2018年には経済産業省が「DXレポート」を公表し、2025年までにDXを実現するよう企業に要請しました。「DXレポート」は、DXの推進において企業が直面する課題と、その課題への対応策を示しています。
 
しかし、「DXレポート」に記載されているDX実現の方法は「ガイドラインの整備」といった政府の方針を示したものに過ぎず、企業がすぐに実践できるものではありません。
 
そのため、DX実現のための具体的な方法は、各企業が手探りで見つける必要があります。DX実現に関心を持っていても、具体的にはどうすれば良いのかがわからず、行き詰まっている企業担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、DX実現のメリットや実際の企業での活用事例、DX実現に有効なおすすめのツールを紹介します。
 
  • DXの推進は検討しているが、社員に理解を得るためのアピールポイントがわからない
  • DXの実現には、具体的にどのようなメリットがあるのか知りたい
  • DXの活用事例を知り、自社でも実践したい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、DXの活用事例を基に、DX実現のための具体的な取り組みを検討できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXとは?

DX(デジタル・トランスフォーメーション)は、スウェーデンのエリック・ストルターマン教授は初めて提唱した概念です。DXは「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させること。」と定義されています。
 
また、日本経済産業省は「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」と定義しています。
 
すなわちDXとは、ITツールの利用によって優位性を得た企業が、人々や社会をより豊かにすることを指します。
 

DX化とIT化の違い

DX化と似た言葉にIT化があります。言葉の意味の違いは以下の通りです。
 
  • DX化
  • ITツールの活用で、人々や社会に新たな価値を創出する。
  • IT化
  • ITツールの活用で、アナログ作業をデジタルに置き換え業務を効率化させる。
このように、DX化は社会といった「外部」に対して価値を創出するのに対して、IT化は社内のような「内部」に価値を創出するという違いがあります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXのメリットとは

DXの実現は、生産性の向上といった社会全体の利益につながります。そのため、政府もDXの推進には関心を持っており、企業に対してもDXの実現を呼び掛けています。
 
しかし、経済産業省が発表した「DXレポート」は、社会全体の損失とメリットについて記載されており、DXの推進による企業が得られる具体的な利益については言及していません。以下では、DXの実現によって得られる具体的なメリットとして、3点を紹介します。

生産性が向上する

DXの推進によってITツールの活用、すなわちデジタル技術を用いることで生産性の向上を実現します。
 
DXの実現によって大きく進歩するスキルのひとつとして、データの活用力が挙げられます。DX促進のためにはデジタル技術の導入が必須となりますが、全社へ導入し運用に成功すれば社内のITリテラシー向上に貢献します。
 
また、今まで定性的な分析であったものがデータの活用で定量的な分析となり、たとえば、市場の変化を感知し顧客のニーズを素早く、正確に読み解くことが可能になります。
 
データの活用力を向上させるとDXの実現に近づき、企業の現在や将来の生産性向上を担保します。

働き方改革が実現する

今日推し進められている働き方改革も、DXの推進によって可能となります。
 
かつては、人間のみが対応可能であった作業を代替できるITツールであるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)など、現代は高度なITサービスが多くあります。
 
具体的に、RPAはメールの作成といったテキスト入力や、システムを監視して異常を伝えるモニタリングを可能としています。RPAを導入すれば、メールの作成やシステムの管理といった人員を要する単純業務の多くが不要となり、結果として、社員の業務負担が軽減されます。
 
このように、「単純作業の自動化」を押し進めるDXでは単純業務が削減でき、働き方改革にも貢献することがわかります。

優位性の実現が可能

競合に先駆けてDX推進を推進すれば、企業は競争優位性を獲得できる可能性が向上します。
 
たとえば、DXの実現によってデータの一元化が可能になると、必要なデータを簡単に入手できるだけでなく、顧客ニーズを細かく把握できます。
 
企業はデータがあるので、顧客ニーズを満たした商品やサービスを作成しやすくなります。一方顧客は、自身の要望の満たした商品を購入するため、データ活用力を持つ企業の商品は選ばれやすくなります。このように、優れたデータ活用力を持つ企業は、競合他社に対して優位性を得られます。
 
DXの実現によって獲得した競争優位性は、ほかの商品やサービスにはない魅力を生み出し、競合他社との価格競争から脱出する手助けとなります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXの活用事例

DXの実現は、生産性の向上や競争優位性の実現など、さまざまなメリットがあります。しかし、実際にDXを実現できている企業は少ないのが現状です。
 
DX導入に対して日本企業が抱える問題の一つとして、取り入れたITツールを活用できる人材の不足があります。優れたITツールを採用したとしても、ITを活用できる人材が一握りであった場合は企業の改革には繋がりません。DXの導入に当たっては、導入したツールが機能するよう継続して働きかけを行うことが重要です。
 
