現在では、紙とペンでメモするシーンよりも、タブレットや電子ノートなどのデジタルノートで効率的にメモを作成することが多くなりました。
 
デジタルノートは、ペーパーレス化を促進するので持続可能な社会の実現に貢献できる可能性を秘めています。また、より身近な効果として、中長期的なコスト削減やメモの作成・管理の効率化など、利用者は多くのメリットが得られます。
 
しかし、デジタルノートは高価なものも多く、慎重に検討してしまうあまり「タブレットと電子ノートのどちらを購入すべきか分からない」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、タブレットと電子ノートの違いや、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。
 
  • 電子ノートは馴染みがないので、タブレット以外の選択肢として確認しておきたい
  • メモをするのにタブレットか電子ノートで迷っているが、どちらも高価なので失敗したくない
  • タブレットと電子ノートのメリットとデメリットを把握して、どちらを購入するか比較検討したい
という方は、この記事を参考にしていただくと、タブレットと電子ノートの違いが明確になり、自身のメモ環境に最適なアイテムを選べるようになります。
 


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

タブレットと電子ノートの違いを比較

最近よく目にするようになったiPadやAndroidなどのタブレットに類似したアイテムに、電子ノートがあります。タブレットも電子ノートも、利用者の大切な情報をメモするという点では同じ役割を果たすアイテムです。
 
一方で、タブレットと電子ノートの間には利用目的の点で大きな違いがあります。
 
電子ノートはメモを書くことに特化したアイテムなので、本物の紙に近い質感でメモできます。反対に、タブレットは情報の閲覧や文書作成など、メモを書く以外の作業も効率化できます。
 
すなわち、利用者の利用目的によって、タブレットにするべきか、電子ノートにするべきかが決まります。


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

タブレットの特徴

以下では、タブレットの持つ特徴をメリットとデメリットに分類して、詳細にご説明します。

タブレットのメリット

タブレットの代表的なメリットには、メモ機能のあるアプリケーションが多種多様で、自分の利用目的にあったものを選べることが挙げられます。メモアプリごとに特徴のある機能があり、作成したメモを体系的にまとめる管理機能や、過去のメモをすぐに発見できる検索機能などが重宝します。
 
また、メモの共有機能があれば、プライベートだけでなく仕事用としてチームに導入できるので、業務効率や生産性の向上を図れます。さらに、タブレットはメモアプリ以外のアプリケーションも利用できるので、電子化された業務資料の確認や、他の人とのオンライン・コミュニケーションも可能です。
 
つまり、用途の幅が多いことが、タブレットの持つ最大のメリットと言えます。

タブレットのデメリット

一方で、タブレットは電子ノートよりも高価な場合が多いです。タブレットは多機能であり、ユーザーのさまざまなニーズに対応できるアイテムだからです。
 
メモを書いて消すだけの利用方法であれば、価格に見合ったタブレットの利便性を最大限に享受できません。しかし、メモ以外の用途でも利用する場合には、タブレットには便利なアプリや機能が揃っているので、検討する価値は十分にあります。


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

電子ノートの特徴

以下では、電子ノートの持つ特徴をメリットとデメリットに分類して、詳細にご説明します。

電子ノートのメリット

電子ノートは簡単なメモを書いて消すだけに特化したモデルであれば、比較的低価格で入手できます。そのため、移動の際に持ち歩く必要がないように複数購入して、オフィス用と自宅用とで分けての利用も可能です。
 
また、電子ノートはバックライトが搭載されていないので、長時間利用しても疲労感を感じにくい特徴があります。ただし、暗い場所では利用できないので注意が必要です。

電子ノートのデメリット

安価なモデルがある一方で、便利な機能を揃えるとメモだけを目的としたアイテムとしては高価になります。例えば、メモの長期保存機能、簡単にメモが作成できるテンプレート機能など、利用者の利便性を高める電子ノートが挙げられます。
 
