有名なビジネスチャットツールのひとつに「Slack(スラック)」があります。SlackはIT企業を中心に利用されており、スピーディーなメッセージのやりとりができるのが特徴です。
 
一方、今回はSlack公式から「2022年9月1日から一部の料金と仕様を変更する」との発表がありました。それらのアップデートに伴い、とくにネットで騒がれているのが「メッセージが過去90日分しか閲覧できなくなる」というフリープランの変更です。
 
これまでは、過去10,000メッセージまで閲覧できましたが、今後はメッセージ数に関係なく、90日が経過するとアクセス不可になります。そのため、「Slackで仕事をしていたが、過去の情報が閲覧できないのは困る」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、Slackの変更内容やユーザーの声、具体的な対策を中心にご紹介します。
 
  • Slackのアップデートに対する利用ユーザーの口コミが知りたい
  • 90日の閲覧制限は厳しいので移行を考えているが、めぼしいツールがない
  • Slackは使い続けたいが、90日でメッセージが閲覧できなくなるのも防ぎたい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、Slackの変更で困ることが運用レベルでイメージでき、Slackの代替先やSlackを使い続けながら対策する方法も分かります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Slackのアップデートで何が変わる?

以下では、Slack公式から発表されたアップデート内容と、そのお知らせに対する利用ユーザーの声をご紹介します。現在、Slackのフリープランを利用しているチームには、大きな影響があるアップデートなので必ず目を通しましょう。

2022年9月1日から変わる3つのこと

Slackは2022年9月1日から、以下の3つの変更を適用することを発表しました。
 
  • プロプランの料金改定
  • 中小企業向けのプロプランが、一人あたり960円/月から1,050円/月(年契約は850円/月から925円/月)に値上げします。ほかのプランでは料金改定はされません。
     
  • フリープランの機能追加
  • フリープランで利用できる機能が一部追加されます。たとえば、音声や動画をすぐに撮影して送信するクリップ機能などが利用できるようになります。
     
  • フリープランのメッセージ閲覧制限
  • 従来は、10,000メッセージと5GBのファイルが保存できました。2022年9月1日以降は、直近90日以前に共有されたメッセージやファイルは閲覧できなくなります。
 
Slack公式から発表されたアップデートは以上の3つです。ビジネス向けツールにとって料金改定や仕様変更はよくあることですが、今回のアップデート自体に疑問を抱くユーザーの声もあるのでご紹介します。

疑問を抱くユーザーの声

Slack公式は「Slack史上初、プロプラン料金を値上げします」や「制限が90日に変わったことでアクセスできるメッセージ履歴が増えるでしょう。過去90日間にどれほどSlackを使っていても、その間の履歴には必ずアクセスできます」と発表しました。
 
上記のお知らせを見たSlackユーザーからは、以下のような声が上がっています。
 






以上のように、Slack公式が発表したお知らせの文面に対して、ネガティブな印象を受けるユーザーが増えています。
 
そして、具体的な変更内容についても不満の声を上げるユーザーがあとを絶たず、ネットでは「今回のアップデートは改悪」と言われているので、そちらもご紹介します。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Slack利用ユーザーの実際の声

Slackを利用しているユーザーからは「今回のアップデートは改悪だ」と言われています。以下は、2022年9月1日からのアップデートに対するSlackユーザーの実際の声です。
 






以上のSlack利用ユーザーの声はごく一部を抜粋したものですが、料金改定よりも「90日の閲覧制限」に対する不満が多いのが特徴です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Slackのアップデートが「改悪」と話題な3つの理由

今回のアップデートで「過去10,000メッセージまで閲覧可能」から「過去90日のメッセージまで閲覧可能」に変更されたことで、Slackユーザーからは改悪であるとの声が上がっています。具体的には、以下の3つが不満の原因です。
 
  • 90日はビジネス利用には短すぎる
  • 3ヶ月でメッセージが閲覧できなくなるのは、仕事で利用するには制限が厳しいと言えます。とくに、プロジェクト単位で仕事をする場合には、立ち上げ当初のメッセージが一切閲覧できなくなる恐れがあるのです。
     
  • 中小規模チームで使いづらくなる
  • メッセージのやりとりが少ない小規模チームにとって、90日の閲覧制限は大きなハードルになります。従来の10,000メッセージ制限であれば余裕を持って利用できていたチームでも、今後はメッセージ数に関係なく90日を過ぎれば閲覧できません。
     
  • ストック情報を管理できない
  • 90日が経過したメッセージが見られないということは、社内wikiや掲示板のような「ストック情報」の管理には一切使えなくなります。そのため、多くのSlackユーザーは、別ツールを検討する必要に迫られているのです。
以上の3つの理由から、これまでフリープランで仕事をしていた中小規模のチームを中心に、Slackの代替ツールを検討しなければならない状況になっています。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【乗り換え】Slackの改悪を解消するおすすめのツール

