「スマートフォンの空き容量が少なく、写真や動画を保存できない」
そんなお悩みはございませんか?
 
しかし、容量を空けようと調べてみると、データの移行やバックアップなど、難しそうな単語ばかりが並んでいます。
そこで今回は、お使いのスマートフォンやパソコンの容量を空ける最も簡単な方法をご紹介いたします。

<この記事で最もおすすめのツール「Stock」とは?>
「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい」というお悩みはありませんか?
Stockは、「チームの情報を最も簡単に残せるツール」です。

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。

https://www.stock-app.info/

個人でのクラウドストレージの活用法

クラウドストレージとは

クラウドストレージ(オンラインストレージや、ストレージサービス、webストレージとも呼ばれます)とはデータを保存しておくためインターネット上に設置されたスペースです。
 
つまり、パソコンやスマートフォンの容量を利用しなくても、大切なデータの保存が可能になります。
 
保存するデータの容量が大きくなると、お使いのパソコンや、スマートフォンの容量では足りなくなる場合がございます。
そんな時に、クラウドストレージを使うことで、USBフラッシュメモリなどの物理的な保存用ストレージを使用しなくてもデータの保存が可能です。
 

個人での使い方

写真や動画の保存

個人での利用の場合、最も利用しやすく便利な活用法だと思います。
皆さんが利用するスマートフォン内の容量は限られており、容量が足りなくなると、せっかくの思い出の写真たちをやむなく削除しなくてはならないということも起こってしまいます。
 
しかし、そんなことをしなくてもクラウドストレージに写真や動画を保存しておくことで、スマートフォン本体の容量を圧迫することなく大切な写真や動画を保存しておくことができます。
 

データのバックアップ用として利用する

大切なデータを扱っている際に、そのデータが自然災害やデバイスの破損などが原因で突然紛失してしまうというリスクがあります。
 
そんな大惨事にならない為にも、データは確実にバックアップを取っておくことが望ましいでしょう。
そんな時も、クラウドストレージ上で保存しておくだけで、簡単にバックアップをすることができます。
 

家族や友人とのデータ共有

クラウドストレージを活用する1番のメリットとなる点と言えるでしょう。
ハードディスクや内部ストレージにデータ・ファイルを保存していると、他人と共有する際に送受信する手間が発生します。
 
ところがクラウドストレージに保存していれば、他の人も同じところにアクセスすることができるため、わざわざデータの送受信をする必要がなくなります。
 
 
関連記事: クラウドストレージ10選!ファイル管理をクラウドに移行してみよう!


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

クラウドストレージの選び方

クラウドストレージを選ぶ際のポイント

データ容量

今後、増えていくであろう自分のデータも踏まえて十分な容量を確保しておく必要があります。
保存の容量だけでなく、アップロードやダウンロードの1回あたりの最大容量も十分でなければ活用するのは困難です。
 
普段よく使うファイルやこれから使用するであろう容量を事前に確認すると良いでしょう。
 

費用

個人で利用する際は、基本的には無料のもので機能は十分事足りると思いますが、容量やセキュリティが心配な場合は、有料のサービスの方が安心でしょう。
自分がどの程度の機能を利用するのかを確認し、それに見合った料金のサービスを選ぶと良いでしょう。
 

スマホ対応

対応している端末の種類によってクラウドストレージ使い勝手に大きく影響します。
そのため、スマホで操作が可能であることもポイントの一つです。
 
スマホが対応していれば、パソコンがない状況でもファイルの閲覧や簡単な編集程度なら行えるので、業務の効率化につながります。
 

機能

機能に関しても、細かく確認しておきましょう。
例えば、他の人に自分のデータを共有したい場合に、相手ができる動作を制限することができる機能も存在します。
 
今後の運用方法に合わせて、使いやすい機能が備わっているサービスを選びましょう。
 

無料サービスと有料版の違い

個人利用には便利な無料サービス

無料のオンラインストレージのほとんどが個人利用を目的としたサービスで、容量は5~10GB程度のものが一般的です。
 
無料で使えて利便性も高いので、個人利用での大容量データの一時保管には向いています。
しかし、これらは有料で提供されているサービスに比べ、セキュリティ機能や管理機能に制限があるものがほとんどです。
 

セキュリティ面や機能面が充実している有料サービス

有料で提供されているサービスは、ビジネス利用を目的としたサービスが多く、1TBを超える大容量での利用が可能な場合もあります。
 
無料サービスとの大きな違いは、ID管理によるアクセス権の設定や削除データ管理のような管理機能といった、強固なセキュリティ機能が備わっている点などが挙げられます。
 
関連記事: ビジネス向けのクラウドストレージ10選!各ツールの特徴を比較してみよう!


