日々の業務の中で発生する「タスク」を皆さんはどのように管理していますでしょうか。
 
  • タスクを設定したものの、期日管理をしていなかったため、漏れてしまった
  • 付箋にメモしたタスクの具体的な作業内容を忘れてしまった
  • 他の人にお願いしたはずのタスクが伝わっていなかった
などの問題を経験したことがある人も多いはずです。
 
Stock(ストック)を使えば、これらのタスク管理の悩みが一気に解消します。
 
今回の記事では、Stock(ストック)のタスク機能の概要や特徴、便利な使い方をご紹介します。
他のツールなどを使っていても、なかなかタスク管理がうまくいっていないと感じている方は、是非参考にしてみてください。
 
Stock(ストック)を使って、チーム内のタスク管理を効率化しましょう!
 
※「Stock(ストック)」とは?という方は、こちらの記事もご覧ください。
 

Stock(ストック)のタスク機能とは?

Stock(ストック)のタスク機能には、「ノートに紐づくタスク」と「ノートに紐づかないタスク」の2種類あることが特徴です。
 
特に、「ノートに紐づくタスク」は他のツールに無い、Stock(ストック)独自の機能です。
 
下記でご紹介するように、それぞれの特徴を活かしてタスク機能を活用することで、普段の業務のタスク管理を大幅に効率化できます。

ノートに紐づくタスクとは

Stock(ストック)は、ノートに紐づけてタスクを管理できます。
タスクをノートに紐づけられることで、タスクに関する内容がすぐに分かり、やるべき作業内容も明確になります。
 
例えば、「提案書の送付」というタスク名だけでは、「何の提案書」で、「どのような内容の提案をすればいいか」というのが分かりません。
しかし、Stock(ストック)では、画像のように「9/12 田中部長との打ち合わせ」というノートに紐づけてタスクが設定できます。そのため、設定したタスクから該当の会議メモにすぐアクセスでき、効率的に提案書の作成ができます。
 

Stockのタスク画面

 
関連記事: Stock(ストック)の「ノート」を使えば、チーム内の情報共有が驚くほど簡単になる!

ノートに紐づかないタスクとは

一般的なタスク管理ツールのような形でタスクの設定ができます。
ノートに関連しないようなタスク(例えば「銀行に行く」「領収書をまとめる」など)も設定できるため、個人的なタスク管理としても利用できます。

Stock(ストック)内のタスクは一覧で管理できる

もちろん、Stock(ストック)内のタスクは一覧形式で確認できます。
自分が担当しているタスクや、他メンバーが担当しているタスクなど、チーム内のタスクを簡単に確認できます。
 
また、日付ごと・担当者ごとに絞り込みができる他、検索機能も付いているので、チーム内で「誰の」「どんな」タスクがあるか、一目瞭然です。
 

Stockのタスク一覧画面

Stock(ストック)の「タスク」の便利な機能

Stock(ストック)の「タスク」は、下記のような便利な機能を使うことで、より効果的なタスク管理ができます。
特に日々多くのタスクが発生する場合や、メンバー間の共有が必要な場合にはぜひ使っておきたい機能です。

スター機能

設定したタスクの中で重要なタスクがある場合には、タスクに「スター(★)」を付けることができます。
「スター(★)」が付いているタスクが上位表示されるほか、スター付きタスクのみを絞り込み検索することもできるため、優先度の高いタスクを見逃すことがありません。
 

Stockのタスクのスター機能

繰り返し設定

繰り返し設定をすれば、ルーティンタスクが多い場合にもタスク漏れの心配がありません。
例えば、毎週水曜日に「資料作成」というタスクがある場合には、「繰り返し設定」を使うことで、自動で毎週のタスクが設定されます。
 

Stockのタスクの繰り返し設定

通知設定

Stock(ストック)のタスクでは主に「タスクが作成・完了した際の通知」と「期限に関する通知」の2種類があります。
適切なタイミングで通知されることで、タスク漏れの心配がなく、他の人にお願いしたタスクの管理も簡単です。

タスクが作成・完了した際の通知

Stock(ストック)では、タスクが作成された場合と完了した場合に、それぞれ通知されるようになっています。
 
例えば、AさんがBさんにタスクを依頼した場合、「依頼者:Aさん、担当者:Bさん」として作成されます。そして、タスクが作成された旨は、Bさんに通知されます。
 
また、Bさんがタスクを完了した際には、依頼者であるAさんにその旨が通知されます。

期限に関する通知

当日まで期限のタスクがある場合には、指定された時刻にプッシュ通知とメールで通知されるように設定できます。
また、タスクが時間指定されている場合には、その時刻になると通知されるようになっています。
 
このように、タスクが作成・完了したタイミングだけでなく、期限に関する通知も来るため、タスクの対応漏れを防げます。

まとめ

Stock(ストック)のタスク機能の特徴は、下記の通りです。
 
  • 「ノートに紐づくタスク」と「ノートに紐づかないタスク」の2種類がある
  • 「ノートに紐づくタスク」を使えば、タスクの概要を見ながら対応できる
  • タスクの依頼者や担当者に通知がいくので、対応漏れの心配がない
今まで様々なタスク管理の方法を試してもうまくいかなかった方は、是非一度Stock(ストック)に登録してみてください。
「ノートに紐づくタスク」を活用することで、タスクの内容を正確に把握し、期限内に対応できるようになります。
 
関連記事: Stock(ストック)のフォルダの特徴とは?概要や便利な機能をご紹介!
 
関連記事: Stock(ストック)のメッセージ機能は便利!?チャットツールの悩みを解消できる理由とは?
 
関連記事: Stock(ストック)のセキュリティは安全?関連機能と評判をご紹介!
 
関連記事: Stock(ストック)の「ビジネスプラン」で使える機能を一挙ご紹介!
 
関連記事: Stock(ストック)の「エンタープライズプラン」で使える機能を一挙ご紹介!
 
関連記事: Stock(ストック)は全デバイスでアプリを使える!それぞれの特徴を徹底解説
 
関連記事: Stock(ストック)の使い道って?具体的な活用シーンをご紹介!