今日、少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少や育児・介護との両立という背景から、働き方改革の推進が必須となっています。また、この働き方改革に欠かせない要素が「スマートワーク」です。
 
そこで、多様な働き方の実現と生産性向上を目指すべく、多くの企業が従来の働き方を見直し、スマートワークを導入しています。しかし、本当にスマートワークの導入に効果があるのか疑問を抱く担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、スマートワークの事例やメリットを中心に解説します。
 
  • スマートワークについて知識が曖昧なので、概要やメリットを把握しておきたい
  • スマートワークの導入を検討しているため、他社の成功事例を参考にしたい
  • スマートワークを効率的に実施するのに最適なツールを探している
という担当者の方は今回の記事を参考にすると、他社のスマートワークの導入事例はもちろん、スマートワークを効率的に進められるツールも知ることができます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

スマートワークとは

スマートワークとは、「ICT(情報通信技術)を利用した場所や時間に縛られない柔軟な働き方」を指します。
 
スマートワークは、ICTの環境があれば場所を問わず業務に取り組めるため、組織と個人の生産性を最大化させます。そのため、現代の日本が抱える、労働人口減少や長時間労働の問題解決が期待されています。
 
たとえば、近年身近な「テレワーク」や、始業時間と終業時間を個人のライフスタイルに合わせて自由に設定できる「フレックスタイム制」もスマートワークの一種です。
 
このように、スマートワークは日本社会の働き方を改革するうえで非常に重要なワークスタイルなのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

スマートワークの導入によるメリット

以下では、スマートワークの導入によって得られるメリットについて解説します。スマートワークの導入に成功している企業は、常に以下のメリットを得ながら優位性を維持し続けているのです。

労働生産性の向上

まず、スマートワークは労働生産性を向上させる効果があります。
 
スマートワークは、無駄な時間を削減できるので、その分を別の作業時間に充てられるのです。
 
たとえば、無駄な時間の例として通勤時間があります。自宅から職場の距離が遠ければその分睡眠時間が削られたり、通勤ラッシュによる精神的ストレスがかかるうえ、移動中は業務ができません。
 
しかし、スマートワークを導入すれば時間や場所の制約がかからず、時間を効率的に使えるので、生産性の増進が期待できます。

ダイバーシティ(多様性)の推進

スマートワークは、ダイバーシティ(多様性)の推進もメリットとして挙げられます。
 
スマートワークは、自らのライフスタイルに合わせて業務に取り組めるので、育児や介護などとの両立がしやすくなり、社員の離職を抑制します。また、こうした自由度の高い働き方は求職者に魅力的な企業として映り、優秀な人材を獲得しやすくなるのです。
 
スマートワークは各々が能力を最大限に発揮できる環境が整えられる一方、企業外の印象も良くなるといった副次的効果も期待できます。さらに、多種多様な人材の確保により、柔軟なアイデアを取り入れやすくもなります。

社員のモチベーションの向上

スマートワークの導入は、社員のモチベーションの向上というメリットもあります。
 
働く場所と時間が自由になれば、プライベートの時間を捻出しやすくなります。そのため、家族と過ごせたり趣味に充てられたりするので、社員のリフレッシュに繋がるのです。
 
このように、スマートワークの導入によってワークライフバランスが整い、結果として仕事への意欲も高まるとともに、企業全体の生産性も上がります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

スマートワークの導入事例3選

以下では、スマートワークの3つの導入事例をご紹介します。実際の企業がどのような取り組みをして、どれほどの成果を得たのか参考にしましょう。

ソフトバンク

ソフトバンクのトップページ
 
 
ソフトバンク株式会社は、「Smart & Fun!」というスマートワークを実施しています。
 
「Smart & Fun!」は、ITを駆使しスマートに楽しく仕事をして、よりクリエーティブかつイノベーティブなことへ取り組める状態を目指そうという社内スローガンです。他にも「スーパーフレックスタイム制」などの取り組みにより、個々の成長や労働そのものが「Fun!」である状態の実現を目指しています。
 
こうしたソフトバンクのスマートワークの取り組みは、日本経済新聞社が主催する「日経Smart Work大賞2022」のイノベーション力部門賞を受賞しました。

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングのトップページ
 
 
リクルートスタッフィングは、2013年2月からスマートワークが推進されています。
 
社員へのマネジメントには「時間当たりの生産量」を基本とし、「時間と業績は相関しない」というデータを示しながら、短時間で好業績をあげる点を重視させました。
 
その結果、1日あたりの労働時間が2年で3.3%削減できただけでなく、時間あたり売上も4.6%の伸びがありました。また、深夜労働が86%、休日労働が68%と大幅に削減されたうえ、2014年度の女性従業員の出産数が2010年度と比べて1.8倍まで増加しました。

メタウォーター株式会社

メタウォーター株式会社のトップページ
 
 
メタウォーター株式会社は、イーディーエル株式会社が開発したGoogle Workspaceのオンライン学習システム「G-COS(ジーコス)」や活用トレーニングを導入し、業務の効率化を促進しました。
 
たとえば、GoogleChatの活用により学んだスキルや疑問点の共有など、グループの垣根を越えたコミュニケーションが活発になったのです。
 
そのため、「G-COS(ジーコス)」の講座で学んだスキルだけでなく、各々のコミュニケーションスキルの向上にも繋がりました。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

スマートワークの実施に最適かつ簡単に利用できるITツール

以下では、スマートワーク下でも簡単に利用できるツールを紹介します。
 
スマートワークは、生産性向上や時間を効率的に使えるといったメリットが期待できますが、その前提にはメンバー同士で情報共有ができる環境が整っている必要があります。
 
たとえば、テレワークの場合はオフラインと違い、チームメンバーの進捗状況の確認や疑問点の質問・相談がすぐにできません。したがって、テレワークには業務に関わる情報を整理し、メンバー全員が必要な情報へすぐにアクセスできるITツールが必要なのです。
 
ただし、誰もが簡単に操作できるITツールでなければ、使いこなすのに時間がかかり生産性の低下に繋がります。結論、効率的にスマートワークを行うには、非IT企業の65歳以上の社員でも、ストレスなく利用できる情報管理ツール:「Stock」が最適です。
 
Stockの「ノート」へ簡単に各々の進捗状況やノウハウを残しつつ、任意のメンバーへリアルタイムで共有されます。また、ノートに紐づいた「メッセージ」や「タスク」を利用すると、スマートワーク中のやりとりやタスクの話題が混じらない点が大きな特徴です。

非IT企業でも情報管理が最も簡単にできるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

スマートワークの概要や事例まとめ

ここまで、スマートワークの事例やメリットを中心に解説しました。
 
スマートワークは、ダイバーシティの促進や社員のモチベーションアップなど、企業における労働生産性向上にはマストの取り組みです。実際に、ご紹介した3つの事例のいずれもスマートワークの導入によって高い成果を出しています。
 
一方で、スマートワークは各社員の稼働場所が異なるため、「ITツール」を使った情報共有が必要です。メールや電話のような非効率な共有手段では、送信ミスや共有漏れが頻発してしまうのです。
 
ただし、誰もが簡単に利用できる「シンプルな操作性」や「過不足のない機能」は欠かせない要素なため、「ノート」「メッセージ」「タスク」のスマートワークに過不足ない機能が備わった、シンプルな情報共有ツールのStockが必須です。
 
無料登録も1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入してシンプルに情報を管理・共有し、スマートワークの効率化を目指しましょう。