メモの長期保存機能がない電子ノートは一時的なメモしかできないので、過去のメモを見返せません。そのため、電子ノートでメモした内容を、別途ほかのメモアプリに書き写す作業が必要になるので、非効率です。
 
したがって、メモを中長期的に保管しておきたい場合には高価格帯の電子ノートを検討する必要があります。しかし、高機能電子ノートの価格帯であれば、同程度の価格でタブレットを購入した方が、より使用用途が広がる可能性があるので慎重に比較しましょう。


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: iPadの手書き入力はメモに最適?メリットとデメリットを徹底解説

メモにはタブレットを活用しよう

メモを有効利用するために必要な機能を揃えると高価になりがちな電子ノートよりも、使用用途やメモアプリの選択肢が多いタブレットの導入をおすすめします。
 
しかし、タブレットにも大きく分けて「手書き入力」と、「テキスト入力」のメモアプリがあるので迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
 
タブレットのみでメモを利用する場合には手書き入力の選択肢もありますが、スマートフォンやパソコンでもメモの作成・確認をするのであれば、テキスト入力できるメモアプリを選びましょう。スマートフォンの画面では手書きメモは難しく、パソコンであればマウスで描画するよりもキーボードの方が効率的です。
 
さらに、タブレットやスマートフォン、パソコンなど、お手持ちのすべてのアイテムから最新のメモを確認するには、クラウド型アプリであるかどうかも必須条件です。
 
一方、「テキスト入力できるクラウド型アプリ」の条件に当てはまるメモアプリは多数あるので、「結局どのアプリを使うべきなのか分からない」という問題に直面します。また、実際に使ってみると「機能が多すぎて使いこなすのが難しい」と実感する方も多いでしょう。
 
結論、iPadやAndroidタブレットで簡単かつ効果的に利用できるメモアプリは、導入したその日から誰でも説明なしで使えるくらいシンプルなStock一択と言えるでしょう。
 
テキスト入力で簡単にメモが取れて、クラウド型のアプリなので場所や時間を選ばずに最新のメモを作成・確認できます。
 
Stockは非IT企業を含む導入実績が70,000社を超える、今注目のアプリであり、業界・業種問わず定評があります。

タブレットでメモが取れるアプリ「Stock」

Stockのトップページ

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

20ノートまでは無料で利用できます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になるほか、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用できます。

メモはタブレットか電子ノートか まとめ

これまで、タブレットと電子ノートのメリット・デメリットの比較をご紹介してきました。それぞれのメリット・デメリットは以下のようにまとめられます。
 
  • タブレット
  • メリット | メモアプリやメモの関連機能が豊富、メモ以外の利用法もある
    デメリット | 電子ノートよりも高価な場合が多い
  • 電子ノート
  • メリット | メモに特化していれば比較的安価、長時間でも疲れにくい
    デメリット | 他の機能を揃えると高価、メモ機能だけだと管理が非効率
 
メモは情報の記録だけでなく、過去のメモを適切に整理・管理するとマニュアルやナレッジへの横展開も可能です。そのためには、作成したメモが体系的に蓄積されていき、欲しい情報があるメモへ簡単にアクセスできる環境が必要です。
 
今回タブレットで使えるメモアプリとしてご紹介したStockは、メモなどの大切な情報を確実にストックして、かつメモを情報資産として最大限活かすための機能を兼ね備えたクラウド型のアプリです。
 
登録は無料かつ1分で入力が完了するので、ぜひタブレットにStockを導入して、快適にメモが取れる環境を作ってみてください。
 
関連記事: 【最新版】メモに最適なアプリ・Webサービスの厳選20選をご紹介!|活用術も提案
 
関連記事: メモ共有アプリ21選【iPhone・Androidに対応してるから安心!】
 
関連記事: メモアプリ10選!複数デバイスでメモを使いこなそう!【ビジネス利用向け】
 
関連記事: Androidで使えるメモ帳とは?仕事でもシンプルなアプリを使ってみよう!