全世界で広く普及されている情報通信技術(IT)が急速に発達しており、IT化はワークスタイルにも大きな変化をもたらしています。しかし、すべての企業がIT化に成功しているわけではなく、社内のITリテラシーによってデジタルデバイド(情報格差)が発生しているのも事実です。
 
そして、他企業がIT化に成功しているなか、デジタルデバイドによって自社のIT化を上手く進められない現状に、悩む担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、企業におけるデジタルデバイド発生の原因と問題点を中心に解説します。
 
  • 自社内で顕著なデジタルデバイドが発生し悩んでいる
  • デジタルデバイド発生の原因と問題点を知って解決したい
  • 自社のIT化を実現する方法を知り、社内のデジタルデバイドを今すぐに解消したい
という担当者の方は今回の記事を参考にすると、非IT企業でもデジタルデバイドを解消できるヒントがわかり、社内のIT化実現にも近づきます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

デジタルデバイド(情報格差)とは

デジタルデバイドとは、主にパソコンをはじめとするコンピュータ(インターネットデバイス)を扱える人と扱えない人との間に生じる格差であり、一般的に「情報格差」を指します。
 
現代社会では、仕事からプライベートまでインターネットは必須となりました。しかし、インターネットの普及に伴い、デジタルデバイスを活用できずに情報をうまく得られない人々の存在も問題になっています。
 
企業間でもインターネットを活用し情報を手に入れ、業務を効率的に進める企業がある一方、デジタルデバイスを使いこなせず、情報社会から遅れをとっている企業も少なくありません。そのため、デジタルデバイドがビジネス上で発生しないためにも早急な対策が求められているのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

企業でデジタルデバイド(情報格差)が発生する主な原因とは

ここでは、企業でデジタルデバイドが発生する主な原因の2つを解説します。デジタルデバイドを埋めるためには、以下の原因を把握し、あらかじめ対策しておく必要があります。

ITに対する理解不足

社員のITに対する理解不足はデジタルデバイドを助長します。
 
IT企業ではITリテラシーを備えた社員がほかの社員を教育する環境が構築されていますが、非IT企業の場合、社内にITの知識・関心を持つ人がいなかったり、IT教育の基盤が構築されていなかったりするケースが多いです。
 
このような状況下でITツールを導入しても、社員の利用までのハードルが高く、最終的には使われなくなり浸透しません。そのため、非IT企業はデジタルデバイスを使うシーンが少なく、IT人材の育成が進まずデジタルデバイドが発生しやすい現状にあるのです。

IT人材の流出や不足

IT人材の流出や不足もデジタルデバイドに拍車をかけます。
 
非IT企業のインフラを整備し、IT人材の育成を図るにはITリテラシーを持つ人を社内に確保する必要があります。しかし、非IT企業内のIT分野では慢性的に人材が不足しているため、教育が行われづらい現状にあります。
 
また、ITリテラシーのある人材が退職してしまった場合、社内にITナレッジが共有される前に人材が流出し、放置されるケースもあるのです。仮に引き継ぎがうまくできたとしても、後任者の知見が乏しければ既存の運用もできなくなります。
 
このように、デジタルデバイドが発生している社内ではIT人材が不足しており、教育のための環境が整備しにくい問題を抱えています。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

デジタルデバイド(情報格差)による3つの問題点

以下では、デジタルデバイドによる問題点を解説していきます。非IT企業は以下の問題を抱えやすいため、自社に当てはまっている場合は早急に改善する必要があります。

業務効率の低下

デジタルデバイドが発生すると、社内の業務効率を大きく低下させます。
 
たとえば、IT企業が一般的行っているインターネット上の情報共有や顧客管理も、非IT企業は口頭や紙といったアナログな手段に頼らなければならず、時間や手間を必要以上にかけなければなりません。
 
また、デジタルデバイドが発生する環境下では、「言った言わない」問題で共有漏れや認識齟齬が起きるだけでなく、資料の紛失などの問題が必ず発生します。結果として、社内の情報を管理できず、的確な情報共有もできないため、業務効率を大きく低下させてしまうのです。

競争力の低下

デジタルデバイドは他社との競争力を大きく低下させます。
 
ITリテラシーが備わっている人材や企業は社内外からより多くの情報を手に入れ、ITツールを駆使して業務を行っています。そのため、自社の課題やニーズを理解しやすくなり、業務スピードを向上させています。
 
一方、ITツールを使いこなせなければ、情報収集の手段も限られるうえ、入手した情報の管理にも手間がかかります。結果として、必要な情報を素早く共有できなかったり、情報を属人的に持つことで社員ごとの知識格差も発生するのです。
 
また、競争力が高い企業は、他企業との連携もIT主体の場合が多いです。そこで、ITリテラシーの低いチームは遅れをとってしまい、競争力の低下を招く原因となります。

情報セキュリティリスクの上昇

企業がとくに注意したいのが情報のセキュリティリスクです。
 
インターネットが普及した現代では、必要な情報を簡単に入手できるようになりました。しかし、デジタルデバイドが発生しているチームは、メンバー間におけるリテラシーの差に起因する「誤った情報の取り扱い」によって、入手した情報の漏洩リスクが高くなってしまうのです。
 
