主な活用シーン

主に「運営サービスの企画」を軸にストックしています。

ITのStock活用方法の画像

画像を拡大

❚ ①フォルダを、「企画のテーマごと」に作成。

「新規サービス検討」のように、「企画のテーマごと」に、フォルダを作成しましょう。


❚ ②ノートを、「企画ごと」に作成。

新規サービスのアイデアなど、「企画ごと」に、Stockのノートを作成しましょう!
アイデアが流れていくことなく、企画内容を驚くほど簡単に内容を共有できます。

ヒント:企画について議論するには?
Stockでは、ノートに紐づいて「メッセージ」をすることができます。
1つの企画に関する議論は全てそのメッセージ欄で完結するので、チャットツールと違い、話題が入り乱れることはありません。

その他の活用シーン①

「営業チームの情報」も、Stockにストックしています。

ITのStock活用方法の画像

画像を拡大

❚ ①フォルダを、「営業の共有テーマごと」に作成。

「営業トークスクリプト」のように、「営業の共有テーマごと」に、フォルダを作成しましょう。


❚ ②ノートを、「共有内容ごと」に作成。

トークスクリプトなど、「共有テーマごと」に、Stockのノートを作成しましょう!
Stockはノートまでのアクセス性が抜群に高く、すぐにトークスクリプト等を確認・更新できるようになります。

ヒント:フォルダが多くなった場合
フォルダは、上記の例のように「グルーピング」することが可能です。

その他の活用シーン②

「システム開発要件」も、Stockにストックしています。

ITのStock活用方法の画像

画像を拡大

❚ ①フォルダを、「開発のテーマごと」に作成。

「プロダクトの開発要件」「ホームページの開発要件」等のように、「開発のテーマごと」に、フォルダを作成しましょう。


❚ ②ノートを、「開発要件ごと」に作成。

「開発要件ごと」に、Stockのノートを作成しましょう!
開発要件を、誰からも分かりやすくストックすることが出来ます!

ヒント:修正が発生した場合に「タスク」を設定できる?
Stockでは、ノートに紐づく「タスク」を作成して、ワンクリックで管理できます!
非常に好評の機能ですので、是非お試しください!
さあ、今すぐStock(ストック)を試しましょう。
情報共有に感じていたストレスが、大幅に削減できます。
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加