近年、採用管理システム・ツールの市場が拡大を見せています。採用担当者が抱える業務の多さを課題とする企業は多く、現在では採用管理にシステムを導入する中小企業も増えているのです。
 
しかし、採用管理システム・ツールの種類は多岐にわたるので、自社に合ったものを選定するには多くの時間が必要となります。そのため、「どの採用管理システム・ツールを導入すれば良いのか分からない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、新卒・中途の採用管理システム・ツールのおすすめ5選を紹介します。
 
  • Excelでの管理が面倒なので、簡単に採用管理できるシステムを導入したい
  • 採用管理が属人化しているため、システムで管理して見える化したい
  • 複数の求人媒体に毎回アクセスする手間を解消して応募者情報を一元管理したい
という方はこの記事を参考にすれば、採用管理に役立つシステム・ツールを比較検討できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

採用管理システム・ツールとは

ここでは、採用管理システム・ツールの概要と導入のメリットを解説します。以下のメリットを周囲に普及させ、社員からシステム導入への理解を得ましょう。

採用管理システム・ツールの概要

採用管理システムとは、求人募集や日程調整などの採用工程で活用できるシステムを指します。英語圏ではATS(Applicant Tracking System)、「応募者追跡システム」とも呼ばれています。
 
採用管理システムを使えば、応募者の情報を蓄積できます。入社した人材がどのような経路から応募したかも追跡可能なので、データを分析して次の採用に活かせるのです。
 
このように、採用活動全般において活用でき、情報の蓄積・分析も可能なのが採用管理システムです。

採用管理システム・ツールのメリット

採用管理システム・ツールのメリットとして、以下の3点が挙げられます。
 
  1. 重要な業務に時間を割ける
  2. 面接スケジュールを自動で調整するシステムもあり、社員の業務負担を減らせます。その結果、空いた時間を面接や選考などの重要な業務に割けるようになります。
     
  3. 採用のスピードが向上する
  4. システムを使えば応募者へのメール送付も自動化でき、社員は単純業務に時間を割く必要がなくなります。その結果、応募者と向き合う時間が増えスムーズに選考を進められるので、短期間で複数人の採用も可能となります。
     
  5. 情報を蓄積できる
  6. 応募者のデータがシステムに蓄積されているので、採用した人材が応募した求人媒体を簡単に把握できます。そのデータを活用すれば、次の採用でより良い戦略を取れるようになります。
このように、採用における課題解決に貢献するツールであることからも「選考スピードの遅さ」や「社員の業務の多さ」を課題としている企業は、早急な解決に向けてシステム・ツールを導入すべきと言えます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【担当者必見】採用管理システム・ツールがとくに効率化できる業務とは

とくに、採用管理システム・ツールは「情報」の管理業務における効率化に貢献します。
 
募集、選考、配属のの3ステップで進める採用業務は、常に応募者の個人情報や連絡先データを活用しながら進めていきます。
 
たとえば、面接の日程を決める際には、応募者のメールアドレスやSNSの情報を確認して連絡します。また、面接で分かった情報は応募者の名前と紐づけて管理し、ほかの社員と相談して採用者を決める際の選考材料とするのです。
 
このように、選考の過程では常に応募者の情報を活用しています。裏を返せば、応募者の情報が担当者の間で共有されていなかった場合、採用を進められず業務が遅延してしまうのです。
 
そのため、システム・ツールの導入を検討している企業は、まず第一優先として採用活動で得た情報の「共有・管理」が確実に効率化できるものを選び、採用に関するすべての業務がスムーズに完了する環境を整えましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

採用管理システム・ツールの利用で注意すべきポイント

採用管理システム・ツールが持っているのはメリットだけではなくデメリットもあります。デメリットを理解せずに導入すると、結果として社員が活用できず導入コストが無駄となる恐れもあるのです。
 
以下で解説する「採用管理システム・ツールで注意すべき2つのポイント」を正しく把握し、自社が採用管理システム・ツールを導入すべきかを見極めましょう。

コストがかかる

採用管理システム・ツールはコストがかかる点に注意しましょう。
 
採用管理システム・ツールのなかには、採用ページの作成から採用状況の管理まで、採用の工程すべてをサポートするものもあります。しかし、このように高機能なシステムのほとんどは料金が高額であり、導入ハードルが高くなっているのです。
 
