自社をPRしユーザーに認知してもらう方法のひとつとして、ナレッジグラフがあります。ナレッジグラフに自社サイトの内容が掲載されると、大きなSEO効果を得られます。
 
ナレッジグラフには、設定次第で会社やサービスの説明、電話番号、経路案内、予約などといったメニューを表示できます。つまり、ナレッジグラフとは「ユーザーに自社の利益へと繋がる行動を起こさせる情報の塊」だと言えるのです。
 
しかし、ナレッジグラフの表示方法や修正方法が分からないため、新規顧客の獲得やビジネス促進につながらないと悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、ナレッジグラフの概要や表示方法・修正方法を中心にご紹介します。
 
という担当者の方はこの記事を参考にすると、ナレッジグラフのSEO効果を十分に引き出せます。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ナレッジグラフとは

以下では、ナレッジグラフの役割や強調スニペットとの違いについて解説します。ナレッジグラフ独自の特徴を理解し、表示のための行動に役立てましょう。

ナレッジグラフの役割

ナレッジグラフとは、Googleで検索をした際に、場所、人物、作品などの「検索キーワードの属性に基づいた検索結果」が表示される機能を指します。ユーザー・企業のどちらにとっても重要な役割を持っています。
株式会社Stockのナレッジグラフ
ナレッジグラフを利用すると、ユーザーは「正確な結果の表示」「最適な要約の表示」「より深く広範な結果の表示」を得られます。
 
一方で自社サイトを運営する企業にとっては、ナレッジグラフはSEOやウェブマーケティングよりも目立ち、かつ情報を視覚的に流せるため、新規顧客の獲得やビジネスの促進に繋がりやすいと言われています。

強調スニペットとの違い

ナレッジグラフと似た表示形式に、「強調スニペット」があります。
強調スニペット画像
強調スニペットとは、検索されたキーワードからユーザーニーズが推測され、その情報が掲載されたページの一部分を検索結果画面の上位に表示する機能です。
 
たとえば、「〇〇とは?」というキーワード検索に対してその答えとなる情報が表示されたり、アーティスト名の検索に対してそのアーティストの動画が表示されたりします。
 
一見すると同じ機能のようですが、強調スニペットとナレッジグラフには大きな違いが存在します。
 
強調スニペットで表示される情報はWEBサイトの一部からの抜粋のみですが、ナレッジグラフにはウェブ上にある情報がまとめて表示されます。また、強調スニペットは表示されるサイトの変更が不可能な一方で、ナレッジグラフには意図的に自身のサイトを表示できます。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

自社コンテンツをナレッジグラフに表示させる方法

ここからは、自社コンテンツをナレッジグラフに表示させる方法について解説します。以下の3点を実践してナレッジグラフに表示させ、新規顧客の獲得を実現しましょう。

Googleマイビジネスへの登録

ナレッジグラフを利用するには、まず初めにGoogleマイビジネスへの登録が必要です。
 
Googleマイビジネスとは、検索やマップをはじめとするGoogleのサービス上にビジネス情報を表示・管理できる機能です。Googleマイビジネスに自社の情報を登録すると、会社名や店舗名がキーワード検索された場合に、ナレッジグラフに表示されやすくなります
 
また、Googleマイビジネスは実店舗がなくても登録可能です。在宅ワークやネットビジネスなどの形態をとっていても、自社コンテンツをナレッジグラフに表示できるのです。

構造化データの利用

構造化データとは、検索エンジンに対してすぐに理解してもらえるようHTMLで書かれた情報をタグづけしたものであり、SEOのテクニックのひとつです。
 
構造化データを利用することで、検索エンジンはHTMLデータを「単なる文字列の記号」として認識するのではなく、その文字の意味や文脈・背景などの知識として理解・蓄積します。知識が蓄積されると、検索エンジンはサイトのコンテンツをより認識しやすくなります。
 
構造化データを利用したサイト作りをすることで、検索エンジンからのコンテンツの理解度が上がるため、ナレッジグラフが表示されやすくなるのです。

ユーザーにとって有益な情報の発信

ナレッジグラフはビジネスに有効活用できる手段ですが、本来「ユーザーの求める情報を素早く届ける」という目的で作られた機能です。
 
そのため、自社のページ内にユーザーが求めている情報が存在しない場合、ナレッジグラフを表示できないのです。
 
ナレッジグラフが表示されない場合は、自社サイトの掲載内容を確認し足りない情報を追加するなど、ユーザーが求める情報の充実化を図る改善策をとりましょう。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ナレッジグラフの内容を修正する方法

以下では、ナレッジグラフの内容を修正する方法について順を追って解説します。修正の方法を把握し、常に最新かつ顧客が求める情報が表示されるようにしましょう。

1. 権利者としての認証を得る

修正を行うためには、対象となるサイトの権利者であることがGoogleから認証されなければなりません。したがって、まずはWebサイトの所有者のGoogleアカウントでログインします。
 
ログインしたら、「アクティビティ管理」の「ウェブとアプリのアクティビティ」をオンにします。そして、自社サイトをGoogle Search Consoleに追加します。
 
