毎日の業務を漏れなく遂行するのに役立つのが「チェックリストアプリ」です。スマホから利用可能なものもあるため、こまめにリストを確認してミスを未然に防止できます。
 
チェックリストアプリは機能・デザイン・料金などに応じたさまざまな種類が用意されています。そのため、「自分にあったチェックリストアプリを探し出せない」「ビジネス用には何がふさわしいのか分からない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、毎日の業務に役立つチェックリストアプリ7選やアプリの選び方を中心にご紹介します。
 
  • 複数の業務を同時進行しているため、タスク管理ができるアプリが必要
  • 効率よく業務を遂行するために、やるべきことを可視化したい
  • ビジネス用のタスク管理アプリはどのように選べばよいか分からない
という担当者の方はこの記事を参考にすると、自社に必要なチェックリストアプリの選定方法が分かり、業務効率化が実現できるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【無料あり】 業務に役立つチェックリストアプリ7選

以下では、業務に役立つチェックリストアプリ7選をご紹介します。
 
チェックリストアプリは時間や場所を問わずにタスクを確認できるので、業務の個人的なミスを防ぐことに役立ちます。また、チーム内でチェックリストを共有すれば、プロジェクトの進捗状況の確認にも活用できます。
 
ただし、多機能アプリは使い慣れるまでに時間がかかるため、ほとんど利用されないまま放置されるケースもあります。とくに、チーム利用ではITリテラシーの低いメンバーがアプリを使いこなせず、結果的にチームの進捗管理が上手くいかない可能性があるのです。
 
したがって、誰でも簡単に使いこなせるアプリの導入が必須です。結論、チェックリストを継続的に業務へ役立てるには、必要な機能が過不足なくそろっており、かつITに詳しくない65歳の社員でも簡単に操作できる「Stock」一択です。
 
Stockの「ノート」にチェック項目をテキスト入力すると、ワンクリックでチェックリストを作成できます。また、ノートに紐づいた「メッセージ機能」も搭載されているため、タスクに関するフィードバックも一か所で完結します。

【Stock】最も簡単にチェックリストを管理できるアプリ

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Todoist】やることの全体像をはっきりと把握できるアプリ

Todoistのトップ画像

<Todoistの特徴>

  • タスクの優先度を可視化できる
  • タスクの優先度を色分けでき、優先度が高いものから順に表示されます。
     
  • ボード機能
  • タスクのステータスをカンバン方式で管理し、プロジェクト全体を俯瞰できるボード機能が搭載されています。

<Todoistの注意点>

  • タスクの関連性が直感的に分からない
  • 親タスクに子タスクを作成できますが、子タスクには親タスクの名称が入りません。そのため、タスク同士の関連性は編集画面で確認する必要があります。

<Todoistの料金体系>

  • 無料プラン:¥0/月
  • アクティブプロジェクト(アーカイブされていないプロジェクト)を5件まで登録できます。
     
  • プロプラン:¥448/月(月払い)
  • 個人向けに機能が充実したプランです。アクティブプロジェクトを300件まで登録できます。
     
  • ビジネスプラン:¥678/ユーザー/月(月払い)
  • チーム利用向けのプランです。アクティブプロジェクトを1ユーザー当たり500件まで登録できます。

Todoistの詳細はこちら

【Checklist】項目を階層化できるチェックリストアプリ

Checklistのトップ画像

<Checklistの特徴>

  • 項目を階層化できる
  • 項目をいくつも階層化できるため、タスクを詳細に管理するのに役立ちます。たとえば、「買い物リスト」のなかに「食料品」をつくり、そのなかに「パン」「牛乳」などの項目を設定できます。
     
  • 連続で入力できる
  • 多くの項目を入力したい場合にその都度画面を移動する必要はなく、連続で次々に入力できます。

<Checklistの注意点>

  • Android版は利用できない
  • iPhoneやMacなどには対応していますが、Androidには対応していません。

<Checklistの料金体系>

  • 基本的な機能はすべて無料で利用できます。ただし、広告を非表示にしたい場合は別途¥250の課金が必要です。

Checklistの詳細はこちら

【Any.do】受賞歴のあるToDo管理アプリ

Any.doのトップ画像

<Any.doの特徴>

  • リマインダー機能
  • タスクのやり残しを防止するリマインダー機能が搭載されています。「1回限り」「繰り返し」「位置情報付き」など、タスクの頻度や用途に応じたリマインダーを設定できます。ただし、位置情報付きのリマインダーは有料です。
     
