ビジネスシーンでは、「ナレッジ」という言葉が使われますが、正確な意味を捉えることはできていますでしょうか。
 
社内の情報共有が重要になっていく中で、ナレッジの蓄積をしているか否かで仕事の効率化が大きく変わってきます。
 
そこで今回の記事では、ナレッジの意味や正しい使い方、ノウハウとの違いについてご紹介させていただきます。
 
会話の中で使われている言葉の意味や、ナレッジ蓄積の重要性を感じている方は、是非参考にしてみていただければと思います。
 
関連記事: ナレッジ蓄積に最適なツール10選!これで「面倒」が解消!

 
Stockのバナー

「ナレッジ」とは?

ナレッジとは、英語で「knowledge」と表し、「知識」や「知見」という意味があります。
ビジネスの現場では、企業における有益な情報や、付加価値のある経験のことを指すことが多くなっています。
 
そのため、それらの情報をきちんと蓄積(ナレッジマネジメント)をし、誰かが経験したことを活かすことが大事です。
そうすることで、社内の業務効率化に繋がり、企業自身が保持する競争力を向上させることが可能になります。
 
関連記事: ナレッジ共有って何をするの?オススメのナレッジ管理ツール
Stockのバナー

「ナレッジ」という言葉の使い方とは?

実際に仕事をする上で「ナレッジ」という言葉をどのように使えばいいのでしょうか。
以下では、例文をご紹介させていただきます。
 
  • 営業先で成功確率の高い提案方法のナレッジを社内で共有した
  • 新人研修で顧客対応のナレッジを共有したため、すぐに現場対応ができるようになった
  • 後任者へのナレッジの共有で、引き継ぎがスムーズに終わった
 
関連記事: ナレッジデータベースとは?知識をデータ化して蓄積しよう!
 
関連記事: ナレッジマネジメントとは?システムを使って知識を共有しよう
Stockのバナー

「ナレッジ」と「ノウハウ」の違いは?

「ナレッジ」は「知識」や「知見」という意味、「ノウハウ」は「物事を進める上での必要な技術・知識」、という意味があります。
そのため、ナレッジとノウハウの違いについては、
 
  • ナレッジ:「知識」
  • ノウハウ:「知恵」
と理解するのがいいのではないかと思います。
「知識(ナレッジ)」は本などで身につけることになり、「知恵(ノウハウ)」は実際の業務で学んだ知識を活かすことになるのではないでしょうか。
 
関連記事: ノウハウとナレッジって何が違うの?おすすめの簡単に蓄積できるツールも紹介!
Stockのバナー

ナレッジを簡単に蓄積できる情報共有ツールとは?

社内のナレッジを蓄積しておくことで、必要な時に誰でもその情報にアクセスできるようになります。
そのため、ツールを活用し、ナレッジを簡単に蓄積・共有できる仕組みを作っておくことが大事です。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用できます。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。
 
関連記事: ナレッジ共有ツール10選!社内の知識・ノウハウをしっかり運用しよう!
Stockのバナー

まとめ

社内のナレッジを適切に管理することは、社内の業務効率化や、情報資産化に繋がります。
 
ただ単にナレッジを羅列するわけではなく、カテゴリーごとに分けて管理することで、仕事に活用しやすくなります。
 
是非今回ご紹介させていただいた内容を参考に、社内のナレッジ蓄積を検討してみていただければと思います。

 

 
関連記事: 「ナレッジ」とは?ノウハウとの違いからビジネスシーンでの使い方を解説!