自社で利用しているチャットツールが複数あれば、いくつものアプリタブやWebページを開く手間が発生します。また、各自が複数のアカウントを持っていると、アカウントを切り替えるたびにログイン・ログアウトをしなければなりません。
 
このような状況を解消するためには、複数のチャットツールの情報を集約できるチャット一元管理ツールが必要です。とはいえ、ツール選定の際にどのような点を意識すべきかわからず、導入に不安のある担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、おすすめのチャット一元管理ツール6選と、選定ポイントを中心にご紹介します。
 
  • 複数のチャットツールを利用しているため、情報の管理が煩雑になっている
  • チャットツールを一元化し、アカウント切り替えなどの手間を解消したい
  • チャット一元管理ツールを導入するにあたり、意識すべきポイントを押さえたい
という方はこの記事を参考にすると、自社に適したチャット一元管理ツールを見つけられ、チャットをはじめとした情報をストレスなく管理できるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

チャット一元管理ツールとは

チャット一元管理ツールとは、複数あるチャットツール・アプリのアカウント情報を、ひとつに集約して管理・表示できるツールです。
 
自社で使うチャットツールやアプリ、Webページの情報を登録すれば、複数のタブやページを開かずにツールの起動・操作ができるうえ、アカウント切り替えによるログイン・ログアウトを繰り返す必要もありません。
 
このように、チャット一元管理ツールを活用すると、乱立したチャットツール・アプリの情報が集約されるため、煩雑なチャット管理によるストレスが解消されるのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【注意】チャット一元管理ツールのデメリット

チャット一元管理ツールで注意すべき大きなデメリットとして、「チャットが流れる状況は変えられない」点が挙げられます。
 
チャット一元管理ツールは、複数のチャットツールの情報を集約できる点では便利といえます。しかし、チャットツールを統合するほど複数のアカウントで情報が流れます。
 
つまり、情報が流れてしまうためストック情報を蓄積できず、情報を探すのに時間がかかるという大きなデメリットを抱えているのです。
 
さらに、チャットツールよりもひとつのツール上で多くのやりとりが行われるので、アカウントを追加するほどPC動作も重くなってしまいます。したがって、このような事態を防ぐためにも、「情報検索や動作の遅れを招かないツール」を選定しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

iphone対応のおすすめチャット一元管理ツール6選

以下では、iphone対応のおすすめチャット一元管理ツールを6つご紹介します。
 
チャット一元管理ツールにおける「情報が流れる」という大きなデメリットを解消できなければ、必要な情報がスムーズに検索できず、意思決定の遅れも招きかねません。また、チャットだけではなく社内で扱うすべての情報が一元管理されなければ、情報が混在し認識齟齬の原因となってしまいます
 
そこで、「チャットが流れず、あらゆる情報を集約して管理できるツール」でツールの横断の手間すらも無くし、欲しい情報はすぐに入手できる環境を作りましょう。
 
そのため、情報が流れず、かつチャットも一元管理できる「Stock」のようなツールが必須です。Stockを活用すれば、誰でも簡単に情報の管理・共有が可能になるのです。
 
Stockの「ノート」に情報を記載し「フォルダ」でわかりやすく管理できるので、情報を探す手間を大幅に削減します。また、ノートに紐づく「メッセージ」によって、アカウントを切り替えてチャットをせずに済み、情報も錯綜しません。

【Stock】最も効率よく情報を一元管理できるツール

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Franz】チャットツールへのアクセスの手間が省略

Franzの画像
 
Franzは、登録している各チャットツールへのアクセスの手間が省略できるツールです。

Franzの特徴

  • 無駄なタブクリックを発生させない
  • サイドバーに登録したサービスが表示されるため、無駄なタブクリックをせずにページを移動できます。
  • 日本語対応が可能
  • 海外の会社が運営しているツールですが、日本語版にも対応しています。
  • 通知をリアルタイムで送受信できる
  • 急な変更点を知らせる場合でも、通知をリアルタイムで送受信できるため、内容の確認漏れを防ぎます。