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

個人利用におすすめのクラウドサービス5選

ここまで、オンラインストレージサービスの活用方法や、選ぶ際に気をつけるべきポイントをいくつか紹介してきました。
これを踏まえて、実際におすすめのサービスを5つ紹介していきたいと思います。
 

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

Stockの料金

https://www.stock-app.info/pricing.html

20ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。
 
 

Dropbox

Dropboxのトップページ

Dropboxは世界初のスマートワークスペースとして誕生したサービスです。
今、全世界で多くの人々から利用されているサービスの1つです。

<Dropboxのポイント>

  1. ファイル整理が簡単
    いくら大容量のスペースがあっても、ただ単にファイルを保存しているだけでは作業効率が落ちてしまいます。しかし、Dropboxはきちんとファイル整理がされる為、大人数で作業を進める際も業務効率を落とさず作業が可能です。
  2. ユーザーによってカスタマイズが可能
    ファイルやフォルダは、ユーザーごとにカスタマイズされ、検索しやすくなります。また、Dropboxの場合、ファイルやドキュメントなどを1ヶ所にまとめることができるため、必要なデータを探す手間がなくなります。

<Dropboxを使う上で気を付けておきたい点>

  1. 無料版の最大容量が物足りない
    一方、デメリットとして、Dropboxの無料版は容量が2GBしかないため少し物足りなく感じる方も多いかもしれません。そのため、容量が気になるという方は無料で使わず、有料プランで容量を増やすしかないでしょう。

<Dropboxの料金>

Dropboxには下記の4つの料金プランがあります。
無料プランの場合、2GBまで利用できます。
Plusプランの場合、1,200円/月で1TBまで利用可能。
プロプランの場合、2,400円/月で1TBまで利用可能。全ての機能が利用可能。
ビジネスプランの場合、1,200円(1人あたり)/月 で1TBまで利用可能。
ビジネスプランは、企業やチームなどで活用するためのプランになります。
 


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/
 

Google Drive

Google Driveのトップページ

Google DriveはGoogleアカウント1つで誰でも利用できる利便性の高いサービスです。
GmailやGoogleドキュメントなど、Googleの他のサービスと連携しており、AndroidスマートフォンやChromeブラウザと相性がいいこともポイントです。Androidスマートフォンのユーザーなら、無意識に使っているのではないでしょうか。
もちろん、iPhoneからも使えます。
また、マルチプラットフォーム、マルチデバイス対応で、専用アプリもあるのでスムーズに使えます。

<Google Driveのポイント>

  1. Googleアカウント1つでスマホからも利用可能
    Google Driveは、Googleアカウントに紐づけされているので、同じGoogleアカウントで接続すれば、異なるスマホやタブレット、パソコンなどからすぐにアクセスできます。
  2. セキュリティ機能が搭載されている
    ファイルは共有しない限り非公開の設定なので、他の人に見られる恐れはありません。もしPC・スマホ・タブレットを紛失・破損した場合、ログインCookieリセット、または、モバイル端末のデータ消去などを使うことで情報漏洩対策になります。

<Google Driveを使う上で気を付けておきたい点>

  1. 自動同期が不安定
    Google Driveの自動同期は便利ですが、不安定になってうまく動作していないことがあります。
    保存したつもりで保存できていなかったという事態になりかねないため、定期的にチェックしましょう。また、同期の設定に専用ソフトが必要なのも不便な点の1つです。
  2. 削除設定に注意が必要
    ローカルとクラウドを自動同期している場合、ローカルからファイルを削除するとGoogle Driveからも削除されます。ローカルからのみ削除したい場合や、Google Driveからのみ削除したい場合には注意が必要です。削除関連の設定を変更するか、別途バックアップを取る等の対策しましょう。

