ビジネスのプロジェクト管理を見える化し、効率的な社内の運用を実現するためにはプロジェクト管理ツールが必要です。今日では各企業がさまざまな管理ツールを利用するなか、その代表的なもののひとつに「Asana(アサナ)」が挙げられます。
 
Asanaはプロジェクトやタスクまで、ひとつのツールでチームを一元管理できるツールですが、なかにはAsanaの導入を検討していても、導入して本当に自社にマッチするのだろうか懸念がある担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、Asanaの基本的な使い方や口コミ・評判、費用の比較をご紹介します。
 
  • Asanaの概要や使い方がイメージできず、導入を躊躇している
  • Asanaがどのようにチームメンバーへ貢献するのかがうまく説明できず悩んでいる
  • Asanaの他にも検討中のツールがあれば総合的に検討したい
という担当者の方はこの記事を参考にすることで、Asanaの活用シーンがイメージでき、同時に自社とマッチしているかどうかも見極められるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Asana(アサナ)とは

Asanaは元Facebookのエンジニア2名によって開発された、ワークマネジメントツールです。海外発のツールですが現在は日本語対応もしているので、言語が異なるという懸念は不要です。
 
タスク管理・プロジェクト管理ができることはもちろん、メンバー一人ひとりの進捗もワークロードやレポートで確認可能。ほかにも、定型業務があればオートメーション機能を利用してチームの業務を自動化できます。
 
また、連携可能なツールも豊富であり、GmailやMicrosoft Teams、Slackなどさまざまな種類のツールと連携させ、効率的に情報管理ができます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Asana(アサナ)の使い方

Asanaはワークマネジメントツールということもあり、業務効率化に貢献する多くの使い方ができます。とはいえ、「プロジェクト管理」というメイン機能に紐づいた形で多くの機能が備わっているため、機能の使い分けが求められます。
 
以下では、Asanaの代表的な使い方について解説します。

タスク管理

タスク管理では個人・チーム問わずわかりやすくタスク管理ができるうえ、タスクは以下4つの表示方法が設定可能です。

ボード

Asanaのカンバン方式の画像

Asanaの「ボード」はカンバン方式での管理を指します。カンバン方式とは「ToDo」「着手中」「完了」などのリストを縦に設定し、タスクのステータスごとにまとめて表示してタスクを管理する手法です。
 
ドラッグ&ドロップで直感的にタスクのステータスを変更できるのはもちろん、メンバーの進捗状況が一目でわかります。そのため、タスクがどこで滞っているのかもすぐにわかり、タスク遅延の早期発見にも貢献します。
 
Asanaではカンバン方式でタスクを設定していたとしても、他の表示方法へすぐに切り替えられるのも特徴のひとつです。

リスト

Asanaのリストの画像

リストとは、各タスクをリスト形式で表示し、一目でどれほどのタスクがあるのかがわかる表示設定です。
 
「担当者」「期限」「優先度」でソートができるうえ、手動でタスクの配置を動かすこともできます。そのため、何をいつまでにやるべきかが誰でも簡単にわかるのでタスクの抜け漏れを防止できます。
 
また、特定のタスクだけの絞り込み検索ができるので、社員自身のタスクはもちろん協力しているチームメンバーのタスクの進捗も簡単にわかります。

タイムライン

Asanaのタイムラインの画像

タイムラインでは、ガントチャートのような形式で各メンバーのタスクに関わる期間が視覚的にわかる表示方法です。
 
一方、Asanaのタイムラインがガントチャートと違う点は「矢印を用いてタスク同士を紐づけられるという点」です。矢印を用いてタスクとタスクを繋げられるので、依存関係が明確になります。
 
タイムライン表示であっても「担当者」や「期限」でソートができるうえ、フィルターを用いて確認したいタスクの絞り込み検索も可能です。

カレンダー

Asanaのカレンダーの画像

カレンダー表示は上記タイムラインでの表示と類似していますが、カレンダーの場合は日を跨ぐタスクが継続している場合やタスクが独立している場合に、全体のスケジュールが一目でわかる表示方法です。
 
リソースが変わりタスクが変更になった場合でも、ドラッグ&ドロップで直感的に変更できます。注意点としては、プロジェクトメンバーやタスクの数が多くなってしまうと一覧で見た際に見づらくなってしまうので、ソート作業が必要になる点が挙げられます。

作業状況を把握できるレポートやポートフォリオ

「ダッシュボード」を活用すればチームメンバーのタスクの進捗率や完了数など、データ化して定量的に分析できます。
 
また、このレポートはプロジェクトに関わるメンバーのタスクだけではなく、カスタムレポートも作成可能です。たとえば、マーケティングの分析結果やセールスレポートまで、自社で任意にカスタマイズしたレポートを用いて効率化できます。
 
ツールがない状態では定性的な分析や、可視化できない部分からアクションを起こさなければ行けなかった状況を改善できるのはメリットと言えるでしょう。
 
また、全社で掲げるような目標などスケールが大きいものに関してはポートフォリオで設定し、共有もできます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Asana(アサナ)の評判

