今日では、非効率なアナログ業務から脱却するため多くの企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進しています。しかし、DXを円滑に進めるにはコストをはじめとした課題を解決しなくてはなりません。
 
そのため、DXを進めたいものの課題への対処法が分からない担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、DX推進の3つの課題・問題と解決策を中心にご紹介します。
 
という方はこの記事を参考にすると、DXの課題・問題における効果的な解決策が分かり、業務をスムーズに進められるようになります。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXの定義とは

日本経済産業省によると、DX(デジタル・トランスフォーメーション)は以下の定義がされています。
 
「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」
 
上記を要約すると、DXとはテクノロジーによって優位性を得た企業が、顧客や社会をより豊かにしていくことです。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXが推進されている理由とは

ここではDXが推進されている理由をご紹介します。具体的な背景・メリットは以下の通りです。
 
  • 「2025年の壁」を回避できる
  • 経済産業省の「DXレポート」では、”DXが実現されなければ、2025年以降最大で年間12兆円もの経済損失が生じる”と予測されています。このような経済損失を防ぐため、今日では多くの企業がデジタル技術による業務変革を進めているのです。
     
  • 競争優位性を確立できる
  • DXを推進すれば、アナログ業務で発生していた人材・資金の維持コストを削減したり、より正確なデータ分析をしたりできます。その結果、競合との差分化も図りやすくなるのです。
     
  • 業務を効率化できる
  • DXを進めれば既存システムの維持・保守業務が不要になります。そのため、業務負荷が大きく軽減されて多くのリソースを確保できるのです。
以上のように、DXを推進すれば大きな経済損失を防げるだけでなく、競合との差分化や業務効率化も同時に実現できます。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DX推進における3つの課題や問題点

ここでは、DX推進における課題・問題点を3つ解説します。以下に当てはまっているチームは早急に改善しましょう。

課題1|DXへの投資意識が低い

まずは、DX推進における課題としてDXへの投資意識が低いことがあります。
 
とくに非IT企業であれば、アナログな業務に慣れていることからデジタルツールへの移行に踏み切れていないケースも多いです。また、そもそも「DXのための十分な投資資金がない」といった場合もあります。
 
以上のように、なかにはDXへの投資意識が低く、非効率な業務を続けてしまっている企業もあるのです。

課題2|ITに詳しい人材が不足している

次に、ITに詳しい人材が不足しているのもDX推進の課題です。
 
DXを進めるうえでは、デジタルツールに高度な専門知識が必要になる場合もあります。そのため、ITに詳しい人材がいなければ、ツールの使い方を教えるのに無駄な時間がかかってしまうのです。
 
また、ITの専門業者に外注したりツールに詳しい人材を雇ったりするのも負担となるので、非IT企業ではアナログな業務を続けている現状があります。

課題3|システムの刷新に手間がかかる

最後に、DXではシステムの刷新に手間がかかる課題もあります。
 
DXを進めるにはITツールが必須ですが「多くの企業で使われているから」といった理由のみでツールを選定するのはおすすめできません。仮に複雑なツールであれば、システムの更新に必要以上の工数がかかってしまう場合もあるからです。
 
しかし、現状では複雑なツールを導入したためにシステムを適切に刷新できず、無駄なコストが発生している企業も多いです。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【これで安心】DXの課題解決に最適なツール

以下では、DXの課題解決に最適なツールをご紹介します。
 
DXを推進するうえではITツールの活用が不可欠ですが、”情報をスムーズに蓄積・共有できるツール”でなければなりません。情報のやりとりが円滑化すればナレッジも適切に継承されるうえ、重要な連絡が遅れる心配もなくなるからです。
 
加えて、チーム全員が使いこなせるツールでなければ操作を教えるのに手間がかかります。したがって、確実にDXを推進するためには「非IT企業の65歳以上でもストレスなく使えるツール」が必須なのです。
 
結論、DXの課題を解決するには、必要な機能が過不足なく備わっており、ITリテラシーが低くても直感的に利用できる「Stock」が最適です。
 
Stockの「ノート」では情報が確実に残せるほか、メンバーへリアルタイムで共有できます。また、ノートに紐づく「メッセージ」「タスク」により簡単に業務のやりとりができるので、DXにおける”ITに詳しくないと使いこなせない課題”も解消されるのです。

