新型コロナウイルス感染症の影響もあり、よく口に出されるようになった「テレワーク」という単語ですが、みなさんは正確にどのような意味かご存知でしょうか。
 
「テレワーク」「リモートワーク」「在宅勤務」など似ている言葉がたくさんあって、ややこしいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。
 
そこで今回の記事は、テレワークについて、意味や種類、メリットやデメリットを詳しく解説していきたいと思います。
 
 

テレワークとは?

テレワークの意味

日本テレワーク協会はテレワークについて、以下のように示しています。
 

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。
引用:一般社団法人 日本テレワーク協会

テレワークとは英語で「telework」と書き、「tele=離れた所」と「work=働く」の2つを合わせた造語です。
つまり分かりやすく言うと、「いつも働いているオフィスとは離れた場所で働くこと」を示します。

テレワークが広がった背景

テレワークのルーツは1970年代のアメリカ・ロサンゼルスにあります。
当時の、自動車による大気汚染と石油危機によるエネルギー不足への懸念から、問題解消を目的として、オフィスに行かなくても自宅で仕事ができるようにと「テレワーク」が始まったとされています。
 
日本では、1984年にNECが吉祥寺にサテライトオフィスを作ったのが、テレワークの始まりと言われています。
その後、インターネットの広がりとともに、21世紀になると、政府もテレワーク普及のための政策を徐々に打ち出すようになりました。
 
女性の雇用機会均等のため、少子高齢化に対応するため、多くの人が働けるようにとテレワークの仕組みが整備され始めています。
 
また、新型コロナウイルス感染防止のために政府から緊急事態宣言が発令され、出勤することが難しくなったため、多くの企業がテレワークを導入し、事業の継続を図ったのも記憶に新しいです。

リモートワークとの違いは?

結論から言うと、テレワークとリモートワークで大きな違いはありません。
 
「リモートワーク」とは英語で「remotework」と書き、「remote=遠い・遠方の」と「work=働く」を合わせてできた造語です。
英語の意味をみてもほとんどテレワークとほとんど変わりません。
 
強いて言うなら、「リモートワーク」はオフィスから離れて「仕事をすること」に対し、テレワークはリモートワークを含めた、ICTを活用した柔軟な「働き方」といえます。

3つのテレワークのタイプ

日本テレワーク協会によると、テレワークには3つのタイプがあるとされています。

在宅勤務型

在宅勤務型は、自宅にてパソコンや電話などを使って連絡をとりながら働く形です。

モバイルワーク型

モバイルワーク型とは、取引先のオフィスや、移動中に駅やカフェなどでパソコンやタブレット、携帯を利用して働くことです。

サテライトオフィス勤務型

サテライトオフィス勤務型とは、勤務先以外のオフィスでパソコンを使って働くことです。
会社が整備したサテライトオフィスや、コワーキングスペース、数社合同のサテライトなど、様々なサテライトオフィスで働くことが当てはまります。

テレワークのメリット・デメリット

メリット

テレワークによるメリットは様々です。
 
企業にとっては、働く場所を選ばないことから「幅広い人材を獲得」することができます。
従業員が最も効率のいい働き方を選べることで、勤務地と住居地がマッチしていなくても優秀な人材を確保できます。
 
また、オフィスの賃料や光熱費などの「オフィスコストを削減」することや、自然災害や感染症などが発生した際にも事業継続性を確保することができます。
 
従業員にとっては、「ワークライフバランスを実現」することにつながります。
満員電車を回避できることで移動時間を削減したり、IT化により非生産的な業務を効率化することによって、プライベートの時間がより確保されるようになります。
これにより、ストレス軽減や生活の質の向上、生産性向上が期待できます。

デメリット

一方で、デメリットとしては、「集中できない」「ON/OFFの切り替えが難しい」というように、生産性が低下するという声が挙がっています。
自宅にいると家族がいて仕事モードになれなかったり、周りに社員もいないのでだらけてしまうということが考えられます。
 
また、企業側からすると、「労働時間の管理」や「コミュニケーションが難しい」といった問題が挙げられます。
実際に会うことがないため、どのくらい働いているのか、テキストベースでのやりとりでは温度感が難しいというデメリットがあります。

テレワークが可能にする働き方

テレワークが適している人

テレワークが適している人は妊娠・育児・介護・怪我といった理由によって、通勤が困難な人です。
このような方々には、出社する必要がなく、家で仕事ができる在宅勤務型が向いているでしょう。
 
また、営業やカスタマーサポートなどの顧客対応をする人は、取引先のオフィスで仕事をするなどのモバイルワークや部分的に在宅勤務をするなど働き方ができます。
 
そのほかにも、総務や広報、企画などあらゆる職種でも週に何回か在宅勤務をするなど、テレワークはどのような従業員の方でも行うことができます。

テレワークによる新しい働き方

テレワークを導入することで、場所や時間、雇用形態に縛られず自由に働くことができます。
 
時短で働くしか選択肢がなかった人も、テレワークを上手く活用してフルタイムで働けるようになりました。企業側から見ても、妊娠や育児によって働くことを諦めた人や、海外人材といった優秀な人材を確保することができるようになりました。
 
また、副業する時間ができることで、幅広いスキルを得ることができたりキャリアプランを広げることができたりするなど、今までとは違った「新しい働き方」を生み出すことができます。

テレワークの導入がスムーズになるツール

テレワークのデメリットの一つとして「コミュニケーションが取りづらい」といったことが挙げられました。
 
ご紹介させていただくStockというツールを使えば、簡単にコミュニケーションをとることができるうえに、情報共有が容易になり、テレワークの導入をスムーズにすることが可能です。
Stockを導入することでテレワークによる新しい働き方を実現することができます。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

テレワークとは?テレワークについて詳細解説!

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。
 

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

テレワークとは?テレワークについて詳細解説!

https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
テレワークについて歴史から意味、3つのタイプなど、詳細に解説させていただきました。
テレワークによって、今まで働くことが難しかった方でも働くことが可能になりました。
 
是非、テレワークの導入がスムーズになるツールを活用し、新しい働き方を実現していただけたら幸いです。