以下では、DXの実現に成功した2社をご紹介します。DX導入の成功事例を学び、企業でのDX推進の取り組みに役立てましょう。

明治安田生命

生命保険業界大手の明治安田生命は2021年から、デジタル技術を積極的に活用して事業運営の再構築に取り組む「DX戦略」を実施しています。「DX戦略」においては、人の役割の高度化や圧倒的な効率化が重視されています。
 
明治安田生命は、先端技術や新たなサービスを積極的に導入することでDXを推進すると表明しています。そのうえで、DX推進のねらいは社員の能力発揮機会の拡充やワークライフマネジメントの向上であると明言し、社員から支持を得ています。
 
また、新たに「デジタル戦略部」を設け、DX推進の支援を行うとも発表しました。具体的には、全社横断的なデジタル活用のインフラを整備しITツールが適切に機能する環境を作ること、自社内でDX専門人材の育成を行うことなどが挙げられます。
 
明治安田生命は、DX推進の目的を社員に明言したうえで、DX推進に関わる教育や支援活動を整備し、自社のDXを実現させました。明治安田生命の例から、DX導入に当たっては、ねらいの浸透や支援システムの構築など、DX導入のフォローをきめ細かく実施することが必要だと分かります。
 
 

カルビー

スナック菓子でおなじみのカルビー株式会社は、DXを複数部門で協力して進めています。DXは現場の社員が中心となって取り組まなければ実現できないという考えのもと、現場の意見を重要視する方法が採用されています。
 
営業部門や購買部門から人が集まり、現場の課題からプロジェクトをスタートさせます。現場の意見に合わせて、情報システム本部が技術面からフォローし、会社全体でDXに取り組んでいます。
 
現場の社員が自分達のためのDXを考えることで、当事者意識が生まれ、DXの推進意識が会社全体で高まりました。カルビー株式会社は、現場の社員を重視し、現場を知る社員をDXに参画させることで、課題の解決策を生み出しスムーズにDXを実現しています。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXの実現に貢献するおすすめのツール

以下では非IT企業のDX促進に貢献する、使いやすいITツールをご紹介します。
 
DXのメリットである生産性の向上は、ITツールを導入してデータの活用力を上げなくては実現できないうえ、社員のITリテラシーを自発的に上げるのも困難です。また、DXの活用事例では「情報システム本部」「デジタル戦略部」などの専用の部署もありました。
 
しかし、中小企業では社内のITリテラシーも異なるなかでDXを推進するには、大企業のように専門の部署を立ち上げるのは現実的ではありません。さらに、複数の業務をひとりで抱えることが多い中小企業ではツール選定にもリソースが避けないこともあります。
 
そのため、導入するITツールは「使いやすくわかりやすい」「過不足のない機能」を両立している必要があります。そしていきなり全社の情報改革を推し進めるのではなく、身近な情報管理からアプローチし成功体験を積むことが必要です。
 
この2点を両立するITツールが、非IT企業の情報管理に特化した情報共有ツールの「Stock」です。
 
Stockは「ノート」であらゆる情報を蓄積し「フォルダ」で整理できるので、マニュアルや議事録、ファイルの管理にも最適です。コミュニケーションを簡単に取れる「メッセージ」機能も備えているので、在宅勤務であっても情報共有のストレスを与えません。

使いやすさで支持を集めるコミュニケーションツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DX活用事例のまとめ

ここまで、DX(デジタル・トランスフォーメーション)実現のメリットや活用事例、DXの実現におすすめなツールをご紹介しました。
 
DXの実現には、社員との目的の共有が不可欠です。DX推進の目的が社内に浸透することで、DXの実現に対する社員の取り組みの活性化も期待できます。
 
しかし、多くの企業でリモートワークが実施されている現在、社員との定期的なコミュニケーションは難しい面があります。やりとりもすべて「情報」となるので、仮にDX促進を考え複数のチャットツールを使ったとしても、情報が散乱してしまいかえって非効率になることもあるのです。
 
そのため、情報は「流さず蓄積」する必要があります。ご紹介したStockであれば、非IT企業でも簡単にコミュニケーションを図れるうえ「情報が流れ、散乱してしまう」ストレスを解消できます。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」で社内の情報管理を整備し、まずは小さな部分からDXを実現させていきましょう。
 
関連記事: 【全解説】なぜ企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)が話題なのか?
 
関連記事: DX化とIT化・IoT・ICTとの違いとは?推進のポイントもわかりやすく解説