仕事のやり忘れを防ぐためにはタスク管理が有効です。規模に関わらずタスク(ToDo)を効率的に管理するアプリを導入して、業務効率化の実現に成功した企業もあります。
 
一方で、タスク管理・ToDoリストアプリの種類は多種多様なので「結局、どのタスク管理アプリが自社に合うのか分からない」とお悩みの方が多いのも現状です。
 
そこで今回は、おすすめのタスク管理・ToDoリストアプリ10選を中心にご紹介します。
 
  • 時間がないので厳選されたタスク管理アプリのなかから選定したい
  • 部下は個人でタスク管理しているので、何の仕事をしているのか把握できない
  • デジタルに詳しい人がいない場合でも問題なくタスク管理できるアプリを知りたい
という担当者の方はこの記事を参考にすれば、自社の環境に最適なタスク管理・ToDoリストアプリが見つかります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

おすすめのタスク管理アプリ・ToDoリストアプリ10選

以下では、おすすめのタスク管理アプリ・ToDoリストアプリ10選をご紹介します。
 
タスク管理・ToDoリストアプリを選定する基準はいくつかありますが、もっとも重要なポイントが「誰でも簡単に使いこなせるか」です。
 
自社にとって過剰な機能を搭載する多機能アプリを導入してしまうと、デジタルに慣れていない社員は使いこなせず定着しません。そして、誰も利用していないのに決裁者をたてるために廃止できず、高い運用費を払い続ける事態になるのです。
 
このような事態を防ぐためには結論、タスク管理に必要な機能に過不足がないので使い勝手が良く、直感的に使いこなせる「Stock」が最適です。
 
Stockは導入実績が100,000社を超える今注目のアプリであり、タスクの作成から依頼、共有まで誰でも簡単にできるという点で非IT企業でも広く導入されています。

【Stock】誰でも簡単にタスク管理できる

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Asana】豊富な機能でタスク管理する

Asanaのトップページ

Asanaの特徴

  • 多種多様な機能を活用できる
  • Asanaには多種多様な機能が搭載されており、タスクはリストだけでなくボードやタイムライン形式でも管理できます。
     
  • 入力フォームでタスク管理する
  • Asanaではタスクを依頼するために入力項目が決まったフォームを利用します。

Asanaの注意点

  • 使いこなすのが難しい
  • Asanaは豊富な機能を備えているタスク管理アプリですが、デジタルが苦手な社員にとっては使いづらいので社内に定着しない可能性があります。
     
  • 運用コストがかかる
  • Asanaをビジネス利用する場合は有料プランが適していますが、月間払いの場合、社員1人あたり1,475円〜/月の利用料金がかかります。

Asanaの料金体系

  • Basic:¥0
  • Premium:¥1,475/ユーザー/月(月間払い)
  • Business:¥3,300/ユーザー/月(月間払い)
  • Enterprise:詳細については問い合わせが必要です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Evernote】多種多様な情報を残す

Evernoteのトップページ

Evernoteの特徴

  • ノートでタスク管理する
  • 2021年6月からEvernote内でのタスク管理ができ、チェックボックスやリマインダーが利用可能です。
     
  • さまざまな情報を保存できる
  • Evernoteにはテキストだけでなく画像やファイル、Webサイトなどさまざまな情報を保存できます。

Evernoteの注意点

  • 動作が遅い
  • 多くの利用ユーザーから「起動や動作が遅く、書き込みたい時にストレスを感じる」という声が上がっています。
     
  • 多機能ゆえに使いこなすのが難しい
  • Evernoteには豊富な機能が備わっていますが、デジタルに詳しくない人が使いこなすのは難しいので社内に浸透しない可能性があります。

Evernoteの料金体系

  • FREE:¥0/月
  • PERSONAL:¥680/月
  • PROFESSIONAL:¥850/月
  • EVERNOTE TEAMS:¥1,100/ユーザー/月


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Google Keep】すぐにメモできる

Google Keepのトップページ

Google Keepの特徴

  • リマインダーを場所で指定できる
  • リマインダーは指定の日時になったら通知する機能ですが、Google Keepでは位置情報を活用して指定の場所に近づいた際に通知することも可能です。
     
