ビジネスに必要なコミュニケーションを円滑に進めるためのツールの代表例が「Slack」です。場所を問わずスマホやPCからアクセスできるので、テレワークに伴って導入する企業もあります。
 
しかし、Slackは2022年9月より一部プランの料金改定を実施すると発表しました。そのため、「料金改定にともなってSlackを解約したいが、具体的な手続きが分からない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、Slackの解約方法を画像つきで分かりやすくご紹介します。
 
  • Slackの料金改定後、どのような変更があるのか知りたい
  • 料金改定にともない、一人あたりのコストが上がったのでSlackを解約したい
  • Slackを解約したいが、代替するコミュニケーションツールがないので迷っている
という担当者の方はこの記事を参考にすると、Slackの解約方法や解約後に最適なツールが分かり、社内のコミュニケーションを今まで通り円滑に進めるのに役立ちます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

<速報>2022年9月1日にSlackが料金改定

Slackでは、2022年9月1日から「フリープランの内容変更」および「中小企業向けのプロプランの料金改定」が実施されます。以下の表は、変更点をまとめたものです。
 
※表は右にスクロールできます。
 
フリープラン プロプラン(月間契約) プロプラン(年間契約)
改定後(9/1〜)
・【新】録画と音声のクリップ機能が利用可能になる
・【新】メッセージやファイルの保存設定を変更できる
・【変更】閲覧できるファイルやメッセージは過去90日間の履歴に制限される
1,050円/ユーザー/月
925円/ユーザー/月
改定前(〜8/31)
閲覧できるメッセージ数は直近の10,000件
960円/ユーザー/月
850円/ユーザー/月
 
以上のように、2022年9月1日からは、Slackのフリープランで閲覧できるメッセージ数が過去90日間の履歴に制限されます。そのため、「過去に顧客とやりとりした案件を振り返れない」という問題が発生しかねません。
 
また、有料のプロプランは改定前に比べて約10%の値上げとなっています。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Slackの「サインアウト」「解除」「削除」の違いとは

Slackには解約手続きがなく、解約したい場合は状況に応じて「サインアウト」「解除」「削除」のいずれかを実施しなければなりません。以下では、それぞれの”意味”と”実施したらどうなるのか”という点について解説します。

(サインアウト)Slackからサインアウトする

Slackからサインアウトするのは、スマートフォンを失くしたり共用のPCでログアウトし忘れたりした場合です。
 
Slackからサインアウトしても、ワークスペースの情報やアカウント情報は残ったままです。また、サインアウト後に再度アクセスする際はメールアドレスやパスワードの入力が求められます。

(解除)Slackのアカウントを解除する

特定のワークスペース(所属するグループ)から退会したい場合は、Slackのアカウントを解除しましょう。
 
ただし、アカウントを解除しても送信したメッセージやファイルは削除されません。また、複数のワークスペースに所属していて、すべてのワークスペースから退会したい場合は、一つずつアカウント解除の手続きをしなければなりません。

(削除)Slackのプロフィール情報を削除する

Stockから個人情報を削除したい場合は、Slackのプロフィール情報を削除しましょう。プロフィール情報とは、Slackに登録した氏名や電話番号などの個人情報のことです。
 
プロフィール情報が削除されると、氏名と表示名が @deactivateduser(解除済みメンバー)として表示されます。

(削除)Slackのワークスペースを削除する

グループ全体の情報を削除したい場合は、Slackのワークスペースを削除しましょう。ただし、一度削除したワークスペースは復元できません。
 
また、ワークスペースを削除できるのは、プライマリーオーナー(ワークスペースの作成者)またはプライマリーオーナーの権限を引き継いだ人に制限されています。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Slackからサインアウトする方法

以下では、デスクトップアプリでSlackからサインアウトする手順を解説します。
 
  1. まずは、サインアウトしたいワークスペース名をクリックしましょう。
  2. 次に、[以下からサインアウト:(ワークスペース名)]をクリックすれば、デスクトップアプリでのサインアウトが完了します。
サインアウトしたいワークスペース名をクリックする画像
 
ワークスペースをサインアウトしている画像
 
サインアウトが完了すると、以下の画面になります。デスクトップアプリだけでなくブラウザ版でもサインアウトしたい場合は、[ブラウザ版からサインアウトする]をクリックしましょう。
 
ブラウザからサインアウトする画像


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Slackのアカウントを解除する方法

以下では、デスクトップアプリでSlackのアカウントを解除する手順を解説します。
 
まずは、サインアウトしたいワークスペースで右上に表示されているアイコンをクリックし[プロフィール]を選択します。
 
プロフィールを開く画像
 
次に、[ステータスを設定]の右側をクリックし、[アカウント設定]を選択しましょう。
 
アカウント設定を開く画像
 
設定ページに移行したら、下にスクロールして[アカウントを解除する]を選択します。すぐに確認画面が表示されるため、[はい、アカウントを解除します]を選択しましょう。
 
