「Evernoteを使ったタスク管理方法を知りたい!」
「Evernoteと他のタスク管理ツール、どっちが良いの?」

今回はこんな疑問を抱えた方々に向けて、
EvernoteでのToDoリスト作成方法メリット・デメリットを紹介します。

Evernoteとは?という方は、「Evernote(エバーノート)の使い方とは?いまさら聞けない特徴と活用法」をご参照ください。

Evernoteをお使いの方は、本記事を読んでEvernoteでのタスク管理を攻略しましょう!

 
関連記事: 「タスク」と「ToDo」の違いって?仕事がはかどるタスク管理術・ツールを紹介!
 
Stockのバナー

Evernoteでのタスク管理法

それではEvernoteでのタスク管理の方法をご説明します。

Evernoteにはチェック機能というものがあります。
このチェックリストを使いToDoリストを作成していきます。

手順はいたって簡単で、新規ノートを開き、チェックボタン☑️ を押してタスクを書き込んでいくだけです。

Evernoteを使ったタスク管理法!〜ToDoリストを作成しよう〜
 
Evernoteを使ったタスク管理法!〜ToDoリストを作成しよう〜
チェックボックス機能以外に、Evernoteにはリマインダー機能が存在しており、タスク忘れの心配がありません。
今日はやらないけれど明後日にやる、といった作業も後で通知をしてくれます。

関連記事: タスク管理の方法とは?効果的に管理できる方法をツールも合わせてご紹介
Stockのバナー

[発展]表を使ったタスク管理方法

Evernoteには表を作る機能があります。
この表機能を使うことで、タスクの期日や見込み時間などをわかりやすくできます。

まず初めに、上のマス目のボタンを押します。
すると、列と行の数を決めることができるので、必要な数だけ選択します。
後は好きなようにタスクや期日などの項目を作り、打ち込んでいくだけです。
 
Evernoteを使ったタスク管理法!〜ToDoリストを作成しよう〜
 
Evernoteを使ったタスク管理法!〜ToDoリストを作成しよう〜
 
他にもノートを分類する、ノートブック機能もあるので、副業をしている人やプライベートでもタスク管理をしたいという方にもぴったりです。

私のオススメは、1日のToDoリストとは別に、やることリストを作ることです。
やることリストには、期日問わずやることを書いておき、今日のToDoリストを作るときに見直してタスクを追加します。

そうすることで、リマインダー機能を使うことなくタスク忘れを防止することができます。
また、やることリストに全てのタスクを書くことで、一箇所にタスクがまとめられ効率よくタスクを管理することが可能です。

 
関連記事: エクセルでタスク管理する方法とは?ツールを使った方法も試してみよう!
Stockのバナー

Evernoteのメリット

PDF資料が貼りやすい

Evernoteではドラッグ&ドロップでPDFを貼り付けることができます。

会議の資料などを貼り付けるのが一般的ですが、特に学術論文を貼り付けるのに最適です。
研究を行う学生や研究者は膨大な論文を読む必要があります。少しでも気になる論文をできる限り多く保存する必要があるので、簡単に貼り付けられるEvernoteは重宝します。

タグを使ったノートの分類が可能

Evernoteでは、各ノートに対してタグ付が可能です。

タグにノートを分類できるので、ノートの属性をわかりやすくしたり、タグで検索して絞り込むことができるようになります。

 
関連記事: タスクマネジメントとは何か?「一人の場合」と「複数人の場合」の違いを考えてみよう!
Stockのバナー

Evernoteの注意点

便利で使いやすいというメリットを持っている「Evernote」ですが、いくつかデメリットも存在します。
 

情報共有が煩わしい

Evernoteでは共有をする際に、ノート毎又はノートブック毎に共有する必要があります。
また、共有をする時に共有者のメールアドレスや、既に登録している共有者の名前を打つ必要があります。

個人での利用に最適化をしているEvernoteなので、複数人でのチームで使うには適していないようです。

接続端末が2台まで

Evernoteには無料・プレミアム(¥600/月)・法人(¥1100/月)の3つのプランがあります。無料プランでは同じアカウントに接続端末が2台までなので、複数端末を使う方に不便に感じるでしょう。

他にも無料プランでは、月に60MBまでしかアップロードすることができません。画像や動画、PDFを頻繁に上げる人は、有料プランを使う必要性があります。

 
関連記事: タスク管理アプリはメンバー間の共有ができるものを選ぼう!
 
関連記事: Evernoteの代替サービスは?無料で利用できるオススメツール15選
 
関連記事: Evernoteの代替サービス20選!選ぶときのポイントとは?
Stockのバナー

情報共有が簡単!チャット機能付きタスク管理ツール

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用できます。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。
 
関連記事: 使いやすいタスク管理アプリ20選!今すぐ使ってタスク漏れを防ごう
 
関連記事: スマホでも簡単!タスク管理・ToDoアプリをご紹介
 
関連記事: ToDoリストの管理ツールおすすめ11選!ポイントは共有・通知・繰り返しができるか!
Stockのバナー

まとめ

Evernoteを使ったタスク管理と、メリット・デメリットをご理解いただけたでしょうか?

それぞれのメリット・デメリットを理解して、自分にあったツールを使いましょう!

関連記事: 【2021年最新版】タスク管理とは?チームで使える19個のオススメ管理ツールも徹底比較
 
関連記事: ToDoとは?ToDoリスト作成のメリットから作り方まで解説!
 
関連記事: Evernote(エバーノート)の使い方とは?いまさら聞けない特徴と活用法