ITに詳しくない65歳でも即日で使えるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|最もシンプルな情報ストックツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、社内のあらゆる情報を、最も簡単に「ストック」できるツールです。「社内の情報を、簡単にストックする方法がない」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート」の機能を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくない数人~数千人の企業向け
    ITの専門知識がなくても問題なく、あらゆる企業が簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』がある弊社にも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

加井 夕子さん、海野 紘子さん画像
加井 夕子 さん、海野 紘子 さん
SBIビジネス・イノベーター株式会社
「SBIグループの厳格なセキュリティ基準をも満たす、誰にでもお勧めの情報ストックツールです」
★★★★★ 5.0

当社が導入するシステムには非常に厳格なセキュリティ基準を満たすことが要求されていますが、Stockのシステムは極めて高度なセキュリティ基準で開発・運営されているため、SBIグループのセキュリティ基準でも全く問題なく導入することができました。

江藤 美帆さん画像
江藤 美帆さん
栃木サッカークラブ(栃木SC)
「ナレッジが属人化しやすいプロスポーツクラブには、Stockを非常に強くお勧めします!」
★★★★★ 5.0

元々悩んでいた『ナレッジがブラックボックス化してしまう』という問題が、驚くほどうまく解消されました。 『Stockさえ見れば、すぐに必要な情報を把握できる』という状況を作り出すことに成功し、明らかに生産性が向上しました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

Stockの詳細はこちら


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXの課題・問題に対する解決策3選

ここでは、DXの課題・問題に対する解決策を3つご紹介します。DXを確実に成功させて業務効率化をしたい方は必ず押さえましょう。

(1)DXの目的をチームに共有する

まずは、DXの課題解決策として、目的をチームに共有するのが重要です。
 
DX推進の目的や具体的な施策をチームに共有すれば、”DXによりどのようなメリットがあるか”の共通認識を持たせられます。その結果、DXのためのリソースも十分に割けるようになるので、人材や資金が不足する心配もありません。
 
したがって、DXを確実に浸透させるには、あらかじめ「DXによりどれほどのコスト削減を目指すか」のように目的を共有すべきなのです。

(2)狭い範囲から進める

次に、狭い範囲からDXを進めるのも課題解決につながります。
 
仮にはじめから全社単位でDXを進めてしまうと、”慣れない業務でかえって効率が低下した”となる恐れがあります。そのため、まずは狭い範囲で非効率になっている点を洗い出し、徐々にDXの範囲を広げていくのが効果的なのです。
 
また、一度DX化して終わりではなく「これまでの業務と比べて確実に効率化できているか」も忘れずに検証しなければなりません。

(3)操作しやすいITツールを使う

DXの課題を解決するには、操作しやすいITツールを使うのも必須です。
 
DXを進めるうえではITツールが必須ですが、多機能なツールを選定してしまうと使い方を教えるのに多くの時間がかかります。また、最悪の場合、従業員が適切に使いこなせず業務効率がかえって下がる事態となりかねません。
 
したがって、ツールを選定する際は「ITリテラシーが低くても操作しやすいか」を判断すべきなのです。たとえば、必要な機能が過不足なく搭載されていてシンプルな「Stock」を使うと、非IT企業の65歳以上でもストレスなく情報を共有・管理できます。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXの課題・問題と解決策まとめ

これまで、DXの課題・問題や解決策を中心にご紹介しました。
 
とくに非IT企業では、経営者層の投資意識が低かったりITに詳しい人材が不足していたりするためにDX化が進められていない課題があります。したがって、DXのメリットを共有するのはもちろん「ITリテラシーが低くても簡単に使えるツール」が必須なのです。
 
以上のようにシンプルで直感的に使えるツールであれば、操作を教える手間が省けるだけでなく、情報の蓄積・共有もスムーズにできます。そのため、”DXによりかえって業務が非効率になった”となる心配もありません。
 
つまり、DXの課題解決策としては、必要な機能に過不足なく、非IT企業の65歳でも即日で使いこなせる「Stock」が最適です。
 
無料登録は1分で完了するのでぜひ「Stock」を導入し、DXの課題を取り除きましょう。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: 【簡単】DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?定義や推進事例を解説
 
関連記事: 【事例あり】DX化とは?IT化・デジタル化との違いやメリットを解説!
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。