情報漏洩に関して、ハッキングやウイルス感染といった問題の予防にも努めなければなりません。IT企業では専用の対策ソフトを導入するなどの対処が自社内で完結できます。
 
しかし、デジタルデバイドが発生している企業では、セキュリティの認識に関わる甘さから、情報漏洩のリスクにさらされる可能性が高いため、教育や対策にかけるコストも高くなってしまうのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

IT化を実現しつつデジタルデバイド(情報格差)を解決する対策

ここでは、IT化を実現しつつデジタルデバイドを解決するための対策を解説します。とくに、非IT企業は以下の対策を社内で実施すると、デジタルデバイドを解消できるようになります。

IT教育の質の向上

デジタルデバイドから脱却するには、IT教育の質を向上させましょう。
 
社内でデジタル化を進めるには、エンジニアや上層部だけでなく、一般社員がITへの理解を十分に深める必要があります。そのため、ITリテラシーのある担当者が的確に教育しなければなりません。
 
しかし、とくに中小企業であれば、ほかの業務があるなかで教育に多くの時間を割けるのは稀であり、新規で「ITリテラシーの高い人材」を採用するのにもコストがかかります。
 
また、社内でIT人材を積極的に採用する、教育の基準を策定するなどの施策も重要です。社内のIT化を進めるには現場のIT環境をマネジメントし、計画に対しての現場の反応によって指導を変えていくといった、PDCAサイクルを回していく必要があるのです。

IT環境を徐々に構築する

デジタルデバイド解消のためのIT環境は、長期的な計画で徐々に構築していきましょう
 
デジタルデバイドが発生はITへの興味・関心・理解への乏しさが原因であり、社内にITを扱う環境が構築されていない可能性が高いです。そこで、社員が感じるITへのハードルを下げるためにも、まずは身近な業務のIT化を推進しましょう。
 
そこで、業務で必ず発生する「情報共有」から対策すると、特定の社員にITの知識が偏ることなくデジタルデバイドを防止しやすくできるのです。具体的に、すでに「メール」を用いた情報共有が主流であれば、チャットツールをはじめとしたITツールを導入すると、教育コストを抑えながら格差の縮小にも貢献します。

複雑なITツールを使わない

自社にツールを導入する際は、複雑なツールの選定を避けましょう。
 
複雑なツールは、非IT企業やITリテラシーの低いチームでは操作が難しく、導入しても使われず最終的に、毎月のコストだけかかる無駄なツールになってしまうのです。また、必要以上の機能があったとしてもツールは社内に浸透していかない、もしくは適切な費用対効果が得られません。
 
そして、「IT化を目指してツールを導入したが、ツールは放置され社員のITに対する抵抗感だけ残ってしまった」という状況に陥る危険性があるのです。
 
このように、「社内で使われないITツール」を導入しないためにも、機能に過不足がない「Stock」のように、ITリテラシーにばらつきのある企業でも使えるツールを用いるのがポイントです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【必見】デジタルデバイドを発生させない情報共有ツール

以下では、デジタルデバイドを発生させない情報共有ツールをご紹介します。
 
業務効率化にIT化は避けられないなかでも、とくに「情報共有」からのアプローチを進めるのがもっとも効果的です。そして、非IT企業のデジタルデバイドを防ぐためにも、ITへの理解を深めつつ計画的な教育を進めていく必要があります。
 
しかし、ITへの苦手意識のある社員に説明なしでITツールを導入しても浸透しません。そのため、ITツールが「非IT企業の社員でも使いこなせるか」を慎重に検討しなければ、導入しても使われず、社内に存在するだけの形骸化したツールになってしまうのです。
 
そこで結論、ITリテラシーにばらつきのあるチームが簡単に情報共有を行うためには非IT企業における65歳以上のメンバーでも、即日でスムーズな情報共有・管理ができる「Stock」が必須です。
 
Stockの「ノート」にナレッジやノウハウを残せるうえ、直感的な「フォルダ」で管理すれば「必要な情報がどこにあるかわからない、振り返りができない」問題を発生させません。また、ほかのツールよりもシンプルな「ノートに紐づくメッセージ」で話題が錯綜せずにやりとりもできます。

非IT企業でも簡単に情報共有のIT化を実現できる「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

デジタルデバイド(情報格差)の原因と問題点まとめ

ここまで、デジタルデバイド発生の原因と問題点を中心に解説してきました。
 
企業のIT化の過程で発生するデジタルデバイドはIT人材の不足や、IT人材の流出によって引き起こされます。そして、社員間で発生するデジタルデバイドを放置していると業務効率や競争力が低下し、情報漏洩のリスクも上がってしまうのです。
 
しかし、非IT企業がIT化を実現するにはITツールを活用しなければならず、時間や教育コストをかけながら徐々に進めていく必要があるのも事実です。そのため、非IT企業がITツールを導入する際は「複雑なツールを導入しない」ことが大前提です。
 
そこで、すぐに効果が出やすく費用対効果も高い「情報共有」から業務効率化へとアプローチしましょう。とくに、Stockなら、デジタルデバイドが発生しがちな非IT企業の65歳以上の社員でも使えるので、デジタルデバイドによるストレスが発生しません。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」でIT化をスムーズに実現させましょう。
 
関連記事: 情報共有の大切さとは?共有不足で起きる問題や改善方法も解説!
 
関連記事: 情報管理の重要性とは?セキュリティ対策や定着ポイントまでご紹介!
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。