのです。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【これで解決】継続しやすいToDo管理アプリ

以下では、継続しやすいToDo管理アプリをご紹介します。
 
ToDoリストが続かない主な原因として「作成に時間がかかること」「作っても確認しないこと」が挙げられます。たとえば、紙だと修正するために一から書き直したり、Excelだとファイルを開いたりする手間がかかり、結果として使わなくなるのです。
 
そこで、「スマホから手軽にToDoリストを作成・管理できるアプリ」を使えば、ToDoリストを継続的に運用できます。ただし、多機能で操作が複雑なアプリは、ITに詳しくなければ使いこなせず、結果としてリストが放置されてしまいます。
 
結論、ToDoリストの継続に役立つアプリは、非IT企業の65歳の方でも簡単にToDoを作成・管理できる「Stock」一択です。
 
Stockの「ノート」に業務の情報を残せば、ToDoリストとして管理できるうえ、ノートには「タスク」が紐づいているので担当者や期日を簡単に設定できます。また、タスクは、繰り返し設定やリマインドができるため、対応すべきタスクの抜け漏れが発生しません。

最も簡単にToDoを管理できるアプリ「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|最もシンプルな情報ストックツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、社内のあらゆる情報を、最も簡単に「ストック」できるツールです。「社内の情報を、簡単にストックする方法がない」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート」の機能を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくない数人~数千人の企業向け
    ITの専門知識がなくても問題なく、あらゆる企業が簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』がある弊社にも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

加井 夕子さん、海野 紘子さん画像
加井 夕子 さん、海野 紘子 さん
SBIビジネス・イノベーター株式会社
「SBIグループの厳格なセキュリティ基準をも満たす、誰にでもお勧めの情報ストックツールです」
★★★★★ 5.0

当社が導入するシステムには非常に厳格なセキュリティ基準を満たすことが要求されていますが、Stockのシステムは極めて高度なセキュリティ基準で開発・運営されているため、SBIグループのセキュリティ基準でも全く問題なく導入することができました。

江藤 美帆さん画像
江藤 美帆さん
栃木サッカークラブ(栃木SC)
「ナレッジが属人化しやすいプロスポーツクラブには、Stockを非常に強くお勧めします!」
★★★★★ 5.0

元々悩んでいた『ナレッジがブラックボックス化してしまう』という問題が、驚くほどうまく解消されました。 『Stockさえ見れば、すぐに必要な情報を把握できる』という状況を作り出すことに成功し、明らかに生産性が向上しました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

Stockの詳細はこちら


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

継続できるToDoリストを作成するコツまとめ

ここまで、継続できるToDoリストを作成するコツを中心に紹介しました。
 
継続できるToDoリストを作成するには、ToDoを細分化して、関連性に基づいて優先順位をつけることを心がけましょう。また、「作成したら終わり」の状態を改善するため、リストはすぐに確認できるように管理しなければなりません。
 
したがって、ToDoリストの継続的な運用には「時間や場所を問わず手軽に使えるアプリ」が不可欠です。なお、アプリを使いこなせなければ、結果としてリストは形骸化していくので「シンプルな操作性か」を重視しましょう。
 
結論、自社が導入すべきなのは、非IT企業の65歳以上の方でも説明なしで使えるシンプルなタスク管理アプリ「Stock」一択です。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入して、継続したToDo管理を成功させましょう。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: ToDoリストとは?効果的な作り方やおすすめのアプリ3選を紹介!
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。