近年、少子高齢化が進行し、企業による「人材の確保」が難しくなっています。また、育児や介護を理由とする退職者も増えているので、貴重な人材を社会全体で活かしきれていないことも問題です。
 
以上のような人材不足の解決策のひとつが「働き方改革」ですが、具体的な内容についてはあまり知られていません。そのため、「働き方改革で得られるメリットが分からない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、働き方改革のメリット・デメリットと3つの課題を解説します。
 
  • 自社が働き方改革に取り組むべきかどうかを見極めたい
  • 働き方改革が企業や社員にもたらす効果を知りたい
  • 働き方改革を実現する方法を自社でも実践したい
という担当者の方はこの記事を参考にすれば、働き方改革のメリット・デメリットが分かるほか、失敗なく進める方法も見つかります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

働き方改革とは

ここでは、働き方改革の概要と背景、目的について解説します。政府が働き方改革を推進する理由を知り、自社でも取り組むべきかどうかを見極めましょう。

働き方改革とは

働き方改革とは、一億総活躍社会の実現に向けた施策を指します。
 
一億総活躍社会とは、年齢や性別などに関わらず、国民全員が生きがいを感じながら活躍できる社会のことです。すなわち、働き方改革はすべての国民がやりがいを持って働ける社会をつくる取り組みを意味します。
 
働き方改革が始まったのは2018年であり、同年に働き方改革関連法が公布されました。働き方改革には「残業の上限規制」や「同一労働同一賃金」など、働きやすい環境の整備に向けたさまざまな施策が盛り込まれています。

働き方改革の目的とは

働き方改革の目的は、日本の労働生産性の向上です。
 
今後、少子高齢化が進むなかでも国が発展し続けるには、労働者一人当たりの付加価値額である「労働生産性」の向上が不可欠です。労働生産性が向上すれば、人口が減少してもほかの先進国に負けない経済成長が期待できます。
 
このように、日本を取り巻く課題を解消するためにも、働き方改革を推し進める必要があるのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

働き方改革のメリット

ここでは、働き方改革のメリットを解説します。企業側・労働者側のメリットをそれぞれ紹介するので、社員に周知させて働き方改革への理解を得ましょう。

企業側のメリット

企業が働き方改革に取り組むことで得られるメリットは以下の3点です。
 
  1. 生産性が向上する
  2. 働き方改革として「フレックスタイム」などを導入すれば、社員は自分に合った働き方を選択できます。その結果、社員は集中して業務に取り組めるようになり、労働生産性も向上していくのです。
     
  3. 残業手当を少なくできる
  4. 働き方改革に取り組み長時間労働を是正すれば、社員の残業時間を短縮できます。その結果、支払う残業手当を少なくして労働コストを削減できるのです。
     
  5. 求職者から良い評価を得やすくなる
  6. 働き方改革として「テレワーク」などを導入すれば、柔軟な働き方を取り入れている企業として求職者から評価されやすくなります。その結果、人材を集めることも容易となるのです。
このように、企業が働き方改革に取り組めば、生産性が向上するほか労働コストも削減できるなど、さまざまな面で恩恵を受けられます。

労働者側のメリット

働き方改革によって労働者が得られるメリットは以下の3点です。
 
  1. ワークライフバランスが実現する
  2. 働き方改革によって長時間労働を是正できれば、社員のワークライフバランスが実現します。その結果、自身のライフスタイルに合わせて働けるようになるのです。
     
  3. 賃金が増える可能性がある
  4. 働き方改革のひとつに「雇用区分による賃金格差の是正」があります。すなわち、働き方改革を進めれば、今まで不当な待遇を受けていた非正規雇用者が、適切な賃金を受け取れるのです。
     
  5. 家庭の事情に合わせて柔軟に働ける
  6. 働き方改革として「テレワーク」などを導入すれば、働き方の選択肢が増えます。その結果、社員はそれぞれの事情に合わせて働き方を選択できるのです。
このように、働き方改革が進めば、社員は希望通りの働き方を選択できる可能性が高くなります。その結果、社員の満足度が向上することで離職率の低下も期待できるので、企業は働き方改革を推し進めるべきだと言えるのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

働き方改革のデメリット

ここでは、働き方改革のデメリットを解説します。働き方改革を進めるなかで企業・労働者が受ける悪影響を紹介するので、以下を参考に働き方改革に取り組むべきかどうかを見極めましょう。

企業側のデメリット

働き方改革を進める際に企業が受けるデメリットは以下の3点です。
 
  1. 人件費が高騰する
  2. 「同一労働同一賃金」の施行によって、雇用形態を理由に賃金を低く設定することが禁止されました。すなわち、企業は非正規雇用者に対しても正規雇用者と同等の賃金を支払わなければならず、労働コストが高騰するのです。
     
  3. 十分な就業時間を確保できない恐れがある
  4. 働き方改革にあたっては長時間労働を是正しなければなりません。その結果、企業が確保できる総労働時間は短くなり、業務が滞る恐れがあるのです。
     
  5. 社員の管理が難しくなる
  6. 「テレワーク」や「フレックスタイム」などを取り入れると、社員は時間や場所に縛られることなく働けるようになります。しかし、社員の働きぶりを観察しづらくなるので、サービス残業を把握できないなどの労働管理が難しくなるのです。
このように、働き方改革を進めると労働時間の制約が発生するほか、労働コストが高くなるなどさまざまなデメリットがあります。そのため、業務にITツールを導入して、少ない労働時間でも仕事が回る環境を整えたうえで働き方改革を進めましょう。

