今までは紙をはじめとしたアナログな方法であらゆる書類を管理していましたが、今日では情報共有ツールを用いて社内の情報を管理する企業が増加傾向にあります。
 
各ベンダーから数多くのツールがリリースされているなか「Qiita Team(キータチーム)」という情報共有ツールがあります。プレーンテキストにテキストで書き込んでいけば情報管理も可能な本ツールを導入検討しているものの、懸念があり悩む担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回はQiita Team(キータチーム)の概要から使い方、口コミ・評判まで幅広くご紹介します。
 
  • Qiita Teamの導入を検討しているが、難しくて利用できないという事態は避けたい
  • 検索上でも見かけるが、自社利用と当てはめた際のイメージができない
  • 社内の情報をツールに集約させ、全社のあらゆる情報を一括管理したい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、Qiita Teamのの概要から使い方までわかり、自社にマッチするかの判断もできるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Qiita Team(キータチーム)とは

Qastのトップページの画像

 
Qiita Team(キータチーム)は、ツール内にマニュアルや議事録といったさまざまな資料を格納できる、クラウド型の社内向け情報共有サービスです。サイバーエージェントや朝日新聞をはじめとした大手企業を中心に5,000社以上の導入実績があります。
 
社員の人数を問わず全社で情報共有できる環境がなければ「知識の属人化が発生し特定の社員の負荷が増える」「ある情報をほかの社員に何度も確認する」という非効率な状態が社内に発生します。
 
このような課題に対してQiita Teamは、「テキストで記載された情報をほかのメンバーに共有する」「コメントを残してチャットのようにコミュニケーションをする」のような「情報共有の側面から」アプローチします。公式サイトにもあるように、暗黙知をなくし、情報共有の側面から企業やチームの「場」をつくるツールだと言えるでしょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Qiita Team(キータチーム)の機能や使い方

ここでは、Qiita Teamの機能や使い方をご紹介します。導入前には該当ツールの機能を検討するのはもちろんですが、以下を参考に実際に自社で運用した場合のイメージをするのがおすすめです。

記事投稿機能

Qiita Teamの記事投稿画面の画像

Qiita Teamのメイン機能のひとつである記事投稿機能では、Markdown記法が使えるので、見やすく整理されたドキュメント作成が可能です。Markdown記法に慣れていなくても「サポート機能」が付属しているので、記法に慣れない社員でもスムーズに記事作成ができます。
 
作成した文書はフィードに投稿されるので、誰が何の記事を作成したかも一目でわかります。とくに、日報や報告書など「あらかじめフォーマットが決まっている資料」については「テンプレート機能」を用いれば一から作成する必要がありません。
 
また、投稿した記事はフィード形式で共有されますが、良く見返す記事がある場合は「ストック機能」にてアーカイブしておけます。

フィード形式での情報共有

Qiita Teamのフィード形式の画像

記事作成が完了すると、参加しているメンバーの管理画面上にてフィード形式にて共有されます。
 
階層構造がないので記事が作成されるたびにフィードへ共有されますが、「検索機能」を用いれば複数の記事の中から必要な記事を探し出せます。キーワードでの検索はもちろん、以下の4項目での絞り込みも可能です。
 
  • 投稿
  • タイプ
  • タグ
  • ユーザー
また、「title:〇〇」「body:〇〇」など、より詳細に絞り込みができる検索オプションがあるのも特徴です。

コメント機能

Qiita Teamのコメントの画像

素早く情報共有をするためには、Qiita Teamの「コメント」機能を使うとコメントを残せます。
 
コメントの利用方法はさまざまであり、レビューのフィードバックを投稿したり、チャットのように記事に携わったメンバーでやりとりしたりできます。また、「メンション機能」もあるので、メンションすると確実に読んでほしい相手に対して通知も送れます。
 
既読機能はないものの、内容を確認したときなどに使える「スタンプ」機能があるのもポイントです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Qiita Team(キータチーム)の評判

以下では、Qiita Teamを利用しているユーザーの口コミ・評判をご紹介します。検討時に実際の声を参考にするのも大切です。
 
※こちらでご紹介する口コミ・評判はITreviewより引用しております。

Qiita Team(キータチーム)の良い口コミ・評判

まずはQastの良い口コミ・評判です。このほかにも、Markdownでの記載ができる点やそのサポートもある点が直感的である、との意見が多く見受けられました。
 
非公開ユーザー、投稿日:2021年11月25日
1箇所に集約できているので、ここで検索すればほぼ全ての資料が見つかるようになっています(パスワード情報などを記した資料だけは別保管)。マークダウンでの記述のため、使い始めは営業チームから不満の声がありましたが、すぐに慣れてもらったため、今では社内のメンバー全員がマークダウンでの記述ができるようになりました。
非公開ユーザー、投稿日:2021年06月29日
このQitta temaならば、これまでのチャットとしてだけではなく、テンプレート機能もあるので、報告書や議事録なども統一フォーマットで簡単に作成できます。
非公開ユーザー、投稿日:2021年06月25日
マークダウンはよくあるものは用意されている・入力内容の即時レビュー機能・他ユーザーのリアクション機能等、欲しい機能だけ使いやすいように配置されている点が非常にいいです。
非公開ユーザー、投稿日:2021年06月15日
当然といえば当然だがQiitaとまったく同じ感覚でサクサクとMarkdownのテキストが書けるところ。
「VSCodeでローカルに蓄積していったほうが軽くないか?」と思い試したことがあるが、Electronベースのエディタより軽かった。ドキュメント保管はなにかとめんどうなので、軽く動作するのは非常に助かっている。
非公開ユーザー、投稿日:2021年04月12日
管理者側も難しい事を考えたり、テンプレなどをそこまで考える必要がないためメンバーの誰もが記入しても、楽に記事を作成でき、情報共有が出来ます。また、team版として、一般Qiitaへの投稿を避けるための機能がありうっかりミスを防げるのはありがたく、社内情報はteam版で、一般的な技術情報の収集は、Qiitaでと出来、開発者からは非常に評判がいいです。

