ビジネスに欠かせない要素のひとつであるコミュニケーションですが、今日の働き方が以前と変わりつつあるなか「クラウドツール」を導入する企業が増加傾向にあります。そのツールのひとつとして有名なツールに「LINE WORKS」が挙げられます。
 
LINE WORKSは「ビジネス版のLINE」であり、その機能もビジネスに特化したものとなるうえ、利用者数も多いLINEとほぼ同じ使い方ができることからも導入を検討している担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
導入前にはさまざまな要素の検討が必要ですので、今回はLINE WORKSの機能や実際の口コミ・評判、料金を中心に解説します。
 
  • LINE WORKSの導入を検討しているものの、まだ懸念が多い
  • LINEとの差分がどれほどかを知り、社内のコミュニケーション不足を解消したい
  • 実際に自社で使いこなせるのか、費用対効果を把握したい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、LINE WORKSとLINEの差分がわかり、数あるツールと比較して自社にマッチしているかどうかの判断ができるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

LINE WORKSとは

LINE WORKSとはワークスモバイルジャパン株式会社が提供するビジネス版LINEであり、導入社数は現在で20万社を超えるビジネスチャットツールです。
 
業界・業種・解決したい目的を問わずに用いられており、さまざまな分野で業務効率化を実現していることが公式HPからわかります。
 
とくに、社外の取引先でもLINE WORKSを利用している場合は、通常のLINEと同じように「ID」を交換してやりとりができます。このように、プライベート利用が多いLINEと大きな違いなくビジネスでも利用可能な点は魅力のひとつです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

LINE WORKSの機能

以下では、LINE WORKSで使える機能について代表的なものをご紹介します。コミュニケーションの基盤作りを中心としたさまざまな機能が備わっています。

トーク・通話

「LINE」にも搭載されているベースとなる機能です。テキストでの連絡はもちろん、グループチャットやスタンプも使えるのでLINEを使い慣れていればストレスなく使えます。
 
動画や写真も共有できるうえ、「ノート」や「リンク」の使い方も「LINE」と同じです。違いとしては以下が挙げられます。
 
  • トーク画面では「アナウンス」として掲示板のようにグループメンバーに見ておいて欲しい内容を別途共有可能
  • 社内に開発部隊がいればBotの作成により、チャットボットの作成をして業務の自動化が可能
とくに、プライベート利用のLINEではIDの交換に抵抗感がある人も少なくありませんが、LINE WORKSであれば完全にビジネス利用との切り分けができるので精神的な負担がないというのも副次的なメリットです。

カレンダー

自社のチームや組織の予定を「カレンダー」を用いて確認できます。
 
日・週・月の3パターンで表示でき、Googleカレンダーのように予定を直感的に登録。また、他のメンバーが予定を代理登録することも可能です。ほかにも、関係部署以外のメンバーや部署のスケジュールもチェックできるので、部署を横断した予定を立てるときに役立ちます。
 
そして、優良のライトプラン以上を使えば「インポートおよびエクスポート」の機能が使えるので、ほかのカレンダーサービスへ一括で予定を反映させられます。

アドレス帳

LINE WORKS独自の機能で、社内用・個人用・共有用の3つのアドレス帳が標準搭載されています。
 
階層で管理できるのが特徴であり、たとえば会社名を第一階層、担当者名を第二階層として管理すれば、共有した際にもすぐに連絡をとりたいクライアントを選択しコンタクトができます。
 
もちろん、連絡先を確認できるだけでなくチャットの開始やミーティングへの招待も簡単にできます。

アンケート

アンケートでは特定のメンバーに対し任意のトピックでアンケートを集計できます。
 
投票や日程調整をはじめとした、ビジネスで発生する頻度の高いアンケートを簡単に実施可能、かつ9種類のテンプレートが用意されているので、最初からアンケート内容を設定しなくても素早く共有できます。
 
また、集計は自動集計なので担当者が手動で集計する必要はありません。ほかにも、アンケートの回答が急ぎで欲しい場合にはトーク画面から共有できたり、集計したアンケート結果をCSV出力できたりします。

ファイル共有

ファイル共有では、グループチャットにて共有したデータを「フォルダ」へアップロードできます。
 
また、共有はリンク方式でも共有可能なうえ、各種権限も設定できるので特定のメンバーにのみ共有したい場合でも安心です。
 
一方、フォルダの使用容量は契約しているプランによって左右される点に注意です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