これで、自身が自社サイトの権利者であることがGoogleに認証され修正の申請が可能になりました。

2. 内容変更を申請する

ナレッジグラフの内容を修正するには、権利者として認証を得たアカウントで内容変更を申請する必要があります。まずはWebサイトの所有者のGoogleアカウントでログインしましょう。
 
次に、Google検索でナレッジグラフを表示し、ナレッジグラフ内にある「情報の修正を提案」をクリックして情報を編集・送信します。
 
これで、Googleに情報の修正が申請されました。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ナレッジグラフへの表示のためにITツールが必要な理由

以下では、ナレッジグラフへの表示のためにITツールが必要な理由を解説します。
 
ナレッジグラフへの表示のためにITツールが必要な理由は、ユーザーにとって有益な情報を効率的に管理しなければならないためです。
 
そもそも自社サイトをナレッジグラフに表示させるためには、ユーザーが求める情報をサイト内で提供する必要があります。また、ユーザーのニーズは常に変化するためこまめな修正が求められます。
 
ユーザーのニーズやそれに関連する情報を蓄積・整理し、必要に応じて取り出せる仕組みがあれば、サイト内容への反映や修正もスムーズです。したがって、ユーザーにとって有益な情報を効率的に管理しナレッジグラフへ表示させやすくするために、ITツールの導入が必須なのです。

ナレッジグラフへの表示に活用できるツール

以下では、非IT企業でも使えてナレッジグラフへの表示に活用できるおすすめのツールをご紹介します。
 
情報を管理・共有するために利用される代表的なツールとして、チャットツールやファイル共有ツールが挙げられます。しかし、チャットツールは更新があるたびに情報が流れてしまい、ナレッジグラフの表示・修正に備えてユーザーにとって有益な情報を確実に蓄積できているとはいえません。
 
また、ファイル共有ツールは都度ファイルを開く必要があるため情報へのアクセス性が悪いので、ナレッジグラフのように変更があり次第更新すべきコンテンツの管理には不向きです。
 
したがって、情報が流れず非IT企業でもすぐに情報を共有できる「Stock」のようなツールが求められるのです。
 
Stockの「ノート機能」を利用すると、ユーザーが求める情報をフォルダごとに分けて蓄積できます。ノートに紐づいた「メッセージ機能」や「タスク機能」により、ナレッジグラフ表示・修正に向けた詳細な分担も可能です。

【Stock】非IT企業のナレッジグラフ表示に役立つツール

Stockのトップページ
 
「Stock」|最もシンプルな情報ストックツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、社内のあらゆる情報を、最も簡単に「ストック」できるツールです。「社内の情報を、簡単にストックする方法がない」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート」の機能を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくない数人~数千人の企業向け
    ITの専門知識がなくても問題なく、あらゆる企業が簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』がある弊社にも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

加井 夕子さん、海野 紘子さん画像
加井 夕子 さん、海野 紘子 さん
SBIビジネス・イノベーター株式会社
「SBIグループの厳格なセキュリティ基準をも満たす、誰にでもお勧めの情報ストックツールです」
★★★★★ 5.0

当社が導入するシステムには非常に厳格なセキュリティ基準を満たすことが要求されていますが、Stockのシステムは極めて高度なセキュリティ基準で開発・運営されているため、SBIグループのセキュリティ基準でも全く問題なく導入することができました。

江藤 美帆さん画像
江藤 美帆さん
栃木サッカークラブ(栃木SC)
「ナレッジが属人化しやすいプロスポーツクラブには、Stockを非常に強くお勧めします!」
★★★★★ 5.0

元々悩んでいた『ナレッジがブラックボックス化してしまう』という問題が、驚くほどうまく解消されました。 『Stockさえ見れば、すぐに必要な情報を把握できる』という状況を作り出すことに成功し、明らかに生産性が向上しました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

Stockの詳細はこちら


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ナレッジグラフの表示・修正方法まとめ

ここまでは、ナレッジグラフの概要や表示方法・修正方法について解説しました。
 
ナレッジグラフはSEOやウェブマーケティングよりも目立ち、かつ情報を視覚的に流せます。自社サイトをナレッジグラフに表示させ定期的に掲載情報を更新できれば、新規顧客の獲得やビジネスの促進に繋がります。
 
ナレッジグラフを表示・修正するには、ユーザーにとって有益な情報を蓄積し活用しなければなりません。そのため、情報が流れない、かつ共有・検索が簡単にできるITツールを導入する必要があるのです。
 
今回ご紹介したStockは、シンプルな操作でチームの情報を最も簡単に蓄積・共有できるツールです。
 
利用は無料からでき登録も1分で完了します。ぜひ「Stock」をナレッジグラフ表示に役立て、新規顧客を獲得しましょう。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: ナレッジとは?ノウハウとの違いや効果的な管理方法も解説!
 
関連記事: 【管理者必見】ナレッジワーカーとは?必要なスキルや環境の作り方も解説
 
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。