  • カレンダー機能
  • イベントと設定したタスクをアプリ上のカレンダーで一元管理できます。

<Any.doの注意点>

  • 機能を使いこなせない可能性がある
  • リマインダーの位置情報やカレンダーなど機能が多い分、ITリテラシーが高くなければ使いこなせない可能性があります。

<Any.doの料金体系>

  • フリープラン:$0
  • Any.doの基本的な機能を利用できます。
     
  • 有料プラン:$5.99/月
  • タスクに色を付けたり位置情報付きのリマインダーを設定したりと、フリープランよりも豊富な機能が利用できます。

Any.doの詳細はこちら

【Google ToDo リスト】Googleが提供するToDo管理アプリ

Google ToDo リストのトップ画像

<Google ToDo リストの特徴>

  • マルチデバイスに対応している
  • Google ToDo リスト自体はスマートフォン用のアプリですが、デスクトップ版として「ToDo For Google」も用意されており、さまざまなデバイスから操作できます。
     
  • Googleのほかのツールと連携できる
  • Googleの別ツールとToDoリストを連携できます。たとえば、Googleカレンダーとの連携によってカレンダーにタスクを反映させたり、Gmailとの連携によってメールをタスクに追加したりできます。

<Google ToDo リストの注意点>

  • チェックリストを簡単に共有できない
  • 作成したチェックリスト自体をアプリ上でスムーズに共有できません。タスクを振り分ける機能が欲しい場合は「Google Chat」という別のツールが必要です。

<Google ToDo リストの料金体系>

  • 「Google ToDo リスト」は無料で利用できます。ただし、デスクトップ版の「ToDo For Google」の利用には初期費用¥980が必要です。

Google ToDo リストの詳細はこちら

【Microsoft To Do】Microsoftが提供するToDo管理アプリ

Microsoft To Doのトップ画像

<Microsoft To Doの特徴>

  • リストを共有できる
  • アプリ内で設定したリストを、ほかのメンバーと共有できる機能が搭載されています。
     
  • いつでもToDoリストにアクセスしやすい
  • デスクトップ、スマートフォン、タブレットに対応しているため、ToDoリストへのアクセス性が高いと言えます。

<Microsoft To Doの注意点>

  • チーム作業には別のツールが必要
  • リストの共有をより円滑にするためには、Microsoftの「Plannner」でチームを作成する必要があります。この場合は、ToDoリストとPlannerの2つのツールを使いこなす高いITリテラシーが求められます。

<Microsoft To Doの料金体系>

  • Microsoftアカウントを持っていれば無料で利用できます。

Microsoft To Doの詳細はこちら

【ChecksWidget】アプリを開かずにタスク管理ができるアプリ

ChecksWidgetのトップ画像

<ChecksWidgetの特徴>

  • ウィジェット機能
  • ウィジェットとは、アプリを起動せずにホーム画面上へ情報が表示される機能のことです。Checkswidgetを利用すると、ToDoリストの情報をウィジェットから把握できます。
     
  • チェックを一括解除できる
  • 「画面を引っ張る」という簡単な操作だけで、すべてのリストのチェックを一括解除できます。

<ChecksWidgetの注意点>

  • 未対応の媒体がある
  • AndroidやWindowsパソコンには対応していないため、業務中にいつでもアプリを起動できるわけではありません。

<ChecksWidgetの料金体系>

  • 無料プラン:¥0
  • 保存可能なリストは2つまでです。
     
  • Pro プラン:¥250
  • 無料プランよりも多くのリストを保存できます。

ChecksWidgetの詳細はこちら



「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

チェックリストアプリを導入する3つのメリット

以下では、チェックリストアプリを導入するメリットを3つご紹介します。アプリを利用すると、ToDoリストを紙で作成したりエクセルやワードなどで作成したりするよりも、確実かつ柔軟にタスクを管理できます。

(1)業務の抜け漏れを防げる

1つ目のメリットは、業務の抜け漏れを防げる点です。
 
一部のチェックリストアプリは作成したリストに期限を設定して、タスク管理ができる仕様になっています。また、期限内にタスクを完了できるように通知機能もあわせて搭載されていることがあるため、業務のやり残しを防げるのです。
 