LINE WORKSの評判

以下では、LINE WORKSの口コミ・評判についてご紹介します。検討の際にはユーザーの実際の声も参考にしましょう。
 
※こちらでご紹介する口コミ・評判はすべてApple Store>評価とレビューより引用しております。

LINE WORKSの良い口コミ・評判

はるゆうまま1004、2021/09/19
仕事でチャット機能(トーク)、メール、スケジュール、タスク管理等、フルに活用しています。かなり保守的な企業ですが、コロナ禍も追い風になり、社内で活発に利用され、大変便利になりました。
孫々存否、2020/07/27
このツールは名前の通りチャットがメインなので、複数の案件の話をしだすとグチャグチャにならがちなのをカバーしてくれる。
ふへふにつほからやつ、2020/07/20
基本スマホで使ってます。毎日の日報作成などのルーチンワークは、空き時間にスマホで作成できてかなり楽になりました。
namirinn、2021/02/09
最近社内で使い始め、概ね好評化を頂いています。
2/8のアップデートで、タスク管理機能が使えるようになったのも嬉しいです。
が、タスク管理として使うには、もう少し機能を充実させて欲しいなと思います。
aiowashi、2020/07/31
ラインワークスが入ったおかげで別のアプリになったので休みの時の通知から開放されました。時間指定で通知を止める機能を便利に使わせてもらってます。

LINE WORKSの悪い口コミ・評判

だだんご、2020/11/22
1. いいね!がない
既読がつくのはありがたい。でも評価を簡単に伝えたい時に反応アイコンがあると嬉しい。是非Teamsとかを参考にして欲しい。
→ スタンプがいいねの変わりになると思ってるのが感覚的にズレている。10人がいいねしたら、スタンプが10個並ぶのでしょうか???理解出来ない。
2.UIがイマイチ
本家のLINEもそうだが、ペインとメイン画面のカテゴライズに関してのセンスがない。ホームに掲示板?などなど直感的じゃない。
3.通知の設定が荒い。
通知オフを時間でしか設定できず、曜日指定ができない。
平日は17時まで、土日はオフに。コレが指定できない時点でビジネス展開を狙っているとは考え難い。
4. カレンダー入力時の通知オフ機能がない
カレンダーに予定を入力すると、グループのトークに通知が行くという設定。全く必要ない。PCからの場合、入力時に通知をオフにできるが、そもそも必要ないのだからデフォルトの設定を逆にするべき。
Kusakabe、2020/12/15
通常のLINEは動作も軽快で非常に使いやすいですが、LINE WORKSの動作は比較対象にならないほど悪いです。(iPhone XS)
・通知センターからアプリを起動すると真っ白な起動画面が表示されたまま動かない
・メッセージ一覧の画面の更新が遅すぎる。開いてから5秒ほどたたないと更新されない。
・メッセージ一覧から未読マークのついているトークに遷移して、一覧に戻っても未読マークが解消されない
・通話中に他の音声出力アプリを起動して、LINE WORKSに戻ってきても通話音声が出ない。
さっと思い出せるものだけでもこれだけの不具合があります。
会社指定のビジネスコミュニケーションアプリなので使っていますが、自分が導入担当者であれば絶対に選びません。
このようなことを書くと「ご不便をおかけし申し訳ございません。有料プランをご契約の場合…」のテンプレが返ってくるのだと思いますが、高評価のレビューだけ気持ちよく受け取っておいて、品質改善を求めるレビューにはまともに対応しないというのも、真摯な対応とはとても思えません。
takec08、2020/11/03
使い勝手は通常のLINEと同じで、便利だと思う。
しかし、通常のLINEユーザーを友だちにするには、相手から申請してもらわなければならず、非常に不便。特に、これまでプライベートの通常LINEで連絡していた顧客をworksに誘導しようとするのに、言いづらくて不便。
また、通常のLINEユーザーとでは、リプライ、ノート、送信取消機能が使えない。特にビジネスでの使用を前提としているのに、リプライやノートが使えないのは致命的ではないか。
とにかく、通常のLINEユーザーとの使用に制限が多い。worksユーザーはまだまだ少なく、通常のLINEユーザーとのやり取りを便利にしてもらえないと、ビジネスでの使い勝手が悪い。
Hizamaru88、2020/12/31
同業種組合員同士で使っている感想です。
スマホアプリがあるから採用したが、基本性能は普通だと思う。
まず「見づらい」。字体やフォント、色を駆使しないと投稿は見づらい。カレンダーやアンケートも使いやすいとは言えないが、最低限の機能は有している。
スマホは安定しているが、タブレットは使いづらいし、落ちる。管理画面は特に使いづらい。
やはり基本はPCで扱うアプリだと思うが、細かい点で使いづらさがあるが、基本的なことはできていると思う。
優良かと言われれば、微妙。。もう少し様子見かな
詩瑠紅、2021/03/09
他とカレンダー連携とか同期して欲しい。iPhoneのウィジェットないですか?カレンダーの確認が手間です。予定のコピー、日時がコピーされず、意味がありません。繰り返し予定も、途中の日にちを変更すると繰り返しが無くなってしまう。不便です。カレンダーの印刷、時間範囲が指定できないのですがどうしたらいいのでしょうか?導入当初、ヘルプから電話がかかって来た時話しましたが、調べますと言われそのまま放置で連絡来ないんですけど。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