以下では実際にAsanaを利用しているユーザーの口コミ・評判をご紹介します。導入前にはユーザーの声も参考にしましょう。
 
※こちらでご紹介する口コミ・評判はすべてGoogle PlayApp Store>評価とレビューより引用しております。

Asana(アサナ)の良い口コミ・評判

Mmomomomomomomomomo、2019/03/16
iOS無料版を利用し、大変重宝しています。日本語化も大変ありがたいです。
Kado34、2019/09/17
基本的にWeb版使って〜って感じのタスク管理ツールが多い中しっかりアプリがあるのがありがたいです。
nn_mama、2019/09/07
9人のチームでAsanaを活用しています。常に多くのプロジェクトが同時進行しており、それぞれサブチームで共有しながら進めているので、Asanaのおかげで大変効率よく無駄なく業務を遂行できます
板谷みちよ 2019年11月29日
使いこなせればとても便利。 ただ、もうすこし使いこなし術がこのようなアプリに不慣れな人もわかるとよいです。
F81 tec200 2021年4月16日
グループでの諸々のタスク管理で使っています。UIが洗練されていて分かりやすいです。

Asana(アサナ)の悪い口コミ・評判

むー2000、2021/03/09
かなり頻繁になのですが、変更が次見たら反映されていなかったり、ログインし直すとかなりの設定変更が戻っていたりしてげんなりします。
あと、再度ログインさせるスパンが短すぎると思います(1〜2日とか)
決済アプリでもあるまいし短すぎて少し面倒です。
aisato7222、2021/02/19
バージョンがあがってから、iPhoneでの操作で新しくタスクを作成する際、タスク名がひらがなしか入力できない。
漢字やカタカナへの変換も出来ない。
濁点の文字も入力できない。
全く使えない…改善して欲しいです。
ある 2017年4月7日
ウィジェットが使いづらく、タスクを追加するのに、何度もタップしなくてはいけない。
ぽんぽん 2020年1月7日
英語がわからない人には使いづらい
隠しクマノミ 2016年5月26日
ちょっと使いづらい。デザインはキレイだけど、動きが多いのと、一覧性がちょっと悪かった。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Asana(アサナ)の費用プランの比較表

ここではAsanaの料金やプランで異なる機能内訳を解説します。
 
Basic Premium Business
利用料金
無料
1,450円/月
3,300円/月
おすすめ利用シーン
個人や小規模チーム向け
確実にプロジェクトを管理したいチーム
大規模プロジェクトや複数プロジェクトを管理するチーム
主な機能
無制限のタスク
無制限のプロジェクト
無制限のメッセージ
無制限のアクティビティログ
無制限のファイルストレージ (100MB/ファイルまで)
最大 15 人のチームメイトとのコラボレーション
リストビュープロジェクト
プロジェクトのボードビュー
カレンダービュー
担当者と期日
プロジェクトの概要
プロジェクトの要旨
iOS と Android のモバイルアプリ
連携を使った時間追跡 – 時間追跡アプリを見る
100を超える無料の連携
Basicの機能に加え
タイムライン
無制限のダッシュボード
無制限のプロジェクトを基にしたレポート作成新規
高度な検索
カスタムフィールド
無料ゲスト数無制限
フォーム
ルール
開始日と開始時間
タスクテンプレート
マイルストーン
管理者コンソール
非公開チームとプロジェクト
Premiumの機能に加え
ポートフォリオ
ゴール
ワークロード
カスタムルールビルダー
フォームのブランチおよびカスタマイズ
承認リクエスト
校正
カスタムフィールドのロック
Salesforce、Adobe Creative Cloud、Tableau、Power BI との高度な連携


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Asana(アサナ)よりもシンプルに使えるツール

以下では、Asanaよりもシンプルにプロジェクトやタスクが管理できるツールをご紹介します。
 
Asanaは日本語対応はしていますが、海外発のサービスであることからも社内のITリテラシーにとっては国産のツールよりも精神的なハードルが高くなりがちです。また、できることが豊富なので、使いこなせる社員にとっては効率的に使えるものの、ツールが苦手な社員にとってはコストがかかり通常業務を圧迫します。
 
つまり、100万以上のチームが導入しているAsanaでも、自社にマッチするとは限らないのです。したがって、非IT企業でもプロジェクト・タスクをシンプルに管理するためには、過不足のない機能をもつ「Stock」のようなシンプルなプロジェクト管理ツールが必須です。
 
Stockは非IT企業向けに設計されているので、業界業種はもちろん社内のリテラシーを問わずして誰でも簡単にプロジェクト・タスク管理ができます。プロジェクトごとに「フォルダ」を作成し要件を「ノート」に記載、かつ「タスク」機能で自身や任意のメンバーにタスクを設定できます。

チームの情報を最も簡単に残せるツール:Stock

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Asana(アサナ)の使い方・評判・料金まとめ

ここまでAsanaの使い方や主な管理方法、口コミ・評判や費用の比較まで網羅的にご紹介してきました。
 
Asanaは自社のスタイルに合わせて見た目や管理手法を独自にカスタマイズできるので、大規模なプロジェクトを扱う企業やIT企業、複数の企業が関わるプロジェクトが多い企業にはおすすめと言えます。
 
Asanaをはじめとしたプロジェクト管理ツールはtoBで利用の場合はチームでの利用がほとんどです。そのため、ある一部のメンバーしか利用できないようなツールを選択してしまうと効率的なプロジェクト・タスク管理が実現しません。
 
したがって、Asanaの実績が高いという理由だけで選ぶのではなく、Stockのように非IT企業でもスムーズにプロジェクト管理ができるツールが必須です。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」でAsanaよりもシンプルかつ効率的にプロジェクト・タスクを管理しましょう。