以下でご紹介するのは、Slackの改悪を解消するおすすめのツールです。
 
今回のSlackの仕様変更は、中小規模のチームにとって大きな痛手になります。今後、フリープランでは過去90日のメッセージしか閲覧できないので、これまで10,000メッセージもやりとりをしていなかった場合には、不便に感じることが多くなるのです。
 
また、社内wikiや掲示板のような使い方をしていたチームでは、そもそもの運用を見直す必要に迫られます。今後は、3ヶ月でメッセージやファイルにアクセスできなくなるので、長期的に保管しておくべき「ストック情報」の管理が困難です。
 
そのため、Slackからの移行を検討する際には、メッセージの保存期限に制限がないのはもちろんのこと「大切な社内情報を確実に蓄積できるツール」を候補にしましょう。
 
たとえば、チャットで流れてしまう情報を「ノート」にストックして、ノートに紐づく「メッセージ」でスピーディーなやりとりができる「Stock」であれば、Slackの代替に最適です。
 
Stockは、フリープランでもメッセージの保存期間に制限がないので、Slackのように不便さを感じません。また、Stockのノートにはファイル添付ができ、さらにメッセージも紐づいているので、ファイル管理ツールとチャットツールを併用する必要がなくなります。

フロー情報とストック情報の両方を管理できるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【対処法】フリープランで90日以前のメッセージを閲覧する方法

「Slackからの移行は考えていないが、90日以降も大切な情報を管理できるようにしたい」というチームに向けて、以下では唯一の対策をご紹介します。具体的な設定手順も解説しているので、フリープランを利用している場合には必見です。

SlackにStock(ストック)を連携する

2022年9月1日からのアップデートで、Slackで共有されたメッセージやファイルは90日経過後に閲覧できなくなります(フリープランのみ)。しかし、Slackを利用しながら大切な情報を別の場所で管理する方法があるのです。
 
結論、SlackのメッセージをStock(ストック)に蓄積すれば、90日が経過しても閲覧できるようになります。たとえば、SlackとStockを連携して以下の機能が利用可能です。
 
  • Slackのメッセージを、Stockへ保存できる
  • Stockのメッセージを、Slackで確認できる
以上のように、Slackで共有されたメッセージをStockへ蓄積すれば、フリープランの改悪にも対応できます。

SlackとStock(ストック)を連携する方法

以下では、SlackとStockを連携する方法を解説します。
 
(1)Stockにログインまたは無料会員登録をします
 
(2)画面右上にある[設定]>[お名前]をクリックします。

Stockの設定画面から名前をクリックする画像

 
(3)画面左側メニューにある[Slack連携]から、[連携する]をクリックします。

Slack連携から連携するボタンをクリックする画像

 
(4)Slackとの連携画面で[許可する]をクリックします。

許可するボタンをクリックする画像

 
(5)Slackとの連携設定が完了したら、[Slack連携をテスト]をクリックします。

Slack連携をテストをクリックする画像

 
(6)Slackにテストメッセージが表示されていることが確認できれば、無事に連携が完了しています。

Slackテストメッセージ表示画面

 
(7)Slackのメッセージにカーソルを合わせ、[⋮]から[この発言をストックする]を選択します。

この発言をストックするの画面

 
(8)Stockの格納先の「フォルダ」と「ノートタイトル(任意)」を入力し、[ストックする]をクリックします。

SlackからStockへ保存する設定画面

 
(9)Stockでノートが作成された旨のメッセージが表示されるので、[Stockで開く]をクリックします。

Stockで開くリンクをクリックする画面

 
(10)Slackのメッセージが、Stockのノートとしてストックされました。
SlackのメッセージをStockにストックする画面


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Slackの90日制限が改悪と言われている理由と対策まとめ

これまで、Slackの変更内容やユーザーの声、具体的な対策をご紹介しました。
 
Slackの利用ユーザーからは「90日でメッセージが閲覧できないのは改悪だ」との声が上がっています。そして、Slackのフリープランを使い続けていた企業でも、今回の変更を機に移行先を検討し始めているのです。
 
社内で共有された情報に3ヶ月後にアクセスできなくなるのは、ビジネスをするうえで致命的な問題だと言えます。そのため、過去に共有された情報にいつでもアクセスできるツールへの移行に迫られているのです。
 
結論、Slackの代替ツールには、情報が流れないようにストックして、社内のあらゆる情報にいつでもアクセスできる「Stock」一択と言えます。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひSlackの代替ツールの「Stock」を導入して、大切な社内情報に簡単にアクセスできるようにしましょう。