アカウントを解除する画面
 
アカウント解除を確認する画面


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Slackのプロフィール情報を削除する方法

Slackのプロフィール情報を削除する方法はプランによって異なります。

フリー、プロ、ビジネスプランの場合

  1. プライマリーオーナーに連絡する
  2. アカウントを解除したあと、ワークスペースのプライマリーオーナーに連絡してプロフィール情報の削除を依頼します。
     
  3. Slackへ問い合わせる
  4. プライマリーオーナーとコンタクトがとれなければ、Slackに直接問い合わせる方法もあります。この方法では、個人を特定するために”ワークスペースのURL”と”アカウントに紐づけたメールアドレス”が必要です。

Enterprise Gridプランの場合

Enterprise Gridプランの場合は、Slackに直接問い合わせる方法が推奨されています。この方法では、個人を特定するために”ワークスペースのURL”と”アカウントに紐づけたメールアドレス”が必要です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Slackのワークスペースを削除する方法

以下は、デスクトップアプリからSlackのワークスペースを削除する手順です。ワークスペースを削除する権限を持っているのは、プライマリーオーナーのみとなっています。
 
まずは、削除したいワークスペース名をクリックし、[設定と管理]から[ワークスペースの設定]を選択しましょう。
 
ワークスペースの設定を開く画面
 
ワークスペースの設定画面が開いたら、下にスクロールして[ワークスペースを削除する]をクリックします。
 
ワークスペースの設定を開く画面
 
最後に、下の画像のようにチェックとパスワードを入力して[はい、ワークスペースを削除します]をクリックすれば、ワークスペースの削除が完了します。
 
ワークスペースを削除する画面


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Slackの有料プランからフリープランへダウングレードする方法

以下では、Slackの有料プランからフリープランへダウングレードする手順と注意点を解説します。有料プランを解約せずにフリープランへ移行する方法もありますが、料金改定に伴ってフリープランの内容変更が実施されるため注意が必要です。

ダウングレードの手順

あらかじめダウングレードしたいワークスペースを開き、ワークスペース名をクリックしておきましょう。
 
ダウングレードのためにワークスペース名をクリックしている画面
 
  1. メニューより[設定とその他の管理項目]を選択し、[料金・お支払いプラン]をクリックします。
  2. 概要タブから、[プランの変更]を選択します。
  3. [すぐにフリープランに切り替える]または[更新時にフリープランに切り替える]のどちらかをクリックします。
  4. [契約内容のプレビュー]を確認したあと、チェックを入力します。
  5. [Slackをダウングレード]をクリックすれば、ダウングレードが完了します。

フリープランの注意点

料金改定にともなってフリープランへのダウングレードを検討している場合は「フリープランの内容変更」について確認しておく必要があります。
 
2022年8月31日まで、Slackのフリープランで閲覧できるメッセージ数は10,000件です。しかし、2022年9月1日以降は過去90日間のメッセージ履歴に制限されます
 
つまり、”4か月前に顧客とやりとりしたメッセージの見直し”や”昨年実施したプロジェクトの振り返り”ができなくなるのです。
 
以上のように、Slackのフリープランでは2022年9月から、これまで表示されていたメッセージの一部が見られなくなります。そのため、過去の情報を振り返ったり、やりとりを遡ったりしたい場合は「すべてのやりとりを蓄積できるツール」への移行が必須です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Slackからの移行に最適なツール

以下では、Slackからの移行に最適なツールをご紹介します。
 
Slackは社内のコミュニケーションを円滑に進めるツールです。そのため、担当者にはSlackを解約するだけでなく「Slackに代わるツールの検討」が求められます。
 
そもそもSlackはチャットツールなので、メッセージ数が増えるたびに過去のやりとりが流されて探しにくくなるのが特徴です。したがって、Slackから別のツールに移行する場合、”必要な情報を確実に残して、瞬時にアクセスできること”が必須だと言えます。
 
結論、Slackからの移行に最適なツールは「ノート」と「メッセージ」にすべての情報を蓄積し、「検索」機能でいつでも必要な情報へアクセスできる「Stock」一択です。
 
Stockの「ノート」に業務の情報を記載して、ノートに紐づいた「メッセージ」で気軽にコミュニケーションをとりましょう。また、65歳以上の社員でも使いこなせるほどシンプルなので、社内へ浸透しやすいのがSlackにはない特徴です。

最も簡単に情報を流さず共有・管理ができるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Slackのアカウントを解約する方法まとめ

ここまで、Slackのアカウントを解約する方法を中心にご紹介しました。
 
Slackのアカウントを解約したい場合は「アカウントの解除」「ワークスペースの削除」などの作業が必要です。また、Slackに代わるコミュニケーションツールを選ばなければなりません。
 
仮にSlack以外のチャットツールを導入したとしても、メッセージが流れて「どこに情報があるか分からない」という状況になりかねません。そのため、情報を流さずに残せて、すぐにアクセスできるツールが求められるのです。
 
また、Slackから移行してすぐに業務へ活用するために、社員の誰もが使いこなせるほどシンプルなツールが大前提です。たとえば、今回ご紹介したStockは情報のやりとりを流さず蓄積し、かつ直感的に使いこなせるシンプルな仕様のツールです。
 
利用は無料からでき、登録も1分で完了します。ぜひSlackから「Stock」へ移行し、今まで以上に円滑な情報共有を実現しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。