デジタル技術を用いて社会やビジネスを変革する「DX(デジタル・トランスフォーメーション)」に取り組む企業が近年増えています。政府も企業のDX支援に取り組むなど、社会全体でDX化が進んでいるのです。
 
しかし、DXに取り組んだものがうまくいかなかった企業も多いのが現状です。そのため、「自社でDXがなぜ進まないのか分からない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、DXがうまくいかない原因と成功のポイントを解説します。
 
  • DX化をスムーズに進めるために必要なことを知りたい
  • DXに失敗してしまったので、原因を突き止めて次こそ自社をDX化させたい
  • 現場の反発を生まないようにしながらDXを進めたい
という担当者の方はこの記事を参考にすれば、DXがうまくいかない原因を理解でき、DXを成功させる方法も分かります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXがうまくいかない3つの原因

ここでは、DXがうまくいかない原因を紹介します。以下で解説する3つの原因を参考に自社のDXが進まなかった理由を探り、課題の解消につなげていきましょう。

経営層のDXへの理解が足りない

DXがうまくいかない原因に、経営層のDXに対する理解が不十分なことが挙げられます。
 
DXはITシステムを導入するだけでは実現しません。ITシステムに合わせて業務プロセスを変革することではじめてDXが実現し、大きな成果が得られるようになります。
 
したがって、DXの成功に向けては、経営層がDXやITシステムを十分に理解したうえで、率先して取り組む必要があるのです。
 
経営層がDXを理解していない場合、IT担当者に推進施策を丸投げし、最終的に成果が上がらないといった事態になりかねません。そのため、DXの趣旨と利点を議論の場で的確に伝え、経営層が主体となりDXを進める仕組みを整備しましょう。

DXの目的が定まっていない

DXがうまくいかない原因のひとつに、DXの目的が定まっていないことが挙げられます。
 
DXには「業務プロセスの改善による労働時間短縮」などの明確な目的が不可欠です。仮に、目的が設定されていなければ社内にITシステムを導入すること自体しか考えられなくなり、本来の目的が達成されなくなるのです。
 
そのため、DXを推進する前に目的を明確にして、さらに社内にも目的を周知させたうえでDXに取り組みましょう。

DXに必要な人材が不足している

DXがうまくいかない原因のひとつとして、DXに必要な人材の不足が挙げられます。
 
DXを推進する際には、ITに精通した人材、すなわちIT人材の存在が不可欠です。ITシステムを社内で運用するには要件定義やシステム設計などが必要となるので、それらを難なくこなせる人材を雇用しておく必要があるのです。
 
しかし、労働者不足が進む日本ではIT人材の確保が難しくなっています。したがって、IT人材が不足している状態でDXを進め、最終的に失敗してしまうといった事態も発生しかねません。
 
このようなIT人材が不足している問題は「導入後すぐに運用を開始できるITツール」が解決します。具体的には、IT人材がいない企業でも簡単に導入・運用できる「Stock」などのITツールを導入すれば、一からシステムをつくる必要がないのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DX化の失敗によるリスク

ここでは、DX化を失敗した場合のリスクを解説します。DX失敗のリスクを事前に理解したうえで、DXを進めていきましょう。

競争力が低下する

DX化の失敗によるリスクのひとつとして、競争力の低下が挙げられます。
 
DX化が進んでいる企業であれば、ビックデータを活用して最新の顧客動向の把握も可能となります。一方で、DX化が失敗した企業は情報面で他社に後れを取ることとなり、相対的に自社の競争力が低下していくのです。
 
したがって、他社と同等もしくはそれ以上の競争力を維持するためにも、DXは成功させる必要があると言えます。

生産性が低下する

DX化の失敗によるリスクのひとつとして、生産性の低下が挙げられます。
 
DXに向けて多機能なITシステムを導入した場合、現場にシステムの使い方を定着する必要があります。しかし、上司にとってはこれまで以上に管理工数がかかるうえに、社員にとっては一から覚える必要があるので大きな負担となるのです。
 
また、DXの目的が共有されていない場合「なぜシステムを活用しなければならないのか」が分からず、これまでの方法で仕事ができなくなった社員の士気が下がる恐れがあります。その結果、DXが進まないだけでなく、企業の生産性も低下しかねないのです。
 