労働者側のデメリット

働き方改革によって労働者が受けるデメリットは以下の3点です。
 
  1. 残業手当が減る
  2. 長時間労働が是正されるので、残業時間も短縮されます。その結果、受け取る残業手当が少なくなり、総収入も減少するのです。
     
  3. 業務が予定通りに終わらない恐れがある
  4. 残業に対する規制が厳しくなるので、社員が希望する労働時間を確保できない恐れがあります。その結果、業務に十分な時間を費やせず、納期に間に合わないなどの可能性もあるのです。
     
  5. 短い時間で成果を出さなければならなくなる
  6. 働き方改革では残業が制限されるので、総労働時間は短くなります。その結果、時間当たりに求められる成果が大きくなり、社員の負担が増加する恐れがあるのです。
このように、働き方改革には社員の労働時間を減少させるために、かえって負担が大きくなるというデメリットもあります。したがって、働き方改革を進める際には、業務を効率的に進められる環境の整備が求められるのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

働き方改革の3つの課題

ここでは、働き方改革を進める際の課題を紹介します。メリットばかりが注目されやすい「働き方改革」ですが、取り組むにあたって事前に把握すべき課題もあるのです。

十分な人材を確保できない

働き方改革を進める際の課題は、十分な人材を確保できない点です。
 
働き方改革の目標のひとつに「残業時間の短縮」があります。関連法の施行に伴い残業時間の上限が厳しくなり、時間外労働の短縮が急務となっているのです。
 
したがって、働き方改革を進めつつも事業を回すためには、新たに人材を雇用しなければなりません。しかし、人材の確保が難しい企業では「残業時間の短縮」などの改革を思うように進められない状況が続いています。
 
そこで役立つのが業務負担を軽減できるITツールです。とくに、ビジネスの基本となる「情報共有・管理」をデジタル化すれば、あらゆる業務のムダを一気に解消できます。

コストがかさむ

働き方改革を進める際の課題として、コストがかさむ点があります。
 
働き方改革の施策のひとつに、非正規雇用者と正規雇用者の待遇差を解消する「同一労働同一賃金」があります。同一労働同一賃金は中小企業を含むすべての企業を対象に施行されており、非正規雇用を理由に賃金を不当に低く設定することを禁止しています。
 
これにより、非正規雇用を多く雇用していた企業は以前よりも多くの人件費を計上することになりました。すなわち、新たな法律の施行により低コストで人材の雇用ができなくなったのです。
 
そのため、高い人件費を懸念する企業は、少人数でも仕事が回るように業務のIT化を進めましょう。

テレワークの導入が難しい

働き方改革を進める際の課題として、テレワークの導入が難しい点があります。
 
時間や場所に縛られることなく働けるテレワークを企業が導入すれば、社員は各家庭の事情に合わせて柔軟に働けるようになります。育児や介護をしながら働くことも可能となるので、優秀な社員がやむなく離職することが減るのです。
 
一方で、テレワークの導入にはハードルもあります。そのひとつが「コミュニケーションの取りづらさ」です。適切な環境を整備しないままテレワークを始めると、担当者と綿密な連絡がとれずに業務に遅れが出るなどの問題に発展しかねません。
 
以上のような、テレワークでコミュニケーションがとれない状況をなくすためには、場所を問わずにスムーズなやりとりができるITツールが必要です。まずは、担当者が在宅勤務であっても業務が滞りなく進む環境を整えましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

働き方改革をスムーズに実現するおすすめのツール

以下では、働き方改革をスムーズに実現するツールを紹介します。働き方改革には、以下の3つの課題があります。
 
  • 十分な人材を確保できていない
  • コストがかさむ
  • テレワーク環境が整備されていない
上記3つの課題は「情報共有ツール」で解消できます。たとえば、情報共有ツールで”情報”をデジタル化すれば、従来のムダな作業が一気に削減され、より付加価値の高い仕事に注力できるようになるのです。
 
つまり、人材を増やそうとするのではなく、限られた資源で効率的に事業を回せるようになるのです。結果として、人件費などのコストもかさまないため、資金繰りに困っている中小企業向きの対策と言えます。
 
また、情報共有ツールがあれば場所を問わずにスムーズなやりとりできるので、テレワークで仕事をする環境が整います。結論、自社で働き方改革を推進する場合には、情報の管理・共有に必要な機能が過不足なく搭載されたシンプルな「Stock」を選びましょう。
 
Stockの「ノート」に残した情報は、リアルタイムで任意の社員に共有されるため、時間や場所を問わずに発信・閲覧ができます。また、非IT企業の65歳でもすぐに使いこなせるほどシンプルなツールなので、教育コストはかからずに導入即日から運用可能です。

最も簡単に情報の管理・共有ができるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

働き方改革のメリット・デメリットまとめ

ここまで、働き方改革のメリットやデメリット、課題を中心に紹介しました。働き方改革によって企業が得られるメリットは、以下の3点です。
 
  1. 社員が集中して働けるようになり、労働生産性が向上する
  2. 長時間労働の是正によって、支払う残業手当が少なくなる
  3. 多様な働き方を取り入れている企業として、求職者から高い評価を受けやすくなる
働き方改革には上記のメリットがある一方で、「残業時間が制限されるので業務が終わらない」などのデメリットもあります。そのため、働き方改革に取り組む際にはITツールを導入して、業務が捗る環境を整えましょう。
 
たとえば、ITが苦手な人でもすぐに使いこなせる「Stock」があれば、社内のあらゆる情報が一か所で管理できるので、資料を探す時間などの”ムダ”を大幅に削減できるのです。
 
無料登録は1分で完了するため、ぜひ「Stock」で情報を管理・共有して、働き方改革のメリットを得られる環境を整備しましょう。