印刷関連業の導入事例
「他のツールにはない圧倒的なカスタマーサポート力も、Stockの大きな魅力です」

株式会社京阪工技社
 取締役 中啓人様
 業務チーム責任者 法岡満敬様

Stock(ストック)インタビュー中様、法岡様写真

Stock(ストック)の導入により、業務が大きく効率化されたという、京阪工技社様。

印刷関連事業会社におけるStock(ストック)の活用方法を、取締役の中啓人様・業務チーム責任者の法岡満敬様にお伺いしました。

株式会社京阪工技社

業種:印刷関連業

従業員:〜30名

”小ロットの印刷を中心に、印刷関係全般の事業”

御社の事業内容を教えてください

中様:「特に小ロットの印刷を中心としながら、幅広く印刷関係全般の事業をしています。

名刺等の印刷はもちろん、紙媒体をPDF化する等のスキャニングサービスや、製本サービスを提供しています。」

お二人はどのような役割を担っていらっしゃるのでしょうか。

中様:「『営業チーム』の責任者をしています。」

法岡様:「(営業チームが受注した案件を)実際に印刷・製本する『業務チーム』の責任者をしています。」

Stock(ストック)インタビュー中様、法岡様写真
”従来、案件に関するやり取りは、電話やメールでしていた”

Stock(ストック)導入のきっかけを教えてください

中様:「受注した『印刷関連の案件情報』を、社内メンバー間で効率的に連携・管理する方法を探していたことがきっかけです。

従来、『案件情報』に関するやり取りは、電話やメールでしていました。

しかしこの方法では、人によってやり方がバラバラなため、社内で一元的に『案件情報』を管理することが出来ません

何か良いツールはないかと探していた時にStock(ストック)のことを知り、すぐに導入を決めました。」

Stock(ストック)導入の効果はいかがですか?

法岡様:「Stock(ストック)を導入してから、受注した『案件情報』は必ずStockに記載するようにしたため、一元的に管理できています。

これにより、会社全体で業務効率が大きく向上したのを強く実感しています。」

Stock(ストック)インタビュー中様、法岡様写真
”『営業チーム』では『リアルタイムで案件状況を確認可能』『複数案件の管理が簡単』になった”

具体的に、『営業チーム』では、Stock(ストック)のどのような点にメリットを感じますでしょうか?

中様:「私たち『営業チーム』から見ると、Stock(ストック)導入で2つの大きなメリットを実感できています。

 

1つ目は、受注した案件の情報を、Stockさえ見れば即座に把握できるようになったことです。

従来は、外出先で案件情報を確認しようと思った場合、いちいち電話でオフィスに確認を入れなければなりませんでした。

しかし現在では、すべての情報がStock(ストック)に一元管理されているため、外出先からでもStockのスマホアプリで即座に各案件の情報を確認できます。

 

2つ目は、Stock(ストック)の導入により、並行して進んでいる複数案件の管理が、とにかく直感的に出来るようになったことです。

Stockでは『ノート』に案件情報をまとめて記載できるため、複数案件が並行して走っていても、極めて簡単に管理することが可能なのです。」

Stock(ストック)インタビュー中様、法岡様写真
”『業務チーム』では、『作業すべき内容を、統一フォーマットで分かりやすく把握できる』『本日対応すべきタスクが一覧形式で把握できる』ようになった”

『業務チーム』では、いかがでしょうか?

法岡様:「私たち『業務チーム』(注:営業チームが受注した案件を、実際に印刷・製本するチーム)でも、Stockによる業務効率化を実感しています。

 

これまでは『営業チーム』からの作業依頼が、電話やメールでバラバラになされていたため、どの案件にどのような指示があったか即座に把握することが出来ませんでした。

しかし現在では、Stockの『テンプレート機能』を活用することで、作業すべき内容を、統一したフォーマットで分かりやすく把握できるようになっています。

 

また、Stockは『タスク管理機能』も非常に直感的に分かるように作られています。

そのため、『業務チーム』のメンバーは『Stock(ストック)のタスク一覧ページを見て、上から順番に作業すれば良い』という非常にシンプルな作業ルールを定着させることが出来ました。」

Stock(ストック)インタビュー中様、法岡様写真
”年配のスタッフも、Stockを全く抵抗なく使いこなしています”

チームにはStock(ストック)をスムーズに導入できたのでしょうか?

法岡様:「実はクラウドサービスを導入したのは、弊社ではStock(ストック)が初めてでした。

弊社には年配のスタッフも多く、当初は『クラウドツール』『ITツール』というだけで抵抗を持つスタッフも少なくありませんでした。

しかしStock(ストック)は、非常にシンプルなプロダクトであるため、導入後間もなく、年配のスタッフも全く抵抗なく使いこなせるようになりました。」

最後に一言よろしくお願いします。

中様:「弊社でも、コロナ禍の中において業務効率化する方法を模索していますが、Stock(ストック)はいつも非常に柔軟に対応してもらえて大変助かっています。

何か質問があったときも、Stock(ストック)はサポートデスクが非常に手厚くクイックに対応してもらえるので、ユーザーとしては非常に安心感がある中で活用できています。」

 

法岡様:「私も、Stock(ストック)のサポートデスクの印象がとても強いです。

何度か問い合わせをしたのですが、その時の対応がとにかく丁寧だったことが強く印象に残っています

一度、少し挙動に違和感を持って問い合わせたことがあるのですが、すぐに『対応して改善しました』と連絡が来ました。実際に確認したところ、思った通りに改善されていたのを見た時には驚きました。

 

引き続きStock(ストック)を活用していきたいと思っていますので、手厚いサポートも含めて今後ともどうぞよろしくお願いします!」

あなたのチームでもStock(ストック)を試しませんか?
情報共有に感じていたストレスが、大幅に削減できます。


トップへ戻る

インタビュー一覧へ

Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加