ノウハウの意味や使い方を全社員が正しく理解していなければ、社内での蓄積・活用は促進できません。そのため、管理者はノウハウ共有に取り組む前に、ノウハウの意味を社内で統一しておく必要があります。
 
しかし、ノウハウの意味や重要性の理解が社員によって異なり、社内の属人化が進んでいる状態に悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回の記事では、ノウハウの意味や正しい使い方を中心にご紹介します。
 
  • 社内でノウハウの認識を統一し、ノウハウ共有・蓄積を促進したい
  • ノウハウと類義語の違いを知り、適切に使い分けられるようにしたい
  • 社内でのノウハウ活用をより効果的に進めたい
という担当者の方は今回の記事を読むと、ノウハウについて正しく理解でき、社内でのノウハウ活用を効果的に進められるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウとは?

一般的に「ノウハウ」とは「専門的な技術や知識」「物事の進め方に関する知識」を指す言葉です。
 
料理のノウハウや勉強のノウハウなどさまざまな場面で利用できるため、耳にする機会も多い言葉です。
 
一方、ビジネスにおいて「ノウハウ」は「開発や製造に関する知識」「企業経営に関する情報」を指します。ビジネスにおけるノウハウは、会社にとって重要な知識であり、情報資産としての意味合いが強くなるので、正しく管理・活用しなければなりません。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウの正しい使い方

ビジネスシーンで「ノウハウ」の言葉を使う場合には、認識齟齬が生じないように適切に使われなければなりません。具体的には以下のように使われます。
 
  • 商談の仕方のノウハウを新人に教える
  • 先輩から開発のノウハウを教えてもらった
  • プレゼンに関するノウハウを身につける
  • 商品Aの製造ノウハウは一部の人しか知らない
  • 業界のキーマンとつながるためのノウハウを社内で共有した
このように、ノウハウはあらゆる場面で使われる言葉なので、意味を正確に理解しておく必要があります。また、言葉としての使い方はもちろん、実際にメンバーのノウハウを使ってもらえるように、日頃の業務中から共有しておくことが必要です。
 
関連記事: 「ノウハウ」とは?ビジネスにおける意味から使い方まで解説!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウの類義語

以下では、ノウハウと意味の似た類義語について解説します。場面に合わせて適切に使い分けなければ、伝達ミスなどのトラブルにつながる可能性があるので注意しましょう。

ナレッジ

「ナレッジ」は「役立つ知識」を意味する言葉です。
 
ノウハウと同じ「知識」を表す語ですが、ノウハウが経験を通して得た知識である一方、ナレッジは経験の有無にかかわらず企業にとって価値のある知識のことを指します。
 
つまり、両者の違いは「行動によって得た知識か」にあると言えます。

スキル

「スキル」は「技能」や「資格」を意味する言葉です。
 
スキルは特定な訓練などを受けて身につけた能力のことを指し、深い理解に基づいた専門的な知識という意味で使用されます。
 
一方、ノウハウは基本的な知識という意味で使われることが多いので、ノウハウとは物事に対する理解度や専門性に違いがあるのです。

ハウツー

「ハウツー」は「やり方」や「方法」の意味として使われ、入門的なやり方を表します。
 
ハウツーは基礎的であるゆえに、ノウハウよりも専門性が低く、かつ難しくないことが特徴です。したがって、両者の違いは初心者でも内容を理解できるかにあります。
 
関連記事: ノウハウの蓄積・管理をすべき理由とは?おすすめツールも紹介


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウの蓄積・活用を促進するおすすめのツール

ここからは、ノウハウの蓄積・活用におすすめのツールをご紹介します。
 
社内でノウハウの蓄積・共有を進め、企業力向上や業務効率化に役立てるには「どのような方法でノウハウを蓄積・共有するか」が重要です。
 
ノウハウをメモやノートで共有する方法もありますが、紙媒体では情報がどこにあるか分からず蓄積されたノウハウを有効活用できません。したがって、ノウハウは非IT企業のチームこそ「シンプルな情報共有ツール」を利用して適切に管理しましょう。
 
結論、ノウハウを有効活用して業務を円滑に進めるには、65歳以上のメンバーでも簡単に、ノウハウの蓄積・共有を一元化できる情報共有ツール:「Stock」が必須です。
 
ノウハウを「ノート」に直接記載して蓄積し「フォルダ」で分類しながら管理すれば、業務に必要な情報をすぐに確認できます。また、ノートに紐づく「メッセージ」を使えば、情報を錯綜させることなくノウハウに関するコミュニケーションもとれます。

チームのノウハウを最も簡単に蓄積できるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウの意味や使い方まとめ

ここまで、ノウハウの意味や使い方を中心に解説しました。
 
ノウハウには知識や知恵と言った意味が含まれており、企業にとって重要な情報資産です。そのため、共有されたノウハウは正しく管理する必要があります。
 
しかし、個人がノウハウを蓄積しても「共有する手段」がなければ、個人の成長は見込めても組織力は向上しません。そこで、ノウハウを業務へ有効活用させるためにも、情報管理に適したITツールを使い、ノウハウを活かせる環境を構築する必要があるのです。
 
また、確認にかかる手間から社員がノウハウを閲覧しなくなる可能性もあるので、即日で使えない複雑なツールは控えましょう。結論としてStockのように、誰でも簡単にノウハウを共有可能、かつすぐに情報を取り出せるように管理できる情報管理ツールが求められます。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入して社内のノウハウ共有を活性化させましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: 【無料あり】社内のノウハウ共有に役立つおすすめのツール7選!
 
関連記事: 【必見】社内のノウハウを正しく共有・管理する方法とは?
 
関連記事: 【徹底解説】ノウハウの類義語とは?チームで共有するメリットも解説!
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。