社内にあるノウハウを正しく蓄積・共有できると、会社の持つ企業力が向上するほか、業務効率化も実現できるようになります。そのため、多くの企業においてノウハウをいかに蓄積・管理していくかが大きな課題となっています。
 
しかしなかには、「ノウハウ」という言葉を見聞きすることはあっても、明確にどういうものか理解できていないという方もいるのではないでしょうか。
 
ノウハウについて正しい理解をしていなければ、社内での蓄積・活用は促進できません。そのため、管理者はノウハウ共有に取り組むよりも前に、まずは社内のノウハウについての認識を統一しておく必要があります。
 
そこで今回の記事では、ノウハウという持つ意味や正しい使い方、社内でのノウハウ活用に最適なツールをご紹介します。
 
  • ノウハウについての理解が社員によって異なることに悩んでいる
  • ノウハウと類義語との違いを学び、正しい理解を身に着けたい
  • ノウハウ活用をより効果的に進められる方法が知りたい
という担当者の方は今回の記事を読むと、ノウハウについて正しく理解でき、社内への認識統一を効果的に行えるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウとは?

以下では、ノウハウという語の持つ意味について解説します。
 
一般的に「ノウハウ」とは、「専門的な技術や知識」「物事の進め方に関する知識」という意味として使われる言葉です。料理のノウハウや勉強のノウハウなどさまざまな分野で利用できるため、耳にする機会も多い言葉です。
 
一方、ビジネス上では一般的な意味とは異なり「開発や製造に関する知識」「企業経営に関する情報」を指します。ビジネスにおけるノウハウは、会社にとって重要な知識であり、情報資産としての意味合いが強くなります。
 
関連記事: ノウハウとは何か?意味から学んで活用スキルを身に着けよう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウの使い方とは?

ビジネスシーンでノウハウという言葉を使う場合、「コツ」や「技術」のことを総じて「ノウハウ」というケースが多くなります。
 
具体的には、以下の例文のような形で利用されます。
 
  • 商談の仕方のノウハウを新人に教える
  • 先輩から開発のノウハウを教えてもらった
  • 新人とのコミュニケーションに関するノウハウ本を購入した
  • 商品Aの製造ノウハウは一部の人しか知らない
  • 業界のキーマンと繋がるためのノウハウを社内で共有した
 
関連記事: 「ノウハウ」とは?ビジネスにおける意味から類語、使い方までを解説!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウの類義語

以下では、ノウハウと意味の似ている類義語について解説します。ノウハウとの違いを学び、適切に使い分けましょう。

ナレッジ

「ナレッジ」は、「役立つ知識」を意味する言葉です。
 
ノウハウと同じく知識を表す語ですが、ナレッジはあくまで知識止まりであり、ノウハウのように実際に行動した結果身についたものとは異なります。
 
その知識に行動が伴ったかどうかが、ナレッジとノウハウの違いになります。

スキル

「スキル」は、「技能」や「資格」を意味する言葉です。
 
スキルはノウハウを特定の訓練などを受けた結果後天的に身につけるものであり、経験によって自然と身につくノウハウという点が異なります。
 
しかし、得たスキルを自分のものとして発展させていけばノウハウとして活用できることから、両者は相互関係にあるとも言えます。

ハウツー

「ハウツー」は、「やり方」や「方法」の意味として使われ、物事の基本的・基礎的なやり方を表します。
 
ハウツーは基礎的であるゆえに、ノウハウのように専門性や難しさがないのが特徴です。したがって、両者の違いは専門的かつ難しいものかそうではないかの違いになります。
 
関連記事: 【無料あり】ノウハウや技術の共有に使えるおすすめのツール5選


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウの蓄積・活用がしやすいツールとは?

ここではノウハウの蓄積・活用におすすめのツールをご紹介します。
 
生産力向上や業務効率向上のためにも企業はノウハウの蓄積や共有に取り組むべきですが、どのやり方で進めるかが非常に重要なポイントです。
 
とくに、これまでノウハウ共有をしてこなかった企業では、「とりあえずノウハウを書き出して共有しよう」と考えやすく、紙ベースや口頭での共有が行われる傾向があります。
 
しかし、こうした方法での蓄積・共有は検索性が悪く、後からその情報を振り返ろうとした際にどこにあるのかわからないという状況を引き起こしかねません。
 
振り返って活用できないような環境でのノウハウ共有は意味がなく、「意味がないのでノウハウ共有を行いたくない」と社員が考える原因にもなってしまいます。蓄積されたノウハウを有効活用するためにも、ノウハウはITツールを利用して適切に管理しましょう。
 
今回ご紹介する「Stock」は、ノウハウの蓄積から共有までを一元化できる情報共有ツールです。
 
ノウハウをノートに直積記載すればデジタルベースで管理できるため、紛失の恐れがありません。また、Stock内の情報はキーワードやタグを利用して検索可能なため、過去のノウハウの確認や活用も簡単に行えます。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から14日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウとは何かのまとめ

ここまで、ノウハウの意味や使い方・おすすめのツールについて解説しました。
 
ノウハウには知識や知恵と言った意味が含まれており、こうした知識は企業にとっては重要な情報資産になります。そのため、企業は自社の技術的な知識だけでなく、社員個人が所持するノウハウについても正しく管理する必要があります。
 
しかし、社員個人がどのようなノウハウを持っているのかはわかりづらいうえ、消極的な社員であれば「自分の持つノウハウは役に立たないだろう」と考えてしまい、結果としてノウハウの消失が起こりかねません。
 
こうした事態を防ぐためにも、ノウハウ共有を積極的に行えるよう社内環境を整えていきましょう。とくに、ノウハウが気軽に蓄積・共有できるような環境の構築はノウハウ共有において重要です。
 
ご紹介したStockであれば誰でも簡単に情報共有が行えるため、ノウハウ共有に対するハードルを下げて、気軽な共有を促進できます
 
また、テンプレート機能を利用してノウハウ共有のフォーマットを作成しておけば、項目を埋めるだけでも共有ができるため、社員の心理的負担も軽減できます。
 
利用は無料からでき、登録も1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入して社内のノウハウ共有を活性化させましょう。
 
関連記事: 社内のノウハウ共有やナレッジベースの活用ができるツール7選
 
関連記事: 社内ノウハウや営業秘密を社員に正しく共有・管理する方法とは?
 
関連記事: ノウハウの類義語を徹底解説!チームでのノウハウ活用方法もご紹介