そのため、DX推進の際にはすべての社員がすぐに活用できるような使いやすいITツールを導入し、失敗のないDXを進めていきましょう。

情報漏洩の危険性が高まる

DX化の失敗によるリスクのひとつとして、情報漏洩の危険が高まることが挙げられます。
 
たとえば、IT人材が不足している状態でDXを進めた場合、知らない間に社内情報がインターネット上に公開されてしまうなどの重大な問題が起こる可能性があるのです。
 
そのため、IT人材の不足を課題としている企業は、第三者に情報漏えいする危険性がない「厳格なセキュリティ水準をクリアしているITツール」を導入しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DX化を成功させる3つのポイント

ここでは、DX化を成功させるポイントを解説します。以下で紹介する3つのポイントを守り、失敗のないDXを進めていきましょう。

トップダウンの体制を構築する

DX化を進める際には、トップダウンの体制を構築しましょう。
 
経営層がDXの目的を社員に示せば、全社員が目的意識を持ってDXに取り組めるようになります。すなわち、DXの推進には、経営層が主体となってDXを進める体制の構築が不可欠なのです。
 
そのため、経営層がDXをリードする仕組みをつくり、目的を持ってDXを進められる環境を整備しましょう。

自社の課題を把握する

DX化を成功させるには、自社の課題の把握が不可欠となります。
 
人員不足や業務過多など、企業によって抱えている課題はさまざまです。課題を把握しないまま闇雲にDXを進めても成果は上がらないので、事前に課題を認識しておくことが求められます。
 
そのため、事前に自社が抱える課題を洗い出し、その課題を解消する手段としてDXに取り組んでいきましょう。

ITツールを導入する

DX化を成功させるには、ITツールの導入が必須です。
 
ITツールで業務プロセスを変革することで社内のDXが実現します。とくに、自社で保守・管理する必要がないITツールを導入すれば、IT人材を雇わずにDXの推進が可能です。
 
また、社内のITリテラシーの低さを課題としている企業には「ITが苦手な社員でも活用できる使いやすいITツール」がおすすめです。このように、自社のニーズに合ったITツールを選択し、スムーズにDXを進めましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

自社のDXをサポートするおすすめのツール

以下では、自社のDXをサポートするおすすめのツールを紹介します。
 
DXがうまくいかない原因のひとつとして、導入したITシステムが社内で活用されないことが挙げられます。高額なシステムを導入しても社内で活用されなければ成果は上がらず、かけた費用が無駄となってしまうのです。
 
したがって、DX化の推進には「すべての社員がすぐに使いこなせるシンプルなツール」が求められます。教育コスト不要ですぐに活用できるツールであれば、ツールを導入したのに社内で使われないといった事態が起こらず、失敗なくDXを進められるのです。
 
たとえば、ITが苦手な方でも導入即日から活用できる情報共有ツール「Stock」であれば、ツールが社内に浸透するのでスムーズにDXを推進できます。Stockは自社で保守・管理する必要がないツールなので、IT人材がいない企業でもすぐに導入可能です。
 
Stockの「ノート」に書き込んだ情報は任意の社員にリアルタイムで共有できるので、情報共有に手間がかかりません。また、「メッセージ機能」を使えばツール上でコミュニケーションをとれるなど、Stockひとつで業務プロセスを大きく改善できるのです。

業務がスムーズに効率化するツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXがうまくいかない原因まとめ

ここまで、DXがうまくいかない原因と失敗のリスク、成功に向けたポイントを紹介しました。DX化を成功させるポイントは以下の3点です。
 
  1. 社内にトップダウンの体制を構築する
  2. 自社の課題を把握してからDXを進める
  3. 自社に合ったITツールを導入する
とくに、3つ目の「自社に合ったITツールを導入する」は最も重要です。社員のITリテラシーに合ったツールを導入することで、失敗なくDXを進められるのです。
 
たとえば、65歳の方でも導入即日から使いこなせるほどシンプルな「Stock」などのツールを導入すれば、教育コスト不要ですぐに運用でき、業務プロセスの変革を通してDXが実現します。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」で業務負担を削減して、DXをスムーズに実現させましょう。
 
関連記事: 【全解説】なぜ企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)が話題なのか?
 
関連記事: DX化とIT化・IoT・ICTとの違いとは?推進のポイントもわかりやすく解説