Franzの注意点

  • 動作が重くなるケースが多い
  • 通知が重なると動作が重くなるケースが多いというユーザーの意見もあるため、注意が必要です。

Franzの料金体系

  • Free License:無料で利用できます。
  • Franz Premium Supporter License:1ユーザーにつき4ドル/月で利用できます。

【staion】多種類のサービスに対応

staionの画像
 
staionは、610種類以上のサービスに対応可能なツールです。

staionの特徴

  • 多種類のサービスを一括管理できる
  • staionでは610種類以上のサービスを一括管理でき、サービスの切り替えもスムーズに行えます。
  • 動作が比較的軽い
  • 他のツールよりも比較的動作が軽いため、メモリの節約ができます。
  • サービスごとの通知をまとめて管理できる
  • 各サービスの通知をまとめて管理できるため、サービスごとの通知を確認する手間がかかりません。

staionの注意点

  • アイコン・タイトルが変えられない
  • アイコン・タイトルが変えられないため、複数のアカウントを使用する場合はアカウントの判別が難しい可能性があります。

staionの料金体系

  • ダウンロード・利用料金ともに無料です。

【Biscuit】すべての登録アプリを表示できる

Biscuitの画像
 
Biscuitは、すべての登録アプリがタブに埋もれず表示できるツールです。

Biscuitの特徴

  • タブの整理が自動化される
  • アプリタブが自動で整理されるため、登録アプリをタブに埋もれず表示できます。
  • プロジェクトごとにアプリを分けられる
  • プロジェクトごとにアプリを分けて登録できるため、プロジェクトによってチャットツールが異なる場合でも管理の煩雑さを防ぎます。
  • アプリが自由に登録できる
  • 「アプリ一覧」にないアプリでも、URLを指定したり要望フォームを利用したりすれば自由に登録できます。

Biscuitの注意点

  • ソフトウェアは一括管理できない
  • ウェブアプリの管理に特化したツールのため、ソフトウェアの一括管理はできない点に注意しましょう。

Biscuitの料金体系

  • ダウンロード・利用料金ともに無料です。

【Rambox】自由なカスタマイズが可能

Ramboxの画像
 
Ramboxは、有料プランにすれば機能の自由なカスタマイズが可能なツールです。

Ramboxの特徴

  • 複数のプラットフォームに対応可能
  • WindowsやMac、Linuxといった複数のプラットフォームに対応可能です。
  • 有料プランへの移行で機能の自由なカスタマイズが可能
  • 有料プランであれば、対応していないアプリがある場合でも追加設定によってカスタマイズできます。
  • アプリのタブバーの位置を決められる
  • 表示するアプリのタブバーの位置を決められるため、社内・社外の案件に応じて使用するアプリを分類できます。

Ramboxの注意点

  • メモリ消費が激しい
  • メモリ消費が激しく、動作が重くなるケースが多いというユーザーの意見もあるため、注意が必要です。

Ramboxの料金体系

  • Basic:無料で利用できます。
  • Pro:1ユーザーにつき4ドル/月で利用できます。
  • Enterprise:1ユーザーにつき10ドル/月で利用できます。

【Stack】アプリとWebページを分けられる

Stackの画像
 
Stackは、アプリとWebページを分けて管理できるツールです。

Stackの特徴

  • アプリとWebページを分けられる
  • アプリとwebページを分けて管理できるため、ブラウザにタブがたまらず、アクセスもスムーズに行えます。
  • アプリ・webページを簡単に追加できる
  • ページのURLを入力するだけでアプリ・webページを追加できます。
  • アプリを好みのカテゴリに移動できる
  • すべての登録アプリを左端で一覧でき、好みのカテゴリに移動できます。

