DXへの関心が高まる現在、DXプロジェクトに取り組む企業が増えています。DXの実現は業務効率化や業務負担の軽減など様々なメリットをもたらし、企業のさらなる成長に貢献します。
 
しかし、経済産業省を含む公的機関は、DX実現の具体的な方法について明示していません。そのため、DXプロジェクトに関心はあっても具体的にどのような取り組みが必要かわからず、結果として実施できていない方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、DXプロジェクトの進め方や課題、成功事例を紹介します。
 
  • DXプロジェクトをどのように進めればよいのかわからない
  • DXプロジェクトの具体的な成功事例を知り、自社でも実践したい
  • DXを推進するための稟議を通すため、知見を深めて上層部へ報告したい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、DXプロジェクトの進め方を理解し、DXプロジェクト成功に向けて前進できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXプロジェクトとは

DXプロジェクトは、DX推進を通して新しい製品・サービスやビジネスモデルを創出することを指します。DXプロジェクトの特性としては、試行錯誤しながら進めるためにビジョンが不明確な状態でスタートすること、直面した状況に応じて柔軟にプロジェクトを変化させる必要があることなどが挙げられます。
 
DXプロジェクトの構造を説明する前に理解しておくべき概念として、「ウォーターフォール型」と「アジャイル型」の2つが挙げられます。
 
ウォーターフォール型のプロジェクトは、水が上から下へ流れるのと同じように、企画のような上流工程から提供といった下流工程へとプロジェクトを進行させるのが特徴です。
 
一方でアジャイル型のプロジェクトは、機能やサービスといったシステムを構成する要素を分割し、一つひとつを順次提供するのが特徴です。短期間で一つの機能・サービスの開発を行い、完成次第提供するという手法を繰り返してプロジェクトを進行させます。
 
DXプロジェクトには、ウォーターフォール型を基軸としつつアジャイル型を適時取り入れることが求められます。
 
ウォーターフォール型のプロジェクトでは具体的な目標に向けたプロセスの構築が求められますが、DXプロジェクトはビジョンが不明確なため従来のウォーターフォール型での進行はできません。一方、アジャイル型で進めた場合は全体像を把握せずに進行するため、気づかないうちにプロジェクトの目的から大きく外れてしまう事態に陥りかねません。
 
そのため、ビジョンの大枠を使って流れを構築したうえで、適宜提供と修正のサイクルを繰り返すという形がDXプロジェクトには求められます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXプロジェクトの進め方

DXプロジェクトの進行に当たっては、一つひとつステップを踏んで進めていく必要があります。以下では、そのDXプロジェクトにおける適切な進め方について解説します。

目的を明確にする

DXプロジェクト成功に向けては、目的を設定して方向性を定める必要があります。
 
プロジェクトの目的の例として、「情報共有の迅速化」などが挙げられます。目的を設定すれば「社内情報の一括管理」や「ペーパー業務のオンライン化」など目的達成に向けたさまざまなアプローチを検討でき、プロジェクトも具体化します。
 
このように、DXプロジェクト成功には今後の方向性を定めるうえで重要な指針となる目的の設定が不可欠です。

ITツールを導入する

DXプロジェクトの実施に当たっては、目的の達成に適したITツールの導入が不可欠です。ITツールは業務効率化や事務作業の自動化を実現させ、企業の成長に貢献します。
 
DXプロジェクトの目的が「情報共有の迅速化」の場合、本目的の達成に貢献するITツールとしてクラウドサービスがあります。クラウドはオンライン上で情報を管理するツールのため、オフィス内外問わず情報へのアクセスを可能にします。また、社内の全情報の一元管理も実現させ、顧客の深いニーズの把握にもつながります。
 
このように、DXプロジェクトの成功に向けては自社の抱える課題解決・目的に沿ったITツールの導入が求められます。

ITに業務を合わせる

DXプロジェクトの実現に向けては、ITツールを中心とした業務内容へと変化させつつ、導入したITツールが社内で活用される基盤を作ることが求められます。
 
ITツール導入後に業務フローを変更しなかった場合、社員はツールをどこで使えばよいのかがわかりません。その結果、ITツールが使用されない状況に陥る場合もあります。
 
業務フローにITツールの使用を組み込めば、ITツールの利用目的や使う場面も明確となり、社員が適切にITツールを活用できます。
 
DXプロジェクトを成功させるために新業務フローを作成し、現場と相談しながら社内の業務をITツールを活かすものへと変化させる活動が担当者に求められます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXプロジェクトの課題

DXプロジェクトの進行にあたっては、直面する課題もあります。以下では、DXプロジェクト実施にあたっての課題を2点紹介します。

経営層の理解が得られない

DXプロジェクトはビジョンが不明確であるために、経営層からの理解を得にくいという課題があります。
 
DXプロジェクトは実施中にも適宜方法を変革させながら進んでいきます。そのため、プロジェクト実施の許可を求める段階では「売り上げが150%増加する」といった明確な目標は掲げられません。
 
このように、DXプロジェクトは開始の時点で具体的な目標を提示できないために、経営層の理解が得られず実施できない恐れがあります。
 
以上の課題を乗り越え経営層の理解を得るためには、DXのメリットやDXプロジェクトの成功によって得られる利点の概要を説明し、未知の部分はあるものの魅力も多いDXへの投資に関心を持ってもらう必要があります。
 