一方で、紙やドキュメントファイルでは何度もリストを見返す必要がありますが、アプリがあれば期限の管理や通知はアプリに任せて、目の前の業務に集中できるのです。

(2)どこにいてもチェックリストを確認できる

2つ目のポイントは、どこにいてもチェックリストを確認できる点です。
 
マルチデバイスに対応しているアプリを導入すれば、移動中でもタスクを確認できます。パソコンを持ち歩けない場合や、外回りの仕事が多い部署でも円滑なタスク管理が実現するのです。
 
ただし、なかには「Androidには対応していないもの」や「デスクトップ版は有料になっているもの」もあるため、アプリを選ぶ際は対応端末や価格の差に注意しましょう。

(3)チームメンバーと連携がとれる

3つ目のポイントは、チームメンバーと連携がとれる点です。
 
チェックリストを共有できる機能があるアプリを利用すれば、簡単にチームメンバーと連携がとれます。たとえば、互いのタスクが一覧で表示できれば、業務の進捗状況が一目で分かります
 
その結果、わざわざ作業報告の場を設けなくても「作業の抜け漏れの確認」や「業務負担の調整」ができるようになり、業務の効率と正確性を高めるのに役立つのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

チェックリストアプリの4つの選び方

以下では、チェックリストアプリの4つの選び方について解説します。価格や性能だけでなく、以下のポイントと業務の流れを踏まえて選択しましょう。

マルチデバイスに対応している

時間や場所を問わずにチェックリストを確認するためには、「マルチデバイス対応」が重要なポイントです。
 
パソコン作業が中心の業務に従事している場合、スマホでしか利用できないアプリは何度もスマホを開く手間がかかります。逆に、外回りが多く移動時間にタスク管理をしたい場合、パソコンからしか利用できないアプリは不便だと言えます。
 
したがって、スマホ・パソコンを含めたマルチデバイスに対応したアプリを導入しなければならないのです。また、チームで同じアプリを導入する場合は、チームメンバーのスマホ機種がアプリに対応しているか確認しましょう。

操作が簡単で長く利用できる

簡単にチェックリストを作成・整理でき、継続的な利用が可能であることも重要です。
 
多機能や高機能なアプリは使い慣れるまでに時間がかかったり、完璧に使いこなそうとして逆にストレスを感じてしまったりする可能性があります。
 
したがって、ストレスが発生せずに長期的にやるべきことを管理し続けるために、機能に過不足がなく直感的に操作できるアプリの導入が求められるのです。

チームですぐに共有できる

作成したチェックリストをチームメンバーに共有できる機能も必要です。
 
確認漏れを防ぐダブルチェックをしたり、メンバーのタスクを可視化して進捗状況を把握したりするためには、タスクの共有が不可欠です。しかし、メールやほかのメッセージアプリを使って共有すると手間がかかります。
 
したがって、面倒な設定をせずともアプリ内でチェックリストを共有できる機能が必須なのです。

進捗にフィードバックができる

共有されたチェックリストに対して簡単にコメントできる「メッセージ機能」も、チームのタスク管理に役立ちます。
 
たとえば、メッセージ機能があれば「確認漏れをコメントで指摘する」「タスクの引継ぎについて相談する」といった使い方ができるのです。タスクや進捗に関するコミュニケーションが1つのアプリ内で完結するため、業務効率の向上にも役立ちます。
 
チームでチェックリストを共有して、かつ積極的にコントのやりとりをするには、簡単にチェックリストを作成・共有できるうえにチェックリストに紐づいたメッセージのやりとりが可能な「Stock」が最適です。

業務に役立つチェックリストアプリまとめ

ここまで、毎日の業務に役立つチェックリストアプリ7選やアプリの選び方を中心にご紹介しました。
 
チェックリストアプリは個人のタスク確認やチームで取り組むプロジェクトの進捗共有に役立ちます。ただし、チームで共有するためにメールやメッセージアプリを経由するのは手間がかかるので、共有機能のついたアプリの導入が必須です。
 
たとえば、今回ご紹介したStockは、チェックリストの作成・共有が1つのアプリで完結するうえに、ITの知識がなくても直感的に使いこなせるチェックリストアプリです。
 
利用は無料からでき、登録も1分で完了します。ぜひ「Stock」でチェックリストを運用して、業務の抜け漏れを防止しましょう。