  • 付箋形式で管理する
  • タスクが記載されたメモは付箋形式で保存されるので、タップしなくても詳細まで確認ができます。

Google Keepの注意点

  • メモの整理が難しい
  • Google Keepにはフォルダがなく、メモを分類する方法はラベルのみなので、目的のメモを探すのに苦労する恐れがあります。
     
  • 個人向けの管理アプリ
  • Google Keepでは複数のメモを一括で共有できないので、チームで運用したい場合には不便に感じる可能性があります。

Google Keepの料金体系

  • Google Keepはすべての機能を無料で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Google ToDo リスト】連携が充実している

Google ToDo リストのトップページ

Google ToDo リストの特徴

  • タスクを細かく管理する
  • Google ToDo リストで作成したタスクに「サブタスク」を追加すれば、より細かな作業もまとめて管理できます。
     
  • Googleサービスとの連携
  • Gmailのメールをドラッグ・アンド・ドロップでタスクに変換したり、日時設定したタスクをGoogleカレンダーに表示したりできます。

Google ToDo リストの注意点

  • タスクの把握が不便
  • Google ToDo リストにはタスクを分類する「リスト」がありますが、リストを横断してすべてのタスクを一覧表示させる方法がありません。
     
  • 個人向けの管理アプリ
  • Google ToDo リストにはチームでタスク共有する機能がないので、ビジネス利用するには使い勝手が良くないと言えます。

Google ToDo リストの料金体系

  • Google ToDo リストは無料ですべての機能を利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Jooto】カンバン方式でタスク管理する

Jootoのトップページ

Jootoの特徴

  • タスクをカンバン方式で管理できる
  • タスクの進捗状況を視覚的に管理するカンバン方式が利用できます。
     
  • 複数のプロジェクトを横断管理する
  • 複数のプロジェクトを担当している場合でも、それぞれプロジェクトで発生するタスクを横断して管理できます。

Jootoの注意点

  • 無料プランでは運用が難しい
  • Jootoの無料プランは利用可能なユーザーが4人、保存できるデータは100MBまでと、ビジネス運用するには制限があります。
     
  • 背景情報の蓄積には向かない
  • タスク自体の管理機能は充実していますが、タスクの背景情報や資料などを一元管理する活用方法はできません。

Jootoの料金体系

  • 無料プラン:0円
  • スタンダードプラン:500円/ユーザー/月(月間払い)
  • エンタープライズプラン:1,300円/ユーザー/月(月間払い)
  • 別途、初期費用がかかります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Microsoft To Do】Outlookタスクと統合する

Microsoft To Doのトップページ

Microsoft To Doの特徴

  • 「今日の予定」機能
  • 当日が期限のタスクは自動的に「今日の予定」にタスクが一覧表示されます。
     
  • タスクリストをチームで共有する
  • 個人タスクの管理だけでなく、リストを共有すればチームタスクも管理できます。

Microsoft To Doの注意点

  • 通知設定をする必要がある
  • Microsoft To Doでタスクを作成するだけでは通知されないので、タスクの詳細から設定する必要があります。
     
  • 直感的に分かりづらい
  • タスクの期限になったら赤色で強調させるなどの直感的に把握できる機能がないので、使いにくさを感じる可能性があります。

Microsoft To Doの料金体系

  • Microsoftアカウントがあれば無料で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Notion】データベースでタスク管理する

Notionのトップページ

Notionの特徴

  • データベースでタスク管理をする
  • 基本のデータベース機能と多種多様な機能をかけ合わせて、自社に合うタスク管理の仕組みをつくり出せます。
     
  • アクセス権限を使い分ける
  • Notionには5段階のアクセス権限があるので、共有する情報や共有する相手によって権限を使い分けられます。

Notionの注意点

  • 多機能ゆえに使いこなすのが難しい
  • Notionにはさまざまな業務を担えるほど豊富な機能が備わっていますが、デジタルに詳しくない社員にとっては難しく、社内に定着しない可能性があります。
     
  • 共同編集するのであれば有料プラン
  • Notionの無料プランではチームで共同編集する機能に制限がかかっているので、チーム運用する場合には有料プランが必要です。

Notionの料金体系

  • Personal:$0
  • Personal Pro:$5/月(月間払い)
  • Team:$10/ユーザー/月(月間払い)
  • Enterprise:導入前に問い合わせが必要です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Todoist】リスト方式でタスク管理する

