近年、改革が進められている「働き方改革」や新型コロナウイルス感染症対策のため、「在宅勤務」を初めて経験した、という方も多いかと思われます。
 
その「在宅勤務」と似た言葉に「テレワーク」があります。
みなさんはこの「在宅勤務」と「テレワーク」の違いについてご存知でしょうか?
 
似ている言葉で、違いが分からないという方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回の記事では、以下の2つを詳しく解説させていただきます。
 
■テレワークと在宅勤務の違いについて
■テレワーク・在宅勤務のメリット・デメリット
 
この2点を正しく認識し、テレワーク導入の判断材料にしていただければと思います。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

テレワークと在宅勤務

テレワークとは?

テレワークと在宅勤務の違いを知るためには、まず「テレワーク」とは何かということを知る必要があります。
日本テレワーク協会によると、テレワークとは以下のように定義されています。
 

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。
引用:一般社団法人 日本テレワーク協会

英語では「telework」と書き、「tele=離れた」「work=働く」という意味があり、オフィスから離れた場所で働くことを示します。
 
関連記事: テレワークの語源と意味は?実際のテレワークの導入状況も解説!

テレワークの3つの種類

テレワークには働く場所によって、「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務」の3種類に分けられます。

<在宅勤務>

在宅勤務とは、言葉の通り、自宅で仕事をすることです。
自宅にて、インターネットに接続したパソコンやタブレットで作業を行います。
 
病気や怪我、育児によって出勤することが難しい人でも仕事を続けられる勤務方法だということで、注目を浴びています。

<モバイルワーク>

モバイルワークとは、特定のオフィスに通勤するのではなく、インターネット回線が整っている「カフェ」や「取引先のオフィス」で仕事をするなど、どこにいても仕事ができる働き方です。
 
働く場所を選ばないので、時間を有効活用し、効率的に仕事ができます。

<サテライトオフィス勤務>

サテライトオフィス勤務とは、会社オフィス以外のオフィススペースで働くことを示します。
例えば、「コワーキングスペース」「専用サテライト」「数社共同のサテライト」などが挙げられます。
 
最近は、都心にオフィスがある企業が、都心までの通勤時間・費用を減らす目的として郊外にサテライトを設置することもあります。

在宅勤務とはテレワークの種類の1つ

在宅勤務とテレワークは混同されがちですが、勤務場所の点で見ると、在宅勤務は「自宅」であるのに対し、テレワークは「オフィスから離れた場所」で柔軟に働く点に違いがあります。
 
つまり、在宅勤務はテレワークといわれる働き方に含まれる一種ということです。

テレワーク・在宅勤務に関心が持たれている理由

では、なぜ最近テレワーク・在宅勤務に注目が集まっているのでしょうか?
 
それは、「人材不足に対応するため」「新型コロナウイルス対策のため」だと考えられます。
 
日本は少子高齢化が非常に速いスピードで進んでおり、生産年齢人口も少なくなっているうえに、女性が結婚・出産を機に退職してしまうことで人材不足に拍車をかけています。
この問題に対応するため、外国人労働者の受け入れも進んでいますが、問題の解決には至っていません。
 
テレワーク・在宅勤務を導入することで、今までは辞めざるを得なかった人を続けて雇用したり、優秀な人材を登用したりして、問題の解決を図っています。
 
また、新型コロナウイルス感染症対策のために緊急事態宣言が発令されたことにより、オフィスへの出勤の自粛が要請されました。
自粛要請に応えるために、在宅勤務に切り替えた企業も多くありました。
 
これらを理由として、近年、テレワークや在宅勤務といった言葉に注目が集まっているのです。
 
関連記事: 「テレワーク」と「リモートワーク」の違いとは?細かい違いがあった!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

テレワーク・在宅勤務のメリット

在宅勤務とテレワークに違いはある?導入するポイント、メリット・デメリットを解説!

テレワーク・在宅勤務を導入するとどのようなメリットがあるのか、企業側と社員側から見ていきましょう。

企業側のメリット

■オフィスコストの削減

出勤する人を減らすことができるため、「オフィスの縮小」や「オフィスの移転」が可能となります。
 
そのため、オフィスを維持するのにかかっていた、賃料や光熱費などを削減することができます。

■人材の確保

テレワークを導入することによって、病気や怪我によって通勤が難しくなった人や、育児や介護で自宅にいなければならない人も続けて雇用することができ、人材の確保につながります。

■事業継続性の確保

オフィス以外でも働ける環境を整えることによって、地震や豪雨などの「自然災害」や「テロ」などが発生した際にも、事業を続けることが可能になります。
 
そして、事前にテレワークできる環境を整備することで、緊急事態からの早期復旧を目指せます。

社員側のメリット

■満員電車に乗らなくてもいい

毎朝満員電車に乗って通勤し、ストレスが溜まっている方も多いかと思います。
 
テレワークでは通勤自体が必要なくなるので、そのストレスがなくなり、通勤に当てていた時間をプライベートに活用することも可能です。

■育児・介護などとの両立

在宅勤務によって、自宅にいながらでも仕事をすることができます。
 
今まで、育児や介護によって辞めざるを得なかった人でも続けて仕事ができるようになり、「キャリアの幅」を広げることが出来ます。

■ワークライフバランスの実現

テレワークでは、自分が働きやすいように様々な工夫ができます。
 
そのため、時間を有効活用し、家族と触れ合ったり、趣味の時間として充てることができるようになり、ワークライフバランスの向上が可能となります。
 
関連記事: テレワークのやり方とは?導入手順やメリットもあわせて解説!
 