Stackの注意点

  • 対応OSはMacのみとなっている
  • 対応OSがMacのみとなっているため、使用できるパソコンが限定される点に注意しましょう。

Stackの料金体系

  • FREE:永久無料で利用できます。
  • 有料版:1ユーザーにつき8.4ドル/月、84ドル/年で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

チャット一元管理ツールの選定ポイント

以下では、チャット一元管理ツールの選定ポイントをご紹介します。ツールを社内にスムーズに浸透させるためにも、確実に押さえましょう。

無料トライアルが利用できるか

チャット一元管理ツールを選定する際にまず重要なのが、無料トライアルが利用できるかという点です。
 
無料トライアルを利用すれば、ツールの使い勝手を実際に体験でき、自社に適したツールかが確かめられます。また、ほかのツールに乗り換える場合でも、トライアル中であれば無駄なコストを抑えられるのです。
 
ただし、無料トライアルの期間や利用人数の上限はツールによって異なるため、登録できるチャットツール・アプリの数など、最も確かめたい機能や特徴をあらかじめ決めておきましょう。

強固なセキュリティが整っているか

強固なセキュリティが整っている点も、ツールの選定時に重要になります。
 
チャット一元管理ツール上では多くの重要情報が飛び交います。そのため、セキュリティ体制に不備があると、情報漏洩や不正アクセスのリスクを生んでしまうのです。
 
したがって、ツール選定時には「チャットのアクセス権限を付与できるか」「ウイルス感染・外部からの攻撃を受けるリスクはないか」など、強固なセキュリティが整っているかどうかを確認しましょう。

拡張機能が備わっているか

拡張機能が備わっている点も、ツールの選定時に意識しましょう。
 
メンバーが増えたり事業規模が大きくなったりした場合、ツールの拡張機能がなければメンバーやチャットの管理が困難になります。また、拡張性のある新たなツールを導入するうえでもコストがかかってしまうのです。
 
このような事態を防ぐためにも、プロジェクトが成長した場合を考慮し、機能の拡張性に優れたツールを選定しましょう。

ITリテラシーを問わず簡単に操作できるか

ITリテラシーを問わず簡単に操作できるかどうかも、ツールを選定する際に欠かせないポイントです。
 
ツールの操作が複雑であれば、ITリテラシーが乏しい社員の理解が追い付かず、適切にチャット管理されない恐れがあります。また、チャットをはじめとした自社の情報管理も煩雑になりかねません。
 
したがって、ツールの選定時には「ITリテラシーを問わず簡単に操作できるか」を判断しましょう。たとえば、非IT企業の社員でも即日で使いこなせる「Stock」のようなツールが必須です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

おすすめのチャット一元管理ツールまとめ

これまで、おすすめのチャット一元管理ツール6選と、選定ポイントを中心にご紹介してきました。選定ポイントは以下の通りです。
 
  • 自社にマッチしているか確認するための無料トライアルが利用できるか
  • 不正アクセスや情報漏洩を防止する強固なセキュリティが整っているか
  • プラン変更などが柔軟にできる拡張機能が備わっているか
  • 複雑な機能が無くITリテラシーを問わず簡単に操作できるか
チャット一元管理ツールを導入する際は、上記4つのポイントがすべて満たされている必要があります。また、情報管理そのもののストレスを解消するためには、チャットが流れず、自社で扱うすべての情報を蓄積できるツールが必要です。
 
とくに、複数のツールを社員全員が無造作に使用していれば、必要な情報がすぐに得られず、情報の錯綜が原因でトラブルも誘発しかねません。そのためStockのように強固なセキュリティ下で、誰でも社内情報を簡単に一元管理できるツールが必須なのです。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入して、煩雑なチャットツールの管理から脱却しましょう。
 
関連記事: 情報共有の大切さとは?共有不足で起きる問題や改善方法も解説!
 
関連記事: 情報管理の重要性とは?セキュリティ対策や定着ポイントまでご紹介!
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。