Todoistのトップページ

Todoistの特徴

  • リスト形式でタスク管理する
  • Todoistではタスクを一覧表示するリスト形式でタスク管理ができます。
     
  • 外部アプリと連携できる
  • ブラウザや時間管理、コミュニケーションなどの多様な外部アプリと連携できます。

Todoistの注意点

  • 背景情報の管理はできない
  • Todoistで管理できる情報量は限られているので、背景情報や資料をタスクと一緒にまとめて管理する活用法は使えません。
     
  • 無料プランの運用は難しい
  • Todoistの無料プランではタスク管理に必要なリマインダー機能が利用できないので、タスクのやり忘れが多発する恐れがあります。

Todoistの料金体系

  • 無料:0円
  • プロ:588円/月(月間払い)
  • ビジネス:888円/ユーザー/月(月間払い)


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Trello】付箋を貼るようにタスク管理する

Trelloのトップページ

Trelloの特徴

  • カンバン方式のタスク管理
  • Trelloではカンバン方式のタスク管理ができるので、タスクの進捗が分かりやすく可視化されます。
     
  • 仕事の効率を測れる
  • Trelloにはタスクごとにタイマー機能が備わっているので、目標との差をもとに業務効率を測定できます。

Trelloの注意点

  • スマホから利用できない機能がある
  • Trelloの一部機能はスマホから利用できないので、社用スマホの運用を考えている場合には事前に確認しましょう。
     
  • 一部機能が日本語対応していない
  • Trelloのメニュー表記の一部が日本語に対応していないので注意しましょう。

Trelloの料金体系

  • FREE:$0
  • STANDARD:$6USD/ユーザー/月(月間払い)
  • PREMIUM:$12.50USD/ユーザー/月(月間払い)
  • ENTERPRISE:$17.50USD 以下/ユーザー/月(年1回の支払い)


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

タスク管理・ToDoリストアプリを導入するメリット

タスク管理をする方法はタスク管理・ToDoリストアプリ以外にもあります。しかし、もっとも仕事のタスク管理に向いているのはタスク管理・ToDoリストアプリです。
 
以下では、ほかのタスク管理の方法と比較した、タスク管理・ToDoリストアプリを導入する3つのメリットをご紹介します。

タスクを整理できる

タスク管理アプリを活用すれば、簡単にタスクを並び替えたり分類したりできます。
 
そのため、従来のタスクが乱立してしまう状態から一変、タスク管理アプリを導入すれば誰でもすぐにタスクの整理ができるようになるのです。
 
また、タスクが整理されるのでストレスなくアクセスできるのもメリットです。逆に、エクセルのタスク管理表の場合「ファイルを探し出して、クリックして開いて、さらに該当箇所を探す」という手間がかかります。
 
つまり、タスク管理アプリを活用すれば「タスクが整理され、さらに業務が効率化される」という良いサイクルを生み出せるのです。

タスクの抜け漏れがなくなる

タスク管理アプリを活用すればタスクの抜け漏れがなくなります。
 
手書きノートやエクセルによるタスク管理をしているチームでは、タスクの期限を忘れてしまい納期が遅延する事態になります。一方で、タスクに設定された期限に近づくと通知をするタスク管理アプリがあれば、仕事に穴をあける心配がありません。
 
大量のタスクに追われているビジネスマンにとって、面倒なタスク管理を代わりにこなすタスク管理アプリは重宝します。

タスクを共有できる

チームでタスクを共有できるのがタスク管理アプリのメリットです。
 
企業の損失につながりかねないプロジェクトの遅延を防ぐためには、社員一人ひとりの進捗を把握する必要があります。タスク管理アプリを活用すればリアルタイムでチームの進捗状況を把握できるので、課題を早い段階で発見し対処することが可能なのです。
 
結論、タスク管理アプリを導入すれば個人で管理されていたタスクが共有でき、チームのマネジメントがしやすくなります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【ビジネス向け】タスク管理・ToDoリストアプリに必要な3つの特徴

仕事で活用するタスク管理・ToDoリストアプリを検討する場合には、基準として満たすべき3つの特徴があります。そこで以下では、仕事向けのタスク管理・ToDoリストアプリに必要な3つの特徴をご紹介します。

簡単に依頼できる

タスク管理アプリに必要な特徴の1つ目は「簡単にタスクを依頼できる」です。
 
従来は、タスク依頼のために面倒な定型文を作成してメール送信し、受信した社員も受信ボックスで複雑な管理をするなど非効率でした。一方で、たった数クリックでタスク依頼ができ、依頼された社員も簡単にタスク管理が可能なアプリもあります。
 
