新型コロナウイルスの影響で、在宅ワークやテレワークが浸透している中、情報共有ツールの導入も増えてきています。
 
そのような中、無料キャンペーンを行い、通常は有料のプランを対象ユーザー向けに一定期間無料で提供しているツールもあります。
 
そこで、今回の記事では、新型コロナウイルス対策として無料キャンペーンを実施している情報共有ツールをご紹介させていただきます。
 
これから情報共有ツールの導入を検討されている方は、是非検討をさせていただければと思います。

 

新型コロナウイルス対策の無料キャンペーンがある情報共有ツール

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

【必見!】新型コロナウイルス対策の無料キャンペーンがある情報共有ツール

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

【必見!】新型コロナウイルス対策の無料キャンペーンがある情報共有ツール

https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用できます。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

<無料キャンペーンの対象となるプラン>

アカデミックプラン
大学のゼミや研究室など、対象となる教育機関は、アカデミックプランを6ヶ月間無料で利用することができます。
詳細は下記URLをご覧ください。
特別支援プログラム
NPO法人やPTAなど、対象となるチームは、特別支援プログラムを6ヶ月間無料で利用することができます。
詳細は下記URLをご覧ください。
 

Slack

【必見!】新型コロナウイルス対策の無料キャンペーンがある情報共有ツール

Slackは、ビジネス向けのチャット形式のコミュニケーションツールです。
チャットのため情報がどんどん流れてしまうため、重要な連絡を投稿するには向いていないかもしれません。

<Slackのポイント>

  1. 他サービスとの連携が豊富
    タスク管理ツールやスケジュールとの連携など、あらゆるサービスからの通知を受け取ることができます
  2. カスタマイズ性が高い
    例えば、独自の絵文字を作ったり、定期ポストをしたりなど、専門知識があれば様々なカスタマイズができます

<Slackを使う上で気を付けておきたい点>

  • 大事な情報が流れていってしまう
    チャットワーク同様に、チャットツールのため、投稿した情報はどんどん流れてしまいます
  • ストック情報を管理できない
    フロー情報を扱うツールのため、タスク機能がなかったりと、ストック情報を管理することができません

<無料キャンペーンの対象となるプラン>

NPO支援プラン
要件を満たすチームは、Slackの有料プランを3ヶ月間無料で利用することができます。
ただ、キャンペーンを使わなくても、有料プランを85%割引や無料で利用できるため、そこまでお得感はないかもしれません。
 
詳細は下記URLをご覧ください。
 
 
【必見!】新型コロナウイルス対策の無料キャンペーンがある情報共有ツール

Typetalk

【必見!】新型コロナウイルス対策の無料キャンペーンがある情報共有ツール

Typetalkは、ビジネス向けのチャットツールです。
プロジェクト管理ツール「Backlog」を提供しているヌーラボが開発しているため、同じアカウントで、BacklogとTypetalkを利用することができます。

<Typetalkのポイント>

  1. Backlogも同じアカウントで使える
    1つアカウントを作成すれば、同じアカウントでBacklogにもログインすることができます
  2. ログイン履歴が分かる
    ログインした場所を時間の履歴が分かり、不審な点があった場合には通知がきます

<Typetalkを使う上で気を付けておきたい点>

  • 大事な情報が流れていってしまう
    通常のビジネスチャット同様に、投稿した情報はどんどん流れてしまいます
  • ストック情報を管理できない
    あくまでチャットツールのため、例えばタスクはBacklogで管理をしなければならないなど、Typetalkだけでストック情報を管理することができません

<無料キャンペーンの対象となるプラン>

スタンダードプラン
新しくトライアルを申し込んだチームや、現在トライアル期間中のチームは、スタンダードプランのトライアル期間が90日間に延長されます。
本来は30日間無料のため、期間が延長される形となっています。
 
詳細は下記URLをご覧ください。
 
 
【必見!】新型コロナウイルス対策の無料キャンペーンがある情報共有ツール

DropboxBusiness

【必見!】新型コロナウイルス対策の無料キャンペーンがある情報共有ツール

DropboxBusinessは、ビジネス利用向けのファイルストレージサービスです。
ファイル形式であれば、ありとあらゆるものを管理することができます。

<DropboxBusinessのポイント>

  1. あらゆるファイルをクラウド上で管理できる
    全てクラウド上に保存することが可能なため、紛失や外部への漏洩の心配がありません
  2. 他人との共有が簡単
    リンク形式でファイルの共有ができるため、簡単にファイルのやり取りができます

<DropboxBusinessを使う上で気をつけたい点>

  1. ファイル以外の保管が不便
    例えば、テキスト情報を管理したいときは、一度ファイル形式にしないといけないため、不便です
  2. ファイルに関するやり取りができない
    ファイルに関する質問や議論をする際には、別のチャットツールなどを使う必要があります

