人手不足が加速するなかでも、離職率の改善は重要な課題です。離職の原因ごとに対策は異なるので、一義的に「採用活動を行う」解決策だけでは離職率の低下に効果的ではない可能性も高いのです。
 
一方、離職防止対策とはいえ、すでに人手不足ななか何から始めるべきか分からないと悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、離職が発生する原因と離職率を下げる対策をご紹介します。
 
という方はこの記事を参考にすると、社員の離職原因がわかるとともに、離職率を下げる適切な対策がとれるようになります。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

日本の離職率の現状

日本の離職率の現状は以下図のようになっています。
 
退職率の推移
 
 
厚生労働省の雇用動向調査によると、令和3年の離職率は13.9%でした。年により多少の差はあるものの、近年はおおよそ13〜17%を推移しています。
 
また、グラフ全体の傾向として入職率は各年度で上下しているものの、離職率は平成19年より全体として減少傾向にあることもわかります。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

離職につながる原因3選

離職に繋がってしまう原因は、主に以下の3つです。
 
  • 人間関係のストレス
  • リクナビNEXTの調査によると、職場の上司や同僚との人間関係が悪いとストレスが溜まり、離職につながることもわかります。また、チームの円滑なコミュニケーションが行われないため「気軽に質問できない」「仕事の悩み事を相談できない」といった問題が生じ、業務効率も低下します。
  • 給与・評価に対する不満
  • 労働量に対して給与が低い場合や、成果が賞与に反映されない場合は社員の不満が溜まります。人事評価の基準が不明確なケースも「努力しても正当に評価してもらえない」と社員が感じるようになり、モチベーション低下につながってしまうのです。
  • 労働条件が合わない
  • サービス残業や業務の持ち帰りが当たり前となり、長時間労働が恒常化している職場では、離職率が高くなります。今日では、ワークライフバランスを実現するために柔軟な働き方を導入する企業も増えているので、従来よりも転職しやすくなったことも無視できません。
以上3つの原因のなかで、自社の離職者はいずれに該当するのか把握しなければ「検討・実施した対策が効果を成さない」事態に陥るので注意が必要です。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

離職防止対策が必要な理由

離職防止対策が必要な理由は主にふたつあります。離職問題を放置すると、チームの問題から企業全体にも影響を及ぼすので、優先度を判断しつつ早急に対策しましょう。

企業イメージの低下

まず、企業イメージの低下が挙げられます。
 
離職率が高い企業は、労働環境だけでなく企業全体に対するイメージが低下する恐れがあります。また、近年は離職した社員がSNSや口コミサイトで簡単に給与や、社内の人間関係に関する不満を発信できるようになったため、以前よりも求職者・消費者から悪印象を持たれやすくなっているのです。
 
「離職率の高い企業」というイメージは採用活動にも影響を及ぼします。多くの求職者が企業に悪印象を持つと応募自体が減るので、優秀な人材の確保が難しくなります。

人材の流出と社員の負担増

離職防止対策が必要な理由のふたつ目は、人材が流出し、後の担当者となる既存社員の負担が増えることです。
 
スキルやノウハウを持った優秀な人材の離職は、チームおよび企業全体における業務効率の低下に繋がります。また、採用や育成過程でかかったコストが無駄になることに加え、人員の補填にさらなるコストも必要となってしまうのです。
 
そして、優秀な人材の離職に伴い、離職者が担当していた業務を既存社員が担当する場合、既存社員の負担は増します。しわ寄せによる負担の増加から、他の社員までもが離職し「離職の連鎖」が生まれる恐れもあるので、社員一人ひとりの業務負荷は可視化しなければなりません。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

離職率を下げるための3つの対策とは

離職につながる原因を抽出したら、対策を実施しなければなりません。
 
そこで以下では、離職率を下げるための具体的な方法を3つ紹介します。離職防止を実現している企業は下記施策を実践しているケースが多いのです。

面談などによるコミュニケーションの活性化

まずは、面談などによるコミュニケーションの活性化です。
 
定期的な面談などを通してコミュニケーションをとると、社員の悩みを直に把握しつつ、精神面でのケアもしやすくなります。また、相談しやすい環境を構築できれば、気軽な報連相ができるようになるので、社員の離職の兆しを見逃しにくくなります。
 
また、面談だけでなく、社内イベントや交流会の開催もコミュニケーションの活性化に効果的です。個々人のコミュニケーション能力だけに頼るのではなく、企業は社員同士で情報共有する機会を定期的に設けるべきです。
 
ただし、対面でのコミュニケーションを増やす施策を取る際に、業務以外では参加が任意であることが前提な点に注意しましょう。

評価制度の見直し

ふたつ目の対策は、評価制度の見直しです。
 
評価制度に対して不満を持ち離職するケースも多いので、評価制度の見直しは必須です。見直す際は、客観性と透明性の高さを意識し、正しく評価できているか定期的に検証しましょう。
 