導入するITツールに関しても、多機能で複雑なツールは多くのアプローチができると考えられがちですが、リテラシーが追いつかず賛同を得られにくいというデメリットもあります。そのため、導入検討すべきツールはシンプルで過不足のないツールがおすすめです。

変革の難しさ

DXプロジェクト推進に当たっては業務フローのバージョンアップといった変革が必要ですが、変更しても適切に機能しないといった課題があります。
 
社員によってITリテラシーのレベルはそれぞれ異なります。もともとPCの使用さえも苦手としている社員がいれば、ITツールを全社に普及させるのは非常に困難だと言えます。
 
また、業務フローの変更により慣れたやり方が大きく変わるために、異議を唱える社員が出る可能性もあります。そのため、DXプロジェクトの実施に当たっては社員からの不満といった困難を理解しておく必要があります。
 
スムーズなDXプロジェクト成功に向けて、ITツールを現業務の補完的な立ち位置として利用し業務フローの変化量を抑えるなど、変革の程度に配慮しながら進める必要があります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXプロジェクトの成功事例

以下では、DXプロジェクトを実施し、成功した企業を紹介します。成功事例を参考に、DX推進の粒度を細かくして周りの理解を得ることが重要です。

三菱商事株式会社

三菱グループの総合商社である三菱商事株式会社は「食品流通DX」に取り組み成功を収めました。
 
多様な事業に取り組む三菱商事は、自社に加えて業界・産業のDXも推進する義務があるという理念を持ちDXを率先して進めています。食品流通DXでは「フードロスを解決する」という大きなビジョンを掲げ、ITツールの導入による需要予測の高度化や発注自働化を実現しました。
 
DXの実現により物流が効率化し、フードロスの削減を実現しました。また、廃棄物の減少による二酸化炭素排出量の削減など、環境問題の改善にもつながりました。
 
このように、三菱商事株式会社はITツールを活用して物流の効率化を実現し、フードロスの削減という目標を実現させたDXプロジェクト成功例の一つです。
 

株式会社ビット・トレード・ワン

製造販売業を営む株式会社ビット・トレード・ワンはITツール「Stock」の導入によって情報の一元管理が可能となり、DXを実現させました。
 
株式会社ビット・トレード・ワンは複数の案件情報の管理に課題を感じており、簡単に情報管理ができるツールを探していました。そこでStockを導入したところ「ノート」単位で案件を管理できるほか「ノート」に紐づけて「メッセージ」で案件に関する情報をやり取りできるようになり、情報管理における問題が飛躍的に改善されました。
 
このように、株式会社ビット・トレード・ワンは情報共有ツールStockの導入により情報管理が非常にスムーズとなり、DXを成功させました。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXプロジェクト成功に役立つおすすめのツール

以下では、DXプロジェクト成功に貢献するおすすめのツールについてご紹介します。
 
DXプロジェクトにおいてはITツールを導入し、そのツールに合わせて業務フローを変革させなければならず、全社員が業務においてITツールを使う環境を作る必要があります。つまり、ITツールにはリテラシー問わず利用できるような使いやすさが求められます。
 
また、DXプロジェクトは業務を変革させるほどの大きな施策なので経営層から結果が求められます。スムーズに結果を出せなければDXプロジェクトが中止され、投資が失敗する可能性もあるのです。そのため、DXプロジェクトで導入するツールに教育コストがかかるものはおすすめできません。
 
そして、結果が出やすく、多くの企業が導入するITツールに情報共有ツールが挙げられます。このツールは、情報の一元管理やリアルタイムでの共有を可能にし、業務効率化を素早く実現します。したがって、DXプロジェクトの成功には教育コストが不要、非IT企業でもすぐに使いこなせるほどシンプルな「Stock」のような情報共有ツールが必須です。
 
Stockは、情報管理に必須な「ノート」「メッセージ」「タスク」の機能を過不足なく備えており、情報管理・共有のスピードを大きく向上させます。さらに、教育コストが不要なほどシンプルなので、DXプロジェクトを迅速に成功させます。

【Stock】DXプロジェクトをスムーズに成功させる情報共有ツール

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXプロジェクトの概要まとめ

ここまでDXプロジェクト成功の方法と進め方、課題から成功事例までご紹介しました。
 
DXプロジェクトは実施しながら適宜方向性を修正する必要があり、柔軟性が求められます。また、DXプロジェクトの進行にあたっては目的を定めたうえでのITツール導入に加え、ツールに合わせた業務の変革も求められます。
 
しかし、DXプロジェクトはビジョンが不明確なために経営層からの理解を得にくく、業務フローの大幅な変革は社員からの反感を買う恐れがあり難しいという課題があります。
 
そのため、抵抗感が発生するのを防ぐためにはリテラシー問わず誰でも活用でき、結果もスムーズに得られるようなITツールの導入が必要です。全社員が進んでITツールを利用する環境があれば、DXプロジェクトも成功します。
 
したがって、DXプロジェクト成功には情報共有・情報管理の側面からDXを実現するStockのようなITツールが必須です。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」でDXプロジェクトを成功させ、社内のDXを実現させていきましょう。
 
関連記事: 【全解説】なぜ企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)が話題なのか?
 
関連記事: DX化とIT化・IoT・ICTとの違いとは?推進のポイントもわかりやすく解説