Qiita Team(キータチーム)の改善点に関する口コミ・評判

以下はQiita Teamの改善点についての口コミ・評判です。
 
非公開ユーザー、投稿日:2021年06月29日
現在は、部署内の少人数でトライアル的に使ってますが、前者に広げるとなると、やはり料金がネックになってしまいます。
非公開ユーザー、投稿日:2021年06月15日
Markdownベースなので一定レベル以上は難しいのだが、初心者にもかんたんに使えるように配慮したりモードを追加してもらえると助かる。たとえば、スタッフが「文書を保存できない」というのでヘルプにかけつけたら、文書タイトルがないだけだった…あらかじめひながたのタイトルを入れておいてくれると楽だと思う。
非公開ユーザー、投稿日:2021年12月09日
社内のITリテラシ―のない高年齢の方にとっては使いづらい部分(装飾などのコード)もあるため、更なる改善頂けると幸いです。
非公開ユーザー、投稿日:2021年04月09日
いわゆる競合と比較検討した際にUIがやや使いづらく費用対効果としては十分な機能があるものの、工数を考えるとより生産性向上につながる直感的なUIにしてほしいと思う。
非公開ユーザー、投稿日:2020年12月09日
ともすれば同じような人ばかりが投稿しており、投稿する人見る人と別れてしまいがちなので、全体でうまくもりあがれるような仕組みがあるといい


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Qiita Team(キータチーム)の料金とは

Qiita Teamの料金体系は、以下の表のようになっています。利用前には30日の無料トライアルもあるので、使い勝手を試してみてから導入可否を判断するのがおすすめです。
 
※表は右にスクロールできます。
 
Personal Micro Small Medium Large Extra
1ユーザーあたりの利用料金(税込)
500円/月
1,520円/月
4,900円/月
7,050円/月
15,300円/月
15,300円/月〜
利用ユーザー数
1名
3名
7名
10名
17名
17名以上
投稿数
無制限
無制限
無制限
無制限
無制限
無制限
ファイル容量
30GB
1ユーザーあたり30GB
1ユーザーあたり30GB
1ユーザーあたり30GB
1ユーザーあたり30GB
1ユーザーあたり30GB
メールサポート
Slack、Trello、PlantUML連携
IPアドレス制限
×
×
×
×
×
請求書払い
×
×
×
×
×


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Qiita Team(キータチーム)よりもシンプルに使えるツール

以下ではQiita Teamよりもさらにシンプルに使える情報共有ツールをご紹介します。
 
Qiita Teamはフィード形式でさまざまな情報を一元管理し、コメント機能を用いればメンバー同士が離れていてもやりとりができます。ただし、アプリが無いため、PCスマホ問わずブラウザ利用となる点には注意です。
 
一方、情報を探すにあたり「すでに整理された状態から」探し出せると、さらに情報共有のスピードがあがります。そのため、検索機能に加えて「フォルダ階層」を有効活用すると、ジャンルごとに分けられているので情報へのアクセス性も向上します。
 
そして、格納した情報をそのままタスクとしたい場合も「紐づいた形で依頼」できれば、別途チャットやコメントを用いて依頼せずとも、タスク管理ができるようになるのです。
 
情報の蓄積はもちろん「フォルダ」「タスク」機能を搭載、かつ非IT企業でも使えるほどシンプルな情報共有ツールの「Stock」であれば、情報共有のストレスも解消できます。
 
Stockは業界業種問わず100,000社以上に導入され、業務効率化の実現に貢献しています。また、実際に65歳以上の人でも使えるほどの簡単さが非常に定評です。

チームの情報を最も簡単に残せるツール:Stock

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Qiita Team(キータチーム)の使い方や口コミ・評判まとめ

ここまで、Qiita Teamの使い方や機能、口コミ・評判や料金プランの比較表まで網羅的にご紹介しました。
 
Qiita Teamのように誰でも気軽に記事作成・投稿できるようなツールを用いると、投稿された情報は次第に蓄積され、社内にひとつのデータベースができあがります。ここから、各メンバーが必要な情報を探しだして、営業活動へと展開できるようになるのです。
 
一方、Qiita Teamに限らず「そもそもITツールに対して抵抗がある」場合は、稟議を含めた社内教育に必要以上のコストがかかる可能性があります。全社でのツール利用が大前提なので、「運用に対する社員のモチベーションが下がらないツール」を選びましょう。
 
ご紹介したStockは「多機能で複雑な要素」を排除し、情報共有の側面から業務効率化を実現する情報共有ツールです。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を用いて情報を適切に管理し、スムーズに社内のIT化を推進していきましょう。