そこで、社員の成果や評価の根拠を公開し、評価する側の感情等が組み込まれない公平な評価基準を明確にすべきです。一方で、結果のみではなくプロセスも定量的に評価する仕組みであれば、経験年数による評価の偏りもなくなります。

柔軟な働き方の整備

離職率を下げる方法の3つ目は柔軟な働き方の整備です。
 
社員全員に一律の働き方を求めるのではなく、社員個人の事情に合った働き方を選択できる体制を整えると、離職率低下につながります。今日では、テレワークや時短勤務といった制度を導入する企業も多いのです。
 
たとえば、育児や介護が原因で退職を考える社員は、働き方の選択肢が増えることで、離職の可能性が下がります。また、新たな働き方を導入したら終わりではなく、時短勤務等を申請しやすい雰囲気づくりへの取り組みも重要です。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

円滑なコミュニケーションや柔軟な働き方に役立つITツール

以下では、円滑なコミュニケーションや柔軟な働き方に役立つITツールをご紹介します。
 
離職率を下げるためには、メンバー間におけるコミュニケーションの活性化や柔軟な働き方の整備が欠かせません。とはいえ、情報共有をスムーズにしつつ、リモートワークのような柔軟な働き方をするには、時間や場所を問わず情報共有ができることが必須です。
 
そこで、情報共有ツールを使うと、クラウド上で直感的に情報共有ができるので、コミュニケーションに時間や場所の制約がなくなります。ただし、チーム全員が使えることが大前提となるので、複雑で機能過多なツールは避けましょう。
 
そのため、情報共有の側面から離職率低下のリスクを低下させるには、非IT企業における65歳以上のメンバーでも、即日で使いこなせる情報共有ツール:「Stock」一択です。
 
Stockの「ノート」はテキストやファイル添付にも対応しており、高度な検索機能で目的の情報へ瞬時にアクセスできます。さらに、ノートには社員同士でやりとりできる「メッセージ」が紐づけられるので、テーマが混ざることなくコミュニケーションがとれます。

最も簡単にチームの情報共有・管理ができるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|最もシンプルな情報ストックツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、社内のあらゆる情報を、最も簡単に「ストック」できるツールです。「社内の情報を、簡単にストックする方法がない」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート」の機能を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくない数人~数千人の企業向け
    ITの専門知識がなくても問題なく、あらゆる企業が簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』がある弊社にも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

加井 夕子さん、海野 紘子さん画像
加井 夕子 さん、海野 紘子 さん
SBIビジネス・イノベーター株式会社
「SBIグループの厳格なセキュリティ基準をも満たす、誰にでもお勧めの情報ストックツールです」
★★★★★ 5.0

当社が導入するシステムには非常に厳格なセキュリティ基準を満たすことが要求されていますが、Stockのシステムは極めて高度なセキュリティ基準で開発・運営されているため、SBIグループのセキュリティ基準でも全く問題なく導入することができました。

江藤 美帆さん画像
江藤 美帆さん
栃木サッカークラブ(栃木SC)
「ナレッジが属人化しやすいプロスポーツクラブには、Stockを非常に強くお勧めします!」
★★★★★ 5.0

元々悩んでいた『ナレッジがブラックボックス化してしまう』という問題が、驚くほどうまく解消されました。 『Stockさえ見れば、すぐに必要な情報を把握できる』という状況を作り出すことに成功し、明らかに生産性が向上しました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

Stockの詳細はこちら


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

離職の原因と離職率を下げる対策まとめ

これまで、離職の主な原因と離職率を下げるための対策を中心にご紹介しました。
 
離職の原因には、評価制度の不備や個人に合わない労働条件などがありますが、コミュニケーション不足による人間関係のストレスも大きな要因です。そこで、体制の見直しはもちろん、社員同士のコミュニケーション活性化に注力するだけでも、離職率の防止に貢献するのです。
 
今日におけるコミュニケーション活性化、情報共有の効率化には「ITツール」が多く使われます。しかし、多機能で複雑なアプリでは社員が使いこなせず、社内に浸透しない可能性が高いため、誰でも直感的に利用できなければなりません。
 
結論として、Stockのように、誰でも迅速なやりとりがスムーズにできる情報共有ツールを使うべきです。非IT企業であっても、離職の要因である「コミュニケーション不足」を簡単に解消でき、働き方の整備も実現します。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入し、離職率の上昇につながるコミュニケーション不足を解消しましょう。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: 心理的安全性とは?高めるメリットや取り組み方法も解説!
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。