<Google Driveの料金>

Google Drive基本的にGoogle アカウントさえあれば無料で使用できるサービスです。
無料の Google Driveを利用する場合、保存容量に15GBの制限があります。それ以上の容量を利用したい場合は有償版のGoogle One、もしくは Google Workspaceを選択する必要があります。
ただ、Google Workspaceはビジネス向けのグループウェアのため、単純にGoogle Driveを利用したいだけであれば、機能としては過剰かもしれません。その場合は、Google Oneの機能で十分でしょう。
 

div>容量と料金をまとめると、

・Google Driveは、容量が15GBまでで、無料
・Google Oneは、容量が100GB〜30TBで、250円〜39,000円(1ユーザーあたりの月額料金)
・Google Workspaceは、容量が30GB〜無制限で、680円〜(1ユーザーあたりの月額料金)
となります。
 


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/
 

iCloud Drive

iCloud Driveのトップページ

 
iPhone・iPadなどのApple製品を利用している人に適しているオンラインストレージは、なんといってもiCloud Driveです。
スマホ・タブレットで使用するイメージが強いですが、パソコンからのアクセスも容易になっています。

<iCloud Driveのポイント>

  1. Appleデバイスとの親和性
    写真・ファイルだけでなく、メモについても安全に保存しておくことができるため、Apple製品のユーザーにとっては非常に使いやすいサービスです。
  2. 容量の追加が簡単
    iCloud Driveは無料で利用できるストレージ容量が5GBあるので、よほどの大容量のデータを取り扱わない限りは安心だといえます。もし、途中で容量が足りなくなってしまった場合も、iCloud Driveなら手軽かつ安価で容量の追加ができる仕組みになっています。

<iCloud Driveを使う上で気を付けておきたい点>

  1. データの保証がされない
    iCloud Driveのデメリットで理解しておかないといけないのが、この「iCloud上に保存されているデータが保証されない点」です。iCloudのシステム上の故障が発生した場合、iCloud上に保存されているデータが破損や消滅したりしても、iCloudを提供しているAppleの補償はありませんので注意が必要です。

<iCloud Driveの料金>

iCloud Driveには使用可能容量によって4つの料金プランが存在します。
5GBまで使えるプランは無料。
50GBまで使用可能なプランが月額130円。
さらに200GBまで使えるプランは月額400円で利用可能です。
最も大きい2TBまで利用可能なプランは月額1,300円で利用が可能です。
 


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/
 

OneDrive

OneDriveのトップページ

 
Windows 10やMicrosoft Office 365のユーザーなら、Microsoftアカウントですぐに利用することができます。
 
無料プランでは5GBまでですが、Microsoft Office 365ユーザーなら最大1TBまで利用可能です。
マイクロソフトが提供しているサービスなのでWindows 10やMicrosoft Officeとの連携は便利ですが、もちろんAndroidやiPhoneからも利用可能です。
 

<OneDriveのポイント>

  1. 見やすく、簡単な操作画面
    操作画面はシンプルで、Microsoftアカウントでログインすれば、エクスプローラーにある「OneDrive」のフォルダが利用できます。ファイル保存は、「OneDrive」のフォルダにファイルをドロップするだけといたって簡単。新たな操作を加えることなく、他のフォルダへの操作と同じように利用できるところは、非常に使いやすいと評判です。
  2. 他のMicrosoftアプリケーションが利用可能
    「OneDrive」の大きな特徴は、Officeアプリと統合されていることです。先程のGoogle Driveと同じく、Word、Excelをはじめ、PowerPointなどのOfficeアプリで作成した文書は、保存時に「OneDrive」のフォルダを指定するだけで、直接保存することができます。特に、Windows10をあらかじめ利用していたOfficeアプリユーザーにとっては非常に嬉しいサービスです。

<OneDriveを使う上で気を付けておきたい点>

  1. 同期エラーが起こる
    容量が大きいデータを扱う際などに頻繁に同期エラーが起きてしまう現象があるようです。

<OneDriveの料金>

OneDriveには使用可能データ容量によって3つの料金プランが存在します。
 
5GBまで使えるプランは無料。
50GBまで使用可能なプランが月額249円。
さらに1TBまで使える大容量プラン「Office 365 solo」は月額1,274円もしくは、年額12,744円で利用が可能です。
 


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

まとめ

クラウドストレージサービスの基礎知識から、個人での活用事例まで解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。
 
クラウドストレージサービスは個人での利用と、組織単位での利用で大きく用途や、使い方が変わってくると思います。
ご自身にあったサービスを是非、検討してみてはいかがでしょうか。
 
関連記事: 【2020年最新版】ビジネス・個人向けクラウドストレージ10選