「ノウハウ」という言葉を見聞きすることはあっても、自分が正しく使えているか?活用できているか?と言われると、なかなか自信が無い方も多いのではないでしょうか。
 
正しい意味を理解することはもちろんのこと、社内のノウハウを蓄積し、それらを共有することで、業務効率化や企業の競争力向上にも繋がります。
 
そこで今回の記事では、ノウハウの正しい使い方と、蓄積や共有をするのに最適なツールをご紹介させていただきます。
 
今後、ノウハウを正しく活用していきたいとお感じの方は、是非参考にしてみていただければと思います。

 
Stockのバナー

ノウハウとは?

一般的に「ノウハウ」とは、「専門的な技術や知識」「物事の進め方に関する知識」という意味として使われています。
ビジネス上で使われる場合には、「開発や製造に関する知識」「企業経営に関する情報」としてよく利用されます。
Stockのバナー

ノウハウの使い方とは?

仕事でノウハウという言葉を使う場合、「コツ」のことを「ノウハウ」と言ったり、「技術」のことを「ノウハウ」ということが多くなります。
例えば、下記のようにして使われます。
 
  • 商談の仕方のノウハウを新人に教える
  • 先輩から開発のノウハウを教えてもらった
  • 新人とのコミュニケーションに関するノウハウ本を購入した
  • 商品Aの製造ノウハウは一部の人しか知らない
  • 業界のキーマンと繋がるためのノウハウを社内で共有した
 
関連記事: 「ノウハウ」とは?ビジネスにおける意味から類語、使い方までを解説!
Stockのバナー

ノウハウの類義語

ナレッジ

「ナレッジ」は、「役立つ知識」として使われます。
ナレッジはあくまで知識止まりであるため、ノウハウのように実際に行動した結果身についたものとは異なります。

スキル

「スキル」は、「技能」や「資格」という意味で使われています。
特定の訓練などに身につけるものであり、経験によって身につくノウハウとは異なっています。

ハウツー

「ハウツー」は、「やり方」や「方法」の意味として使われますが、物事の基本的・基礎的なやり方を表します。
そのため、ノウハウのように、専門的、あるいは高度なものとは少し異なります。
 
関連記事: ノウハウとナレッジって何が違うの?おすすめの簡単に蓄積できるツールも紹介!
Stockのバナー

ノウハウの蓄積・活用がしやすいツールとは?

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、議事録などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。


Stockのバナー

まとめ

ノウハウに意味が似ている言葉は多いですが、それぞれの定義を明確にすることで、社内でどのようなものを蓄積するべきかが見えてくるのではないでしょうか。
 
是非、社内のノウハウが何か、個人が持っているノウハウは何か、ということを把握した上で、共有できる仕組みを構築していただければと思います。

 

 
関連記事: ノウハウ共有ツール5選!属人的な知識を社内に広めよう!
 
関連記事: 社内のノウハウ共有がスムーズになるツール6選