関連記事: 【生産性アップ!!】在宅勤務のコツ11個を解説!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

テレワーク・在宅勤務のデメリット

在宅勤務とテレワークに違いはある?導入するポイント、メリット・デメリットを解説!

反対に、テレワークと在宅勤務にはどのようなデメリットがあるのか、企業側と社員側に分けて見ていきましょう。

企業側のデメリット

■勤怠管理の難しさ

テレワークでは、社員はタイムカードを押すことができないので、実際の勤務開始と勤務終了時間を把握することが難しいです。
 
また、上司が側にいるわけではないので、勤怠管理がずさんになってしまうことも考えられます。

■セキュリティリスク

社外で仕事をするので、「情報漏洩」やパソコンの「ウイルスの感染」へのリスクが高まることがあります。
また、データを持ち出す場合には「盗難」や「紛失」などの物理的な損害も考えられます。
 
そのため、テレワーク時のルール作りや、セキュリティリスクの低いシステム環境作りが大事となるでしょう。
 
関連記事: テレワークのメリットデメリットを徹底解説!働き方改革を成功させるために!

社員側のデメリット

■仕事とプライベートの境界が曖昧になる

在宅勤務の場合、子供が自宅にいることや、騒音などの影響で、仕事に集中できず「仕事を疎かにしてしまう」ことがあります。
 
反対に、境界が曖昧になることによって、「長時間労働」につながる危険性もあります。

■コミュニケーション不足

テレワークで避けては通れない問題が、コミュニケーション不足です。
 
気軽にチームメンバーとコミュニケーションを取ることができないため、チームワークに影響が出たり、孤独感を感じたりしてしまうことがあります。
 
関連記事: テレワークにデメリットはある?解消するツールをご紹介!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

テレワークを導入するポイント

労働管理をしっかり行う

労働実態が不透明にならないよう、「クラウド勤怠管理ツール」などを使って労働状況を可視化できるようにしたり、「パソコンのログ時間を勤務時間とする」管理方法もあります。

評価基準を示す

チームメンバーが対面していないため、上司は部下の評価をどうすればいいのか、部下はきちんと評価されているか不安に思うことがあります。
 
不安を解消するためにも、テレワーク時の評価基準を明確にし、周知することで解決することができます。

セキュリティ対策をする

テレワーク時のセキュリティ対策には、「ルールを決める」「技術的な対策」「物理的な対策」が挙げられます。
 
こちらの記事にセキュリティ対策について詳しく解説されているので、参考にするといいでしょう。

コミュニケーションできる体制を整える

テレワーク時に不足してしまうコミュニケーションに対しては、「情報共有ツールの導入」や、「1on1ミーティング」の時間を設けることが有効的です。
 
関連記事: 【すぐにできる!】テレワーク導入の手順まとめ
 
関連記事: 在宅勤務時の報告書の作り方は?テンプレート付で解説!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

テレワークをスムーズに導入できるツール

テレワークの際のコミュニケーション不足の問題を解消するのが「Stock」というツールです。
ITに詳しくない65歳の方でも使いこなせるくらい、シンプルで分かりやすいツールです。
 
チャット機能を使ってコミュニケーションの促進をする以外にも、ノート作成機能を使うことで議事録等の社内に関する情報を残すことができます。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

20ノートまでは無料で利用できます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。

 
関連記事: テレワークで必須のオススメツール19選!時代に合った働き方を選択しよう!
 
関連記事: テレワークに必要なシステムとは?ツール12選も合わせて解説!
 
関連記事: 在宅勤務で効率的に仕事をしよう!簡単に使えるおすすめツール11選


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
在宅勤務は、テレワークを場所で分類したものの一種であるということが分かりました。
自宅で仕事できる在宅勤務によって、大きなメリットを得られますが、同時にデメリットもあります。
 
デメリットを補うためにも、ご紹介したツールを導入していただければ幸いです。
 
 
関連記事: 「在宅勤務」の実態は?|自宅でのリラックス方法も紹介
 
関連記事: テレワークや在宅勤務のルールを作らないとまずい?!その理由と必要なルールを解説
 
関連記事: 在宅勤務で保育園に預けることはできるの?仕事と育児を両立させるための工夫も紹介