主な活用シーン

主に「授業内容の管理」を軸にストックしています。

学習塾のStock活用方法の画像

画像を拡大

❚ ①フォルダを、「授業の種類ごと」に作成。

「個別指導」「集団指導」のように、「授業の種類ごと」に、フォルダを作成しましょう。


❚ ②ノートを、「生徒ごと」に作成。

個別指導であれば、「生徒ごと」に、Stockのノートを作成しましょう!
授業のたびに、過去の授業内容を簡単に確認できるようになります。

ヒント:授業内容について報告するには?
Stockでは、ノートに紐づいて「メッセージ」をすることができます。
ある生徒様に関する報告は全てそのメッセージ欄で完結することになるので、チャットツールと違い、話題が入り乱れることはありません。

その他の活用シーン①

「生徒情報」も、Stockにストックしています。

学習塾のStock活用方法の画像

画像を拡大

❚ ①フォルダを、「学年ごと」に作成。

「学年ごと」に、フォルダを作成しましょう。


❚ ②ノートを、「生徒ごと」に作成。

「生徒ごと」に、Stockのノートを作成しましょう!
生徒の連絡先や状況を一元的に管理できます。

ヒント:フォルダごとに参加設定を変更しましょう
Stockでは、フォルダごとにメンバー設定を変更できます。
アルバイトの方は個人情報にアクセスできないようにするなど、柔軟な情報管理ができます。

その他の活用シーン②

「教室事務」の情報も、Stockにストックしています。

学習塾のStock活用方法の画像

画像を拡大

❚ ①フォルダを、「事務が管理するテーマごと」に作成。

「特別講習の実施内容」など、「事務が管理するテーマごと」に、フォルダを作成しましょう。


❚ ②ノートを、「特別講習ごと」に作成。

例えば、「特別講習ごと」に、Stockのノートを作成しましょう!
授業スケジュールを添付しておけば、全スタッフがすぐに内容を確認できるようになります。

ヒント:フォルダが多くなった場合
フォルダは、上記の例のように「グルーピング」することが可能です。
さあ、今すぐStock(ストック)を試しましょう。
情報共有に感じていたストレスが、大幅に削減できます。
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加