そのため、システムの導入にあまりコストをかけられない企業は「すべての業務をシステム上で完了させる」のではなく「手間のかかる一部の業務をツールで代替する」意識を持ってシステム・ツールを選択する必要があります
 
たとえば、応募者情報の一元管理に特化したツールを導入すれば、応募者の連絡先を毎回探す必要がなくなり、担当者は時間に余裕ができます。また、機能が絞られている分月額費用はもちろん教育コストも抑えられます。
 
このように、システムにかかるコストに懸念がある企業は、業務の一部に活用できるツールを導入し、低コストで社員の業務負担を軽減しましょう。

使い方をマスターする必要がある

システム・ツールの導入にあたっては、使い方をマスターする必要がある点に注意しましょう。
 
採用管理システム・ツールのほとんどは多機能であり、活用には操作方法の習得が必須となります。すなわち、導入前後で社員へシステムの正しい使い方を周知させなければならないのです。
 
しかし、既に多くの業務を抱えている社員にとって、使い方を学ぶ時間の確保は容易ではありません。その結果、システムを導入しても社員は使い方をマスターできず、使えずに利用料金だけがかかるという事態が発生してしまうのです。
 
そのため、採用業務にシステム・ツールを活用する際には、機能がシンプルで使いやすい「Stock」などのツールを選択し、すべての社員がツールを活用できる環境を整備しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

採用管理システム・ツールの3つの選び方

ここでは、採用管理システム・ツールの3つの選び方を解説します。以下で解説する3つの基準を軸に自社に適したものを選び、失敗のないシステム・ツール導入を進めていきましょう。

応募者情報を一元管理できるか

システム・ツールを選ぶ際には、まず第一に応募者情報を一元管理できるかどうかを確認しましょう。
 
採用担当者は業務を進めるにあたって必ず応募者の情報が必要となります。情報にアクセスできなければ応募者とやりとりできず、選考が進まなくなってしまうのです。すなわち、採用のスピードを速めるには情報へのアクセス性を高める必要があります
 
そのため、情報を一元管理できるツールを導入し、すべての担当者が応募者の情報を簡単に閲覧できる環境を整えましょう。

セキュリティは安全か

セキュリティ対策が確実に施されたシステム・ツールを選択しましょう。
 
採用業務では複数人の個人情報を取り扱います。なかには数千人から応募がくる企業もあり、企業はそれらすべての個人情報を厳格に管理する必要があるのです。
 
仮に個人情報が流出した場合、企業は情報管理がずさんな企業として世間からマイナスイメージを持たれかねません。そのため、セキュリティが高いシステム・ツールを導入し、情報漏えいのリスクを未然に排除しましょう

使いやすいか

導入したあとすぐに効果を得るには、使いやすいシステム・ツールを選択する必要があります。
 
たとえば、採用に必要な機能が揃ったシステムを導入した場合、機能が多く使いこなせるようになるまでには時間がかかります。また、担当者によっては新卒・中途採用の双方を担当していることもあるので、使い方を習得する時間が取れずシステムを活用できないケースもあるのです。
 
そのため、採用の現場には使い方を学ばずとも導入即日から活用できるような「直感的な操作性に優れたツール」を導入し、担当者の業務負担をスムーズに解消しましょう


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

おすすめの採用管理システム・ツール5選

以下では、おすすめの採用管理システム・ツール5選を紹介します。
 
採用担当者は多忙であり、ツールの使い方を学ぶ時間の確保は容易ではないので、採用の現場に負担をかけることなくツール導入を進めていく必要があります。
 
とはいえ通常は、採用管理すべてを効率化しようと多機能なツールを選択しがちです。しかし実は、採用活動で必ず扱う「情報」を適切に管理する機能があるだけで、すべての応募者の情報が一か所に集約され、コストを抑えながら採用活動を効率化できるのです。
 
また、採用活動の管理にかかる費用対効果を最大化するためにも、人によって使えないツールではなく「情報を正しくストックし、誰でも使えるツール」を導入しましょう。
 
結論、企業が導入すべき採用管理ツールは、導入即日からすべての社員が活用できるほど使いやすい情報管理ツール「Stock」一択です。
 
Stockはすべての情報を正しくストックでき、検索機能が付いているので応募者の氏名などから必要な情報へ簡単にアクセス可能です。また、クラウドツールのため書き込んだ情報はほかの担当者にもリアルタイムで共有されるようになっており、情報の共有にも手間がかかりません。