LINE WORKSの料金やプラン比較表

ここではLINE WORKSの料金や各機能の違いについてご紹介しています。以下では各プランごとに異なる機能のみをピックアップしています。
 
フリー ライト ベーシック プレミアム
料金(月払い)
無料
1ユーザあたり300円/月
1ユーザあたり500円/月
1ユーザあたり1,000円/月
利用人数
100人まで
無制限
無制限
無制限
ストレージ容量(有料プランは1人あたり1GB追加)
5GB
100GB
1TB
10TB
音声、ビデオ通話、画面共有
最大60分、4名まで
200人まで
30日間
無制限
グループウェア機能(メール、Drive)
×
×
30GB/ユーザー
無制限、1TB/ユーザー
セキュリティ管理
制限あり
制限なし
制限なし
制限なし
監査ログ
2週間/ダウンロード不可
6ヶ月/ダウンロード可能
6ヶ月/ダウンロード可能
6ヶ月/ダウンロード可能
アーカイブ
×
×
×
SLA保証、サポート
×


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

LINE WORKSよりもシンプルに使えるツール

以下では、LINE WORKSよりも機能がシンプルかつ簡単に使えるツールをご紹介します。
 
LINE WORKSはビジネス版LINEのため、プライベート利用率の高いLINEに使い慣れていればスムーズに使いこなせる可能性が高く、ビジネスに必要な機能が多数備わっています。一方、多機能なツールは使いこなすまでに時間がかかり、最悪の場合使われなくなってしまう可能性もあります。
 
また、ビジネスにおいて必須で取り扱う「情報」に関して、LINE WORKSの特性上チャットは上へと流れていってしまうというチャットツールならではのデメリットがあります。また、ファイル共有も一つひとつ中身を確認しなければならないうえ、スマホやタブレットから直感的にファイルを確認するのが難しいです。
 
そのため、情報を確実にストックしビジネスに活かすためには、即日で誰でも簡単に使える「Stock」のような情報共有ツールが必須です。
 
Stockは「ノート」「メッセージ」「タスク」の3つの機能のみで、社内外問わずあらゆる情報を簡単にストックします。かつ「65歳の人でも簡単に使える」ほどシンプルなので、教育コストも削減しながら情報共有のストレスを与えません。

チームの情報を最も簡単に残せるツール:Stock

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

LINE WORKSの機能・評判・料金まとめ

ここまでLINE WORKSの機能や評判、料金などについてご紹介してきました。
 
LINE WORKSは社内のIT化促進に貢献するクラウドツールであり、実際に多くの企業の導入実績があります。一方、「自社に本当にLINE WORKSがマッチしているか」は確実に検討しなければなりません。
 
とくに、社内のITリテラシーを鑑みず「LINEはプライベートでの利用率が高いから問題ない」と導入してしまうと、その豊富な機能が仇となる可能性もあります。そのため、ツールを導入するのであれば「誰でも使える過不足のない機能」を持つツールが必要です。
 
ご紹介したStockはシンプルさにこだわって設計されている、非IT企業向けの情報共有ツールです。そのシンプルさが定評で非IT企業を含む80,000社以上の導入実績があります。
 
無料登録も簡単かつ1分で完了するので、ぜひ「Stock」で社内外の情報を正しくストックし、社内のIT化・業務効率化を促進しましょう。