「コンサルティング会社」の
Stock活用方法

主な活用シーン

主に「顧客ごとの情報管理」を軸にストックしています。

コンサルティング会社のStock活用方法の画像

画像を拡大

❚ ①フォルダを、「顧客ごと」に作成。

「顧問先ごと」に、フォルダを作成しましょう。


❚ ②ノートを、「ミーティングごと」に作成。

顧客との「ミーティングごと」に、Stockのノートを作成しましょう。
メンバー同士で、顧客の状況をリアルタイムで把握できます。

ヒント:「社外メンバー」とStockで情報共有できる?
Stockでは、社外メンバーを「1フォルダゲスト」として、何人でも無料で招待できます。
ノートの内容を共有したり、メッセージで連絡したりすることができます。

その他の活用シーン①

「業界ニュースの共有」も、Stockにストックしています。

コンサルティング会社のStock活用方法の画像

画像を拡大

❚ ①フォルダを、「業界ごと」に作成。

「出版業界」「広告業界」のように、「業界ごと」に、フォルダを作成しましょう。


❚ ②ノートを、「週ごと」に作成。

「週ごと」にStockのノートを作成し、業界ニュースを共有しましょう!
Stockはノートまでのアクセス性が抜群に高く、いつでも最新情報を確認・更新できるようになります。

ヒント:内容について議論するには?
Stockでは、ノートに紐づいて「メッセージ」をすることができます。
1つのテーマに関する議論は全てそのメッセージ欄で完結するので、チャットツールと違い、話題が入り乱れることはありません。

その他の活用シーン②

「社内ミーティング議事録」も、Stockにストックしています。

コンサルティング会社のStock活用方法の画像

画像を拡大

❚ ①フォルダを、「部門ごと」に作成。

社内ミーティングが発生する「部門ごと」に、フォルダを作成しましょう。


❚ ②ノートを、「ミーティングごと」に作成。

「ミーティングごと」にノートを作成しています。
Stock一つあれば、社内外のミーティングが一元的に管理できます。

ヒント:ミーティングで発生した「タスク」を管理するには?
Stockでは、ノートに紐づく「タスク」を作成して、ワンクリックで管理できます!
非常に好評の機能ですので、是非お試しください!

導入事例

多くの「コンサルティング」の企業が、Stockを導入!
情報共有のストレスが、どんどん取り除かれています!

Stock(ストック)インタビュー田村大輔様写真

「情報共有ツールひとつで、こんなにも働き方が変わるのかと衝撃的でした」

-----株式会社シタシオンジャパン
 代表取締役社長 田村大輔様

インタビュー詳細はこちら

さあ、今すぐStock(ストック)を試しましょう。
情報共有に感じていたストレスが、大幅に削減できます。
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加