【Stock】最も簡単に採用管理ができるツール

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【ジョブカン採用管理】採用サイトの作成もできるシステム

ジョブカン採用管理のトップページ

<ジョブカン採用管理の特徴>

  • 採用サイトを簡単に作成できる
  • 求人情報などを入力するだけで、自社の採用サイトを簡単に作成・更新できます。
     
  • リファラル採用に対応している
  • URLを共有された人だけが閲覧できる求人ページをつくれるので、リファラル採用も可能です。

<ジョブカン採用管理の注意点>

  • 活用には一定のITスキルが必要となる
  • 多種多様な機能が揃っているため、ITリテラシーの高い社員しか活用できない恐れがある点に注意しましょう。

<ジョブカン採用管理の料金体系>

  • 無料プラン(候補者登録上限30名/月):0円(求人媒体自動連携機能なし)
  • LITEプラン:8,500円/月~(求人媒体自動連携機能なし)
  • STANDARDプラン:30,000円~(求人媒体自動連携機能あり)
  • 1,000人以上の候補者が見込まれる場合は、問い合わせる必要があります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【リクナビHRTech採用管理】リクルート社が提供するシステム

リクナビHRTech採用管理のトップページ

<リクナビHRTech採用管理の特徴>

  • 無料で利用できる
  • 初期費用・月額費用が0円であり、導入しやすいシステムとなっています。
     
  • 日程調整をシステム上で完結できる
  • 簡単に日程が調整できるので、メールを個別に送信するなどの手間がかかりません。

<リクナビHRTech採用管理の注意点>

  • 搭載されている機能が少ない
  • 有料の採用管理システムと比較すると、LINEに連携できないなど機能が限られている点に注意が必要です。

<リクナビHRTech採用管理の料金体系>

  • 初期費用・月額費用・追加料金は発生せず、すべて無料で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【sonar ATS】新卒・中途採用を一元管理できるシステム

sonar ATSのトップページ

<sonar ATSの特徴>

  • 新卒採用・中途採用の双方に対応している
  • 新卒・中途採用に必要な機能が揃っており「sonar ATS」ひとつで業務負担を軽減できます。
     
  • 外部ツールと自動連携できる
  • WantedlyやONE CAREERなどの外部ツールと簡単に連携できます。

<sonar ATSの注意点>

  • 申し込みから導入までに時間がかかる
  • 申し込みしてから利用できるまでに約1か月かかってしまう点に注意しましょう。

<sonar ATSの料金体系>

  • 登録する応募人数の上限と利用期間で料金が変わるので、問い合わせが必要です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【ACCESS ON LINE】マイナビと連携できるシステム

ACCESS ON LINEのトップページ

<ACCESS ON LINEの特徴>

  • マイナビと連携できる
  • 多くの学生が利用するマイナビと連携できるので、求人が閲覧されやすくなります。
     
  • 自社の採用フローに応じてシステムをカスタマイズできる
  • システムの自由度が高くなっており、使いやすいようにカスタマイズすることも可能です。

<ACCESS ON LINEの注意点>

  • 社員によっては使いこなせない場合がある
  • 多機能のため、ITに慣れている社員しか使いこなせない可能性がある点に注意しましょう。

<ACCESS ON LINEの料金体系>

  • 詳細な料金は問い合わせる必要があります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

おすすめの採用管理システム・ツールまとめ

ここまで、おすすめの採用管理システム・ツール5選を紹介しました。採用管理システム・ツールには以下の3つの選び方がありました。
 
  • 複数の応募者情報を一元管理できるか
  • システム・ツールのセキュリティに強固な対策が施されているか
  • 社内の誰もが使いやすいと感じるツールか
上記すべてを満たしたツールを導入すれば、企業は「採用スピードの向上」などのメリットを確実に得られます。一方で、使いやすいとは言えない多機能なシステムを導入した場合、社員が活用できず結果としてメリットを得られない恐れがある点に注意しましょう。
 
そのため、導入即日からすべての社員が活用できるほど使いやすい「Stock」などのツールを導入し、社内でツールが活用される環境を素早く整えていく必要があるのです。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」で応募者情報を一元管理して、すべての担当者が採用業務をスムーズに進められる環境を整えましょう。
 
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。