仕事をする上で、ITツールは欠かせないものになっており、中でも多くのSaaSが登場してきています。
 
そこで今回の記事では、SaaSとは何かに関して解説させていただくとともに、SaaSと比較される用語についてもご紹介させていただきます。
 
「SaaS」のことをイマイチ分かっていない方や、概念を知りたい方は是非参考にしていただければと思います。

 



「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

SaaSとは?

「SaaS」は「Software as a Service」の頭文字を取った言葉です。
今までパッケージソフトとして販売されていたサービスが、クラウドサービスとして提供されるものになります。

SaaSの特徴

①インターネット環境があればどこからでもアクセス可能

インターネット環境があれば場所や時間に関係なく、どこからでもアクセス可能です。
そのため、多様な働き方を実現できるだけでなく、業務効率化にも繋がります。

②データをオンライン上に保存できる

大容量のファイルや、業務で利用する多くのファイルデータを全てオンライン上に保存することができます。
そのため、社内で管理するよりもセキュアな状態を保つことができるだけでなく、どこからでもデータにアクセスすることが可能です。

③チーム内の複数人で情報の管理や編集ができる

クラウド上で情報の管理がされているため、複数人での情報共有が円滑になります。
また、複数人での編集にも適しているため、ファイルのやり取りなどの余計や手間をかける必要なく、業務を進めることが可能になります。

クラウドとの違い

クラウドとは、クラウド・コンピューティングの略で、インターネット経由でユーザーにサービスを提供する形態のことを言います。
 
SaaSはクラウドの一部として扱われており、クラウドサービスは、SaaS(Software as a Service)・IaaS(Infrastructure as a Service)・PaaS(Platform as a Service)に分類することができます。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

SaaSの種類

SaaSは大きく2種類に分けることができ、それぞれ「Horizontal SaaS」「Vertical SaaS」と呼ばれています。

「Horizontal SaaS(ホリゾンタルサース)」

財務会計サービスや人事給与サービスのような、業界や業種に関係することなく、特定の職種の方が使用するようなSaaSを指しています。

「Vertical SaaS(バーティカルサース)」

業種ごとに特化した機能を持ったSaaSを指しており、主に小売業界や飲食業界で利用されるSaaSが多くなっています。

有名なSaaS

EvernoteやDropbox、Gmailなどは、全てSaaSであり、日常の業務で当たり前に利用している方も多いと思います。
そのような中、情報共有ツールの「Stock」をご紹介させていただきます。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

20ノートまでは無料で利用できます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。

 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

PaaS・IaaSとは

PaaSとは

「PaaS」は「Platform as a Service」の頭文字を取った言葉です。
ハードウェアやOSなどのプラットフォームが、インターネット上で提供されているというものです。

PaaSの特徴

①開発環境を整備する手間がなくなる
提供されたプラットフォーム上で開発することができるため、自前で準備をする必要がありません。
②更新や脆弱性の対応が不要
サービス内容にセキュリティ機能などが含まれていることが多いため、特別な対応をする必要がありません。
③様々な開発が可能
データベースやプログラムの実行環境に制約があるものの、プラットフォームの情報が多ければ、使用可能なプログラミング言語も多くなります。

有名なPaaS

Amazon Web ServicesやGoogle App Engine、Microsoft Azureなどが代表的なサービスとして挙げられ、主に開発者向けのものが多くなっています。

IaaSとは

「IaaS」は「Infrastructure as a Service」の頭文字を取った言葉です。
ネットワークや仮想サーバーのような、インフラを提供するものになります。

IaaSの特徴

①インフラの運用コストが安価
必要なシステム環境のスペックに応じた従量課金が主になるため、自社で一から準備するよりも、運用コストが安価になります。
②環境構築が不要
専門的な知識が必要なものの、一から環境を構築することなく、アプリやサービスの開発が可能になります。
③スケールアップに柔軟に対応できる
CPUやメモリなどを自由に選択できることから、システムのスケールアップへの対応が柔軟かつ簡単になります。

有名なIaaS

Amazon EC2やMicrosoft Azure、Google Compute Engineなどが代表的なサービスとして挙げられ、Paasを提供する会社のサービスが多くなっています。

SaaSとPaaS、IaaSの違いとは

どれもクラウドサービスという点では同じですが、提供されているサービスの内容が大きな違いとなっています。
SaaSは「ソフトウェアを提供」、PaaSは「システムの基盤を提供」、IaaSは「インフラを提供」している点で違いがあります。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

まとめ

今回はSaaSを中心に、PaaSやIaaSの特徴などをご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。
 
これらをうまく活用することで、業務の効率化や日々の運用コストの削減に繋げることができます。
 
是非、普段の業務にSaaS・PaaS・IaaSを積極的に取り入れていただければと思います。

 

 
関連記事: 【初心者向け】クラウドとは?基礎知識からメリットまでを分かりやすく解説!