社内SNSの導入には、社内のコミュニケーションを円滑にし、社員の帰属意識を向上させるという効果があります。社員同士のコミュニケーションの活性化により企業理念などの共通目標の浸透に繋がるのみならず、職場環境の風通しが良くなり、企業への帰属意識が高まります。
 
一方、社内SNSを導入したいが、ストレスを発生させずに効果的な運用ができるかに懸念がある担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、社内SNSにストレスを感じる理由とストレスの原因を解決する方法を中心に解説します。
 
  • 社員がストレスを感じない社内SNSの運用方法を知りたい
  • ストレスを感じさせない「簡単ですぐに使える」社内SNSがあれば導入したい
  • 現状でもやりとりは活性化されているが情報が追えないという問題が発生している
といった担当者の方は本記事を参考にすることで、社員がストレスを感じにくい社内SNS運用方法を知り、自社の煩雑な運用をシンプルにできます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

社内SNSで感じるストレスの種類とは

ここでは、社内SNSで感じるストレスの種類を中心に解説します。社内SNSにおけるストレスはもちろん対策もご紹介しているので、把握しながら選定および導入を進めると、トラブルが発生する可能性を削減できるようになります。

上司の発言によって他の人が発言しづらい

上司や役員の発言により、他の社員が発言しづらい雰囲気になることがあります。
 
伝え方を工夫しなければ上司や役員が社内SNS上で意見を発信した際に、他の社員が異なる意見の発信がしづらい空気が生まれる可能性があります。結果として、投稿の数が減りコミュニケーションの活性化も実現しにくくなってしまうのです。
 
たとえば、社内SNS上で上司が社員の特定の意見を改善すべきという投稿をすると、ほかの社員の社内SNS利用が激減したという事例があります。
 
上司や役員が社内SNSを利用するにあたり、他の社員が発言しやすい社内SNS環境構築のためにも発言の仕方やタイミングには特に気遣わなければなりません。

SNS疲れが発生している

社員が社内SNSの利用に疲れを感じ、投稿数が減ってしまうことがあります。
 
社内SNSはFacebookやTwitterなどのSNSと同様に、時間と場所を問わずメッセージを確認できます。そのため、社員は新しいメッセージが届くたびに確認しなければならないと感じ、社内SNS利用にストレスを抱きやすくなります。
 
したがって、業務時間外は社内SNSの利用を禁止するなどの社内SNS運用ルールを策定し、社員のSNS疲れが起きないように運用する必要があります。

導入費用・時間的コストがかかる

社内SNSを実際に運用するまでに導入費用や時間的コストがかかり、導入を踏みとどまってしまう可能性があります。
 
多機能な社内SNS用ツールを導入すると、高額な導入費用がかかがちです。また、社員全員が使えるようになるための教育を行う時間が必要になります。とくに、ITリテラシーが高くない社員には他の社員よりも長く教育を行う必要があるのです。
 
導入費用や時間的コストを削減するためにも、社内SNS用には「Stock」のように、メンバーのITリテラシーを問わず誰でも簡単に使えるツールを選定する必要があります。

社内SNSがプライベートまで浸透してしまう

社内SNSの仕組みがプライベートで利用しているSNSと似ていることで、プライベートのSNSとの区別がつきにくくなってしまうことがあります。
 
業務の合間に息抜きとして適度なコミュニケーションを取ることは大切ですが、過度に業務に無関係なコミュニケーションを取ることは業務に集中したいメンバーを阻害します。
 
そのため、「業務時間内はプライベートの話を禁止」「雑談の限度を具体的に決める」などの取り決めをあらかじめ定めておきましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

社内SNSの導入時に感じるストレスを抑える方法

以下では、社内SNSで感じるストレスを抑える方法について解説します。役職を問わず社員全員が導入した社内SNSを快適に利用できるように、以下の運用方法を参考に快適な社内SNS環境を構築しましょう。

社内SNSの試用期間を設ける

社内SNSを導入する際に、いきなり会社全体で導入するのではなく、まずは特定の部署やチーム単位で導入・運用を行い自社全体で運用が可能かを見極めましょう。
 
多機能なツールの場合はチーム単位でも浸透しない可能性があるうえ、機能が限られているツールであっても実際に運用すると備わっていない機能が必要となる可能性があるからです。
 
したがって、本導入後のミスマッチをなくすためにも、試用期間を利用して導入予定のツールが本当に自社に浸透するかを客観的に判断しなければなりません。

シンプルで使いやすいツールを使う

社内SNSはITリテラシーを問わず、誰でも簡単に使いやすいシンプルなツールである必要があります。
 
仮に、複雑なツールを導入すると、使いづらいなどの理由で社員が抵抗感を覚えてしまい、利用頻度が低下して社内SNS自体が形骸化してしまう可能性があるのです。また、「有名だから」などの定性的な判断で複雑なツールを導入してしまうと、社員がツールの利用方法に慣れることが難しくなります。
 
そして、結果的に運用に失敗し、月額費用を無駄に払い続けることにもなりかねないので、必ず「全社で使えるか」を確認しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

社内SNSとしてストレスを感じずに使えるツール

以下では、社内SNSのストレスを解消しながら、誰でも使えるツールをご紹介します。
 
ストレスを感じやすい社内SNSは「多機能でさまざまなコストがかかるツール」でした。そのため、ツールを初めて導入する非IT企業はとくに、ITリテラシーの低い社員を中心に選定を進めなければなりません。
 
また、多機能なツールは導入後のルールも煩雑となり、そもそもルールが浸透しない状態にも陥ってしまうのです。ただし、ツールの機能が不足していれば再度ツール選定が必要となるので、はじめに導入する社内SNSは「機能に過不足がないこと」が一番大切です。
 
したがって、非IT企業向けの社内SNSには必要な機能を過不足なく備えており、誰でも簡単に使えるツールである「Stock」が必須です。
 
Stockの「ノート」へはテキストはもちろんあらゆるファイルを直感的に蓄積できます。また、ノートに紐づいた「メッセージ」は話題が錯綜せずにやりとりが可能なので、社内SNSにありがちな「関係のない話題で情報が埋もれる」ストレスがありません。

ITリテラシーを問わず誰でも直感的に使えるツール【Stock】

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

社内SNSにおけるストレスの種類と抑える方法まとめ

ここまで、社内SNSにおけるストレスの種類・抑える方法を解説してきました。
 
社内SNSで感じるストレスの原因は、主に多機能なツールを選定したことで社員が使いづらく感じてしまったり、運用ルールが定められていないことで利用方法が属人的な判断に委ねられていたりすることです。そのため、シンプルなツールを導入し、社員が不満を抱かないための運用ルールを策定することが必須です。
 
ただし、シンプルなツールでも必要な機能が「過不足なく」備わっている必要があります。仮に、運用の際に機能が不足しておりツールの再選定となると、社内の強烈な抵抗感からさらに定着しづらくなるうえ、ルール変更による社内の混乱も避けられません。
 
したがって、今回ご紹介したStockのように機能の過不足がなく、非IT企業の65歳以上のメンバーでも簡単に使える社内SNSを使いましょう。業界業種問わず100,000社以上に導入され、各社情報共有の効率化を実現しています。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入し、ストレスのない社内SNS運用を行いましょう。
 
関連記事: 無料で使える社内SNSのオススメツール11選!