社労士事務所の導入事例
「Stockの便利さに衝撃!会った人みんなにStockを勧めています!」

クオーレ労務経営
 澤田美鈴様
 戸川一秋様

Stock(ストック)インタビュー澤田様、戸川様写真

Stock(ストック)の導入により、業務効率が大きく改善されたという、 クオーレ労務経営様。

社労士事務所におけるStock(ストック)の活用方法を、同社共同代表の澤田 美鈴様・戸川 一秋様にお伺いしました。

クオーレ労務経営

業種:社労士事務所

従業員:〜10名

”社労士事務所を運営”

御社の事業内容を教えてください

澤田様:「社会保険労務士事務所を運営しています。

特に介護事業所・福祉法人のクライアント様を中心に『人事労務サービス』を提供しています。

また、これとは別に『(経営者伴走型の)経営コンサルティングサービス』も提供しています。」

お二人はどのような役割を担っていらっしゃるのでしょうか。

戸川様:「2人の共同代表という形を採っています。

それぞれ『人事労務サービス』と『経営コンサルティングサービス』を担当しています。」

Stock(ストック)インタビュー澤田様、戸川様写真
”『ファイルサーバー』と『Stock(ストック)』では、情報へのアクセス性が格段に違います”

Stock(ストック)導入のきっかけを教えてください

澤田様:「ITツールに詳しい友人にパソコンのセットアップを頼んだら、『Stock(ストック)はとにかく便利だから、絶対に導入した方が良い』と言いながら、その友人が勝手にStock(ストック)をインストールして帰ったのがきっかけです(笑)。

このような経緯のため、当初はStock(ストック)がどのようなことが出来るツールか知らない状態で導入されました(笑)。

しかし、プロダクトを実際に触っているうちに、友人の言う通りStock(ストック)が非常に便利なツールであることを強く実感して、本格導入することにしました。」

Stock(ストック)のどのような点に魅力を感じて頂けたのでしょうか?

澤田様:「Stock(ストック)の魅力は、事務所内の情報をとにかく簡単にストックできる点です。

Stock(ストック)には、

①『フォルダ』毎に、情報を整理できる

②『ノート』 毎に、とにかく簡単にチーム内の情報を残せる

という、シンプルだけれど必要十分な機能があります。

弊所でストックするべき情報は、一元的にStock(ストック)にストックされるようになっていますね。Stock(ストック)を導入してから、仕事の効率が明らかに向上しました。」

従来はどのような方法で、事務所内の情報共有をされていましたか?

澤田様:「元々は『ファイルサーバー』を使って情報共有していました。

しかし『ファイルサーバー』は、①いちいちファイルを探し出して、②更にそのファイルを開かないと必要な情報にアクセスできません

ファイルが開いて閲覧できる状態になるまでに時間がかかりますし、非常に手間で煩雑です。

他方でStock(ストック)は、本当に素早く情報にアクセスできます

先ほど申し上げた通り、「フォルダ」別に情報管理がしやすいことはもちろん、情報が記載されている「ノート」にはワンクリックで即座にアクセスできます。

今では身をもって体験しましたが、『ファイルサーバー』と『Stock(ストック)』では、情報へのアクセス性が格段に違います。」

Stock(ストック)インタビュー澤田様、戸川様写真
”社労士事務所でストックすべき情報は、すべてStock(ストック)にストックしています”

具体的にはどのような情報をStock(ストック)に記載していますか?

澤田様:「事務所内でストックすべき情報は、すべてStock(ストック)にストックしています。

具体的には、下記のような情報を主にストックしています。

 

①業務マニュアル

弊所では、様々なツールを使いながら業務推進しております。

具体的にどのツールを使って、どのように業務フローを進めるかといった業務マニュアルは、全てStock(ストック)にストックしています。

 

②顧問先ごとの情報管理

それぞれの顧問先様の『基本情報(例:住所、決算日など)』はもちろん、顧問先様等と実施した『打合せ記録』もStock(ストック)にストックしています。

顧問先様の情報はすべてStock(ストック)を見れば分かるようになっているので、別メンバーへの情報連携が非常に楽です。

 

③給与計算

それぞれの顧問先様ごとの『所定残業時間』等の労務ルールの情報記載はもちろんですが、『月次ごとの給与計算に関する情報共有』もStock(ストック)で管理しています。

例えば、月ごとに入退社する方がいたり、欠勤状況等により給与支給額が変わったりすることは頻繁にあります。

これらの情報の管理も、Stock(ストック)を使いさえすれば必要な情報に即時アクセスできて大変便利です。

 

④最新の法令・厚労省からの通達

社労士業界は、常に最新の法令・通達をキャッチアップし続けなければいけません。

Stock(ストック)を導入していれば、最新の法令・通達等の情報もすべてStock(ストック)に一元管理できるので、所内のメンバーと簡単に情報共有することができます。

 

⑤助成金に関する情報

例えば『キャリアアップ助成金』等、助成金に関する情報もStock(ストック)に一元的にまとまっています。

助成金に関する最新情報には、所内のメンバー誰もがすぐにアクセスできるようになっています。

 

⑥wiki情報

『入社した時のToDoとその手順』『パソコンの設定方法』『Wi-FiのID・パスワード』等のwiki情報も、すべてStock(ストック)にまとまっています。

 

⑦研修・セミナー資料

弊所で実施する研修・セミナーの資料や情報も、Stock(ストック)にストックしています。

Stock(ストック)インタビュー澤田様、戸川様写真
”Stock(ストック)は、一切使い方を調べる必要なく、65歳のメンバーでも自在に使えています”

Stock(ストック)はどのようなチームにお勧めのプロダクトですか?

澤田様:「Stock(ストック)は、どのようなチームにもお勧めできるプロダクトです。

実は、同業者の人もそうでない人もひっくるめて、『Stock(ストック)はとにかく便利だよ!』とみんなに勧めています(笑)

 

戸川様:「『とにかく簡単である』という点は、Stock(ストック)の魅力を語る上で外せません。

Stock(ストック)を使うにあたり、私たちは何か使い方等を調べたことが一切ありません。弊所には65歳のメンバーもいますが、嘘ではなく本当に、Stock(ストック)を迷うことなく使いこなせています。」

ありがとうございました。最後に一言お願いします。

澤田様:「とにかくStock(ストック)は凄いです(笑)。もの凄く便利ですね。

チームの情報を残す際に、Stock(ストック)はどのチームでも必須ではないでしょうか

シンプルで分かりやすく、とにかく便利なStock(ストック)をもっと皆さんに知っていただきたいです

これからもStock(ストック)を使っていきたいし応援しているので、是非よろしくお願いします!」

あなたのチームでもStock(ストック)を試しませんか?
情報共有に感じていたストレスが、大幅に削減できます。


トップへ戻る

インタビュー一覧へ

Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加