タスクの依頼方法に少しでも課題を感じている場合には、デジタルに詳しくない社員でも簡単にタスクの依頼ができるアプリを検討しましょう。

簡単に検索できる

タスク管理アプリに必要な特徴の2つ目は「簡単にタスクを検索できる」です。
 
大量のタスクを乱雑に管理している場合には、作業を始めるときに目的の情報にたどり着けません。一方で、一部のタスク管理アプリにはタスクの「キーワード検索」、期限や担当者で絞りこむ「詳細条件検索」などの充実した検索機能が備わっています。
 
大量の業務や情報に追われている忙しい社員にとって、簡単にタスクを検索できるタスク管理アプリは必須です。

簡単に共有できる

タスク管理アプリに必要な特徴の3つ目は「簡単にタスクを共有できる」です。
 
タスク管理アプリのなかには、共有機能はあるが面倒な操作が必要なものもあります。適切なマネジメントをするためには、社員の進捗をリアルタイムで把握する必要があるので、タスク共有が面倒なアプリはビジネスには不向きです。
 
そのため、タスクを作成した瞬間からチームに共有され、面倒な設定を一切する必要がないタスク管理アプリを導入しましょう。
 
たとえば、非IT企業の社員でも直感的に使いこなせるほどシンプルな「Stock」のようなタスク管理アプリは「とくにかく簡単に使いたい」という場合に最適なアプリです。
 
関連記事: スマホでも簡単!タスク管理・ToDoアプリをご紹介
 
関連記事: 【必見】使いやすい進捗管理・タスク管理アプリ16選!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【ビジネス向け】タスク管理・ToDoリストアプリに必要な3つの機能

次に、さらに自社の環境に合うタスク管理・ToDoリストアプリを絞りこむために、以下の3つの機能を搭載しているかを確認しましょう。

(1)タスク管理機能

タスク管理アプリにはタスク管理機能が欠かせません。
 
とくに、タスク管理機能のなかでも「共有機能が簡単に利用できるか」が重要です。チームで運用する場合には共有機能は必須ですが、さらにデジタルに詳しくない社員が混乱しないように「誰でも簡単に使えるか」も確認しましょう。
 
多種多様なタスク管理機能が搭載されている多機能アプリを導入しても、実際に利用する社員が使いこなせなければ社内に浸透しません。

(2)メッセージ機能

次に、タスク管理アプリにメッセージ機能が搭載されているかを確認しましょう。
 
従来は、タスク管理とコミュニケーションが別々のアプリで行われていて「アプリの切り替えが面倒」「情報が分散する」「運用コストが倍かかる」という課題がありました。
 
しかし、メッセージ機能があるタスク管理アプリを導入すれば3つの課題が解消され、仕事もスムーズに進むようになるのです。
 
タスク管理だけでなく社内コミュニケーションにも課題を感じている場合、メッセージ機能を搭載するタスク管理アプリの導入は一石二鳥だと言えます。

(3)情報共有機能

最後に、情報共有機能を搭載するタスク管理アプリをおすすめします。
 
タスクを処理するためには、背景情報や企画書、各種データなどのさまざまな情報を手元に準備する必要があります。そのため、これまではファイル管理されているフォルダから探し出す手間がかかっていました。
 
しかし、情報共有機能があるタスク管理アプリであれば、情報をタスクに紐づけて一緒に管理できるので、ストレスなく業務に取り組めます。また、情報を探す時間が大幅に削減されるので業務の効率化にも効果的です。
 
関連記事: 【2022年最新】おすすめのタスク管理ツール15選を徹底比較!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

おすすめのタスク管理アプリまとめ

これまで、おすすめのタスク管理・ToDoリストアプリ10選と選定ポイントを中心にご紹介しました。以下は、タスク管理・ToDoリストアプリに必要な3つの機能です。
 
  1. タスク管理機能
  2. メッセージ機能
  3. 情報共有機能
タスク管理機能はもちろんですが、メッセージ機能や情報共有機能を備えているアプリを導入しましょう。メッセージ機能があればスムーズな連携ができ、情報共有機能があれば情報がいたる場所に分散するのを防げるのです。
 
たとえば、「タスク管理」「メッセージ」「情報共有」の機能を過不足なく備えたStockは、非IT企業の社員でもすぐに使いこなせるほどシンプルなタスク管理アプリです。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入してデジタルが苦手な社員が簡単にタスク管理できる環境を整備しましょう。
 
関連記事: Windows10でのタスク管理とは?Microsoft ToDoの使い方や代替ツールも紹介