情報共有アプリには様々な特徴を持ったものがありますが、どのようなアプリを選べばいいか迷われている方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回の記事では、おすすめの情報共有アプリについてご紹介させていただきます。
 
社内の情報共有に困っている方や、アプリの導入に興味のある方は是非参考にしてみてください。

 

<この記事で最もおすすめのツール「Stock」とは?>
「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい」というお悩みはありませんか?
Stockは、「チームの情報を最も簡単に残せるツール」です。

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。

https://www.stock-app.info/

情報共有アプリを選ぶ際のポイント

①誰でも簡単に操作することができる

どんなに魅力的なアプリでも、実際に使う人が使いこなせなければアプリを利用する意味がなくなってしまいます。
アプリを選ぶ際には、機能だけで選ぶのではなく、操作感について検討するのも大事です。

②「ストック情報」と「フロー情報」の両方を管理できる

議事録のようなストック情報だけや、チャットのようなフロー情報だけでは、情報共有アプリとしての機能に不足があります。
それぞれの情報を管理できることで、社内の情報管理が円滑になります。

③スマホやパソコンに対応している

両デバイスに対応していることで、社内外のどこからでも利用することができます。
必要な情報へのアクセスが容易になることから、社内の情報共有が活発になります。
 
関連記事: 情報共有ツールの比較方法とは?社内の情報共有を円滑にしよう!
Stockのバナー

今すぐ導入したい情報共有アプリ5選

チームの情報を最も簡単に残せるツール

「Stock」

Stockのトップページ

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
Stockを使えば、「ノート機能」や「タスク機能」を使ってストック情報を管理し、「メッセージ機能」を利用して、フロー情報を管理することが可能になります。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    議事録等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

20ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのプロジェクト管理に必須の機能が利用できるようになります。
有料プランでも1人あたり月額400~500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

https://www.stock-app.info/pricing.html

<Stock利用企業の声>

情報共有アプリとして、Stockを利用している企業の声をご紹介いたします。


 

社内の情報をひたすら流し続けたいチーム向けツール

「Workplce by Facebook」

Workplce by Facebookのトップページ

Workplace by Facebookは、Facebookが提供しているビジネス向けSNSです。
Facebookとは違い、チーム単位でページを作ってコミュニケーションを取る形になります。

<Workplce by Facebookのポイント>

  1. Facebookと同様の操作性
    Facebookを使ったことがあれば、迷うことなく操作することができます
  2. 他サービスとの連携ができる
    ビジネス向けのFacebookのため、他サービスとの連携ができます

<Workplce by Facebookを使う上で気を付けておきたい点>

  • コミュニケーション機能が多い
    掲示板やイベントなど、コミュニケーションに関する機能が多いため、どこに投稿すればいいか迷うことがあります
  • ストック情報を管理するのが難しい
    フィードがメインとなるため、どうしてもストック情報の管理が難しくなってしまいます
 
Stockのバナー

チャットコミュニケーションのみに特化したツール

「チャットワーク」

チャットワークのトップページ

チャットワークは、ビジネス向けに特化したチャットツールです。
チャットで気軽にやり取りができることから、コミュニケーションが活発になり、情報共有が促進されます。

<チャットワークのポイント>

  1. 気軽なコミュニケーションが可能
    全体的にデザインが明るく、絵文字機能などで、気軽なコミュニケーションが促進されます
  2. 既読を表す機能がない
    メッセージを自分のタイミングで確認できるため、チャットに余計な時間を割く必要が無くなります

<チャットワークを使う上で気を付けておきたい点>

  • 大事な情報が流れていってしまう
    チャット形式のため、投稿した情報は流れてしまい、後から見返すのが難しくなります
  • 無料プランだと累計14個までしかチャットグループを作れない
    制限が厳しいため、リモートワークでチャットを使いこなすには、有料プランにする必要があります
 
Stockのバナー

「Slack」

Slackのトップページ

Slackは、ビジネス向けのチャットツールです。
エンジニア中心に使われてきましたが、最近ではIT業界を中心に、他業種の方でも利用する人が増えています。

<Slackのポイント>

  1. 他サービスとの連携が豊富
    タスク管理ツールやスケジュールとの連携など、あらゆるサービスからの通知を受け取ることができます
  2. カスタマイズ性が高い
    例えば、独自の絵文字を作ったり、勤怠管理をしたりなど、専門知識があれば様々なカスタマイズができます

<Slackを使う上で気を付けておきたい点>

  • 大事な情報が流れていってしまう
    チャットワーク同様に、チャットツールのため、投稿した情報はどんどん流れてしまいます
  • ストック情報を管理できない
    フロー情報を扱うツールのため、タスク機能がなかったりと、ストック情報を管理することができません
 
Stockのバナー

ファイル管理のみを目的とした情報管理アプリ

「Dropbox」

Dropboxのトップページ

Dropboxは、個人でもビジネスでも使えるオンラインストレージサービスです。
ファイル形式であれば、ありとあらゆるものを管理できるため、社内のファイルの一括管理が可能になります。

<Dropboxのポイント>

  1. あらゆるファイルをクラウド上で管理できる
    全てクラウド上に保存することが可能なため、紛失や外部への漏洩の心配がありません。
  2. 他人との共有が簡単
    リンク形式でファイルの共有ができるため、簡単にファイルのやり取りができます

<Dropboxを使う上で気をつけたい点>

  1. ファイル以外の保管が不便
    例えば、テキスト情報を管理したいときは、一度ファイル形式にしないといけないため、不便です
  2. フロー情報の管理ができない
    チャット機能などがないため、フロー情報が扱いづらくなります
 
Stockのバナー
 
関連記事: 【目的別にご紹介】情報共有アプリ10選
Stockのバナー

[参考]情報共有アプリの紹介記事

【目的別にご紹介】情報共有アプリ10選


Stockのバナー

まとめ

情報共有アプリには、シンプルなものから高機能なのものまであるため、導入する前にはしっかりと検討する必要があります。
 
その中で、実際にアプリを使う人たちが使いやすいもの、業務に合っているものを選定することで、アプリを導入するメリットが得られます。
 
是非、情報共有アプリを使って、社内の情報共有が円滑に進むようにしていただければと思います。
 
関連記事: 情報共有とは?情報共有のメリットと共有不足で起きる問題を解説!