<無料キャンペーンの対象となるプラン>

非営利団体向けプラン
Dropbox Businessを3ヶ月間無料で利用することができます。
しかし、対象要件は「新型コロナウイルスの対応や拡散防止、そして影響を受けた方々への援助をしていること」となっているため、一部の非営利団体及びNGOしか対象になりません。
また、利用できるユーザー数も50名までと限られています。
 
詳細は下記URLをご覧ください。
 
 
【必見!】新型コロナウイルス対策の無料キャンペーンがある情報共有ツール

LINE WORKS

【必見!】新型コロナウイルス対策の無料キャンペーンがある情報共有ツール

LINE WORKSは、ビジネス版LINEとして、チャットだけでなく、カレンダー機能や掲示板機能が使えるグループウェアです。

<LINE WORKSのポイント>

  1. 慣れた使い勝手
    チャット機能については、LINEと変わらないため、いつも使うような操作性で利用することができます
  2. 様々な機能が使える
    チャット機能だけでなく、カレンダー機能やファイル管理もできるため、LINE WORKSだけで業務を完結することができます

<LINE WORKSを使う上で気をつけたい点>

  1. 利用開始の手続きが面倒
    本人認証やワークスグループの作成など、使い始めるまでのステップが多いです
  2. 使いこなせるまでに時間がかかる
    チャット機能自体はLINEと同じ感覚のため簡単ですが、それ以外の機能が多く、使いこなすまでに時間を要します

<無料キャンペーンの対象となるプラン>

ライトプラン
北海道・東京都の医療機関は、2020年3月26日から2020年9月30日まで、無料で利用することができます。
かなり対象者が限定されるため、基本的に一般ユーザーは対象外となっています。
 
詳細は下記URLをご覧ください。
 
 
【必見!】新型コロナウイルス対策の無料キャンペーンがある情報共有ツール

トークノート

【必見!】新型コロナウイルス対策の無料キャンペーンがある情報共有ツール

トークノートは、社内のコミュニケーションを円滑化させるための社内SNSです。
社内イベントの情報など、ビジネスに関係のない連絡が多い場合には、使いやすいツールです。

<トークノートのポイント>

  1. シンプルなデザイン
    誰でも親しみやすいデザインで、スタンプや「いいね!」を気軽に残すことができます
  2. 管理機能が充実
    既読・未読の管理やメンバー管理など、会社で使う上での必要な機能が備わっています

<トークノートを使う上で気を付けておきたい点>

  • 導入のための費用が高い
    導入には初期費用がかかる他、毎月の月額料金やオプション機能も発生するため、多くのコストがかかってしまいます
  • 情報が流れてしまう
    タイムライン形式で表示されるため、投稿した情報が流れていってしまい、見逃してしまうことがあります

<無料キャンペーンの対象となるプラン>

トークノートを使ったことがない学校法人は、3ヶ月無料で利用することができます。
無料期間終了後は、通常料金となり費用が高額になることがあるので、注意が必要です。
 
詳細は下記URLをご覧ください。
 
 
【必見!】新型コロナウイルス対策の無料キャンペーンがある情報共有ツール

Asana

【必見!】新型コロナウイルス対策の無料キャンペーンがある情報共有ツール

Asanaは、チームのタスク管理を効率的に行えるプロジェクト管理ツールです。
多くの機能があるため、初めてクラウドサービスを使う人にとっては難しいものになります。

<Asanaのポイント>

  1. ボード形式での管理が可能
    タスクのボードやタイムラインを使って、現在の状況を一目で把握できるようになっています
  2. 100以上のアプリと連携が可能
    SlackやDropboxなど多くの有名アプリと連携ができるため、Asanaを起点としたプロジェクト管理が可能になります

<Asanaを使う上で気をつけたい点>

  1. 完全に日本語化されていない
    日本語化されているものの、メニューの一部などに英語が残っており、分かりにくい点があります
  2. 無料で使える人数に制限がある
    15人までは無料で使うことができますが、それ以上の人数で試す場合には、有料プラン(月$9.99/人〜)にする必要があります

<無料キャンペーンの対象となるプラン>

Businessプラン
新型コロナウイルスに関連する研究や、検査の活動をしている非営利団体は、Businessプランを1年間無料で利用することができます。
利用できる対象が非常に限定されているため、一般ユーザーは対象外となっています。
 
詳細は下記URLをご覧ください。
 
 
【必見!】新型コロナウイルス対策の無料キャンペーンがある情報共有ツール

まとめ

ツールによっては、無料キャンペーン期間が3ヶ月や6ヶ月など、数ヶ月利用できるものもあります。

 
そのため、キャンペーン終了後も利用を続けるか、検討するには十分な期間があるのではないかと思います。
 
情報共有ツールの導入を検討されている場合には、今回を機に試してみていただければと思います。